イズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社イズミ
IZUMI Co.,Ltd.
Izumi group logo youme 2015.svg
IZUMI headquarters 20140127.JPG
本社
種類 株式会社
市場情報
略称 イズミ
本社所在地 日本の旗 日本
732-8555
広島県広島市東区二葉の里3丁目3番1号
設立 1961年昭和36年)10月27日
業種 小売業
法人番号 8240001000777 ウィキデータを編集
事業内容 スーパーマーケットなどの運営
代表者 山西泰明代表取締役社長
資本金 196億1385万円
発行済株式総数 78,861,920株
売上高 単体6,090億円 連結6,687億円
(2016年2月期)
純資産 単体1,233億円 連結1,578億円
(2016年2月)
総資産 単体3,710億円 連結4,680億円
(2016年2月)
従業員数 単体:正社員2,339名
パートタイマー5,031名
(2016年2月)
決算期 毎年2月末
主要株主 山西ワールド 27.82%
第一不動産 5.87%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 4.12%
広島銀行 3.30%
日本生命保険 2.92%
イズミ広島共栄会 2.88%
山西泰明 2.84%
第一生命保険 2.83%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 2.13%
全国共済農業協同組合連合会 1.86%
(2019年2月28日現在)
主要子会社 主要関連会社の項目を参照
関係する人物 山西義政(会長・創業者)
外部リンク https://www.izumi.co.jp/
テンプレートを表示
現・ヤマニシビル
館内にエクセルや泉美術館、
付属する流通棟にヤマニシの本社がある

株式会社イズミ: IZUMI Co.,Ltd.)は、広島県広島市に本社を置くスーパーマーケットチェーンを展開する企業。衣類卸問屋の山西商店(やまにししょうてん)を母体に設立された。小型食品スーパーゆめマートイズミ及び、総合スーパーまたは大型ショッピングセンターゆめタウンオープンモールゆめモールを展開。2015年4月現在、156店舗を営業する[1]。近年は九州地方でのM&Aを複数行い、西日本での勢力を拡大している。 なお同社と社名が似ている、関西地区を地盤とするスーパーマーケットのイズミヤ株式会社とは全く関係がない[補足 1]

概要[編集]

1980年に制定されたロゴ(左)と、1995年より使用されているゆめタウンの2代目ロゴ(右)。

1946年昭和21年)に山西義政広島駅前で始めた闇市の屋台をルーツに持つ。1950年(昭和25年)に衣類卸問屋の山西商店を設立[補足 2]。山西商店の小売り部門として1961年(昭和36年)株式会社いづみを創業、広島市堀川町(現在の広島市中区新天地)にスーパー1号店の八丁堀店を開店する[補足 3]1980年(昭和55年)6月にCIの導入で、商号を株式会社イズミに変更し、屋号も変更[2]

広島駅前の闇市をルーツとする卸売企業には、イズミのほかに四国を地場とするフジの母体になった十和(現・ヨンドシーホールディングス)があり、山西会長は新聞取材で「永遠のライバル」としている[3]

出店エリアはドミナント戦略に則り、原則として本社より2時間以内でいける範囲に出店している[4]。また、スーパーマーケットの創業から2年後の1963年(昭和38年)に大阪へ進出したが、現地の嗜好に合わない品揃えで失敗[5]。わずか4ヶ月での撤退した[5]。それ以降、長らく中国地方での出店に専念し[5]、九州地方への進出は1995年(平成7年)まで行われなかった[5]。九州地方への出店に対し、地域に合わせた店舗形態にし、画一化にはこだわっていない[6]。また、食料品や衣料品などの直営フロアを最小限にし、家具・電気製品・カジュアルファッションなどは、有力な専門の会社に任せる方針にしている[7]

2008年2月期で、中国地方で約50%、九州地方で約43%を売り上げている[8]。その他、1998年に四国地方に出店したゆめタウン高松は、ゆめタウン一の売り上げ高になっている[9]。2000年以降は、店舗が旧態化した中国地方に再び力を入れている[10]

1990年より大型ショッピングセンター「ゆめタウン」を展開開始[11]。1995年からの九州地方の出店で、業績を急激に伸ばした[12]

1978年(昭和53年)に広島証券取引所大阪証券取引所2部に上場[13]1986年(昭和62年)の大阪証券取引所1部への指定替えおよび東京証券取引所2部に上場を経て[13]1987年(昭和62年)に東京証券取引所1部に上場した[13]

1985年昭和60年)の安古市店導入を皮切りに[14]1988年(昭和63年)までに、全店にPOSシステムを導入した[15]。POSシステムの導入に関しては、同業他社に先行する形で行われた[16]

