イナズマイレブン GO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
イナズマイレブン GO
ゲーム
ゲームジャンル 収集・育成サッカーRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 レベルファイブ
キャラクターデザイン 長野拓造
メディア 3DS専用カード
発売日 2011年12月15日
販売価格 5,800円(税込)
売上本数 393,130本[1]
レイティング CERO:A(全年齢対象)
アニメ
原作 レベルファイブ
監督 秋山勝仁
シリーズ構成 冨岡淳広
キャラクターデザイン 長野拓造(原案)
池田裕治、井ノ上ユウ子
本田隆
音楽 寺田志保
アニメーション制作 OLM
製作 テレビ東京電通、オー・エル・エム
放送局 テレビ東京系列(TXN
放送期間 2011年5月4日 -
■テンプレート使用方法 ■ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

イナズマイレブン GO シャイン/ダーク』(イナズマイレブン ゴー シャイン/ダーク)は、レベルファイブが製作し、日本2011年12月15日に発売されたニンテンドー3DS用収集・育成サッカーRPG。『イナズマイレブン』シリーズの続編である。また、本作を原作としたテレビアニメが2011年5月4日から放送されている。

目次

概要

前作『イナズマイレブン』シリーズの続編であり、完全新作となる。前作の主人公である円堂守(えんどう まもる)の世代から10年後の雷門中学校が舞台となっており、今作の主人公である松風天馬(まつかぜ てんま)が雷門中に入学し、サッカー部に入部することから物語は始まる。また、前作の主人公である円堂守は雷門サッカー部の監督として登場する。

なお、『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! ジ・オーガ』にはクリア特典として、本作の4年前を描いたプロローグストーリーや、設定資料集が収録されている。 また、松風天馬、剣城京介、神童拓人、霧野蘭丸、西園信助の5人は『イナズマイレブン ストライカーズ』にて一足先にプレイヤーキャラクターとしてゲスト出場し、必殺技を披露している。

2012年3月にシャイン/ダークの続編となる『イナズマイレブンGO2 クロノ・ストーン』の製作が発表された。発売時期は未定。

あらすじ

前作の主人公・円堂守ら率いる日本代表選手「イナズマジャパン」がFFI(フットボール・フロンティア・インターナショナル)世界大会で優勝してから10年後。日本ではサッカーの地位が著しく向上し、中でもイナズマジャパンの中核たる存在「イナズマイレブン」メンバーを数多く輩出した雷門中は、サッカーの名門校として確固たる地位を築き上げた。

サッカーが大好きな少年・松風天馬はそんなイナズマイレブンに憧れ、雷門中学校に入学。さっそくサッカー部に入部しようと意気揚々でグラウンドに向かう。しかし、そこには一人の少年相手に部員たちがボロボロに打ちのめされていた。剣城京介と名乗る少年は、今や全国のサッカーを管理・支配する組織「フィフスセクター」から送り込まれたシード(精鋭選手)だった。

「フィフスセクター」によって勝敗から得点まで全てを管理されてしまったサッカー界で、天馬はあの頃のサッカーを取り戻すため、新たな雷門のイレブンたちと共に立ち上がる。

登場人物

前作『イナズマイレブン』に登場する人物の詳しい詳細については、『イナズマイレブンの登場人物』を参照。なお、媒体の言及がないものは基本的にアニメ版の設定について説明している。学校は一部を除き初登場時の在校。また、必殺技及び「化身」も基本的にアニメ内で使っている人物のみのものを記載。

雷門中学校

雷門中サッカー部

フットボールフロンティアやフットボールフロンティアインターナショナルで優勝したサッカー部の選手が所属していたこともあり、社会的評価が高く、内申書の評価を上げる目的で入部する生徒もいる。多くのプロサッカー選手を輩出していたが、「フィフスセクター」によって自由なサッカーを楽しめなくなっていた。部室は旧作とは違い、「サッカー棟」と呼ばれる場所で管理されているが、旧部室も取り壊されずに保存されている。

  • 雷門サッカー部の戦術(必殺タクティクス)
アルティメットサンダー
久遠と神童が考え出した必殺タクティクス。4人の選手でバックパスをすることでボールにエネルギーを溜め、最後の5人目がそのボールを相手陣中のど真ん中に蹴りこみ、衝撃波を発生させることで相手ディフェンス陣を蹴散らす。最後の5人目はエネルギーが溜まっているボールを蹴りこむため、かなりのパワーが必要となる上、もし蹴れたとしても、着弾時に衝撃波が発生せず、相手に止められてしまう場合もある。
ダブルウイング
白恋中の必殺タクティクス「絶対障壁」を破るために開発した必殺タクティクス。6人編成で、後ろの2選手が互いにパスを繰り返し、相手選手の目の前で3人ずつ二手に分かれ、両サイドを猛スピードで駆け抜ける。しかし片方のパススピードが足りていないと、どちらがボールを持っているのかが分かってしまう。通常ならそれでも問題ないが、相手の足下が移動しやすい状態である時は簡単に対応され止められてしまう。
フライングルートパス
ウォーターワールドスタジアムの床が水没するトラップに対応するために編み出された必殺タクティクス。ボール所持者が、パスする相手のジャンプに合わせて飛び降りる前にパスしボールを繋いでいく。
ファーストチーム

