イスラエル野球リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イスラエル野球リーグ
競技野球
開始年2007年
参加チーム4
イスラエルの旗 イスラエル
前回優勝ラアナナ(2019年春季)
公式サイトIAB

イスラエル野球リーグ(イスラエルやきゅうリーグ、ヘブライ語: ליגת הבייסבול הישראלית‎、英語: Israel Baseball League, "IBL")は、イスラエルにおける国内プロ野球リーグ2007年創設。

概要[編集]

イスラエルでの野球は1927年に初めてプレーされたといわれており、現在でも2000人~3000人程度のプレイヤーがいるといわれている。イスラエル野球リーグは6月24日に開幕し、6チームでそれぞれ45試合程度のペナントレースを行う。イスラエル国籍を持つ現役メジャーリーガーや引退した選手らによってWBCへの参加を熱烈にアピールしている国の一つである。

イスラエル野球リーグ史上初のドラフト会議が、現地時間2007年4月26日に、アメリカニューヨーク市で行われた。プレリリースによると、指名されたのは主にアメリカの独立リーグマイナーリーグ、及び大学などに所属している選手が中心。徴兵される心配の無い(イスラエルには徴兵制度が有る)選手を選ぶことによってチーム間の戦力のバランスを保つ為に、アメリカに限らず様々な国籍を持つ選手らが指名され、その国籍数は9つにも及ぶ。育成担当GMにはモントリオール・エクスポズボストン・レッドソックスでGM経験のあるダン・デュケットが就任した。MLBバド・セリグコミッショナーが関係するなど、実質的には欧州初のMLB傘下のマイナーリーグのようなものだともいえる。リーグ自体は2Aクラスを目指す。

また、イスラエル人選手はそれぞれの出身地に基づき所属するチームが決まる、地域密着型の運営を図っている。

最初の試合が2007年6月24日に行われ、2007年7月29日には第一回のオールスターゲームが開催された。

リーグ戦は当初各チーム45試合制の予定であったが、急遽41試合制に削減、レギュラーシーズン1位から6位までが順位に応じて争う、トーナメント制のプレーオフが導入された。 各チームは一応都市名を冠しているが、実際は各都市ではプロモーションを行うのみで、テルアビブ市内の急増球場スポーテックとその衛星都市・ペタック・ティクバのバプティスト村内のヤルコン・スポーツコンプレックス、テルアビブとエルサレムの中間にあるキブツ・ゲゼルの球場を使用している。国内の野球場はこの3つのみ、いずれもスタンドのない草野球レベルの球場である。

2008年シーズンは資金難により開催されず、それ以後はリーグ開催の予定が全くたたない時期もあったが、2019年現在は年代別に5つのリーグが設置されており、16の都市で80チームが活動している[1]

リーグ構成[編集]

各リーグへの参加資格は、出生年によって定められている[2]

  • プレミアリーグ - 18歳以上の選手が出場する、最上位のリーグ。春季リーグは3月〜6月にかけて、秋季リーグは9月〜11月にかけてそれぞれ行われる。試合数は各チーム15〜20試合前後で、雨天の場合は中止となる。
  • ジュニアリーグ - 15〜18歳の選手が出場する。
  • カデットリーグ - 12〜15歳の選手が出場する。
  • ジュベナイルリーグ - 9〜12歳の選手が出場する。
  • マイナーリーグ - 7〜10歳の選手が出場する。

チーム[編集]

2013年[編集]

  • モディイン・ミラクル
  • ジュニア・ナショナルチーム
  • エルサレム・ライオンズ
  • ラアナナ・エクスプレス
  • テルアヒブ・ライトニング
  • TBD
  • TBD2 ※リザーブチーム

2019年[編集]

プレミアリーグ[編集]

  • エルサレム
  • ミスガフ(春季リーグのみ)
  • ラアナナ
  • テルアビブ

ジュニアリーグ[編集]

  • AISジュニア
  • ベトシェメシュ・ジュニア
  • エルサレム・ライオンズ・ジュニア
  • ミスガフ・ジュニア
  • モディイン・ミラクルズ・ジュニア1
  • モディイン・ミラクルズ・ジュニア2
  • ラアナナ・レイダース・ジュニア
  • テルアビブ・カムラッズ・ジュニア

リーグ成績[編集]

年度 1位
2位 3位 4位 5位 6位
2007年 ベト・シェメシュ テルアヒブ モディイン ネタニヤ ラアナナ ペタック・ティクヴァ
年度 1位 2位 3位 4位 5位
2015-16年[3] テルアビブ・カムラッズ アカデミー エルサレム・ライオンズ ラアナナ・レイダース モディイン・ミラクルズ
2016年秋[4] エルサレム・ライオンズ テルアビブ・カムラッズ ラアナナ・レイダース
2017年春[5] ラアナナ・レイダース エルサレム・ライオンズ テルアビブ・カムラッズ・タイガース
2017年秋[6] アカデミー テルアビブ ラアナナ エルサレム
2018年春[7] テルアビブ ラアナナ エルサレム
2018年秋[8] ラアナナ エルサレム テルアビブ モディイン
2019年春[9] ラアナナ エルサレム テルアビブ ミスガフ
2019年秋[10]

主な選手[編集]

  • 木原領樹
投手。右投両打。リーグ創設の2007年にネタニヤ・タイガースでプレーした。
投手。右投右打。2007年にプレーした。
投手。右投右打。2007年にモディイン・ミラクルでプレーした。

脚注[編集]

  1. ^ IAB - Israel Association of Baseball - Home” (英語). Israel Association of Baseball. 2019年11月15日閲覧。
  2. ^ League Age Table - 2018” (英語). Israel Association of Baseball. 2019年11月15日閲覧。
  3. ^ Premier League 2015/16”. 2019年11月15日閲覧。
  4. ^ Premier League Fall Season 2016”. 2019年11月15日閲覧。
  5. ^ Premier League Spring Season 2017”. 2019年11月15日閲覧。
  6. ^ Premier League Fall Season 2017”. 2019年11月15日閲覧。
  7. ^ Premier League Spring Season 2018”. 2019年11月15日閲覧。
  8. ^ Premier League Fall Season 2018”. 2019年11月15日閲覧。
  9. ^ Premier League Spring Season 2019”. 2019年11月15日閲覧。
  10. ^ Premier League Fall Season 2019”. 2019年11月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 白夜書房『野球小僧』2007年10月号「ワールド・ベースボール・レポート~日本で唯一! 新生・イスラエル・リーグに迫る」
  • 白夜書房『野球小僧』2008年8月号「2016年の五輪野球復帰祈念・集中連載『魅惑の海外リーグ~マキシモ・ネルソンが語る(イスラエル編)~』」
  • 石原豊一『ベースボール拡大の諸相―イスラエルプロ野球にみるスポーツ産業のグローバル化―』、『スポーツ産業学研究』18-2,pp.21-29
  • 石原豊一(2011)『エレツ・ボール:野球不毛の地、イスラエルに現れたプロ野球』ココデ出版