イチヨウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
イチヨウ
Tokigawa Ichiyou Satozakura 1.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: スモモ属 Prunus
亜属 : サクラ亜属 Cerasus
: Prunus lannesiana Wils
品種 : イチヨウ
学名
Prunus lannesiana Wils. cv. Hisakura
和名
イチヨウ (一葉)

イチヨウ(一葉 学名:Prunus lannesiana Wils. cv. Hisakura)はバラ科スモモ属サクラ亜属(あるいはサクラ属)の植物サトザクラ群で日本原産の園芸品種ヤエザクラ。イチヨウザクラと呼ばれることもある。

特徴[編集]

日本花の会 結城農場 桜見本園にて

八重咲きのヤエザクラで四月中旬に花を咲かせ、大きいものでは直径5cm以上の大輪になる。淡紅色であり、花弁の内側が白い。このため花が開いてくると白っぽい色に見えるようになり、満開期には白い花に見える。

花の中心部から葉の形に変化した雌しべが1-2本突き出ており、この様子からイチヨウの名前がついたという[1]

なお、この他に葉化した雌しべを持つサクラにフゲンゾウショウゲツがある。これらの種との違いは萼の部分がぎざぎざした鋸刃状になっていないことである。フゲンソウは雌しべが2本葉化しているため区別がつきやすい。ショウゲツは雌しべの数が1本のものと2本のものがまちまちであるが、花期が遅いことから見分けることができる。

落葉高木であり、樹形はあまり横に広がらず高く伸びる広卵状。この特性から庭植えにも好まれる。また、樹皮が縦に裂ける特徴がある。葉は普通の桜と同じように楕円形で端がぎざぎざしている。秋には紅葉する。

新宿御苑がイチヨウの名所として有名であり、同苑では桜の代表品種として位置付けている[2]

出典[編集]

  1. ^ 新宿御苑を代表する桜・イチヨウ”. 一般財団法人国民公園協会. 2016年6月8日閲覧。
  2. ^ 新宿御苑の桜をもっともっと楽しもう!”. 一般財団法人国民公園協会. 2016年6月8日閲覧。

関連項目[編集]