雷門中サッカー部の先発出場する選手のチームだったが、セカンドチームの部員は全員「黒の騎士団」戦後にサッカー部を退部してしまった為、実質サッカー部の全員が属するチームとなっている。

松風天馬(まつかぜ てんま)
声 - 寺崎裕香
今作『イナズマイレブンGO』の主人公。1年MF[2]。背番号8番(黒の騎士団戦やGK時は18番を着用)。風の靡きを連想させる栗色の髪が特徴。天真爛漫且つ前向きな性格で負けん気が強く、「何とかなるさ」が口癖。昔、自分の命を救い、現在も大切にしているボールにイナズママークが描かれていたことから雷門中学校に憧れ、雷門サッカー部に入部する。両親は仕事の都合で単身赴任中であり、親戚に当たる前作のマネージャー・木野秋が管理しているアパート「木枯らし荘」で彼女に食事などの生活の面倒を見てもらいながら、1人で暮らしている。なお、母親(声 - 斎賀みつき)は回想シーン中で登場している。
沖縄で暮らしていた3歳のとき、木材に挟まれた子犬の頃のサスケを助けようとして木材が倒れ掛かってきた際、豪炎寺にサッカーボールで助けられたことがきっかけでサッカーが大好きになる。以来サッカーを続けておりドリブルは天下一品だが、練習相手がいなかったためにドリブル以外は全く上達しなかった。しかし、久遠や円堂から大きな才能を秘めていると見られており、入部後は練習相手を得たことや三国からの助言もあってぐんぐん上達している。
小学生時代の時、学校にサッカー部が無かったことから、稲妻KFCに入団しようとしていたが、周囲から素人と見られた挙句に当時隣のクラスだった空野葵を助ける為に入団テストを放棄したため、稲妻KFCへの入団はできなかった。しかし、落ち込むことなく前向きにサッカーの練習をすることを誓っていた。葵とはその時の事がきっかけで親しくなり、現在でも交友が続いている。
必殺技は「そよかぜステップ」、「真マッハウィンド」、「スパイラルドロー」、「エボリューション」(神童、剣城)、「ファイアトルネードDD」(剣城)。
アニメ版・ホーリーロード編
雷門中の入学式前に剣城がセカンドチームを襲った所を目撃し、剣城とドリブル勝負を受けることとなり、勝利する。黒の騎士団戦では久遠の独断により入部前ながら選手として途中出場。後に、入学式で意気投合した信助と共にサッカー部の入部テストを受け合格し、正式に部員となった。しかし「フィフスセクター」によって試合内容が管理されていることを知らずにいたため、最初の内は神童をはじめとした先輩たちから反感を持たれていたが、入部後初試合の栄都学園戦でようやくその事実を知り、自由にサッカーをするために「フィフスセクター」への反抗を決意。やがてその真っ直ぐな姿に周囲も徐々に心を動かされていくようになる。しかし、雷門中の革命に賛同した他校が「フィフスセクター」により廃校へ追いやられたことを知り、一人思い悩んでしまう。その矢先に、昔の恩人が今まさに管理サッカーを推し進めようとしているイシドシュウジであることを気付き、ますます気を落としてしまうも、神童とサスケの励ましを受け、改めて大好きなサッカーをするために、そしてイシドの真意を知るために勝ち進む決意をする。
海王学園戦前での練習中、背中から化身のオーラを見た剣城の協力、そして円堂の提案によりGKとしてゴールを守ったことで意識を前に集中させ気を膨らます術を身につけ、「化身」を生み出し、自在にコントロールできるようになる。
新雲学園戦後に調査から戻ってきた円堂と倒れた神童からの推薦もあり、神童の代わりに新キャプテンになるが、自分の指示が味方のプレーを大きく阻害してしまっていることに責任を感じ、キャプテンの座を返上しようとしたが、神童からの励ましもあり再び立ち直っている。
  • 天馬の化身
  • 魔神ペガサス
声 - 佐藤健輔
赤い翼を生やし、光輪をまとった魔神のような容姿をしている。他の化身と違い、雄叫びを上げながら登場する。
  • 魔神ペガサスアーク
魔神ペガサス」が進化した姿。赤い髪が伸び、翼や身体の大部分が白く、腰のベルトが青く変色した。
化身を用いた必殺技は「ジャスティスウィング」。
  • 魔帝グリフォン
天馬の「魔神ペガサスアーク」、剣城の「剣聖ランスロット」、神童の「奏者マエストロ」が1つになり生まれた化身。
魔神ペガサスアーク」の魔神を基に青いたてがみや黄金の翼を生やし、黒いマントをまとったグリフォンのような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「ソード・オブ・ファイア」。
剣城京介(つるぎ きょうすけ)
1年FW。背番号10番。詳しくは黒の騎士団の項を参照。
神童拓人(しんどう たくと)
声 - 斎賀みつき
2年MF。背番号9番。雷門中サッカー部(ファーストチーム)のキャプテンで、ウェーブのかかった灰茶色のボブヘアが特徴。神童財閥の御曹司であり、「フィールドの協奏曲を奏でる男」の異名を持ち、「神のタクト」を操るゲームメイカー。
