イコライザー2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イコライザー2
The Equalizer 2
監督 アントワーン・フークア
脚本 リチャード・ウェンク
原作 マイケル・スローン
リチャード・リンドハイム
ザ・シークレット・ハンター
製作 トッド・ブラック
ジェイソン・ブルメンタル
デンゼル・ワシントン
アントワーン・フークア
アレックス・シスキン
スティーヴ・ティッシュ
メイス・ニューフェルド
トニー・エルドリッジ
マイケル・スローン
製作総指揮 モリー・アレン
デヴィッド・ブルームフィールド
出演者 デンゼル・ワシントン
ペドロ・パスカル
アシュトン・サンダーズ英語版
ビル・プルマン
メリッサ・レオ
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 オリヴァー・ウッド
編集 コンラッド・バフ
製作会社 コロンビア映画
エスケイプ・アーティスツ
ジーフ・プロダクションズ
メイス・ニューフェルド・プロダクションズ
ピクチャー・ファーム
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ
日本の旗 同上
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年7月20日
日本の旗 2018年10月5日
上映時間 121分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $62,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $190,471,884[2]
アメリカ合衆国の旗 $102,084,362[2]
日本の旗 3.8億円[3]
前作 イコライザー
テンプレートを表示

イコライザー2』(The Equalizer 2)は、2018年アメリカ合衆国で公開されたスリラー映画である。監督はアントワーン・フークア、主演はデンゼル・ワシントン。『イコライザー』(2014年)の続編。

ストーリー[編集]

元CIAの凄腕エージェント、ロバート・マッコールはマサチューセッツ州のアパートでひっそりと暮らしていた。タクシー運転手として生計を立てていたマッコールだが、旧友のスーザン・プラマーからも少額の援助を受けていた。そんなある日、マッコールは顧客のサム・ルビンスタインが生き別れになった姉を探していることを知った。マッコールはスーザンの協力の下、ルビンスタインの姉捜しをこっそり手伝うことにした。その後、マッコールはひょんなことから同じアパートに暮らすマイルズ・ウィテカーと知己になった。ウィテカーには芸術の才能があったが、複雑な事情を抱えているようであった。ある日、スーザンはブリュッセルで発生した殺人事件の捜査を担当することになった。その事件の現場では自殺に見せかける工作が為されていた。スーザンはCIAのエージェントでマッコールのかつての同僚でもあったデイブ・ヨークと一緒に捜査を担当することになったが、現場を調べた後、ホテルに戻ったスーザンは何者かに殺害されてしまった。

マッコールはスーザン死亡の件を聞くとヨークと接触し、スーザンを殺した相手に報復するため、スーザンの遺品である携帯電話の暗号解読を依頼する。そうしているうちにマッコールは乗客を装って車内に乗り込んできた殺し屋に命を狙われる。殺し屋を撃退することに成功したマッコールは殺し屋がもっていた携帯電話から自分に殺し屋を差し向けたのも、スーザンを殺害したのもヨークだったことを突き止める。スーザンが殺されたのはヨークがブリュッセルの事件に関与していることを突き止めたためであった。ヨークはマッコールはかつての仲間たちであるレズニック、アリ、コヴァックと協力して金のために汚れ仕事を請け負っていたのである。その後、ヨークとコヴァックはマッコールのアパートを襲撃したが、そこにいたのはマイルズであった。ヨークはマイルズを人質に取り、マッコールが向かったと思われる場所に急行する。

折悪く、マサチューセッツ州にハリケーンが接近しており、マッコールの生まれ故郷にも避難命令が出ていた。マッコールはそれを逆に好機とみなし、ヨークたちを人気のない町に誘い出して決戦を挑むことにした。レズニック、アリ、コヴァックと仕留めたマッコールは最後にヨークに復讐を果たし、無事にマイルズを助け出す。ウィテカーは無事学校に通うようになり、マッコールをモデルとするスーパーヒーロのスケッチを描く。ルビンスタインは無事に姉と再会を果たす。マッコールは生まれ故郷の邸宅で海を眺めながら亡くなった妻を想う。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[4][5]

製作[編集]

2014年2月24日、ソニー・ピクチャーズとエスケイプ・アーティスツが『イコライザー』の続編の企画を進めていると報じられた[6][7]。10月、アントワーン・フークアがインタビューの中で「観客の皆さんとデンゼルが望むなら、続編の製作もあり得るでしょう」「続編があるとすれば、より国際色豊かな作品になるでしょう」と発言した[8]2015年4月22日、ソニー・ピクチャーズは本作の続編の製作を正式に開始し、デンゼル・ワシントンが再びロバート・マッコールを演じると発表したが、フークアが続投しないことも明かされた[9]。しかし、2016年9月、フークアが続投することになったと報じられた[10]

2017年8月21日、ペドロ・パスカルが本作に出演するとの報道があった[11]。23日、メリッサ・レオとビル・プルマンが続投すると報じられた[12]。24日、アシュトン・サンダーズがキャスト入りした[13]。9月14日、本作の主要撮影マサチューセッツ州で始まった[14][15]。2018年3月25日、サキナ・ジャフリーが本作に出演していたことが明かされた[16]

