イットー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イットー
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1971年4月19日
死没 1997年5月21日
(26歳没・旧27歳)
ヴェンチア
ミスマルミチ
母の父 ネヴァービート
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 荻伏牧場
馬主 (有)荻伏牧場
調教師 田中好雄(栗東
田中良平(栗東)
競走成績
生涯成績 15戦7勝
獲得賞金 9809万6000円
テンプレートを表示

イットーとは日本競走馬である。高松宮杯スワンステークスの優勝馬で、1973年優駿賞最優秀3歳牝馬1975年に同最優秀5歳以上牝馬に選出された。繁殖牝馬としても大きな成功を収め、二冠牝馬ハギノトップレディ宝塚記念優勝馬ハギノカムイオーらを輩出。「華麗なる一族」と称される牝系中興の祖となった。

半弟重賞4勝を挙げたニッポーキング(父プロント)、シンザン記念優勝馬シルクテンザンオー(父ファーストドーン)、道営記念優勝馬サクラアケボノ(父ダイコーター)がいる。

注:馬齢は2000年以前に使用された旧表記(数え年)で統一して記述する。

出生・幼駒時代[編集]

母ミスマルミチは重賞未勝利ながら8勝を挙げた実力馬であり、繁殖初年度となった1970年も、本来は競走生活を続行する予定だった。しかし先に繁殖入りしていた半姉ヤマピット(第28回オークス優勝馬)がわずか1頭の産駒(ボージェスト)しか残さず早世したことを受け、5歳シーズンいっぱいで急遽引退、繁殖入りとなった[1]。交配されたヴェンチアは前年にフランスから輸入され、日本での供用初年度という新進種牡馬だった。

翌1971年4月19日にミスマルミチは牝駒を出産する。荻伏牧場社長の斎藤隆が、「出産補助のために仔馬の両前脚を掴んだ瞬間『これはただものではない』と直感した」と語る[2]ほどの好素質馬であった。荻伏牧場は生産馬を馬主に売却して生計を立てるマーケットブリーダーであったが、斎藤が惚れ込んだ本馬は、例外的に牧場所有のままで競走馬となった[3]

馬名の由来[編集]

2歳秋まで荻伏で育成が積まれ、その後栗東トレーニングセンターの田中好雄厩舎に入る。田中もまた本馬の素質に感嘆し、命名をさせて欲しいと願い出た。これを了承されると、田中は本馬に「一刀両断」からイットーと命名した[1]。この馬名の大元の発案者は歌舞伎役者六代目尾上菊五郎であり、生前田中に馬を預けていた尾上は、「一生に一頭という馬に巡り会ったら、イットーと名付けるように」と提案していた[1]。なお、当初荻伏牧場が考えていた馬名は「ヤマトゴコロ」であった[1]

戦績[編集]

最優秀3歳牝馬選出[編集]

1973年11月11日、京都競馬場でデビュー。当日は3番人気の評価であったが、母にも騎乗した高尾武士を背に、2着に8馬身差逃げ切り勝利を見せた。続く条件戦も快勝し、関西の3歳王者戦・阪神3歳ステークスに臨む。ここではキタノカチドキに突き放されて3馬身差の2着に終わり、初の敗戦を喫した。しかし当年の年度表彰では、函館3歳ステークスの勝利馬サクライワイを抑え、最優秀3歳牝馬に選出された。

アクシデントの連続[編集]

1974年1月、4歳になったイットーは紅梅賞を6馬身差で勝ち、桜花賞優勝候補の一番手と評された。しかし競走後に左前脚骨瘤(骨膜炎の一種)を発症、さらに左肩も痛め、長期の休養を余儀なくされた。これで桜花賞、オークスともに出走機会を失い、鞍上の高尾もデビュー20年目で訪れたクラシック勝利の機会を逸した。高尾は「条件クラスの桜花賞など、私は絶対に見ません」と悔しさを語った[注 1]。当日はイットーと同父であるタカエノカオリが人気薄での勝利を収めた。

