イズワン・マハブド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イズワン・マハブド Football pictogram.svg
1 izwan mahbud 2014.jpg
名前
本名 モハメド・イズワン・ビン・マハブド
Mohamad Izwan Bin Mahbud[1]
ラテン文字 IZWAN Mahbud
基本情報
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
生年月日 (1990-07-14) 1990年7月14日(28歳)
出身地 シンガポール
身長 179cm
体重 86kg
選手情報
在籍チーム タイ王国の旗 ノンブア・ピチャヤFC
ポジション GK
背番号 1
利き足
ユース
????-2007 シンガポールの旗 国立フットボールアカデミー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2012 シンガポールの旗ヤング・ライオンズ 64 (0)
2012-2015 シンガポールの旗シンガポール・ライオンズXII 74 (0)
2016-2017 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC
2018- タイ王国の旗 ノンブア・ピチャヤFC
代表歴2
2011- シンガポールの旗 シンガポール 44 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2018年10月14日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

イズワン・マハブドIzwan Mahbud1990年7月14日 - )は、シンガポールの、同国代表サッカー選手ポジションはゴールキーパーシンガポール出身。

イズワン・マフブードと表記されることもある。

経歴[編集]

クラブ[編集]

シンガポールFA(U-18)ユースとしてのキャリアを積んだ。Sリーグヤング・ライオンズ2008年に入団。

2012年シンガポール・ライオンズXIIの設立に伴って同クラブに移籍した。2013年マレーシア・スーパーリーグでの優勝メンバーになった。しかし、シンガポール・ライオンズXIIは同年末に解散した。

その状況下で彼は、2015年6月16日の日本代表戦で活躍した事によって、松本山雅FCからトライアルのオファーを受け、2015年末にこのトライアルに参加した[2]。トライアルでは練習試合で45分間を無失点に抑え[3]反町康治監督も彼に讃辞を送ったものの[4]、入団はならなかった[5]。松本山雅FCはGKとしてシュミット・ダニエルを獲得した。

また、シンガポール代表監督を務めたラドイコ・アヴラモヴィッチ監督を経由してタイのチョンブリーFCからも興味を持たれていたものの[6]、新たに選手兼任監督となったターサック・チャイマンの方針によって、チョンブリーFCへの移籍もならなかった[7][5]

その後タンピネス・ローバースFCに移籍した[5]

代表[編集]

2010年に第3GKとして初招集され、第8回東南アジアサッカー選手権に帯同した(同大会では出場機会がなかった)。代表としてデビューしたのは、2011年7月18日台湾戦(親善試合)である。2012年になると正GKの座を獲得し、同年の第9回東南アジアサッカー選手権でシンガポールを大会最多となる4回目の優勝に導いた。

2015年6月16日日本戦(2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選埼玉スタジアム2002)で活躍をみせた。この試合、日本は23本のシュートを放ち[8]、うち10本が枠内を捕らえたが全てこれをセーブした[8]。結局この試合は0-0の引き分けに終わり、シンガポール代表にとっては殊勲(日本代表にとっては痛恨[9])の試合となった。試合終了後は一躍ヒーローとなり、ヴァヒド・ハリルホジッチ(当時の日本代表監督)が「相手GKが6点は防いだ」[10]と驚嘆し、味方のベルント・シュタンゲ監督は「最高の出来、Jリーグでプレーする日も近い」と賛辞を送っていた[11]。当のイズワン本人も「今日は奇跡。僕の日だった。」と喜び[12]、シンガポール最大手の新聞紙・ザ・ストレーツ・タイムズではさいたま 発の特派員電で「アジアの巨人日本に衝撃の結果」と速報を打つ程[13]、シンガポール国内では歓喜に包まれた。

成績[編集]

個人[編集]

2014年3月8日現在

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
2008 Yライオンズ Sリーグ 5 0 - - 5 0
2009 10 0 - - 10 0
2010 24 0 - 5 0 29 0
2011 25 0 - - 25 0
マレーシア リーグ戦 マレーシア杯FA杯 期間通算
2012 Sライオンズ スーパー 11 0 8 0 1 0 20 0
2013 21 0 8 0 1 0 30 0
2014 1 6 0 0 0 2 0 8 0
通算 シンガポール Sリーグ 64 0 - 5 0 69 0
マレーシア スーパー 38 0 16 0 4 0 58 0
総通算 102 0 16 0 9 0 127 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

シンガポール・ライオンズXII

代表[編集]

シンガポール

脚注[編集]

  1. ^ U23 Young Lions”. Football Association of Singapore. 2015年6月17日閲覧。
  2. ^ 松本の練習に参加中のシンガポール代表GK 米メディアがJ移籍への挑戦を大特集” (2015年12月3日). 2016年5月4日閲覧。
  3. ^ David Lee. “Izwan for Yamaga? Club's vice-president optimistic on signing”. The New Paper. 2016年5月4日閲覧。
  4. ^ 日本戦で鬼神のセーブを見せたシンガポール代表GK 松本入団を懸け練習試合出場へ” (2015年12月4日). 2016年5月4日閲覧。
  5. ^ a b c シンガポール代表GKの松本加入はなし。国内クラブと契約し合流済み” (2015年12月29日). 2016年5月4日閲覧。
  6. ^ Shamir Osman (2015年12月20日). “Izwan and ex-Lions coach Avramovic could be reunited Chonburi”. The New Paper. 2016年5月4日閲覧。
  7. ^ Sazali Abdul Aziz (2015年12月26日). “Japan and Thailand unlikely for Izwan”. The New Paper. 2015年5月4日閲覧。
  8. ^ a b 日本対シンガポール - サッカー日本代表スコア詳細ニッカンスポーツ、2015年6月16日記事
  9. ^ 日本代表がシンガポール代表相手に引き分けたのは、1981年2月19日以来34年ぶりであり、Jリーグ発足後(1993年)以降の日本国内での開催試合では初めてのことである。過去の対戦成績では20勝1分3敗・55得点18失点と日本が圧倒していた。(〈参考:シンガポールとの対戦成績(サッカー日本代表データベース)
  10. ^ 埼スタにブーイング…展開にハリル監督困惑「相手GKが6点は防いだ」ゲキサカ、2015年6月16日記事。
  11. ^ シンガポール監督「センセーションだった」 GKイズワンを日本に売り込みデイリースポーツ、2015年6月16日記事
  12. ^ シンガポールGKイズワン「今日は僕の日」ニッカンスポーツ、2015年6月16日記事。
  13. ^ 「アジアの巨人日本に衝撃の結果」シンガポール紙が速報産経新聞、2015年6月16日記事