中国地方ではイオングループに匹敵する一大勢力になっており、両者の売上争いは「百年戦争」といわれるほどである[17]

2013年(平成25年)11月25日に、南区京橋町に置いていた本社を東区二葉の里に新築移転した[18]。本社ビルは地上6階・地下1階建で[18]、1階は店舗「ゆめマート二葉の里」[19]、2階から6階がオフィスフロアで、イズミ本社および関連会社が入居している。2階には「イズミ史料館」がある。

2015年(平成27年)2月期の業績は、売上高5797億円(前期比で4.1%増)・営業利益303億円(同4.2%増)となり、それぞれ5期・3期連続で過去最高を更新した。大幅な営業減益となっている競合他社(総合スーパーやショッピングセンターで競合するイオンやイトーヨーカドーなど)と比べると、プライベートブランド商品を重視した価格訴求型の商品戦略ではなく、ナショナルブランド商品や地域に根ざした地場商品を中心にした価値訴求型の戦略が顧客からの支持を得ていると論評されている[20]

2018年4月5日、イトーヨーカドーを展開するセブン&アイ・ホールディングスとの業務提携を発表。イトーヨーカドー福山店を譲受しゆめタウン福山として再オープンさせたほか、仕入れの統合や輸入品、地域産品などの共同調達を行うとしている[21]。なお、関西以東に店舗網を持つイトーヨーカドーとは地理的に補完関係にある[22]

2019年5月9日2020年2月20日をもってニチリウグループを脱退することを発表[23]。プライベートブランドがそれまでの「くらしモア」から「セブンプレミアム」に変更された[24]

業態[編集]

現在の業態[編集]

ゆめタウン高梁(岡山県高梁市) ゆめタウン1号店 ゆめタウン広島(広島市南区) SC型ゆめタウン
ゆめタウン高梁岡山県高梁市
ゆめタウン1号店
ゆめタウン広島(広島市南区)
SC型ゆめタウン
ゆめタウン
総合スーパー(GMS)型の中商圏型店舗、大型ショッピングセンター(SC)型の大商圏型の2つの店舗形態をもつイズミの主力業態。
1990年6月14日ゆめタウン高梁を第1号店として開業し、東は兵庫県から南は熊本県まで67店舗を展開している[補足 4]


ゆめマート己斐
ゆめマート
小商圏型のスーパーマーケット(SM)。
元々はニコニコ堂から事業譲渡されたゆうあいマート(現・ゆめマート熊本)が2008年に「ニコニコドー」からリブランドしたものが最初である。2012年6月28日に直営店1号店となる小倉東店(福岡県北九州市小倉南区)を開店、2013年9月にはグループ内の小型店舗とDSイズミ業態を全て「ゆめマート」に統一した。後に傘下に加えたグループ企業の小型店舗も、広島県内の「ユアーズ」と徳島県内の「デイリーマート」を除いて「ゆめマート」に統一している。
こうした経緯から、以下の4社による運営体制をとっている。チラシも基本的に各運営会社単位で制作され、内容もグループ統一企画実施の場合を除き異なっている。


ゆめモール
ネイバーフッド型ショッピングセンター(NSC)業態[25]。ゆめマートを核店舗とする。同業で言えばイオングループのイオンタウンに近い。
2013年11月14日に、第1号となるゆめモール下関が開業[25]


イズミ己斐店 (現・ゆめマート己斐) イズミ神西店 (現・ゆめマート神西) イズミ可部中央はなわ店 はなわが委託運営している
イズミ己斐店
(現・ゆめマート己斐)
イズミ神西店
(現・ゆめマート神西)
イズミ可部中央はなわ店
はなわが委託運営している
イズミ
総合スーパーとして展開を開始した最初の業態。1号店の八丁堀店がいづみの名称で開業。当時のマークは、四つ葉のクローバーをモチーフとした物だった[26]1980年(昭和55年)6月[2]CIの導入で、イズミに改称し、マークを太陽をモチーフとした物に変更[26]1990年(平成2年)以降は、ゆめタウン業態の展開に合わせて制定された赤色の風船マークを掲げた店舗もあった(後述する可部中央店では現在も風船マークを用いている)。
ゆめタウン登場までの主力業態であったが、大半の店舗は2000年代までにゆめタウンに順次転換し、ゆめタウン五日市やゆめタウン竹原など、大規模な駐車場を持たない中規模店舗を中心に存続していた。
2013年12月、大型の店舗はゆめタウン、小型の店舗はゆめマートにそれぞれ転換[27]
有限会社はなわが委託運営している可部中央店のみ「イズミ」の屋号で営業しており、これらの店舗のゆめマート等への転換は行われていない。


