イッブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イッブ

إب
イッブの街並み
イッブの街並み
イッブの位置(イエメン内)
イッブ
イッブ
イエメン国内の位置
北緯13度58分 東経44度10分 / 北緯13.967度 東経44.167度 / 13.967; 44.167座標: 北緯13度58分 東経44度10分 / 北緯13.967度 東経44.167度 / 13.967; 44.167
イエメンの旗 イエメン
イッブ県
標高
6,400ft (1,950m)
人口
(2012)
 • 合計 331,146[1]
等時帯 UTC+3 (イエメン標準時)

イッブ (アラビア語: إب‎、ラテン文字:Ibb) はイエメン都市であり、イッブ県の県都である。

概要[編集]

都市の周りを山々に囲まれ、肥沃な土地に恵まれていることから「緑のイエメン」とも呼ばれる[2]モカの北東117km、首都サナアの南117km[2]の地点に位置する。イッブは1944年までアミールにより半自治の状態にあったが、この制度は廃止された。2012年現在、街の人口は331,146人である[1]

イッブ県は他の多くの県や都市と境界を接する。北はザマール県と、南はタイズアッ=ダーリウ英語版、東はアル=バイダー県、西はフダイダと接している。

街のサッカークラブとして、国内最上位リーグであるイエメンリーグに参加しているアル・シャアブ・イッブ英語版がある。

地理[編集]

イッブの地理的特徴はバダン (Ba'dan) のような山々が付近に存在する点である。

人口[編集]

国勢調査によると、1994年時点のイッブの人口は103,312人であった。

イッブの人口分布はイエメンの他の都市と同様の特徴を持つが、都市の地理的特徴から農業が盛んである点で職業別の人口分布は他の都市と異なる。イッブの住民の70%は農業に従事しており、彼らのほとんどが街の中心部もしくはアルスフール (Alsuhool) やマイタム (Maytam) のような山間地域で仕事を行なっている。しかし、この都市の住民の多くはサウジアラビアのようなほかのアラブ地域アメリカ合衆国のような他国からやってきた移民によって占められている。イッブ県全体の移民の数は192,222人である。

気候[編集]

イッブは大陸性気候に属し、一年を通して気温は低い。都市全体が高地にあることから気温は低く、高度が下がる南西部では比較的温暖な気候となる。イッブは国内でも雨の多い地域である。夏におけるイッブ周辺の降水量は800–1200mmである。

イッブ (1950 m)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 21.0
(69.8)
21.1
(70)
23.6
(74.5)
25.5
(77.9)
27.8
(82)
30.1
(86.2)
29.7
(85.5)
27.9
(82.2)
25.7
(78.3)
23.1
(73.6)
21.0
(69.8)
20.8
(69.4)
24.78
(76.6)
平均最低気温 °C (°F) 7.9
(46.2)
9.3
(48.7)
10.4
(50.7)
12.7
(54.9)
14.2
(57.6)
16.9
(62.4)
18.8
(65.8)
18.4
(65.1)
15.5
(59.9)
11.1
(52)
8.7
(47.7)
8.1
(46.6)
12.67
(54.8)
降水量 mm (inch) 5.8
(0.228)
4.6
(0.181)
12.9
(0.508)
16.0
(0.63)
10.2
(0.402)
48.8
(1.921)
150.0
(5.906)
144.6
(5.693)
74.2
(2.921)
32.5
(1.28)
14.1
(0.555)
5.3
(0.209)
519
(20.434)
出典: 気象庁

出身人物[編集]

中世に建設された建築物
  • アブドゥルアズィーズ・アル=マカーリハ英語版 - 詩人、作家
  • アブドッラフマーン・アル=イリヤーニー英語版 - 北イエメンの元大統領
  • ブライアン・ミフタル (Brian "The Lion" Mihtar) - プロボクサー
  • アブドゥルマジード・アッ=ズィンダーニー英語版 - イーマーン大学英語版の設立者兼学長
  • モハメド・ゾカリ (Mohamed Zokari)

脚注[編集]

  1. ^ a b Yemen: Las ciudades más grandes con estadísticas de población population-statistics.com、2012年12月6日閲覧。
  2. ^ a b イエメンについて 在イエメン日本国大使館公式サイト、2012年12月6日閲覧。