一見クールな人柄で本人もそれを気取っているが、実は情が深く涙もろい性格。真面目かつ繊細な性分故にキャプテンという立場を強く意識しており、プレッシャーを感じたりチームのためにどう振る舞うべきか思い悩む事も多い。霧野とは小学校の頃からの友人で、気持ちを分かり合える間柄。趣味はクラシック鑑賞で、ピアノの演奏もかなりの物である。
剣城がセカンドチームを襲った後に雷門イレブンを率いて現れ、黒の騎士団と試合をすることになる。圧倒的な実力差で大量失点を許してしまうが、キャプテンとして皆を守ろうと思う心から「化身」を生み出し、結果的にチーム解散の危機を救う。天馬が入部した当初は、現状を知らず純粋なサッカーへの思いをぶつけてくる彼に苛立ち、対立することもあった。
必殺技は「フォルテシモ」、「プレストターン」、「オリンポスハーモニー」、「ジョーカーレインズ」(剣城)、「エボリューション」(天馬、剣城)。
アニメ版・ホーリーロード編
栄都学園戦では初めは「フィフスセクター」の指示に従っていたが、天馬に何度もボールで呼びかけられ、指示を破り点を取った。その後は指示を破ったことを後悔した上に、円堂もいずれ「フィフスセクター」に屈してしまうのではないかという不安から退部届まで提出するが、天馬と信助の懸命な姿や円堂の助言に心を打たれ、退部を撤回。
天河原中戦で今のサッカーと向き合い、「フィフスセクター」に反抗することを決意し、同時に天馬を受け入れ信頼する。また、この試合で三国からの励ましもあり「化身」を自在にコントロールできるようになった。以後は天馬の言葉を後押しする事が多く、キャプテンの貫禄が出て来ている。
新雲学園戦にて太陽へ特攻して弾かれた際に負傷し、試合の直後に昏倒する。命に別状は無かったものの、同時に右足の方に全治1ヶ月(ゲームでは3ヶ月)の怪我を負い、入院することとなりチームから離脱することになるため、キャプテンの座を天馬に託した。決勝戦の時は冬花を説得し、応援に駆けつけ、天馬らを励ました。ホーリーロード優勝後は無事退院する。
  • 神童の化身
  • 奏者マエストロ
水色の長髪で腕が4本あり、タクトを持った指揮者のような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「ハーモニクス」。
  • 魔帝グリフォン
天馬の「魔神ペガサスアーク」、剣城の「剣聖ランスロット」、神童の「奏者マエストロ」が1つになり生まれた化身。
魔神ペガサスアーク」の魔神を基に青いたてがみや黄金の翼を生やし、黒いマントをまとったグリフォンのような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「ソード・オブ・ファイア」。
西園信助(にしぞの しんすけ)
声 - 戸松遥
1年DF/GK。背番号5番(GK時は20番)。小動物のような容姿で、動物の耳のように左右が跳ね上がった黄土色の髪に、水色のヘアバンドと円らな瞳が特徴。非常に小柄な体格で、当時は天馬と同じくサッカーはあまり上手いとは言えなかったが、ジャンプ力は高く、それを活かしたプレーが得意。
いつも元気で能天気かつ前向きな性格だが、その一方で理知的な面もあり、抜けたところのある天馬をフォローするしっかり者。だが、幻影学園戦でGKをした際に、手を使えることを狩屋に指摘されるまで気付かないなど、若干抜けている部分もある。また、ゲームでは体型とは裏腹に、意外と大食い漢な一面を除かせている。
黒の騎士団戦を見て天馬に興味を持ち、入学式で親しくなる。サッカー部の入部テストを天馬と共に受け合格し、正式に入部した。後に今のサッカーの現状を知るが、天馬に共感し、彼と同じく「フィフスセクター」に反抗することを決意する。
必殺技は「ぶっとびジャンプ」、「スカイウォーク」、「かっとびディフェンス」(狩屋)。
アニメ版・ホーリーロード編
万能坂中戦後、先輩たちの必殺技を見て、自分も必殺技を習得する為に天馬や三国らと共に特訓し、見事「ぶっとびジャンプ」を完成させた。その後もDFでありながらも、相手チームから点を取る活躍をしている。一時は鬼道の特訓メニューに付いて行けず、練習に来ない日が続いていたが、天馬らに励まされ、練習に付いて行くことが出来た。
幻影学園戦では鬼道の指示によりキーパーとして交替され、チームメイトからの励ましもあって、ゴールを守る事に成功した。その後も三国にキーパーをやってみないかと提案され、立向居の励ましやチームメイト達との特訓もあり、気を膨らます術を身につけた。そして新雲学園戦で再びGKとしてゴールを守るときに三国の励ましもあり、ついに「化身」を生み出し、自在にコントロールできるようになった。聖堂山中戦では控えだったが、ドラゴンリンク戦では三国の負傷に代わってキーパーとして先発出場する。
  • 信助の化身
  • 護星神タイタニアス
青色の装甲を纏った、手の大きい黄色い巨人のような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「マジン・ザ・ハンド」。
三国太一(さんごく たいち)
