イゴール・アキンフェエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イゴール・アキンフェエフ Football pictogram.svg
Igor Akinfeev Russia.jpg
ロシア代表でのアキンフェエフ(2018年)
名前
本名 イゴール・ウラジミロヴィッチ・アキンフェエフ
Igor Vladimirovich Akinfeev
ラテン文字 Igor AKINFEEV
ロシア語 Игорь Владимирович Акинфеев
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1986-04-08) 1986年4月8日(33歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ヴィドノエ
身長 185cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム ロシアの旗 PFC CSKAモスクワ
ポジション GK
背番号 35
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003- ロシアの旗 CSKAモスクワ 439 (0)
代表歴
2004-2018 ロシアの旗 ロシア 111 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年10月6日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

イゴール・ウラジミロヴィッチ・アキンフェエフIgor Vladimirovich Akinfeev ロシア語: Игорь Владимирович Акинфеев, 1986年4月8日 - )は、ソビエト連邦(現ロシア連邦)・ヴィドノエ出身のサッカー選手ロシアサッカー・プレミアリーグPFC CSKAモスクワ所属。元ロシア代表。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

6歳以下は入団できないはずのCSKAモスクワ傘下のサッカースクールに、 数十分の練習を見たCSKA関係者が即入団を許可し、4歳で入団[要出典]

2003年にクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ戦で16歳ながらプロデビューを果たした[1]。2003シーズンには13試合に出場し、クラブ初のロシア・プレミアリーグ優勝を17歳で経験した。デビューから2年目の2004年3月には、当時クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ所属のオグニェン・コロマンに対し、乱暴な行為を行ったとして、リーグ戦5試合の出場停止処分を受けるも、シーズンを通して26試合に出場しレギュラーの座を確立した。

2005年にはUEFAカップロシア・プレミアリーグロシア・カップで優勝し3冠を達成、翌2006年には三度目のリーグ優勝を経験し、自身もズヴェズダ・トロフィー英語版を授与された。

しかし、2007年5月にFCロストフ戦で半年間の離脱となる膝の大怪我を負い、クラブもリーグ3位でシーズンを終えた。2008シーズンに復帰すると自身三度目となるロシア・カップを制覇。また、同年からセルゲイ・イグナシェヴィッチに代わってキャプテンを務めることになった[要出典]

以降も正守護神として君臨していたが、2011年8月28日のFCスパルタク・モスクワ戦では、スパルタクFWウェリトンとハイボールの処理の際に激しく衝突してバランスを崩し着地時に左膝の十字靭帯を負傷。再び半年間の離脱を余儀なくされた。

代表[編集]

2004年4月28日、親善試合のノルウェー戦で18歳20日にしてロシア代表デビューを果たした。出場機会は与えられなかったもののUEFA EURO2004のメンバーに第3GKとして選出された[2]

UEFA EURO 2008では正GKとして全5試合にフル出場[3]。ロシアのベスト4進出を支えた。

しかし、2011年8月に上述の怪我を負い、UEFA EURO 2012予選の残りの4試合を欠場することになった。この怪我に伴い、2008年6月10日のスペイン戦から続いていた代表戦での連続試合出場は30でストップした。2012年3月に復帰し、UEFA EURO 2012のメンバーにも選出されるも、正GKの座はヴィアチェスラフ・マラフェエフが務め、自身に出場機会は訪れなかった[4]。チームもグループリーグ敗退となった。

2014 FIFAワールドカップでは再び正GKを務め、全3試合にフル出場するも、グループリーグ敗退に終わった[5]

2015年3月27日に行われたEURO2016予選グループGモンテネグロ戦では、開始20秒で観客席から投げ込まれた発煙筒が自身の後頭部に直撃。首に怪我と火傷を負い、ユーリー・ロディーギンと交代した。なお、試合は約35分間の中断を経て再開したものの、両チームの間に混乱が起き、結局中止となった[6]

自身4度目のユーロとなるUEFA EURO 2016でも正GKとして全3試合にフル出場するも、2大会連続のグループリーグ敗退となった[7]

自国開催となる2018 FIFAワールドカップにも全5試合にフル出場[8]。決勝トーナメント1回戦のスペインとのPK戦ではコケイアゴ・アスパスのシュートを防ぎ、大会公式のマンオブザマッチに選出される[9]など、チームのベスト8進出を支えた。

2018年10月1日、ロシア代表からの引退を発表した[10]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ 欧州カップ戦 スーパーカップ 合計
試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
PFC CSKAモスクワ 2003 13 0 1 0 1 0 2 0 17 0
2004 26 0 2 0 10 0 1 0 39 0
2005 29 0 7 0 15 0 1 0 52 0
2006 28 0 7 0 8 0 1 0 44 0
2007 10 0 2 0 5 0 1 0 18 0
2008 30 0 2 0 6 0 0 0 38 0
2009 30 0 4 0 10 0 1 0 45 0
2010 28 0 1 0 11 0 1 0 41 0
2011–12 28 0 4 0 4 0 1 0 37 0
2012–13 29 0 2 0 2 0 0 0 33 0
2013–14 29 0 3 0 6 0 1 0 39 0
2014–15 30 0 2 0 6 0 1 0 39 0
2015–16 30 0 3 0 10 0 1 0 44 0
2016–17 29 0 0 0 6 0 1 0 35 0
2017–18 28 0 0 0 16 0 0 0 44 0
2018–19 30 0 0 0 5 0 1 0 36 0
通算 427 0 40 0 120 0 13 0 601 0

獲得タイトル[編集]

PFC CSKAモスクワ

脚注[編集]

  1. ^ Igor Akinfeev fast becoming the heir to the legendary Lev Yashin | Goal.com” (英語). www.goal.com. 2019年2月28日閲覧。
  2. ^ uefa.com. “UEFA EURO 2004 - History - Russia” (英語). UEFA.com. 2019年2月28日閲覧。
  3. ^ uefa.com. “UEFA EURO 2008 - History - Russia” (英語). UEFA.com. 2019年2月28日閲覧。
  4. ^ uefa.com. “UEFA EURO 2012 - History - Russia” (英語). UEFA.com. 2019年2月28日閲覧。
  5. ^ FIFA.com. “2014 FIFA World Cup Brazil™ - Teams - Russia” (英語). FIFA.com. 2019年2月28日閲覧。
  6. ^ “Russia keeper Akinfeev hit by flare in abandoned Montenegro match” (英語). (2015年3月27日). https://www.bbc.com/sport/football/32096292 2019年2月28日閲覧。 
  7. ^ uefa.com. “UEFA EURO 2016 - History - Russia” (英語). UEFA.com. 2019年2月28日閲覧。
  8. ^ FIFA.com. “2018 FIFA World Cup Russia™ - Players - Igor AKINFEEV - Igor Akinfeev - FIFA.com” (英語). www.fifa.com. 2019年2月28日閲覧。
  9. ^ FIFA.com. “2018 FIFA World Cup Russia™ - Matches - Spain - Russia - FIFA.com” (英語). www.fifa.com. 2019年2月28日閲覧。
  10. ^ Igor Akinfeev retires: Goalkeeper announces Russia retirement after earning 111 caps | Goal.com” (英語). www.goal.com. 2019年2月28日閲覧。