イギヨンベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イギヨンベ』(이기용배)は、韓国の男性音楽プロデューサーグループ、作詞・作曲・編曲家である。

概要[編集]

「イギヨンベ」というユニット名は、「イギ(이기)」と「ソ・ヨンベ(서용배)」の2人の名前に由来している。ローマ字表記は“IGGY YONGBAE”[1]

イギは、C-no、ウンキム(웅킴)の3人による、別の音楽プロデューサーグループ「オレオ(오레오)」の活動も、2015年から同時並行させている。一方でソ・ヨンベは、イ・サンホ(이상호)、パク・ウサン(박우상)の3人によるグループ「仮面ライダー(가면라이더)」の活動もしている。

イギヨンベとしての最初の楽曲提供は、2012年の「Heaven」(歌:Ailee)だった。2015年にデビューした女性グループ「GFRIEND」など、数多くのK-POP歌手・グループに楽曲を提供し、2010年代の韓国を代表するヒットメーカーとなった。。

楽曲の特徴[編集]

イギヨンベ関連作品では、シンセサイザーの打ち込みだけでなく、ストリングスディストーションギターピアノなどの生楽器を巧みに組み合わせたアレンジの楽曲が多い。GFRIENDの「Me gustas tu」(2015年)と「Rough」(2016年)では、ストリングスとディストーションギターの演奏で曲を盛り上げている。

ストリングスの使用は、「Shower」(歌:INFINITE、2014年)の頃から試みられ、GFRIENDの曲などで多用されるようになった。「Fall In Love」(歌:GFRIEND、2016年、オレオ名義)、「On the road」(歌:DIA、2016年)、「To Heart」(歌:fromis_9、2018年)は、いずれもイントロで印象的なストリングス演奏を入れた後に、打ち込みのデジタルビートが出てくるパターンのアレンジである。

「Let Me In」(歌:ハスル(今月の少女)、2016年、オレオ名義)では、アレンジがストリングスのみで構成された。「Summer Rain」(歌:GFRIEND、2017年)では、イントロで、シューマンのソナタ集「詩人の愛 op.48-1」を引用した[2]。これらの楽曲は、K-POPにクラシック音楽の要素を取り入れる試みである。

ストリングスを使用しない、打ち込み主体のアレンジの曲でも、「Fever」(歌:GFRIEND、2019年、オレオ名義)では、トロピカル風のサウンドに挑戦した。

6thミニアルバム「Time for the moon night」(2018年)の表題曲「밤 (夜/Time for the moon night)」と、2ndフルアルバム「Time for us」(2019年)の表題曲「해야 (太陽よ/Sunrise) 」は、いずれも作・編曲:ノ・ジュファン&イ・ウォンジョンで、イギヨンベの作品では無いが、両曲ともストリングスを多用したアレンジであり、イギヨンベの楽曲のイメージを継承している。

K-POP界全体の傾向としては、2008~12年ごろは、「勇敢な兄弟」「新沙洞の虎」などの作曲者による、「短調+電子音」の楽曲が活況を呈したが、13年以降は、徐々に「長調+生音」が好まれるようになってきた。イギヨンベの楽曲では、全く同じ音で構成される音列を使って、長調から短調、短調から長調などと調を変える「平行調転調」の使用が多いとの指摘もある[3]

演奏での協力ミュージシャン[編集]

  • チョン・ジェピル(정재필):ギタリスト。GFRIENDの「Me gustas tu」[4]「Rough」[5]など。
  • クォン・ソゴン(권석홍):ストリングス奏者。「Me gustas tu」、「NAVILLERA)」(2016年)[6]、「LOVE WHISPER」(2017年)[7](2017年)、「Summer Rain」(2017年)[8]など。

イギヨンベ名義での主な提供楽曲[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

2020年[編集]

オレオ名義での主な提供楽曲[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

ソ・ヨンベ関連の主な提供楽曲[編集]

2016年[編集]

  • 宇宙少女MoMoMo」(作曲:ソ・ヨンベ、キム・ドフン(김도훈)、編曲:ソ・ヨンベ)[14]

2017年[編集]

  • LABOUM「Hwi hwi」(作詞:仮面ライダー、作曲:仮面ライダー, Andreas Ohrn, Chris Wahle)[15]

2018年[編集]

他の共作楽曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今日から私たちは(Me Gustas Tu)Uta-Net、2019年11月24日閲覧
  2. ^ GFRIEND、新曲「夏の雨」MV公開…叙情的な歌詞と表情演技に注目『kstyle』2017年9月14日、2019年11月9日閲覧
  3. ^ 반챠(ぱんちゃ)「 GFriendの和声戦略とKPOP楽曲の現在」2016年7月25日、2019年11月9日閲覧
  4. ^ 오늘부터 우리는 (Me gustas tu)나무위키、2019年11月9日閲覧
  5. ^ 시간을 달려서 (Rough)나무위키、2019年11月9日閲覧
  6. ^ 너 그리고 나 (NAVILLERA)나무위키、2019年11月9日閲覧
  7. ^ 귀를 기울이면 (LOVE WHISPER)나무위키、2019年11月9日閲覧
  8. ^ 여름비 (SUMMER RAIN)나무위키、2019年11月9日閲覧
  9. ^ PRODUCE 48 – As I Dream (꿈을 꾸는 동안) (Korean Ver.)2019年9月5日閲覧
  10. ^ 2018年11月~2019年2月にMBCテレビで放送されたオーディション番組。男性グループ「1the9」のメンバーを選考した。
  11. ^ 작별하나나무위키、2019年9月5日閲覧
  12. ^ リミックスバージョンは、Mad Clown(매드클라운), Ailee(에일리) _ Thirst(갈증) (Sports Remix By DJ Vanto)
  13. ^ Mad Clown (매드 클라운) & Ailee (에일리) – 갈증 (Thirst)2019年9月5日閲覧
  14. ^ WOULD YOU LIKE?나무위키、2019年9月5日閲覧
  15. ^ MISS THIS KISS나무위키、2019年9月5日閲覧
  16. ^ 矢吹奈子キム・チェウォン、チャン・ギュリ(fromis_9)、ナ・ゴウン、チョ・ユリの5人で構成された。