イギリス国鉄483形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリス国鉄483形電車
ライドトンネルに入る483形
ライドトンネルに入る483形
基本情報
製造所 メトロキャメル
種車 ロンドン地下鉄1938年形
製造年 1938年 - 1940年
導入年 1989年 - 1990年
総数 9編成
主要諸元
編成 2両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流630V 第三軌条方式
最高速度 72 km/h
編成重量 55 t
編成出力 500 kW
テンプレートを表示

483形(Class 483)は、1989年イギリスワイト島の鉄道向けに登場した電車である。ロンドン地下鉄の1938年形電車を譲受したもので、製造からおよそ80年に達する2017年現在も現役で運用されている。

概要[編集]

ワイト島の鉄道路線は島内のトンネルの高さが低く、本土と同じ一般鉄道用の車両が入線不可能なため、高さの低いロンドン地下鉄の小断面電車の譲受車が使用されている[1]。1966年に入線し運用されていた485形・486形電車(元スタンダード形)の老朽化に伴い、代替車両として導入されたのが483形である。

種車の1938年形は1938年よりメトロキャメルで製造され、ロンドン地下鉄では1985年まで運用されていた。ワイト島には1989年から1990年にかけて入線し、485形・486形を置き換えた。全編成が2両編成である。

2018年現在はサウス・ウェスタン・レールウェイが派生ブランドのアイランド・ライン・トレインズの下で運用している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Third Ryde Tube: Transfer Troublesome - London Reconnections、2018年3月26日