イサーク・ドゥナエフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イサーク・ドゥナエフスキー
Исаак Осипович Дунаевский
Isaak Dunaevsky.jpg
基本情報
生誕 1900年1月30日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国(現 ウクライナ)、ロフビツァ
死没 (1955-07-25) 1955年7月25日(55歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦(現ロシアの旗 ロシア)、モスクワ
ジャンル 軽音楽
職業 作曲家、指揮者

イサーク・オシポヴィチ・ドゥナエフスキーロシア語: Исаак Осипович Дунаевский英語: Isaak Osipovich DunayevskyまたはDunaevskyまたはDunaevskiとも、1900年1月30日 - 1955年7月25日)は、ウクライナ出身のソビエト連邦作曲家指揮者オペレッタ映画音楽などの「軽音楽」の作曲家として知られている。

概説[編集]

1900年にポルタヴァ州ロフビツァで生まれた。1910年からハリコフ音楽院でジョゼフ・アクロンヴァイオリンを、セミョン・ボガティリョフに音楽理論を学んだ。1919年に同音楽院を卒業した後、ヴァイオリン奏者としてハリコフオーケストラの主席演奏者となり、後に指揮も始めるようになった。1924年にはモスクワで公演を行っている。

1929年から1934年までレニングラードで指揮活動を行った後、オペレッタ映画音楽の作曲のためモスクワに移った。

受賞[編集]

作曲作品について[編集]

作品には14のオペレッタ、3つのバレエ、3つのカンタータ、80の合唱曲、80の歌曲、88の劇音楽、42の映画音楽、43の軽音楽オーケストラのための作品、12のジャズオーケストラのための作品、52の管弦楽団のための作品、47のピアノ曲などがある。

彼はソ連で最初にジャズを取り入れた作曲家の1人で、メロディアスで覚えやすい旋律を多用し成功を収めた。

代表作としては、オペレッタ『黄金の谷』(1937)、 『自由の風』(1947)、『祖国の歌』(1936)、『クバンのコサック』(1949)への音楽がある。

文献[編集]

  • Kommissarskaya, M. Dunayevsky, the article in "Tvorcheskiye biografii Kompozitorov", Moscow, 1989 (ロシア語)
  • Shafer, Naum “Dunayevsky Today” Moscow, Sovetsky Kompozitor, 1988 (ロシア語)

脚注[編集]