半年の温泉療養を経て、8月に復帰。緒戦のオープン特別(1700メートル)を1分42秒2のレコードタイムで勝利する。続いて秋の目標としたビクトリアカップに向け、その前哨戦となる京都牝馬特別に出走、50パーセント超の単勝支持を集めた。この競走には、一世代上の最優秀3歳牝馬キシュウローレルも出走(2番人気)し、2世代の3歳牝馬チャンピオンの対決となった。ところが、最終コーナーの手前でキシュウローレルが左前脚を骨折・転倒し、直後に位置していたイットーはこのあおりを受け、右後脚を7針縫う裂傷を負った[注 2]

これでビクトリアカップの出走も断念。年末にはセントウルステークス(当時オープン特別競走)に出走したが、他馬を怖がる素振りを見せ[4]、3着に敗れた。イットーに相次いだ不運に、京都牝馬特別の競走後より田中が体調を崩し、高尾が厩舎管理の一端を担うようになる[4]。負担が増した高尾は、セントウルステークスを最後にイットーの騎乗を簗田善則に譲った。

復活、重賞制覇[編集]

精神面の立て直しを図るために一時休養し、翌年3月に復帰。緒戦のオープン戦で前年の最優秀5歳以上牡馬タニノチカラと競り合い、半馬身差の2着となった。続くマイラーズカップでは同馬に加え、阪神3歳ステークス以来となるキタノカチドキとの対戦となり、天皇賞への一前哨戦ながら「三強対決」と注目を集めた。当日は雨中の不良馬場を好位から追走したが、先に抜け出したキタノカチドキに再び敗れる。しかしタニノチカラはハナ差競り落とし、2着を確保した。

2戦の好走で復活と目され、次走のスワンステークスでは圧倒的な1番人気に推された。レースでは好位から抜け出すと、最後は簗田が後ろを振り向く余裕を見せながら1着でゴール。10戦目にして初の重賞勝利を果たした。一重賞に過ぎない競走であったが、表彰式ではファンから大きな拍手を贈られた[5]

次走阪急杯は3着に敗退[注 3]。しかし続いて出走した高松宮杯で新馬戦以来の逃げを見せると、重馬場ながら2分00秒2という好タイムを記録し、重賞2勝目を挙げた。

故障、引退[編集]

夏の休養を経て出走したサファイヤステークス(当時オープン特別競走)を快勝。秋を迎えての朝日チャレンジカップではロングホークのレコード勝利からハナ差の2着となり、3戦目に前年アクシデントで大敗した京都牝馬特別に出走した。

他馬よりも4キログラム以上重い59キログラムの斤量を背負いながら本命に支持されたが、好位に付けた最後の直線入口地点で故障(左前脚浅屈腱劇伸)を生じ、4着に敗退した。競走中に後脚で左前脚を蹴りつけたことが原因とされ[6]、競走能力を喪失。さらに2週間後の11月12日に田中好雄が死去し、これを最後に競走生活から退いた。この年、重賞2勝の活躍が評価され、翌1月には当年の最優秀5歳以上牝馬に選出された。

全成績[編集]

年月日 開催場 競走名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
1973 11. 11 京都 新馬 15 3 1着 芝1200m(稍) 1:13.6 8身 高尾武士 52 (ヤマニンチラツ)
11. 24 京都 白菊賞 7 1 1着 芝1400m(良) 1:24.4 1 1/2身 高尾武士 53 (ホウスウセダン)
12. 9 阪神 阪神3歳ステークス 11 3 2着 芝1600m(良) 1:36.7 0.5秒 高尾武士 53 キタノカチドキ
1974 1. 5 京都 紅梅賞 11 1 1着 芝1600m(良) 1:36.3 6身 高尾武士 53 (タイロック)
8. 18 函館 オープン 8 2 1着 芝1700m(良) R1:42.2 2 1/2身 高尾武士 52 (ドミナス)
10. 27 京都 京都牝馬特別 17 1 10着 芝1600m(良) 1:37.8 0.4秒 高尾武士 52 アイテイシロー
12. 1 阪神 セントウルステークス 8 1 3着 芝1600m(良) 1:35.6 0.1秒 高尾武士 52 ランドグレース
1975 3. 15 阪神 オープン 6 2 2着 芝1600m(良) 1:35.0 0.1秒 簗田善則 53 タニノチカラ
4. 13 阪神 マイラーズカップ 9 2 2着 芝1600m(不) 1:36.3 0.1秒 簗田善則 52 キタノカチドキ
5. 11 京都 スワンステークス 11 1 1着 芝1600m(良) 1:36.5 1 1/4身 簗田善則 53 (フジノタカワシ)
6. 8 阪神 阪急杯 12 1 3着 芝1600m(良) 1:35.2 0.2秒 簗田善則 55 シルバーネロ
6. 22 中京 高松宮杯 7 3 1着 芝2000m(重) 2:00.2 1 1/2身 簗田善則 53 (ニホンピロセダン)
9. 7 阪神 サファイヤステークス 6 1 1着 芝1600m(良) 1:35.0 1 1/4身 簗田善則 56 (コウイチタロー)
9. 21 阪神 朝日チャレンジカップ 5 1 2着 芝2000m(良) 2:00.3 0.0秒 簗田善則 58 ロングホーク
10. 26 京都 京都牝馬特別 9 1 4着 芝1600m(良) 1:36.8 0.8秒 簗田善則 59 カバリダナー

