イタリア野球・ソフトボール連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

イタリア野球・ソフトボール連盟 (イタリア語: Federazione Italiana Baseball e Softball, FIBS) は、イタリアにおける野球ソフトボールの普及を目的としている団体。 連盟はイタリアオリンピック委員会(CONI)に参加している。また、連盟は野球・ソフトボールの他、主として視覚障害者が行うグランドソフトボールについても普及をはかっている。

歴史[編集]

FIBS は1948年末にイタリアソフトボール連盟 (イタリア語: Lega Italiana Softball) とイタリア野球協会 (イタリア語: Associazione Italiana Baseball) が合併して発足した。 1950年1月29日、FIBSはイタリア野球連盟(イタリア語: Lega Italiana Baseball)と合併してイタリア野球連盟 (Federezione Italiana Palla a Base, FIPAB) となった。 1970年には新たに、イタリア野球・ソフトボール連盟 (イタリア語: Federazione Italiana Baseball e Softball, FIBS) という名前が採択され、現在に至っている。

会長[編集]

1950年から現在までの会長 (presidente)

  • Principe Steno Borghese 1950-1961年
  • Giuseppe Ghillini 1961-1968
  • Bruno Beneck 1969-1984
  • Mario Pescante 1984-1985(CONIの代表の肩書)
  • Aldo Notari 1985-2001
  • Everardo Dalla Noce 2001
  • リカルド・フラッカリ 2001-

事務長[編集]

1950年から現在までの会長 (segretario generale)

  • Franco De Vitis 1950-1961
  • Sergio Baroni 1961-1978
  • Massimo F. Ceccotti 1978-1983
  • Giampiero Paolini 1983-1985
  • Dino Rossi 1985-1999(1985-1990 実行会長の肩書)
  • Alessandro Pica 1999-2002
  • Marcello Standoli 2002-

関連項目[編集]