イッツ マイ ソウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イッツ マイ ソウル
関ジャニ∞シングル
初出アルバム『PUZZLE
B面 あの言葉に
ヨリミチ(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル インペリアルレコード
作詞・作曲 上中丈弥(#1、作詞)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 2007年10月度月間2位(オリコン)
  • 2007年度年間22位(オリコン)
  • 関ジャニ∞ シングル 年表
    ズッコケ男道
    (2007年)
    イッツ マイ ソウル
    (2007年)
    ワッハッハー
    (2008年)
    テンプレートを表示

    イッツ マイ ソウル』(It's My Soul)は、関ジャニ∞の楽曲[2]。2007年10月17日にインペリアルレコードから7枚目のシングルとして発売された[3][4]

    概要[編集]

    • 前作『ズッコケ男道』から約6ヶ月振りのリリース。
    • CDは初回限定盤、通常盤の2形態で発売。
    • 表題曲「イッツ マイ ソウル」は、好きな女の子にどんなに邪険に扱われようとも尽くしてしまう、情けなくも強い心を歌った軽快な楽曲となっている[5]
      • 同曲は、THE イナズマ戦隊の上中丈弥からの楽曲提供である[5]
      • 同曲は、KADOKAWAdwango』のCMソングとして起用された[5]
      • 3rdアルバム『PUZZLE』では、同曲の「KJ3 MIX」としてアレンジバージョンが収録されている為、本作収録バージョンは1stベストアルバム『8EST』にてアルバム初収録された。
    • その他、全形態共通のカップリングとして「あの言葉に」、通常盤のみのカップリングとして「ヨリミチ」を収録[6]
    • 2007年9月13日、メンバーの横山裕村上信五がパーソナリティを務めていた文化放送関ジャニ∞ 横山裕と村上信五のレコメン!』にて本作の発売が発表された[3]
    • 自身の47都道府県ツアー『全国47都道府県 完全制覇!!関ジャニ∞ えっ!ホンマ!?ビックリ!!TOUR 2007』にて表題曲が初披露された[7][8]
    • 初回限定盤、通常版共に薄型ケースだが、どちらもバックジャケットがない。
      • 初回限定盤の歌詞カードの中に写っている人物はメンバーの渋谷すばるが女装したものである。
      • 通常盤のジャケットはメンバー1人ずつの悔しい表情が白黒で写っており、メンバーの頬辺りにピンク色の手形が付け足されている。

    各形態概要[編集]

    カップリング
    曲名 形態
    初回 通常
    あの言葉に
    ヨリミチ ×
    特典
    特典内容 形態
    シークレットダブルステッカー 初回限定盤

    販売形態[編集]

    • 発売日:2007年10月17日
      • 初回限定盤(TECI-803:CD)
        • シークレットダブルステッカー封入
      • 通常盤(TECI-804:CD)
    • 発売日:2015年7月1日
    • 発売日:2019年7月12日
      • 通常盤:十五催ハッピープライス盤(JSNC-1507:CD)
        • 自身の配信アプリ『関ジャニ∞アプリ』対応のため、15%オフでの再発売。

    チャート成績[編集]

    • 初週19.4万枚を売り上げ、2007年6月18日付のオリコン「オリコン週間シングルランキング」で週間1位を獲得[9]
      • これにより、連続総合1位数、通算1位数、初動売上の三冠を獲得[1]。演歌・歌謡曲で史上初の快挙となった[1]

    収録曲[編集]

    1. イッツ マイ ソウル - [4:46]
    2. あの言葉に - [4:53]
    3. ヨリミチ - [4:33]
      • 通常盤のみ収録。
    4. イッツ マイ ソウル (オリジナル・カラオケ)

    楽曲提供者[編集]

    収録作品[編集]

    アルバム[編集]

    イッツ マイ ソウル
    ※アルバムバージョンを収録。
    • 1stベストアルバム『8EST
    • 2ndベストアルバム『GR8EST』(201∞限定盤 特典CD)
    ※メドレーの1曲として収録。

    映像作品[編集]

    イッツ マイ ソウル

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c “オリコン:関ジャニ∞、殿キン・藤圭子超える“三冠” アルバムはタキツバ”. 毎日新聞. (2007年10月24日). オリジナルの2007年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071024194556/http://mainichi.jp/enta/music/news/20071023mog00m200043000c.html 2021年9月3日閲覧。 
    2. ^ “ジャニーズ史上初!関ジャニ∞が47都道府県ツアー完全制覇”. SANSPO.COM. (2007年10月1日). オリジナルの2007年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071103022539/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200710/gt2007100104.html 2021年9月5日閲覧。 
    3. ^ a b 9月13日(木) のレコメン!はこれだ!”. レコメン!. 文化放送 (2007年9月14日). 2007年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月5日閲覧。
    4. ^ “関ジャニ∞全国47都道府県ツアー制覇”. スポーツ報知. (2007年10月1日). オリジナルの2007年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071011184838/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071001-OHT1T00042.htm 2021年9月5日閲覧。 
    5. ^ a b c d 関ジャニ∞(エイト) / イッツ マイ ソウル”. CDJournal (2007年). 2021年9月5日閲覧。
    6. ^ イッツ マイ ソウル”. 関ジャニ∞ / IMPERIAL RECORDS. テイチクエンタテインメント (2007年). 2021年9月5日閲覧。
    7. ^ “関ジャニ∞感激の全国ツアー制覇”. 日刊スポーツ. (2007年10月1日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/p-et-tp0-20071001-263855.html 2021年9月5日閲覧。 
    8. ^ “関ジャニ 全国47都道府県を駆け抜けた”. デイリースポーツ. (2007年10月1日). オリジナルの2007年12月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071205130013/http://www.daily.co.jp/gossip/2007/10/01/0000668774.shtml 2021年9月5日閲覧。 
    9. ^ 今週の注目ランキングトピックス一覧!”. ORICON STYLE (2007年10月23日). 2007年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月5日閲覧。