イジェフスク機械工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イジェフスク機械工場ロシア語: Ижевский механический завод、Izhevsky Mekhanchesky Zavod)は、イジュメクИЖМЕХ、IZHMEKH)の通称、輸出用ブランドバイカル(Baikal)でも知られるロシアの銃火器を製造する企業。

小火器を製造する第622工場としてイジェフスクで1942年に設立。第二次世界大戦後は、軍用に加え狩猟用の銃器も製造し、後には民生用機械やより高度な兵器も製造した[1]

輸出用のブランド名として「バイカル」を使用しており[1]、製品としてはマカロフ PMMP-443等が知られている[2]。日本でも空気銃メーカーとして名を知られた兵林館が、ソ連時代にバイカルの輸入販売を行っていた。

2012年、ロシア連邦副首相ドミトリー・ロゴージンが、経営破綻を回避するため当時経営危機にあったイジェフスク機械製作工場(イズマッシュ)とイジェフスク機械工場の合併計画に言及した[3]

この計画は、2013年にイジェフスク機械製作工場を国営持ち株会社カラシニコフ・コンツェルン英語版とし、その製造部門をイジェフスク機械工場とする形で実現した[4]

出典[編集]

  1. ^ a b History”. イジェフスク機械工場. 2017年8月20日閲覧。
  2. ^ Weapons”. イジェフスク機械工場. 2017年8月20日閲覧。
  3. ^ Leading Russian arms makers to unite under Kalashnikov name”. RT (2012年11月19日). 2017年8月20日閲覧。
  4. ^ Russian Gunmaker Izhmash Renamed Kalashnikov”. スプートニク (2013年8月13日). 2017年8月20日閲覧。