LECT
広島市西区扇で2017年4月に開業した複合商業施設。詳細は当該記事を参照。


また子会社で、ユアーズデイリーマートを運営している。

かつて展開していた業態[編集]

ニューいづみ
みどりがフランチャイズ契約に基づき、1971年から1976年まで運営していた店舗[28][29][30]。大竹店と戸坂店が存在した[30]。フランチャイズ解消後は、旧来の商号『みどり』で営業した[30]
アイマート
1982年に導入した小型店舗形態。
イズミマート
DSイズミ
津山店[31]とうきは店[32]のみ展開していたディスカウント型スーパーマーケット。DSとは、ディスカウントの略。津山店は、総合スーパーだった旧イズミ津山店をスクラップアンドビルドで転換した[31]
2013年12月に両店ともゆめマートに転換[27]

その他子会社にした会社で、イズミ系の商標に変更するまでは、ニコニコドーハローグリーンエブリースーパー大栄・D&D・フレッシュ8・サンディ・エースなどの商標で運営していた。

沿革[編集]

旧・ヤマニシビル
1964年からヤマニシの本部。
完成当時は店舗としても使われた。
1981年4月から2013年11月までイズミ本社として使用されていた建物
1970年12月から1974年12月までいずみ本部が置かれた建物 後、イズミの関連会社などの事務所として使われた 1974年12月から1981年3月までいずみ本部が置かれた建物 後、イズミの関連会社などの事務所として使われた
1970年12月から1974年12月までいずみ本部が置かれた建物
後、イズミの関連会社などの事務所として使われた
1974年12月から1981年3月までいずみ本部が置かれた建物
後、イズミの関連会社などの事務所として使われた
後に、イズミ八丁堀店へ改称後、1986年に広島初のファッションビルウィズワンダーランドに移行。2004年にヤマダ電機テックランド広島中央本店、2012年にドン・キホーテ広島八丁堀店になっている。詳細は、ウィズワンダーランドを確認)。

店舗[編集]

現行店舗[編集]

2018年5月現在。

過去に存在した店舗[編集]

イズミ50年史『挑戦の流儀』に基づいている。有限会社はなわに移管された店舗についても、直営での営業終了の形で記載している。

いづみ時代に開店した店舗[編集]

1980年6月のCI導入以前に「いづみ○○店」(特記を除く)として開店した店舗。閉店時期がCI導入後の場合は「イズミ○○店」として閉店している。広島市岡山市の所在地については、出典の社史に合わせて区移行後にしている。