声 - 佐藤健輔
3年GK。背番号1番(海王学園戦ではDF守備中、17番を着用)。パーマががった褐色の角刈り頭が特徴。しっかりした性格でチームメイトからの信頼が厚く、雷門サッカー部を支える柱のような存在。3年に進級した際に、キャプテンの座を神童に託し、彼からも慕われている。他の先輩達に比べ、早い段階から天馬を受け入れていた人物でもある。
母親と二人暮らしをしており、仕事で忙しい母親の代わりに時々夕食を切り盛りすることもある。以前は母親にはサッカー界の現状を知らせておらず、中学に入ってから試合には一度も呼んだことが無かった。
必殺技は「バーニングキャッチ」、「フェンス・オブ・ガイア」、「無頼ハンド」。
アニメ版・ホーリーロード編
最初は内心自由なサッカーを願いつつも、サッカー部を守るべく不本意ながらも「フィフスセクター」の指示に従っていたが、母親が天河原中戦を応援しに来てくれたことや、天馬や信助の一生懸命な姿を見て自由なサッカーをしていた頃の自分を思い出したことにより、「フィフスセクター」に反抗することを決意する。
海王学園戦ではゴールを守り切れずGKのポジションを天馬に交代させられるが、彼が魔神ペガサスを具現化しゴールを守ったことで自分たちのサッカーを守る熱意とボールに向かっていく姿勢を教わり、新技「フェンス・オブ・ガイア」でゴールを守り再びGKとして活躍を見せる。幻影学園戦後、信助にキーパーをやってみないかと提案し、色々指導する。
車田剛一(くるまだ ごういち)
声 - 野島裕史
3年DF。背番号2番。筋肉質な体格で、逆立った紺色の髪に鼻頭の絆創膏が特徴。爆走する機関車のようなドリブルを見せる。少々ぶっきらぼうで喧嘩っ早い一面もあるが、情に厚い性格である。家は「車田オート」という自動車販売修理業を営んでいる。
初めは自由なサッカーを願いつつもサッカー部を守るために「フィフスセクター」の指示に従っていたが、万能坂中戦で三国のボロボロになった姿と水鳥の叱咤により心を動かされ、「フィフスセクター」に反抗することを決意する。狩屋が入部した後は控え選手となっていたが、木戸川清修戦では今まで以上に気合を入れ、久々にスタメンとして復帰した。
必殺技は「ダッシュトレイン」。
霧野蘭丸(きりの らんまる)
声 - 小林ゆう
2年DF(海王学園戦では一時MFを守った)。背番号3番。肩まであるピンク色の髪を二つに縛った中性的な外見[3]。で、DF陣の要である。神童とは小学校の頃からの友人で、気持ちを分かり合える間柄であり、試合中や普段の生活でも彼を常に気にかけている。
見た目とは裏腹に冷静な性格で、狩屋の乱暴なプレーを批判した唯一の人物であり、それが原因で狩屋から一時敵意を向けられ、霧野自身も狩屋の反抗的な振る舞いから、彼が離反した剣城の代わりに送られて来た「シード」ではないかと疑いを持っていた。
必殺技は「ザ・ミスト」、「ディープミスト」。
アニメ版・ホーリーロード編
初めはサッカー部を守るべく「フィフスセクター」の指示に従っていたが、万能坂中戦の前日に天馬たちの熱意に負け、「フィフスセクター」に反抗することを決意する。万能坂中戦では相手のラフプレーによって負傷してしまったが、試合後直ぐに怪我は完治した。
月山国光中戦では狩屋との確執のせいでディフェンス陣の連携を崩す原因となってしまい、一時ベンチに下げられてしまう。しかし、フィールドの外から彼が月山国光中に勝つために本気のプレーをしている姿を見たことで彼を信頼し、相手の必殺タクティクスの破り方を見い出してフィールドに戻った後は彼と共に「タクティクスサイクル」を破った。その後、狩屋との関係は良好である。
天城大地(あまぎ だいち)
声 - 奈良徹加藤奈々絵(幼少時代)
3年DF。背番号4番。紫色のボリュームが多い長髪で、顎のゴーグル(幼少期は額に装着)が特徴。鼻頭に十字傷がある、サッカー部随一の巨漢。はっきりしない行動や、曲がったことが大嫌いな性格。語尾に「~ド」を付けて話す。
真帆路や香坂とは小学校の頃からの幼馴染であり、小学校卒業近くの頃に急にいじめられたが、真帆路にいつも庇ってもらえ、彼と香坂と3人で遊んでいた。しかし庇ってくれた真帆路がいじめの標的にされてしまい彼が天城を巻き込まないようにする為に関わりを避けていたため、疎遠になっていた。
必殺技は「ビバ!万里の長城」、「アトランティスウォール」。
アニメ版・ホーリーロード編
初めは不本意ながら「フィフスセクター」の指示に従っていたが、万能坂中戦で車田が「フィクスセクター」への反抗を決意したことに同調し、反抗することを決意する。走り込みが苦手で、円堂の辞任後に監督になった鬼道の特訓メニューに一時は信助と共に反感を見せていたが、飛鷹の言葉によって乗り越えてやろうという強い意思を見せ特訓をこなした。
上記の事実を知らずに、真帆路と仲違いしていたのだが、後に香坂から真相を聞かされる。木戸川清修戦では控え選手となっており、そのことに不満を持っていたが、幻影学園戦では久々にスタメンとして復帰し、最後には真帆路と和解に至った。
