イギリス国鉄150形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリス国鉄150形気動車
ファースト・グレート・ウェスタンの150形
ファースト・グレート・ウェスタンの150形
基本情報
製造所 BRELヨーク工場
製造年 1984年 - 1987年
製造数 137編成
主要諸元
編成 2両・3両編成
軌間 1,435 mm
最高速度 121 km/h
車両重量 35.8 t
長さ 20.06 m
2.816 m
高さ 3.774 m
動力伝達方式 液体式
機関 カミンズ NT855R5 × 1基
機関出力 213 kW (286 HP)
変速機 フォイト製 T211r
保安装置 AWS、TPWS
テンプレートを表示
ノーザン・レールの150形非貫通車

イギリス国鉄150形気動車(British Rail Class 150)は、1984年から1987年にかけて製造されたイギリス国鉄気動車である。愛称は「スプリンター」(Sprinter)。国鉄第一世代気動車の代替を目的に、BRELのヨーク工場で合計137編成が製造された[1]

概要[編集]

地域輸送用の国鉄第二世代気動車「スプリンター」シリーズの最初の形式として、1984年に投入を開始した[2]。車体設計はマーク3客車に準じたもので、両開き扉が片側2箇所に配置されている。機関は出力235馬力、最高速度は120km/hである[2]

1984年、試作車として3両編成で前面非貫通の150/0形(Class 150/0)が2編成登場した。

前期量産車の150/1形(Class 150/1)は前面非貫通の2両編成となり、50編成が投入された。最終増備の150/2形(Class 150/2)は前面貫通型となり、2両編成85本が投入されている。

運用[編集]

民営化後の2017年現在は以下の運行会社が運用している。

脚注[編集]

  1. ^ Successful Class 150 Prototypes RailwayBlogger
  2. ^ a b 『鉄道ジャーナル』2005年11月号、133頁

参考文献[編集]

  • 宮田進「スプリンターに揺られて・・・」『鉄道ジャーナル』2005年11月号、鉄道ジャーナル社。130-133頁。