店名 所在地 開業年月日 閉店年月日 備考
八丁堀店 広島県広島市中区新天地[56] 1961年11月3日[56] 1986年8月24日[56] いづみの1号店。のちにヤングショッピングモールのウィズワンダーランドとなり、2004年にはヤマダ電機テックランド広島中央本店になった。2012年にヤマダ電機は移転し、跡地はドン・キホーテとなる。現在もビルの所有者はイズミである。詳しくはウィズワンダーランド記事を参照。
本通り店 広島県広島市中区本通[56] 1962年11月[56] 1967年8月31日[56]
大阪店 大阪府大阪市東住吉区田辺本町[57] 1963年6月27日[57] 1963年12月[57]
広島駅前店 広島県広島市南区松原町[56] 1967年3月24日[56] 2000年1月23日[56] いづみ八丁堀店に続く大型店としてオープン。閉店後はフタバ図書GIGAとなる。ビル(広島産業センタービル)所有権はフタバ図書開店後も長く保持していたが、現在は広島資本の不動産会社2社の共同所有となっている。
松山いづみ 愛媛県松山市一番町[56] 1968年3月18日[56] 1977年1月[56] 建物は1983年12月にラフォーレ原宿・松山が開業したが[58]、建物の耐震問題で2008年1月に閉店となり[59]、2013年10月16日から建物の解体工事が行われた[60]。跡地では、ホテルや商業施設などの入る再開発ビルの建設が2014年4月23日に始まっている[59]
岡山店 岡山県岡山市北区中山下[56] 1969年9月27日[56] 1989年9月[56] 当初は福武興業(現・福武観光)が所有する福武ビル(現・福武ジョリービル)に入居し、1975年に黒住教が所有する黒住ビルに移転した。閉店後はイズミ系ファッションビルfitzとなった。fitzとなっても地下1階に食料品売り場だけが残っていた。fitzが閉業して天満屋が経営するLOTZになった時に改装されて食料品売り場が閉店した。
呉店(シティパルク店) 広島県呉市中通[56] 1970年10月25日[56] 2008年5月31日[56] 2004年のゆめタウン呉開店で地下の食品コーナーを除いてテナントビル化(シティパルク)。2008年6月以降は、近くのポポロを運営する会社が運営[61]していたが、現在は閉店済であり、建物は既に解体されている。地下階には、はなわに運営譲渡した店舗があった。
岩国店 山口県岩国市麻里布町2丁目1-21 1974年10月3日 2018年10月16日 老朽化に伴い閉店。詳しくは当該項目を参照。
府中(大通)店 広島県安芸郡府中町大通り[56] 1976年4月8日[56] 1999年10月24日[56] 現在はユアーズ府中店。
西大寺店 岡山県岡山市東区西大寺上[56] 1976年4月26日[56] 2002年5月19日[56] 両備ストアの両備サンモール西大寺店(現・リョービ・プラッツ西大寺店)の建物に入居。1階建ての建物を二つに仕切って、両備サンモール西大寺店とイズミ西大寺店の2店が営業していた。両備の店舗が食料品を主に扱うスーパーだったので、このイズミの店舗では食料品は扱っておらず衣料品を主に扱っていた。1990年代に建物の改築があり、改築後はリョービ・プラッツ西大寺店のビルの2Fにイズミ西大寺店が入居。(同フロアには書店、100円ショップなどの他テナントもあった)2000年代初頭にイズミが同ビルから撤退し、イズミ西大寺店閉店。イズミ西大寺店閉店後ビルの大規模な改装が行われ、イズミ西大寺店のあったフロアには現在、TSUTAYA岡山西大寺店とダイソーの2店が入居。
福山店 広島県福山市三之丸町[56] 1976年6月13日[56] 1987年4月[56] ファッションビルCASPAに移行。
吉島店 広島県広島市中区光南[56] 1977年8月19日[56] 2003年9月30日[56] 跡地はスパーク光南店。
津山店 岡山県津山市伏見町[56] 1978年12月6日[56] 2009年2月12日[56] 2010年11月5日、総合スーパーから食品スーパーへ転換したDSイズミ津山店としてオープン[31][62]

イズミに移行後に開店した店舗[編集]

