イゴル・ドドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イゴル・ドドン
Igor Dodon
Igor Dodon (01.2017; cropped).jpg

任期 2016年12月23日 –
首相 パヴェル・フィリプ
マイア・サンドゥルーマニア語版英語版

任期 2008年3月31日 – 2009年9月14日
首相 ジナイダ・グレチャヌイ

任期 2006年9月18日 – 2009年9月14日
首相 ヴァシレ・タルレフ
ジナイダ・グレチャヌイ

出生 (1975-02-18) 1975年2月18日(44歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Moldavian Soviet Socialist Republic.svg モルダビア・ソビエト社会主義共和国(現モルドバの旗 モルドバ)、サドヴァ
政党 モルドバ共和国共産党(2011年まで)
モルドバ共和国社会党(2011年から2016年)
無所属(2016年から)
出身校 モルドバ国立農業大学

イゴル・ドドンルーマニア語: Igor Dodon1975年2月18日 - )は、モルドバの政治家。現在、同国大統領。これまでに通商経済相や社会党党首を歴任した。

経歴[編集]

モルダビア・ソビエト社会主義共和国カララシ県サドヴァ村ルーマニア語版に生まれる。モルドバ国立農業大学ルーマニア語版で経済学を学び、1998年にモルドバ経済研究アカデミールーマニア語版から博士号を取得。1997年から2005年まで、学術界で助教や講師を務めた[1]

2005年5月、第二次ヴァシレ・タルレフ内閣の通商経済副大臣に任命された。2006年9月に通商経済相に昇任し、ジナイダ・グレチャヌイ内閣が総辞職する2009年9月まで在職した。2008年から2009年のグレチャヌイ内閣では、副首相を兼務した。

2011年6月にはキシナウ市長選で、ドリン・キルトアカルーマニア語版英語版に惜敗した。ドドンの得票率は49.4%であった[2]

2011年11月にはモルドバ共和国共産党離党した。その際、ドドンは与党の欧州統合同盟英語版との間で、2009年のウラジーミル・ヴォローニン大統領の辞任以降続く政治危機に終止符を打ち、大統領を選出するための取り決めが結ばれるかもしれないという希望を口にした[3]。グレチャヌイとヴェロニカ・アブラムチュクルーマニア語版ロシア語版も時を同じくして離党した[4][5]。2011年12月18日、ドドンはモルドバ共和国社会党英語版に合流し、同党の議長に選出された[6][7]

2012年3月16日の大統領選挙で、ドドンとグレチャヌイ、アブラムチュクは欧州統合同盟のニコラエ・ティモフティ候補に投票した。のちにドドンは、ティモフティに投票したことを後悔していると述べている[8][9]

2016年10月30日、20年振りとなる直接選挙による大統領選挙英語版が行なわれ、ドドンはこれに立候補した。この時 彼は選挙前にウォール・ストリート・ジャーナルへ書簡を送っており、その中で「私はモルドバとロシアの関係を大きく改善させる。この関係は国の住民にとって非常に重要だ」と指摘している[10]。この時の大統領選で彼は、同選挙に立候補した親欧米路線の政党である「行動と連帯英語版」の党首マイア・サンドゥルーマニア語版英語版と激しく争うこととなる。同日の開票率99.1%の段階で、サンドゥの得票率は38.3%であったが、一方ドドンの得票率は48.4%となっており、彼の順位は事実上の1位となっていた。しかしながら首位であるにも拘わらず票が過半数に及ばなかったことから、翌月11月13日へ繰越す形で上位2候補による決選投票が行われる流れとなった[11]。11月13日当日、決選投票が行なわれ、開票結果はドドンが52.29%の得票率で当選。14日にこの事をモルドバ中央選管ルーマニア語版英語版が公式に発表している[12]

大統領に選出されたドドンは、モルドバの国内法の規定に従い、社会党議長を辞職し、同党を離れた。その後、同党の暫定党首にはジナイダ・グレチャヌイが就くこととなった[13]

2017年9月12日、空席となっていた国防大臣としてパヴェル・フィリプ首相はユーゲン・スターザルーマニア語版(Eugen Sturza)を指名したが翌13日にドドンはスターザの若さ(当時32歳)を理由に承認を拒否。フィリプ首相は再びスターザを国防大臣として指名したがドドンは19日に再び拒否した。このためドドンは憲法裁判所ルーマニア語版ロシア語版英語版によって「憲法上の義務を履行しなかった」と判断され、議会議長のアンドリアン・カンドゥ英語版が大統領代行として10月24日にスターザの国防大臣就任を承認した[14]。同年12月19日に提示された内閣改造案を2回に渡って拒否したため、翌2018年1月10日にカンドゥ議会議長が再び大統領代行としてこれらの人事案を承認した。同年9月24日には大臣の任命を拒否したことを理由に、憲法裁判所より一時的に職務を停止された[15]

