イスラエルの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イスラエルの歴史
Kotel Israel.jpg
この記事はシリーズの一部です。

イスラエル ポータル
· ·
シナゴーグ
カリシャー
1870年の新聞
19世紀終わりのダビデ通り
サフェドのユダヤ人地区
ガザのユダヤ人墓地
ティベリアのユダヤ人
イスラム教徒がモスクに改造したマクペラの洞窟
エルサレム南部のラケルの墓

イスラエルの歴史(イスラエルのれきし)では中世から近代までのイスラエルの地における、主にユダヤ教徒の歴史年表を示す。古代イスラエルの歴史は「古代イスラエル」を参照。

古代[編集]

悲劇的敗北と離散の後[編集]

  • 135年 - ローマが反乱を鎮圧し、イスラエルの地を「パレスチナ」と改称、エルサレムをアエリア・カピトリーナと改称
  • 2世紀頃 - ゴラン高原のメイローンにユダヤ人が住みはじめる
  • シモン・ベン・ラキシュ (3世紀)
  • 6世紀 - マダバの教会から発見されたモザイク・「マダバ地図」(ローマ時代のエルサレム市街を描いた現存する世界最古の地図)
  • 900年頃 - イスラエルの地において、母音符号完成
  • 11世紀~20世紀 - ガザのユダヤ教徒社会が繁栄
  • 1099年 - ユダヤ教徒、エルサレムの防衛に、アラブ人と共に参加
  • 1100年 - ユダヤ教徒、十字軍の進攻に対しハイファの防衛に参加
  • 1191年 - ユダヤ教徒、十字軍によって追放される
  • 1204年 - マイモニデス逝去。ティベリアに埋葬(一時イスラエルの地に居住したとも言われる)
  • 1211年 - 数名のラビがフランス・イギリスからエルサレムに帰還
  • 1267年 - ラムバン(ナフマニデス)がエルサレムに定住し、シナゴーグを建設
    以降500年間ユダヤ教徒の学問の中心地として栄える(1194-1270) - ラビ・哲学者・聖書注解・カバラ研究
  • 1291年 - マムルーク朝が十字軍を倒しイスラエルの地を支配
  • 13世紀 - エルサレムのユダヤ教徒地区に、トーラー学者・学生が住みはじめる

近世[編集]

近代以降[編集]

シオニズム運動が盛んになったとされる近代・現代史年表を示す。

20世紀前半[編集]

ヴァイツマン(左)とファイサル1世(1918年)

20世紀後半(イスラエル独立以降)[編集]

湾岸戦争以降[編集]

調印後に握手をするイスラエル・ラビン首相とPLOアラファト議長。中央は仲介したビル・クリントン米大統領
ヨルダン川西岸地区
アラブ人(イスラム教徒・キリスト教徒ほか)居住区とは入り組んでいる

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]