1980年6月のCI導入後に「イズミ○○店」(特記を除く)として開店した店舗。

店名 所在地 開業年月日 閉店年月日 備考
手城店 広島県福山市手城町[63] 1980年7月1日[63] 1999年8月29日[63] 現在はハローズ手城店。
アイマート庚午店 広島市西区庚午中[57] 1982年6月5日[57] 1986年8月31日[57] イズミマート、イズミのフランチャイズ経営によるCoco'sを経て、跡地は現在びっくりドンキー庚午店。
ウエストランド店 岡山県津山市二宮71 1982年6月[64] 2019年9月30日 2020年2月16日のウエストランド閉館を前に閉店。これにより、直営のイズミ店は消滅した。
高陽店 広島県広島市安佐北区落合[63] 1982年10月15日[63] 1999年9月26日[63] 跡地はパチンコ店ぴーランド。
アイマート尾長店 広島県広島市東区尾長町[57] 1983年1月6日[57] 1994年4月10日[57] 跡地は、スーパーヒサシー尾長店を経て建物は解体。その後、ファミリーマート尾長西店が出店、現在は閉店。
観音店 広島県広島市西区南観音[63] 1983年4月25日[63] 2006年10月12日[63] 跡地は、スパーク空港通り店を経て、2017年4月に閉店・解体。現在はスズキアリーナ広島西。
東雲店 広島県広島市南区東雲本町[63] 1985年4月5日[63] 2003年6月27日[63] 現在は、デイ・リンク東雲店。
中島店 広島県広島市安佐北区可部南[63] 1986年7月24日[63] 2002年6月27日[63] はなわに運営譲渡[63]。現在は、スパーク中島店。
湯田店 山口県山口市吉敷[63] 1987年3月1日[63] 1999年10月17日[63] デオデオ山口店を経て、現在はマンガ倉庫山口店。
佐方店 広島県広島市佐伯区三筋[63] 1987年4月4日[63] 2003年8月31日[63] 現在は、スパーク佐方店。
CASPA 広島県福山市三之丸町[63] 1987年4月25日[63] 2012年1月31日[63]
防府店 山口県防府市八王子[63] 1988年8月28日[63] 1994年10月6日[56] ゆめタウン防府の開店に伴い閉店。現在はゆめタウンの駐車場。
fitz 岡山県岡山市北区中山下[56] 1989年9月15日[56] 2000年7月28日[56] 現在は、天満屋と共同出資の「岡山LOTZ」になっている。
呉ハウディ店 広島市呉市中通[57] 1993年5月13日[57] 2000年10月31日[56] 山陽ジャスコの店舗を移管。のち、営業譲渡[57]
可部中央店 広島県広島市安佐北区可部[65] 1993年11月30日[65] 2002年10月31日[65] はなわに運営譲渡[65]
南浜店 山口県宇部市南浜町[65] 1994年9月28日[65] 2006年1月12日[65] 2006年に業務提携を結んでいる丸久の運営するアルク南浜店。
神田店 岡山県倉敷市神田[66] 1995年7月19日[66] 2010年7月27日[66] ニシナに営業譲渡[67]
柳井西店 山口県柳井市大字柳井割詰[66] 1995年7月19日[66] 1999年2月28日[66] はなわに運営譲渡[66]。現在ははなわが運営する「ゆめマート柳井西店」。
曙店 広島県福山市曙町[66] 1995年8月1日[66] 2001年3月18日[66] 閉鎖後はベルファニーを経て、フレスタ曙店 現在は解体されダイレックス福山曙店が建設中。
真備店 岡山県倉敷市真備大字川辺土井の内[66] 1995年11月15日[66] 2005年6月27日[66][68] 2005年7月に仁科百貨店がニシナフードバスケット真備店を出店[68]
小野田店 山口県山陽小野田市大字西高泊[66] 1995年11月22日[66] 2000年10月31日[66] 現在はアルク小野田店。
彦島店 山口県下関市彦島福浦町[66] 1996年7月23日[66] 2008年7月23日[66] 現在はアルク彦島店。
大町店 広島県広島市安佐南区大町東[66] 1997年7月22日[66] 2003年1月31日[66] はなわに運営譲渡[66]
鳥栖店 佐賀県鳥栖市轟木町[57] 2003年9月[57] 2013年6月2日[69] ニコニコ堂が核店舗の鳥栖シティモールとして1994年10月に開店[70]。2003年にゆめタウン熊本の店舗となり[70]、2010年4月23日にスーパーセンターイズミ鳥栖店に移行[71]。集客力が低下していることに加えて借地権契約が2014年2月で切れるため閉店[70]

出店を断念した店舗[編集]

2005年3月にJT松山工場跡地にイズミが出店する計画が決定していたが[72]、中心市街地の空洞化を懸念する商店街関係者の反対で2006年12月に中止となった[73]。その計画の代わりとして、2007年4月25日に広島のデベロッパー・マリモが約53億円で落札し[74]、同年7月に敷地約33,000m2のうち約10,000m2ずつを地場スーパーのフジダイキに売却したほか[75]、2008年3月には残りの土地のうち半分を売却する方針が明らかになり[76]、2009年1月に松山市医師会が医師会館建設用地として取得した[77]。そしてマリモのマンション「ポレスター松山フォレストシティ」と地場スーパーのフジ(食品スーパーVESTAと同社運営のTSUTAYA)、ケーズデンキ(ダイキによる賃貸物件)などで構成される複合施設が建設された。

主要関連会社[編集]

  • 株式会社ヤマニシ - 衣類の卸売業。イズミの母体企業(旧称『山西商店』)。
  • 株式会社ゆめカード - クレジットカード事業。
  • 株式会社ゆめマート熊本 - 熊本県熊本市東区に本社をスーパーマーケットチェーンで、かつてニコニコ堂が運営していた小型店舗を運営している。旧ゆうあいマート
  • 公益財団法人泉美術館 - ヤマニシビル5階で美術館を運営している。
  • イズミ・フード・サービス株式会社 - 大阪王将サブウェイサーティワンアイスクリームミスタードーナツとフランチャイズ契約を結び、また、たこ一番・お好み一番・麺や一番・パスタトピザなどの自社開発ブランドの店舗を、イズミが運営している施設内で運営する会社。
  • 株式会社イズミテクノ - 施設の維持・管理事業。
  • 株式会社ゆめマート北九州 - 福岡県北九州市八幡西区に本社を置くスーパーマーケットチェーン。旧・スーパー大栄時代の2014年1月に業務提携[78]。2015年2月12日付けで連結子会社化[49]。2016年2月18日完全子会社化[79]
  • 株式会社ユアーズ - 広島県広島市東区に本社を置くスーパーマーケットチェーン。2015年4月に業務提携、子会社化[80]。2016年6月27日に本社を広島県海田町から広島市東区のイズミ本社ビルへ移転[81]
  • 株式会社デイリーマート - 徳島県に本社を置くスーパーマーケット。2015年10月15日に買収すると発表。11月17日付で完全子会社化した[82]