浜野海士(はまの かいじ)
声 - 金野潤
2年MF。背番号6番。褐色肌で、後ろに流れた紺色の髪に、額のゴーグルが特徴。ユニフォームを腕捲りして着用している。軽く適当な言動が多く、語頭に「ちゅーか」を付けるのが口癖で、頭の後ろで手を組むことと、ズボンに手を入れるのが癖。また、釣り好きであり、速水と共によく釣り堀に訪れている。
初めは不本意ながら「フィフスセクター」の指示に従っていたが、万能坂中戦で、車田が「フィクスセクター」への反抗を決意したことに同調し、反抗することを決意する。飄々とした性格で、物事をあまり深く考えないが、そのおおらかな人柄からチームのムードメーカー的存在として周囲を和ませている。
必殺技は「なみのりピエロ」。
速水鶴正(はやみ つるまさ)
声 - 吉野裕行
2年MF。背番号7番。華奢な体躯で、大きな白縁の丸眼鏡に赤茶色の髪のピッグテールが特徴。普段は首に緑色のヘッドフォンをかけているが、サッカーをするときは外している。常に敬語で話す。チーム一の俊足だが、気が弱くいつもおどおどしたネガティブ思考の持ち主で、場の雰囲気に流されて行動することが多い。
初めは「フィフスセクター」の指示に従っていたが、万能坂中戦で「フィフスセクター」に反抗することを決意する車田や天城、浜野に流され、反抗することになる。
その後もその性格ゆえの弱気な発言が多く、完全に反抗側につく勇気も、退部する勇気もなく悩む日々を過ごしていたが、海王学園戦において天馬が決して諦めることなく化身を具現化させた姿を見て心を動かされ、自身の意思で反抗することを決意した。ホーリーロード優勝後は性格面も変化が見られ、精神的に前向きになって来ている。
必殺技は「ゼロヨン」。
倉間典人(くらま のりひと)
声 - 高垣彩陽
2年FW。背番号11番。浅黒い肌に、水色の髪で左目が隠れているのが特徴。俊敏な身体能力を生かして、絶妙なコントロールのシュートを打つ。少し捻くれていて不器用且つ冷めた性格で、「フィフスセクター」に反発している天馬の行動は、自分たちが向き合おうとしているサッカーに対して無神経だと感じているため、気に入らなかった。その為、南沢が退部した際は自分達のサッカーを壊そうとしているのはお前だと天馬に言い放った。
初めは「フィフスセクター」の指示に従っていたが、万能坂中戦で多くの選手が「フィクスセクター」に反抗することを決めたこともあり、足下に転がってきたボールを剣城にパスをし、反抗することを決意する。それ以降は彼なりに天馬らのことを受け入れており、月山国光中戦では天馬との必殺技のシュートチェインで点を取った。
必殺技は「サイドワインダー」。
青山俊介(あおやま しゅんすけ)
2年MF。背番号12番。詳しくはセカンドチームの項を参照。
一乃七助(いちの ななすけ)
2年MF。背番号13番。詳しくはセカンドチームの項を参照。
錦龍馬(にしき りょうま)
声 - 岩崎了
2年MF。背番号14番。褐色の肌でがたいが良く、総髪のこげ茶色の長い髪が特徴。侍を連想させる古風な人柄であり、一人称は「ワシ」で、土佐弁で話す。
スタジアムまで自転車で来るなど、物事をあまり深く考えない、人情を重んじる男気のある豪快な性格。普段からふんどしを着用しているらしく、そのためゲームではボールが水に落ちてもすぐに取りに行けると語っていた。元雷門中サッカー部部員の染岡竜吾とは師弟のような関係であり、実際彼を「師匠」と呼び慕っている。水鳥とは1年生の時に同じクラスであった。
イタリアへ留学していた元エースストライカーで、当時は「雷門の点取り屋」を自称していた(ちなみにこれは前作で染岡が自称していたフレーズでもある)。留学前はFWだったが、サッカーの本場で思い知った実力差にストライカーとしての自信を失っていたところ染岡と出会って師弟関係となり、彼の提案で現在のポジションに転向した。元々「化身」を実体化させる素質があり、染岡の指導によってその才能を開花させていたものの、当時は自信がなく発動させるまでには至っていなかった。
名前と性格等は坂本龍馬、外見は佐々木小次郎がモデルとなっている[4]
必殺技は「アクロバットキープ」、「昇り龍」、「伝来宝刀」。
アニメ版・ホーリーロード編
雷門中がフィフスセクターに反抗していることを聞きつけ、白恋中戦直前に帰国し、試合の最中に合流を果たした。円堂が監督を辞任した際は、元気を無くすチームメイトを励ました。木戸川清修中戦ではハーフタイムに現れた染岡の指導と激励により、「化身」を試合後半に発動することに成功した。
  • 錦の化身
  • 戦国武神ムサシ
日本の鎧を纏った武士のような容姿をしている。宮本武蔵がモデルである。
化身を用いた必殺技は「武神連斬」。
狩屋マサキ(かりや まさき)
声 - 泰勇気
1年DF。背番号15番。肩近くまで伸びた水色の髪が特徴。ホーリーロード本戦開幕直前に雷門中に天馬のクラスに転入して来た。アクロバティックな動きでボールや相手選手を追いかける。裏表が激しく、普段は穏やかで人当たりの良い態度を取っているが、本性は乱暴で攻撃的で捻くれた性格。だが、サッカーに対しては純粋な思いを抱いており、円堂からは「口は悪いが蹴るボールは優しい」と評されている。
