イシュ・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イシュ・スミス
Ish Smith
Ish Smith 2016.jpg
デトロイト・ピストンズでのスミス(2016年)
ワシントン・ウィザーズ  No.14
ポジション PG
背番号 14
身長 183cm (6 ft 0 in)
体重 79kg (174 lb)
ウィングスパン 190cm  (6 ft 3 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Ishmael Larry Smith
愛称 "Ish"
ラテン文字 Ish Smith
誕生日 (1988-07-05) 1988年7月5日(32歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州の旗 ノースカロライナ州シャーロット
出身 ウェイク・フォレスト大学
NBAドラフト 2010年 ドラフト外 
選手経歴
2010-2011
2011
2011-2012
2012-2013
2013
2013-2014
2014-2015
2015
2015
2015-2016
2016-2019
2019-
ヒューストン・ロケッツ
メンフィス・グリズリーズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
オーランド・マジック
ミルウォーキー・バックス
フェニックス・サンズ
オクラホマシティ・サンダー
フィラデルフィア・76ers
ニューオーリンズ・ペリカンズ
フィラデルフィア・76ers
デトロイト・ピストンズ
ワシントン・ウィザーズ

イシュ・スミス (Ish Smith) こと、イシュマエル・ラリー・スミス (Ishmael Larry Smith , 1988年7月5日 - )は、アメリカ合衆国 ノースカロライナ州シャーロット出身のプロバスケットボール選手。NBAワシントン・ウィザーズに所属している。ポジションはポイントガード

来歴[編集]

ノースカロライナ州の高校から大学も地元のウェイク・フォレスト大学に進学し、4年間活躍したスミスだったが、2010年のNBAドラフトでは、どのチームからも指名を受けること出来なかったものの、8月19日にヒューストン・ロケッツ契約した[1]。しかし、翌年2月にメンフィス・グリズリーズに放出されてからは、あらゆるチームと契約・トレード・解雇を繰り返すシーズンが続く。

その後2014-15シーズンはオクラホマシティ・サンダーに所属していたものの、2015年2月19日のトレード期限日に、ロースター枠の調整の為に解雇され、3日後にフィラデルフィア・76ersと契約[2]。するとスミスは、トレード期限日に2013-14シーズン新人王のマイケル・カーター=ウィリアムスに見切りを付け (ミルウォーキー・バックスに放出) 、空席になっていたポイントカードのポジションを、トレードで加入したアイザイア・カナアンと競い合う型で先発出場の機会を与えられ、25試合出場で14試合にスタメンで起用され、平均27.1分に出場、12得点6.1アシストを記録し、自己最高のシーズンを送った。

2015-16シーズンは、開幕前にワシントン・ウィザーズにキャンプに参加するも、10月24日に解雇され、2日後にニューオーリンズ・ペリカンズと契約[3]。するとスミスは、ここでもタイリーク・エバンスジュルー・ホリデーなど、開幕から負傷者が続出したペリカンズで重宝され、11月7日のダラス・マーベリックス戦で17得点12アシストを記録し、自身初のダブル・ダブルを達成。開幕5連敗を喫していたペリカンズにシーズン初勝利をもたらし[4]、更に20日のサンアントニオ・スパーズ戦でも、17得点に加え自己最多の13アシストのダブル・ダブルの活躍で、またしても5連敗を喫していたチームを救う104-90の勝利に貢献した[5]

12月24日、将来の2巡目ドラフト指名権とのトレードで、僅か半年でフィラデルフィア・76ersに復帰[6]。再加入直後の26日のフェニックス・サンズ戦で早速スタメンで起用され、14得点5アシストを記録し、12連敗中だった76ersにシーズン2勝目をもたらした[7]。チームは低迷の苦しんだものの、スミスは自己最高の平均14.7得点7アシストを記録した。

2016年7月1日、デトロイト・ピストンズと3年契約を結んだ[8]

2019年7月9日、ワシントン・ウィザーズに移籍した。

NBA個人成績[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]