2018年9月10日、首都郊外を移動中に乗っていた自動車がトラックと衝突して負傷した[16]。この件に関して同国社会党議員であるヴラド・バトリンチアルーマニア語版は「これは事故ではなく、何者かが殺人を試みて(ドドンの)車両に直接追突させたものだ」とし、「誰かが彼(ドドン)を殺そうとしている」と自身のFacebookにて主張している[17]

2019年2月24日のモルドバ総選挙英語版ではドドンのモルドバ共和国社会党英語版が34議席を獲得し、30議席のモルドバ民主党英語版を上回ったが[18]過半数を得ることはできず、その後の連立政権交渉は失敗し続けた。6月7日、憲法裁判所は議会の解散と総選挙を行うことを決定。ドドンはこれに応じず、首班をマイア・サンドゥ英語版とする連立政権樹立を決定し、8日に議会がこれを承認した。しかしモルドバ民主党英語版はこれを違憲として憲法裁判所に申し立てた結果、ドドンを職務停止とし、パヴェル・フィリプ首相を大統領代行とする決定を下した。9日、フィリプ大統領代行は議会解散と、9月の総選挙実施を決定。ドドンは反発し、外国の介入を要請した[19]。6月14日、憲法裁判所が一転して8日の違憲判決を破棄し、フィリプ政権は崩壊。サンドゥ政権が権力を掌握した[20]

政見[編集]

親ロ的な政治家で、モルドバの連邦化に賛成していると見られている[21][22]

2010年、共産党はモルドバの新たな国旗の宣伝活動を始めた[23]。2012年3月には、ドドンと社会党が、国旗を現行の三色旗から赤青の二色旗に変更することの賛否を問う国民投票を行うよう、共産党に働きかけた[24][25]。提案された新しい国旗は、モルドバ科学アカデミー英語版から「紛う事なき政治の茶番」と見なされている[23]

モルドバ共産党とモルドバ社会党の提案による新国旗図案

2012年11月、自らのフェイスブックのプロフィールに、ロシアの国旗を刺繍した服を着た写真を投稿しているが、これはドドン本人の親ロ派疑惑を裏付けるものとして批判されている[26]

2014年11月、ロシア系の政治家ヴァレンティン・クリロフルーマニア語版は「モルドバに流血惨事を引き起こそうとしている」としてドドンを非難した。また、社会党は「ロシアなどの『別の国』に仕えている」とも述べた。さらに、社会党がモルドバ共和国の『安定や平和、まさにその存立』に対する脅威となっていることや、並外れて豊かな資産を保有していることも批判した。その資産の出どころについては、「合理的な疑い」があるとも付け加えた[27][28]

大統領選挙期間中の2016年10月、ドドンはクリミアが「ロシア連邦の領土」であると認めた[29][30]

2017年4月にモルドバはユーラシア経済連合の初のオブザーバー国となり[31]、同年5月にはドドンはモスクワ対独戦勝記念式典英語版に外国の政府指導者で唯一出席した[32]。同年5月29日にはロシア外交官の追放をめぐり、初外遊先にロシアを選ぶなど親ロ的なドドン大統領とモルドバ政府の対立が激化してると報じられた[33]

人物[編集]

結婚しており、3人の子どもがいる[34][35]

脚注[編集]