公開[編集]

当初、本作は2017年9月29日に全米公開される予定だったが[17]、後に公開日は2018年9月14日に延期された[18]。後に全米公開日は同年8月3日に前倒しされ[19]、最終的に7月20日となった[20]

興行収入[編集]

本作は『アンフレンデッド: ダークウェブ』及び『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』と同じ週に封切られ、公開初週末に2600万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[21]、実際の数字はそれを上回るものとなった。2018年7月20日、本作は全米3388館で公開され、公開初週末に3601万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった[22]。本作のオープニング興収が『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』を上回ったことは市場関係者や映画ファンに衝撃を与えた[23][24]

評価[編集]

本作に対する批評家からの評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには98件のレビューがあり、批評家支持率は50%、平均点は10点満点で5.6点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『イコライザー2』は標準的な自警団スリラー映画が持つ本能的な興奮を観客に届ける。しかし、名優たちが再度集結した同作はガッカリさせられた続編のケーススタディになっている」となっている[25]。また、Metacriticには39件のレビューがあり、加重平均値は49/100となっている[26]。なお、本作のシネマスコア英語版はAとなっている(前作はA-)[27]

続編の可能性[編集]

2018年7月30日、アントワーン・フークワ監督はインタビューの中で続編の製作に意欲があることを明かした[28]

出典[編集]

  1. ^ イコライザー2”. 2018年7月25日閲覧。
  2. ^ a b c The Equalizer 2”. 2018年11月23日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.40
  4. ^ “イコライザー2”. ソニー・ピクチャーズ. (2018年11月23日). https://www.sonypictures.jp/he/1273785 2018年11月23日閲覧。 
  5. ^ “イコライザー2”. ふきカエル大作戦!!. (2019年1月22日). https://www.fukikaeru.com/?p=10930 2019年1月23日閲覧。 
  6. ^ Sequel to Denzel Washington Thriller ‘Equalizer’ Moves Forward as Sony Brings Back Writer Richard Wenk (Exclusive)”. 2018年6月19日閲覧。
  7. ^ Sony Developing THE EQUALIZER 2 Following Positive Test Scores; Denzel Washington Expected to Return”. 2018年6月19日閲覧。
  8. ^ ‘Equalizer’ Director Antoine Fuqua: ‘I Don’t Believe I Should Filter the Violence’”. 2018年6月19日閲覧。
  9. ^ Denzel Washington’s ‘The Equalizer’ to Get Sequel”. 2018年6月19日閲覧。
  10. ^ ‘The Equalizer 2’ Starts Filming Next September; Antoine Fuqua to Return”. 2018年6月19日閲覧。
  11. ^ 'The Equalizer' Sequel Adds Pedro Pascal”. 2018年6月19日閲覧。
  12. ^ Melissa Leo & Bill Pullman Seal Deals For ‘Equalizer’ Sequel”. 2018年6月19日閲覧。
  13. ^ ‘Moonlight’s Ashton Sanders Lands A Lead In ‘Equalizer 2’”. 2018年6月19日閲覧。
  14. ^ Denzel Washington Is Filming a New Movie in Boston”. 2018年6月19日閲覧。
  15. ^ What movie is filming in the South End?”. 2018年6月19日閲覧。
  16. ^ Sakina Jaffrey Gets Role in Denzel Washington’s Action-thriller ‘The Equalizer 2’”. 2018年6月19日閲覧。
  17. ^ ‘The Equalizer’ Sequel Has a Release Date”. 2018年6月19日閲覧。
  18. ^ Sony Shifts Release Dates for Jumanji, The Equalizer 2 and More”. 2018年6月19日閲覧。
  19. ^ ‘The Equalizer 2’ Pushes Up To August 2018; ‘Paul, Apostle Of Christ’ Eyes Easter Stretch”. 2018年6月19日閲覧。
  20. ^ Sony Release Dates for The Equalizer 2, Paul, Apostle of Christ”. 2018年6月19日閲覧。
  21. ^ Sequels Continue to Arrive as 'Mamma Mia 2', 'Equalizer 2' and 'Unfriended 2' Hit Theaters”. 2018年7月22日閲覧。
  22. ^ July 20-22, 2018”. 2018年7月25日閲覧。
  23. ^ 北米ボックスオフィス、1位は『ザ・イコライザー2(原題)』”. 2018年7月25日閲覧。
  24. ^ 'The Equalizer 2' blasts past 'Mamma Mia 2' for a surprise win at the box office”. 2018年7月25日閲覧。
  25. ^ The Equalizer 2”. 2018年7月22日閲覧。
  26. ^ The Equalizer 2 (2018)”. 2018年7月22日閲覧。
  27. ^ ‘Mamma Mia! Here We Go Again’ Sings $37M+; ‘Equalizer 2’ Targets $33M+: Saturday Update”. 2018年7月22日閲覧。
  28. ^ Antoine Fuqua on Possibility of 'Equalizer 3' and New Business Venture SoundFi”. 2018年8月18日閲覧。