イキリル・ドイニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
イキリル・ドイニン
Ikililou Dhoinine
Ikililou Dhoinine 2012.jpg
イキリル・ドイニン(2012年10月)

任期 2011年5月26日2016年5月26日

出生 1962年8月14日(54歳)
フランスの旗 フランスコモロ、ジョイエジ[要出典]
政党 正義国民戦線
配偶者 ハディージャ・アブーバカル・ボイナリジキ

イキリル・ドイニンコモロ語: Ikililou Dhoinine1962年8月14日[要出典] - )は、コモロの政治家。2011年から2016年にかけて、モヘリ島の出身者では初めて大統領を務めた[1]

経歴[編集]

モヘリ島で生まれ育つ。ムヴニの国立大学で数学と自然科学を学んだ後、コナクリアブデル・ナセル大学で薬学の博士号を取得した。1994年に卒業後は帰国して国立自治薬局で薬剤師として勤務した。

2006年から2011年までアフメド・アブドラ・モハメド・サンビ政権で副大統領を務め、2008年3月26日から3月31日まではアンジュアン島自治政府の大統領も務めていた[2]。2009年には財務省で予算と女性の起業を監督していた[3]。2010年の大統領選挙において第一回投票で28.19%を得票し、与党に属してサンビ大統領の後ろ盾を得ていたドイニンが首位に立った。その結果、モハメド・サイード・ファズルとアブドゥ・ジャビールとの三つ巴となった[4]決選投票でも61.12%を獲得し、大統領に当選した。

脚注[編集]

  1. ^ BBC News
  2. ^ Comoros Worldstatesmen.org
  3. ^ Members of the Government of the Union of Comoros United Nations
  4. ^ Dhoinine leading Comoros poll News24.com, 8 November 2010
公職
先代:
アフメド・アブドラ・モハメド・サンビ
コモロの旗 コモロ連合大統領
2011年 - 2016年
次代:
アザリ・アスマニ
先代:
Caabi El-Yachroutu Mohamed
Rachidi ben Massonde
コモロの旗 コモロ連合副大統領
2006年 - 2011年
同職:Idi Nadhoim
次代:
Fouad Mohadji
Mohamed Ali Soilih
Nourdine Bourhane