イドリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

イドリル・ケレブリンダルIdril Celebrindal二本の木の時代? - )は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』の登場人物。「ゴンドリンで最も美しい」、とされた、金髪を持つノルドールエルフの姫。人間トゥオルと結ばれ、この結びつきからエアレンディルが生じた。

ヴァリノールにおけるかの女のクウェンヤ名は、「輝ける光彩」を意味する、イタリルレItarillë)、あるいはイタリルデItarildë)であり、その短縮形の、イタリルItaril)と呼ばれた。「イドリル」はこのクウェンヤ名をシンダール語化したものである。

「ケレブリンダル」はシンダール語で、「銀の足」を意味する。

父はゴンドリンの王トゥアゴン。母はエレンウェ。 夫は人間トゥオル。息子にエアレンディルがいる。

半エルフの系図[編集]

フィンウェ
 
インディス
 
 
 
ハドル家
 
 
ベオル家
 
シンゴル
 
メリアン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンゴルフィン
 
アナイレ
 
ガルドール
 
 
バラヒア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレンウェ
 
トゥアゴン
 
 
 
フオル
 
 
ベレン
 
 
 
ルーシエン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イドリル
 
 
 
 
 
トゥオル
 
ニムロス
 
ディオル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアレンディル
 
 
 
エルウィング
 
 
 
エルレードと
エルリーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガラドリエル
 
ケレボルン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルロス
 
 
 
エルロンド
 
ケレブリーアン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌーメノール
の王たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルノール
の王たち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アラゴルン
 
 
 
アルウェン
 
 
エルラダンと
エルロヒア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルダリオン
 
 
 
数人の娘