イタリア産業復興公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イタリア産業復興公社[1]
Istituto per la Ricostruzione Industriale
ローマのヴィットリオ・ヴェネト通りに面した旧イタリア産業復興公社本社、2015年撮影。
ローマのヴィットリオ・ヴェネト通りに面した旧イタリア産業復興公社本社、2015年撮影。
本社所在地 イタリアの旗 イタリアローマ
設立 1933年[1]
特記事項:2000年解散[1]
テンプレートを表示

イタリア産業復興公社(イタリアさんぎょうふっこうこうしゃ、イタリア語: Istituto per la Ricostruzione Industriale; IRI、略称イリ)は、1933年から2000年まで活動したイタリア公企業である。

1933年、イタリア政府出資のもとで設立され、世界恐慌破産間近となったイタリア商業銀行イタリア語版ローマ銀行イタリア語版などの大銀行を救済[2]、自動車製造会社アルファロメオを傘下に収めるなど製造業をはじめとして国内経済を立て直す役割を担った[1][2]第二次世界大戦後、鉄鋼自動車航空放送などに長期投資し、同国の経済成長を支えた[2]1980年代以降、株式売却を進め産業民営化をはかったが、2000年に解散した[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e イリ【IRI】”. デジタル大辞泉=. 小学館. 2018年8月16日閲覧。
  2. ^ a b c d イタリア産業復興公社”. ブリタニカ国際大百科事典小項目事典. 2018年8月16日閲覧。