イトモロコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イトモロコ
Squalidus gracilis gracilis by OpenCage.jpg
姫路市立水族館の生体展示
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : カマツカ亜科 Gobioninae
: スゴモロコ属 Squalidus
: S. gracilis
亜種 : イトモロコ
S. g. gracilis
学名
Squalidus gracilis gracilis
(Temminck and Schlegel, 1846 )
和名
イトモロコ

イトモロコ(学名:Squalidus gracilis gracilis)はコイ目コイ科カマツカ亜科の淡水魚である。

分布[編集]

日本の固有亜種で濃尾平野以西の本州と四国の緩やかな河川に生息している[1]

形態[編集]

全長8cm[1]。吻部がとがり、全体的に体高は高い。そのためやや寸詰まりに見える。同属にコウライモロコスゴモロコなどがいるが、それらより体高が高いのが特徴である。体色は淡い茶褐色で、側線部に青褐色の斑点があり、それが全体として1本の縦条に見える。背部には、不鮮明な斑点が点在する。また、背びれ基部の前端にも暗色の斑点がある[2]

生態[編集]

主に河川の中流域から下流域にかけて生息する。流れの緩やかな砂底または砂泥底の場所に住み、底層を小さな群れを作って泳ぐ。冬期は、水草の間や石の下にあるすき間などに静止して過ごすことが多い。主に付着藻類イトミミズなどの水生生物、底生の小甲殻類を食べる。産卵期は、5月下旬から6月上旬にかけてである[1]。この時期のオスは、胸びれの基部付近に追い星を生じる。またこの部分が肥大し白色不透明になる[2]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ a b c 木村義志 『フィールドベスト図鑑 日本の淡水魚』 学習研究社、2000年8月4日。ISBN 4-05-401120-9。
  2. ^ a b 宮地傳三郎、川那部浩哉・水野信彦 『原色日本淡水魚類図鑑』 保育社、1976年、全改訂新、P178。ISBN 978-4-586-30032-7。

http://purety.jp/fish/itomoroko.htm