前作の元エイリア学園の選手達の出身である児童養護施設「お日さま園」の元園児である。11歳の時に親の会社が騙されて倒産に追い込まれ、経済的な苦境に陥った両親によって「お日さま園」に預けられた。それが原因で人間不信になり、園にとけ込めずにいる中、サッカーだけは好きでいつも一人で練習していた。雷門中に転入したのは「お日さま園」を切り盛りしている吉良瞳子の計らいであった。
必殺技は「ハンターズネット」、「かっとびディフェンス」(信助)。
アニメ版・ホーリーロード編
天才的な素質を持つが、入部から乱暴なプレーが目立ち、メンバーで唯一それを批判した霧野を敵視し、ことあるごとに彼を挑発した。[5]。しかし、月山国光中に勝つために本気のプレーをしている姿を見た霧野から信頼を得て、彼の指示の元で、月山国光中の必殺タクティクス「タクティクスサイクル」を見事破ることに成功する。
その後は霧野側が完全にしがらみを振り切ったことに伴い、彼への態度も軟化している。同じ1年である天馬達に対しては少なくとも表面上は友好的だが、少々天然気味な天馬達に陰で毒を吐いていたこともある。雷門イレブンに馴染んでからは猫を被るのをやめ、素を見せたままでいることの方が多くなり、特に1年の部員とは何だかんだ言って特訓に付き合っている。また、必殺技のネーミングセンスの悪さを天馬達に笑われた際は赤面しながらムキになって怒る一面も見せた。
影山輝(かげやま ひかる)
声 - 藤村歩
1年FW。背番号16番。ふわっとした藍紫色のショートヘアが特徴。サッカー経験がほとんどない初心者ではあるが、器用で物覚えが良く、他者の動きを見極め自分のものとする術に長けている。「うぎー」という特徴的な叫び声で叫ぶ。
少々控えめな性格で、口下手な為自分の主張を上手く言えないことがある。転校経験がある為、友達を作りたくて嫌われないようにとその場の雰囲気に合わせようとしていたが、逆にそれが周囲の癇に障ったらしく、それ以来自分から主張するようにしている。
前作で円堂たちと深い因縁があった「影山零治(かげやま れいじ)」の甥。月山国光中戦後に入部を希望するも、影山の雷門中に対しての行為を知っていたため、その負い目から姓を名乗るのを躊躇したり入部を諦めかけたりしていたが、円堂や鬼道の言葉で迷いを振り切った。その後もわだかまりをもたれる事もなく普通の仲間として扱われている。
必殺技は「エクステンドゾーン」。
アニメ版・ホーリーロード編
白恋中戦では錦を投入しても「ダブルウィング」が完成せず、絶対障壁を突破できない中、彼の前述の特技とキック力の高さを活かし、「ダブルウィング」を完成させ、1点を入れることに成功する。幻影学戦前、真帆路のことで悩む天城に対し、自分の過去を語って励まし、香坂に話された真帆路が離れて行った真実を試合中、彼女自身が語ることを託した。
南沢篤志(みなみさわ あつし)
声 - 梶裕貴
元ファーストチームの部員。3年FW。背番号10番(雷門中・月山国光中共に)。紫色の髪で睫毛が長く、茶色の瞳が特徴。前髪をかき上げる事が癖。プライドが高く、キザでどこか冷めた性格。
「フィクスセクター」に管理されたサッカーは中学卒業まで我慢すればいい、と割り切っていた[6]が、「フィクスセクター」に反抗しようとする天馬たちの行動には着いて行けない、と万能坂中との試合前日に自らサッカー部を退部した。雷門サッカー部を退部した後、月山国光中学校に転校し、月山国光中のサッカー部員として雷門イレブンに立ち塞がる。
必殺技は「ソニックショット」。
アニメ版・ホーリーロード編
初めは「フィクスセクター」に反抗している雷門イレブンを潰そうとしていたが、近藤の言葉によって自分が試合中に勝つため本気のプレーをしていたことに気づき、ようやく雷門イレブンのサッカーおよび天馬を認め、自分がした今までの行為を反省した。同時に今でも自分を仲間として見てくれている雷門イレブンに感謝の意を示し、和解する。
新雲学園戦直前に雷門を訪れ、雷門の力になろうと、兵頭を呼び出し信助のキーパーの特訓に付き合った。ホーリーロード決勝戦では兵頭と共に試合を観戦している。
小坂元成(こさか もとなり)
声 - 四宮豪
元ファーストチームの部員。2年DF。背番号5番。狐目で薄緑色の髪が特徴。サッカーは好きだが、狡賢く強い者には逆らわないタイプで、水森と同じく、黒の騎士団戦後、「フィフスセクター」に対する恐怖もあってサッカー部を退部した。ゲーム版では選手として再度スカウトすることが可能。
水森竜也(みずもり たつや)
声 - 古島清孝
元ファーストチームの部員。2年MF。背番号8番。抹茶色の髪に、褐色の肌が特徴。内申書が良くなるという目的でサッカー部に入った為、元々あまりサッカーが好きではなく、黒の騎士団戦後、「フィフスセクター」に対する恐怖もあってサッカー部を退部した。ゲーム版では選手として再度スカウトすることが可能。
セカンドチーム