以前業務提携していた同業企業[編集]

2015年7月に、丸久マルミヤストアが経営統合してリテールパートナーズを設立。同月中に業務提携を解消した。

  • 株式会社丸久 - 山口県防府市に本社を置くスーパーマーケットチェーン。2005年10月に業務提携[83]
  • 株式会社マルミヤストア - 大分県佐伯市に本社を置くスーパーマーケットチェーン。2008年4月に業務提携[84]

かつて関連会社だった企業[編集]

  • 株式会社エクセル - インポートショップを運営。2008年9月1日付けで吸収合併。現在は、イズミの一ブランドの形で運営されている。
  • 株式会社ゆめタウン熊本 - ニコニコ堂が運営していた大型店舗をひきついて運営していた会社。2008年9月1日付けで吸収合併。
  • ポプラ株式会社 - 下着などを製造する関連会社(1963年1月設立・同名のコンビニエンスストアとは別)[2]安芸郡府中町に工場を置いていた[補足 5]。最盛期は女性用パジャマの販売で日本国内で首位になったこともあるが、売却され[86]、小泉アパレルの関連会社になった[87]
  • 広島ココス - ココスジャパンとのフランチャイズ契約に基づき設立されたファミリーレストランの会社。1993年にサンデーサンに売却。
  • 株式会社広栄 - 熊本市内においてスーパーマーケット「エース」を展開していた。店舗名は「youmeマート」に転換。2014年7月17日に完全子会社化。2015年9月1日付で、ゆめマートに吸収合併[88]

また以前は、小僧寿司のフランチャイズにも加入していた[89]

商品券[編集]

イズミが発行する商品券には額面1,000円と500円の2種類が存在し、釣り銭が出る。 また、次の各系列店等で利用できる。

  • イズミ及びそのテナント
  • ゆめタウン及びそのテナント
  • ゆめマート及びそのテナント
  • ゆめシティ及びそのテナント
  • エクセル
  • 三次サングリーン
  • 紙屋町サンモール
  • はなわ
  • 呉中通商店街
  • 岡山ロッツ(天満屋と共同運営の為、天満屋商品券と天満屋で使用可能な全国百貨店共通商品券も使用可能)

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

補足[編集]

  1. ^ 一部のゆめタウンには同社グループの株式会社ビーユーが運営する玩具店のペリカンが入居している。
  2. ^ 2013年11月現在でも『株式会社ヤマニシ』として現存している。
  3. ^ 1986年(昭和61年)に広島初のファッションビル『ウィズワンダーランド』に転換。のちに2004年(平成16年)にヤマダ電機初の都市型店舗になり、2012年にヤマダ電機は移転、跡地はドン・キホーテとなる。現在もビルの所有者はイズミである。
  4. ^ 2013年10月26日開業の「ゆめタウン玉名」を含めて。
  5. ^ 現在の「エディオン安芸府中店」の地[85]

出典[編集]

