イギリス国鉄166形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリス国鉄166形気動車
166208 in GWR by Chris Warman.jpg
166208編成
基本情報
製造所 ABB
製造年 1992年 - 1993年
製造数 21編成
主要諸元
編成 3両編成
軌間 1,435 mm
最高速度 145 km/h
長さ 23.50 m (先頭車)
23.36 m (中間車)
動力伝達方式 液体式
機関 パーキンス 2006-TWH
機関出力 350 HP
テンプレートを表示

166形(Class 166)は、1992年に登場したイギリス国鉄気動車の形式である。「ネットワーカー・ターボ・エクスプレス」の愛称があり、ロンドンパディントン駅からのグレート・ウェスタン本線系統の近郊・長距離速達列車に投入された。

概要[編集]

1990年登場の165形「ネットワーク・ターボ」の改良型となる形式であり、1992年から1993年にかけて3両編成21本が製造された。165形と比較して、空調装置の搭載、トイレを1編成あたり1箇所から2箇所への増加など、より長距離輸送に強化した設備を有している[1]

運用[編集]

国鉄時代はネットワーク・サウスイースト英語版に所属し、民営化後の2017年現在はグレート・ウェスタン・レールウェイが運用している。登場以来長らくパディントン駅からのグレート・ウェスタン本線系統で運用されていたが、2017年のパディントン駅近郊区間の電化に伴い、166形はブリストル近郊へ順次転出している[2][3]

脚注[編集]