イギリス国鉄313形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリス国鉄313形電車
ファースト・キャピタル・コネクトの313形
ファースト・キャピタル・コネクトの313形
基本情報
製造所 BREL
製造年 1976年 - 1977年[1]
製造数 64編成[2]
運用開始 1976年11月8日[2]
主要諸元
編成 3両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25kV 架空電車線方式
直流750V 第三軌条方式[1]
最高速度 121 km/h[1]
編成重量 104.5 t[1]
編成長 60.83 m[1]
長さ 先頭車 19.80 m[1]
中間車 19.92 m[1]
2.82 m[1]
高さ 3.58 m[1]
台車 BX1[1]
主電動機 GEC G310AZ[1]
編成出力 657 kW[1]
制動装置 空気ブレーキ・発電ブレーキ[1]
テンプレートを表示

イギリス国鉄313形電車(British Rail Class 313)は、1976年に登場したイギリス国鉄の近郊用電車の1形式である。交流25kVの架空電車線方式と直流750Vの第三軌条方式の双方に対応する。

概要[編集]

イギリスの第2世代の電車の最初の形式となる近郊用電車であり、グラスゴー向け314形、アングリア向け315形、マージーサイド向け507形・508形とともに、「1972年デザイン」の車体を採用している[3]1976年から1977年にかけて3両編成64本がBRELのヨーク工場で製造された[2]

塗装は国鉄標準のBRブルーを採用した。前面の色を側面に拡大したほか、前面窓回りを黒で縁取り、貫通扉を塗り分けてアクセントを付けている[4]

運用[編集]

1976年の登場当初より東海岸本線のグレート・ノーザン系統に導入され、ムーアゲート駅とウェリン・ガーデンシティ、ハートフォード・ノース駅間で運用を開始した[2]。車両限界が小さく第三軌条方式を採用するムーアゲート駅方面は直流750Vで集電靴を用い、それ以外の区間では交流25kVの架空電車線方式でパンタグラフにより集電した。民営化後の運行会社はWAGN、ファースト・キャピタル・コネクトを経てゴヴィア・テムズリンク・レールウェイに所属[2]。しかし2018年から717形「デジロシティ」による置き換えが進み[5]、2019年9月をもって運用を終了した。

1988年からは北ロンドン線などロンドン近郊線区にも投入された[2]。民営化後はシルバーリンクを経てロンドン・オーバーグラウンドに所属した。2009年の378形導入に伴う置き換えでサザンへ転属し、2019年現在はブライトン近郊の沿岸線区で運用されている[6]

1編成は事業用に転用され、ネットワーク・レールによるERTMSの試験車となっている[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Class 313 The Railway Centre.Com
  2. ^ a b c d e f Multiple unit stalwart – Dual-voltage pioneers Railway Magazine、2017年7月17日
  3. ^ Hugh Llewelyn『EMUs A History』Amberley Publishing、2016年。ISBN 9781445649825
  4. ^ 『鉄道ファン』1985年8月号、51頁
  5. ^ Great Northern Class 717 EMUs unveiled Railway Gazette
  6. ^ Class 313s come to Southern Southern Electric Group
  7. ^ Suburban EMU converted into mobile ERTMS laboratory Railway Gazette

参考文献[編集]

  • 大塚和之「海の向こうの電車の顔を拝見」『鉄道ファン』交友社、1985年8月号(46-57頁)