  1. ^ http://toyokeizai.net/articles/-/65798?page=2
  2. ^ a b c d e f g h 『挑戦の流儀』 - 265ページ
  3. ^ 『生きて イズミ会長 山西義政さん(1922年-)④ 闇市 戸板に干し柿で「開業」』 - 中国新聞 2011年11月5日 13ページ
  4. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 97-98ページ
  5. ^ a b c d 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 45ページ
  6. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 159-160ページ
  7. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 23-24ページ
  8. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 58-59ページ
  9. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 85-87ページ
  10. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 84-85ページ
  11. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 34ページ
  12. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 54+55ページ
  13. ^ a b c 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 38ページ
  14. ^ 『挑戦の流儀』 - 129ページ
  15. ^ 『挑戦の流儀』 - 128ページ
  16. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 51ページ
  17. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 79-81ページ
  18. ^ a b c d “イズミ、新本社ビル竣工 グループ新司令塔が始動 「ゆめの1兆円」目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年10月30日)
  19. ^ a b “イズミ、都市型SM「ゆめマート二葉の里」オープン 利便性と鮮度備える”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年11月8日)
  20. ^ “イズミ、西日本のスーパーがなぜ好調なのか”. 東洋経済オンライン(東洋経済新報社). (2015年4月11日). http://toyokeizai.net/articles/-/65798 2015年5月11日閲覧。 
  21. ^ セブンが脱帽した広島発スーパーのお惣菜 なぜスーパー「イズミ」は強いのか”. プレジデントオンライン (2019年6月20日). 2020年4月19日閲覧。
  22. ^ セブン&アイとイズミが提携 地理的に補完、効率化繊研新聞(繊研新聞社).2018年4月5日閲覧
  23. ^ ニチリウグループ退会のお知らせイズミプレスリリース2019年5月9日
  24. ^ イズミ、2020年2月にニチリウグループ離脱-「くらしモア」から「セブンプレミアム」に都市商業研究所2019年5月9日
  25. ^ a b c “下関に開店 ゆめモールとザ・ビッグ” 山口新聞 (みなと山口合同新聞社). (2013年11月15日)
  26. ^ a b 『挑戦の流儀』 - 121ページ
  27. ^ a b 「イズミ」ストア統一のお知らせ イズミ プレスリリース 2013年10月25日
  28. ^ 『大竹市に初めてのフランチャイズ店 スーパー「いづみ」』 - 中国新聞 1971年11月11日 6ページ
  29. ^ 『大竹市に新スーパーが開店 「ニュー・いづみ」』 - 中国新聞 1971年11月13日 6ページ
  30. ^ a b c 『フランチャイズ契約 来月末で解消へ 「ニューいづみ」と「いづみ」』 - 中国新聞 1976年7月7日 6ページ
  31. ^ a b c “イズミ 岡山県津山市伏見町 DSイズミ津山店”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2010年11月25日)
  32. ^ “イズミ、初のDS業態「DSイズミうきは店」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2010年9月8日)
  33. ^ a b c d 沿革 - ヤマニシ
  34. ^ a b c d e f 『挑戦の流儀』 - 262ページ
  35. ^ 『挑戦の流儀』 - 263ページ
  36. ^ a b c 『挑戦の流儀』 - 264ページ
  37. ^ a b c d e f 『挑戦の流儀』 - 266ページ
  38. ^ a b c d 『挑戦の流儀』 - 267ページ
  39. ^ a b 『挑戦の流儀』 - 268ページ
  40. ^ a b c d 『挑戦の流儀』 - 269ページ
  41. ^ 『「ゆめタウン」勝利の方程式』 73ページ
  42. ^ a b 『挑戦の流儀』 - 270ページ
  43. ^ 『(仮称)イズミ新本社』新築工事起工のご案内
  44. ^ 「ゆめモール下関」オープンのお知らせ イズミ プレスリリース 2013年11月11日
  45. ^ イズミ新本社が完成 広島<動画あり> - 中国新聞 2013年10月26日
  46. ^ 「イズミ」ストア統一のお知らせ イズミ プレスリリース 2013年10月25日
  47. ^ “スーパー大栄、イズミの出資受け入れ 共同調達でコスト減”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2014年2月1日)
  48. ^ “イズミ物流センター完成 中国地方39店に配送”. 中国新聞 (中国新聞社). (2015年1月16日). オリジナルの2015年2月8日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150208135708/http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=121973&comment_sub_id=0&category_id=113 2015年6月21日閲覧。 
  49. ^ a b 株式会社スーパー大栄普通株式(証券コード9819)に対する公開買付けの結果及び子会社の異動に関するお知らせ - イズミ プレスリリース 2015年2月6日