雷門中サッカー部の控え選手が所属しているチーム。選手全員が天馬たち1年生の入学式前に剣城によってボロボロにされてしまい、その恐怖から黒の騎士団戦後、5人のマネージャーを含めた部員の大半がサッカー部を退部、後に残っていた部員も辞めてしまったため、壊滅してしまう。しかし、一乃と青山は海王学園戦前に、他の選手は決勝戦を迎えるファーストチームの力になるために復帰し、練習相手となる[7]。一乃・青山以外の選手はホーリーロード決勝戦で観客席から観戦している(ゲーム版では一乃、青山以外の退部した選手は再度スカウトすることになる)。

一乃七助(いちの ななすけ)
声 - 折笠富美子
2年MF。背番号9番(ファーストチームでは13番を着用)。セカンドチームではキャプテンを務めている。ライトグレーの髪で、赤色の揉み上げが特徴。責任感の強く、冷静な判断力の持ち主で、主に戦略面でチームを支える。
黒の騎士団戦後、初めは退部することを考えていなかったが、青山以外のチームメイトが全員退部してしまった為、仕方なく自身も退部した。しかし、その後も何かとサッカー部のことを気に掛け、海王学園戦前に青山と共にサッカー部に復帰した。
ファーストチームに移行してからは控え選手であったが、決勝戦後半のドラゴンリンク戦にて初めて公式戦に出場、青山とともに必殺技を披露した。
必殺技は「ブリタニアクロス」(青山)。
青山俊介(あおやま しゅんすけ)
声 - 高垣彩陽
2年MF。背番号6番(ファーストチームでは12番を着用)。やや小柄で、斜め分けの褐色の髪が特徴。理論派な性格で、試合後の自己分析を欠かさない。
一乃と同じく、初めは退部する事を考えていなかったが、一乃以外のチームメイトが全員退部してしまった為、仕方なく自身も退部した。しかし、その後も何かとサッカー部のことを気に掛け、海王学園戦前に一乃と共にサッカー部に復帰した。
一乃同様、ファーストチームに移行してからは控え選手であったが、幻影学園戦では負傷した浜野に代わり初めて公式戦に出場、一乃と特訓していた際に習得した神童の技を披露した。
必殺技は「プレストターン」、「ブリタニアクロス」(一乃)。
虻山保(あぶやま たもつ)
声 - 古島清孝
2年GK。背番号1番。セカンドチーム一の巨体で、紺色のアフロヘアーに黄色のヘアバンドが特徴。食い意地が張っていて、バイキングでは、お腹を壊すまで食べまくる。
向坂悟(さきさか さとる)
声 - 梶裕貴
2年DF。背番号2番。中性的な外見で、動物の耳のような黒髪に緑の瞳が特徴。言動がいつも淡白で素っ気が無いが、野良猫によく懐かれる意外な一面も。
森杉久(もりすぎ ひさし)
ポジションはDF。背番号3番。色黒で、赤髪の短髪に三白眼八重歯が特徴。負けず嫌いな性格で、個人勝負に拘り、チームプレイを疎かにしがち。
桃山我聞(ももやま がもん)
声 - 戸松遥
ポジションはDF。背番号4番。パーマのかかったオレンジ色の髪に、そばかすが特徴。周囲に惑わされないマイペースな性格で、好不調の波が少ないのが強み。
星野隆平(ほしの りゅうへい)
声 - 小林ゆう
ポジションはDF。背番号5番。逆立ったピーコックブルー色の髪に、星型のタトゥーシールが特徴で、それをトレードマークにしている。
梨巣野ケン太(りすの けんた)
ポジションはMF。背番号7番。リスを連想させる容姿をしており、小柄で藍色の髪、りんごほっぺに出っ歯、そばかすが特徴。臆病な性格だが、すばしっこくてボール扱いは器用。
茂日寛太(もひ かんた)
声 - 奈良徹
ポジションはMF。背番号8番。肥満体系で名前の通り、緑色のモヒカンヘアが特徴。チャボが大のお気に入りで、自宅でペットとして飼っている。
石狩雷太(いしかり らいた)
声 - 四宮豪
ポジションはFW。背番号10番。褐色肌の筋肉質な体で、紫色の長い辮髪が特徴。あまり細かい事は考えない性格で、言動もプレーも豪快でパワフル。
吉良周吾(きら しゅうご)
声 - 金野潤
2年FW。背番号11番。逆立った深緑色の髪が特徴。直感で動くタイプで、攻撃的な選手。吉良瞳子とは親類関係[8]である。
監督・顧問・マネージャー