繁殖牝馬として[編集]

引退後は故郷・荻伏牧場で繁殖牝馬となる。初年度には荻伏が導入した種牡馬サンシーと交配され、初仔ハギノトップレディを出産。同馬は新馬戦で日本レコードタイムを出すなど快速馬として鳴らし、イットーが出走できなかった桜花賞、エリザベス女王杯(ビクトリアカップの後継競走)を制し、二冠牝馬となった。さらに、当時不動のリーディングサイアーであったテスコボーイとの産駒ハギノカムイオーは、トップレディのデビューから2週間後に開催された セリ市に上場され、当時の史上最高価格となる1億8500万円[注 4]で売却された。同馬が競走馬としても成功を収めると、以後トップレディ、カムイオーには大きく劣る競走成績であったニッポーハヤテ、ワッカオー[注 5]、サクライットー、チュニカオーといった牡駒も、相次いで種牡馬となった。カムイオーも含め、これらは種牡馬としては失敗に終わったが、ハギノトップレディは繁殖牝馬となってGI競走2勝のダイイチルビーを産み、自身とイットーの名声をさらに高めた。

イットー自身は1996年の種付け(不受胎)を以て繁殖を引退し、以後は功労馬として余生を過ごした。早世するものも多かった一族にあって長命を保ったが、1997年5月21日、発症していた蹄葉炎の悪化により安楽死の措置が執られた。27歳。

産駒一覧[編集]

生年 馬名 毛色 厩舎 馬主 戦績 繁殖
初仔 1977年 ハギノトップレディ 黒鹿毛 サンシー 栗東・伊藤修司 日隈広吉 11戦7勝
桜花賞、エリザベス女王杯など重賞5勝
繁殖牝馬
(2003年死亡)
2番仔 1978年 ニッポーハヤテ 黒鹿毛 美浦・久保田金造 山石祐一 33戦7勝
安田記念3着
種牡馬
(1994年用途変更
3番仔 1979年 ハギノカムイオー 黒鹿毛 テスコボーイ 栗東・伊藤修司 日隈広吉
中村和夫
14戦8勝
宝塚記念など重賞6勝
種牡馬
(2002年用途変更)
4番仔 1980年 トップカムイ 黒鹿毛 サンシー 栗東・田中良平 (有)荻伏牧場 不出走 (死亡)
5番仔 1981年 ワッカオー 鹿毛 サンプリンス 栗東・伊藤修司 9戦1勝 種牡馬
(1993年用途変更)
6番仔 1982年 サクライットー 黒鹿毛 サンシー 美浦・久保田彦之 (株)さくらコマース 不出走 種牡馬
(2002年死亡)
7番仔 1984年 アイランドオリーブ 鹿毛 サンプリンス 船橋・安藤榮作 嶋村二三男 地方5戦1勝 繁殖牝馬
(2005年死亡)
8番仔 1985年 チュニカオー 鹿毛 ヴァリィフォージュ 栗東・谷八郎 北條三郎
→北條傳三
13戦4勝
阪神大賞典3着
種牡馬
(1997年用途変更)
9番仔 1986年 カムイイットー 黒鹿毛 ラッキーソブリン 栗東・伊藤修司 (株)荻伏レーシング・クラブ 6戦2勝
シンザン記念3着
繁殖牝馬
(2009年用途変更)
10番仔 1987年 グロウペガサス 鹿毛 ブレイヴェストローマン 美浦・畠山重則 赤松繁行 不出走 繁殖牝馬
(2007年死亡)
11番仔 1988年 ダイイチクルス 牡→ 鹿毛 ラッキーソブリン 栗東・伊藤雄二 辻本春雄 24戦5勝
(うち障害3戦1勝)
(予後不良)
12番仔 1990年 ニッポーグランプリ 鹿毛 ニッポーテイオー 栗東・伊藤修司 山石祐一 36戦3勝 -
13番仔 1991年 フジノカズサオー 鹿毛 ヤマニンスキー 栗東・中村好夫
盛岡・平澤芳三
→高崎・水野清貴
中村寛俊
→高橋文枝
71戦14勝
(うち地方50戦9勝)
-
14番仔 1994年 キープイットアップ 鹿毛 モガミチャンピオン 栗東・荻野光男 (株)ロードホースクラブ 2戦0勝 繁殖牝馬