  1. ^ “BIOGRAFIE: Igor Dodon, un politician prorus care se declară promotor al valorilor tradiţionale”. Mediafax.ro. http://www.mediafax.ro/externe/biografie-igor-dodon-un-politician-prorus-care-se-declara-promotor-al-valorilor-traditionale-15955308 2016年11月20日閲覧。 
  2. ^ Politic Versiune pentru tipar. “CEC a anunţat rezultatele finala la Chişinău - Moldova Azi”. Azi.md. 2016年11月13日閲覧。
  3. ^ Трое на выход”. Interfax.ru (2011年11月4日). 2016年11月13日閲覧。
  4. ^ Party defections could let Moldova name president - World”. Reuters. 2016年11月13日閲覧。
  5. ^ (video) Dodon, Greceanîi și Abramciuc părăsesc fracțiunea PCRM și sunt gata să voteze președintele țării”. Unimedia.md. 2016年11月13日閲覧。
  6. ^ Игорь Додон стал членом Партии социалистов”. News.mail.ru. 2016年11月13日閲覧。
  7. ^ (UPDATE) Игорь Додон избран председателем Партии социалистов”. Ru.publika.md (2011年12月18日). 2016年11月13日閲覧。
  8. ^ 62 de deputați l-au votat pe N. Timofti. Urmează decizia de VALIDARE a Curții Constituționale. TIMPUL. 16 martie 2012
  9. ^ Dodon regretă că l-a votat pe Timofti în calitate de președinte. UNIMEDIA.info. 22 martie 2013
  10. ^ WSJ: ロシアはモルドバとブルガリアでの選挙後に新たな同盟国を得る 2016年11月14日 Sputnik 日本
  11. ^ 20年ぶりとなる直接選挙による大統領選 モルドバ 2016年10月31日 朝日新聞デジタル
  12. ^ モルドバ大統領選 決選投票で親ロシア派が当選 2016年11月14日 毎日新聞
  13. ^ Decis! Igor Dodon nu mai este președinte al PSRM. Zinaida Greceanîi va deține interimatul, unimedia.info
  14. ^ “Moldova Suspends President to Appoint Defence Minister”. Balkan Insight. (2017年10月24日). https://www.balkaninsight.com/en/article/moldova-appoints-new-defence-minister-10-24-2017 2017年10月24日閲覧。 
  15. ^ “Moldovan court suspends president in political standoff”. AP通信. (2018年9月24日). https://apnews.com/2203ddc9dbb746cab05f0bcef60030ca 2018年9月25日閲覧。 
  16. ^ 動画:モルドバ大統領乗せた車がトラックと衝突、その瞬間”. AFP (2018年9月10日). 2018年9月10日閲覧。
  17. ^ “Socialist politicians in Moldova claim president Dodon 'victim of murder attempt'”. Signs of the Times. (2018年9月10日). https://www.sott.net/article/395617-Socialist-politicians-in-Moldova-claim-president-Dodon-victim-of-murder-attempt 2019年7月20日閲覧。 
  18. ^ “Как в Молдове выбирали новый парламент: текстовая онлайн-трансляция”. Sputnik. スプートニク. (2019年2月24日). https://ru.sputnik.md/elections2019/20190224/24861225/vibory-moldova-2019-referendum-podrobnosti-elections-live.html 2019年6月10日閲覧。 
  19. ^ “モルドバ大統領に停職命令、憲法裁 連立難航で混乱”. 日本経済新聞. (2019年6月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45882820Q9A610C1EAF000/ 2019年6月10日閲覧。 
  20. ^ “(video) Ultima oră! Judecătorii Curții Constituționale au anulat ultimele hotărâri din perioada 7-9 iunie”. Unimedia.md. (2019年6月15日). https://unimedia.info/ro/news/c11c7ac36d950843/live-ultima-ora-judecatorii-curtii-constitutionale-au-anulat-ultimele-hotarari-din-perioada-7-9-iunie.html 2019年6月16日閲覧。 
  21. ^ Pro-Russian Candidate Leads Moldova Presidential Vote but Faces Runoff
  22. ^ Moldova presidential election appears headed to runoff
  23. ^ a b „Steagul lui Ştefan ce Mare”, o nouă invenţie propagandistică promovată de PCRM (ルーマニア語)
  24. ^ Socialiștii doresc referendum pentru a schimba „tricolorul românesc” și așteaptă susținerea comuniștilor (ルーマニア語)
  25. ^ Igor Dodon vrea REFERENDUM pentru a SCHIMBA steagul tricolor al R. Moldova”. Timpul - Știri din Moldova. 2017年1月13日閲覧。
  26. ^ HotNews.md / Istorii din MD / FOTO - Igor Dodon în ipostaze ȘOCANTE”. hotnews.md. 2017年1月13日閲覧。
  27. ^ „A pus „Partidul Socialiștilor”, accentuez, „din R. Moldova”, nu în relații de parteneriat, ci în serviciul altei țări””. Ziarul de Gardă. 2017年1月13日閲覧。
  28. ^ Igor Dodon prezintă pericol mare pentru pacea și stabilitatea din Moldova, Valentin Crîlov. Alegeri 2014, ipn.md
  29. ^ Dodon: Crimeea este teritoriu al Federației Ruse at timpul.md (ルーマニア語)
  30. ^ Moldovan presidential race leader says Crimea "Russian" at unian.info
  31. ^ “Moldova granted observer status in Eurasian Union”. EURACTIV.com. (2017年4月19日). https://www.euractiv.com/section/europe-s-east/news/moldova-granted-observer-status-in-eurasian-union/ 2017年5月31日閲覧。 
  32. ^ “Russia showcases Arctic hardware in Red Square military parade”. ロイター. (2017年5月9日). http://www.reuters.com/article/us-wwii-anniversary-russia-parade-idUSKBN1850XO 2017年5月31日閲覧。 
  33. ^ “ロシア、好きか嫌いか=大統領と政府、対立先鋭化-モルドバ”. 時事通信. (2017年5月30日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017053001161 2017年5月31日閲覧。 
  34. ^ Dupa 3 baieti, mai vrea si... fete. Igor Dodon si-a adus baietelul si sotia acasa” (ルーマニア語). PRO TV. 2017年1月13日閲覧。
  35. ^ Ce frumos! Uite ce DECLARATIE de DRAGOSTE i-a facut Igor Dodon sotiei” (ルーマニア語). Actualitati.md. 2017年1月13日閲覧。