  50. ^ 株式会社ユアーズとの資本業務提携に向けた基本合意締結に関するお知らせ - イズミ プレスリリース 2015年2月6日
  51. ^ 仲山美葵 (2015年6月30日). “イズミ、ユアーズを買収へ 福岡で「丸和」展開”. 西日本新聞 (西日本新聞社). http://qbiz.jp/article/65695/1/ 
  52. ^ “イズミとユアーズ提携で正式契約”. 中国新聞 (中国新聞社). (2015年9月2日). http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=182542&comment_sub_id=0&category_id=110 2015年9月23日閲覧。 
  53. ^ 株式会社ユアーズとの資本業務提携及び第三者割当増資の引受け(子会社化)に関するお知らせ - イズミ プレスリリース 2015年9月1日
  54. ^ 株式会社デイリーマートの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ - イズミ ニュースリリース IR情報 2015年10月15日
  55. ^ 株式会社イズミによる株式会社スーパー大栄の簡易株式交換による完全子会社化に関するお知らせ - イズミ プレスリリース 2015年11月30日
  56. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『挑戦の流儀』 - 256ページ
  57. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『挑戦の流儀』 - 261ページ
  58. ^ “ラフォーレ原宿・松山 閉館後は未定” 愛媛新聞 (愛媛新聞社). (2007年4月27日)
  59. ^ a b 中村敦茂 (2014年4月24日). “ラフォーレ原宿・松山跡地:起工式 再開発ビル来夏開業”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  60. ^ “森ビル、ラフォーレ跡地の再開発着手 15年夏に完成”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2013年10月10日)
  61. ^ シティパルク呉|ポポロショッピングセンター呉館 シティパルク呉
  62. ^ 〜旧イズミ津山店が生まれ変わってもっと身近に 安さ一番の新業態〜 11月5日(金)『DSイズミ津山店』オープンのお知らせ (PDF) 2010年11月17日 (UTC) 閲覧。
  63. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 『挑戦の流儀』 - 257ページ
  64. ^ ウエストランド、2020年2月16日閉館-マルイ、建て替え後に再出店へ-都市商業研究所。2020年2月12日リリース
  65. ^ a b c d e f g 『挑戦の流儀』 - 258ページ
  66. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『挑戦の流儀』 - 258ページ
  67. ^ Vision岡山 ニシナに「神田店」営業譲渡
  68. ^ a b “イズミ真備店27日閉店 後継店に仁科百貨店”. 山陽新聞(山陽新聞社). (2005年6月21日)
  69. ^ イズミ鳥栖店が閉店。賃貸契約満了のため
  70. ^ a b c “コジマ、イズミ閉店へ 鳥栖シティモール”. 佐賀新聞(佐賀新聞社). (2013年3月12日)
  71. ^ “店名変え、低価格路線へ ゆめタウン鳥栖”. 佐賀新聞(佐賀新聞社). (2010年4月24日)
  72. ^ “イズミ、広島・松山に複合施設 5月中に開発計画”.中国新聞(中国新聞社). (2005年3月17日)
  73. ^ “JT松山跡地の商業開発中止” 愛媛新聞 (愛媛新聞社). (2006年12月22日)
  74. ^ “JT松山跡地、マンション業者が落札” 愛媛新聞 (愛媛新聞社). (2007年4月26日)
  75. ^ “フジとダイキに一部売却 JT松山工場跡地”. 建通新聞 (建通新聞社). (2007年7月20日)
  76. ^ “JT松山跡地さらに転売へ” 愛媛新聞 (愛媛新聞社). (2008年3月12日)
  77. ^ “JT松山工場跡地の再開発が加速”. 建通新聞 (建通新聞社). (2009年1月13日)
  78. ^ 資本業務提携、第三者割当による新株式発行及び主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ - スーパー大栄 2014年1月31日
  79. ^ 株式会社イズミによる株式会社スーパー大栄の簡易株式交換による完全子会社化に関するお知らせ - イズミ 2015年11月30日
  80. ^ “株式会社ユアーズとの資本業務提携及び第三者割当増資の引受け(子会社化)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社イズミ, (2015年9月1日), http://www.izumi.co.jp/corp/ir/pdf/2015/0901yours.pdf 
  81. ^ 本社移転に関するお知らせ ユアーズ プレスリリース 2016年6月21日
  82. ^ イズミ、徳島のデイリーマートを買収 四国出店拡大 - 日本経済新聞 2015年10月16日
  83. ^ 業務・資本提携に関するお知らせ - イズミ 2005年10月11日
  84. ^ 株式会社イズミとの資本・業務提携に関するお知らせ - マルミヤストア 2008年4月11日
  85. ^ 『ゼンリン住宅地図2002』 - 14ページ
  86. ^ 『生きて イズミ会長 山西義政さん(1922年-)⑧ 大失敗 大阪出店で力不足実感』 - 中国新聞 2011年11月12日 9ページ
  87. ^ 沿革 - 小泉アパレル株式会社
  88. ^ 当社子会社間の合併に関するお知らせ - イズミ 2015年7月8日
  89. ^ 『挑戦の流儀』 - 108ページ
  90. ^ “新ユニフォームスポンサー(パンツ)に、株式会社イズミが決定!”. サンフレッチェ広島FC. (2014年1月14日). http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=6754 2015年1月14日閲覧。 
  91. ^ ホークスパートナーズ スポンサー紹介 - 福岡ソフトバンクホークス

参考文献[編集]

  • 『挑戦の流儀』(イズミ50年記念誌編纂事務局・2012年)
  • 『「ゆめタウン」勝利の方程式』(西川立一・ぱる出版) ISBN 978-4827204803
  • 『中国新聞』 各バックナンバー

関連項目[編集]