その他の子孫については華麗なる一族を参照のこと。

血統表[編集]

イットー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 レリック系

*ヴェンチア
Venture 1957
黒鹿毛 イギリス
父の父
Relic 1945
青毛 アメリカ
War Relic Man o'War
Friar's Carse
Bridal Colors Black Toney
Vaila
父の母
Rose O'Lynn 1944
鹿毛 アイルランド
Pherozshah Pharos
Mah Mahal
Rocklyn Easton
Rock Forrard

ミスマルミチ 1965
鹿毛 日本
*ネヴァービート
Never Beat 1960
栃栗毛 イギリス
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Bride Elect Big Game
Netherton Maid
母の母
キユーピツト 1957
鹿毛 日本
Nearula Nasrullah
Respite
*マイリー
Mairie
Supreme Court
Lusignan
母系(F-No.) マイリー系(FN:7-e) [§ 2]
5代内の近親交配 Nasrullah 4・4(母内)、Nearco 5・5・5(母内) [§ 3]
出典
  1. ^ [7]
  2. ^ [8][7]
  3. ^ [7]


脚注[編集]

  1. ^ この桜花賞では、イットーのほかに関東勢の有力馬であったレスターホースも故障で戦線離脱していた。高尾は「競馬場にも行きたくない」と語っていたが、新聞社より観戦記の執筆を依頼されてやむなく観戦、「ゴール前は泣きたい心境だったと」回想している。(『日本の名馬・名勝負物語』406頁)
  2. ^ キシュウローレルはこの怪我で予後不良と診断され、安楽死の措置が執られた。
  3. ^ 競走2日前の調教で放馬しており、この影響が指摘されている。(『日本の名馬・名勝負物語』)
  4. ^ 開始価格は8000万円の時点で、すでに従来の最高売却額5000万円を大きく上回っていた。種牡馬としての価値も見越した価格とされている。(『日本名馬物語』)
  5. ^ 本馬はハギノカムイオーを上回る2億4000万円で取引された。
  1. ^ a b c d 『優駿』62頁。
  2. ^ 『優駿』60頁。
  3. ^ 『優駿』61頁。
  4. ^ a b 『日本の名馬・名勝負物語』407頁。
  5. ^ 『日本の名馬・名勝負物語』409頁。
  6. ^ 『日本の名馬・名勝負物語』410頁。
  7. ^ a b c 血統情報:5代血統表|イツトー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年11月18日閲覧。
  8. ^ Lady Josephine系”. 栗山求 Official Website. 2016年11月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 中央競馬ピーアール・センター編『日本の名馬・名勝負物語』(中央競馬ピーアール・センター、1980年)
  • 大川慶次郎ほか『サラブレッド101頭の死に方2』(アスペクト、1997年)
  • サラブレ編集部編『日本名馬物語 - 蘇る80年代の熱き伝説』(講談社、2008年)
  • 優駿』1993年1月号(日本中央競馬会、1992年)