今作のマネージャーの名前は、葵(青)、水鳥(緑)、茜(赤)と色で統一されてる。

円堂守(えんどう まもる)
声 - 竹内順子
前作『イナズマイレブン』の主人公(前作当時中学2年生)。既婚者[9]であり、妻は「シャイン」と「ダーク」とで違っておりアニメおよびゲーム『シャイン』版での妻は前作でも登場した雷門中マネージャーの雷門夏未で、『ダーク』版での妻はイナズマジャパンマネージャーで円堂の小1のときの幼馴染の久遠冬花。前作でもトレードマークであったオレンジ色のバンダナは現在でも健在で、肌が浅黒くなり、髪型も若干変わっている。
元雷門中サッカー部兼FFI世界大会・日本代表「イナズマジャパン」のキャプテンで、当時のポジションはGK/DF。元FF地区大会、FFI世界大会の選手であり、大会優勝経験も持つ。
久遠が監督を解任された後、本来「フィフスセクター」から派遣されるはずだった監督になり替わる形で、雷門中サッカー部の監督となる。サッカーを愛する前向きな熱血漢な所は前作と変わらず、栄都学園戦で「フィフスセクター」による管理で覇気を無くしてしまった雷門イレブンを目の当たりにし、かつての雷門を取り戻そうとする。雷門中監督になる前はプロリーグの選手として活躍していた[10]
ゲーム版では期間限定配信で中学時代の彼を選手として使う事が可能である。
必殺技は「ゴッドハンドV」。
アニメ版・ホーリーロード編
「フィフスセクター」の勝敗指示に従っているサッカー部員たちにも必ず勝利への願望があると信じており、敗北指示のある試合でも勝ちに行くと宣言して選手たちに発破をかけているが、従うか逆らうかの最終的な判断はあくまで個人に委ねている。
サッカー部員の誰に対しても好意的に接しており、剣城に対しても、自身への憎しみと敵意を隠そうともせず「シード」として雷門の監視を務めていた時から、他の部員と分け隔てることのない態度を取っていた。
白恋中との試合後、「フィフスセクター」に関する何らかの情報を吹雪から聞かされ、それを調べる為に、鬼道に雷門イレブン達を任せて一時的に雷門監督の座を離れて、「フィフスセクター」のシード養成施設に潜入していた。新雲学園戦後に調査が終わったので復帰し、右足を負傷し離脱した神童の代わりに天馬を新キャプテンに任命する。
久遠道也(くどう みちや)
声 - 東地宏樹
元日本代表「イナズマジャパン」の監督。円堂の幼馴染・冬花の養父でもある。前作と比べ、口髭が伸びている。栄都学園戦まで雷門中サッカー部の監督をしていた。天馬や信助のことを大きな才能を秘めていると見て、入部テストで採用した。
理事長である金山に前々から目を付けられており、栄都学園戦で「フィフスセクター」からの指示を破った責任を取らされ、金山の陰謀で監督を辞任。しかし、目金と連絡を取り、何らかの形で円堂をサッカー部の監督として推薦し、彼に監督を頼んで去って行った事から、自分の意思でも辞めたことが覗える。その後は帝国学園の地下に身を置き、響木と共に「フィフスセクター」に対するレジスタンスの一員として活動している。
『イナズマイレブン3 ジ・オーガ』の特典のプロローグにも、僅かながら登場している。
音無春奈(おとなし はるな)
声 - 佐々木日菜子
元雷門中サッカー部兼日本代表「イナズマジャパン」のマネージャー(前作当時中学1年生)。前作同様、赤縁の眼鏡がチャームポイントだが、髪型は前作のショートボブからウェーブが掛かったセミロングヘアになっている。元は両親を亡くした孤児であり、別々の家庭に養子として引き取られた為に姓は違うが、帝国学園総帥・鬼道有人の実妹に当たり、現在は彼のことを「兄さん」と呼んでいる。
現在は雷門中の教師となり、サッカー部の顧問を務めている。大人相応の落ち着きはあるのだが、直情的な一面も今でも健在であり、部員達の事を時には優しく時には厳しく見守り、指導している。当初は「フィフスセクター」の管理サッカーを憂いて少々翳りがあったが、雷門イレブンが「フィフスセクター」への反抗のために団結し始めた頃から徐々に薄れていき、その後は以前のような明るさと快活さを取り戻している。
ゲーム版では、条件を満たすと中学時代の彼女を選手として使う事が可能である。ポジションはMF。
鬼道有人(きどう ゆうと)
雷門中サッカー部のコーチ(木戸川清修中戦から新雲学園戦にかけては雷門中サッカー部の監督)。詳しくは帝国学園の項を参照。
空野葵(そらの あおい)
声 - 北原沙弥香
1年マネージャー。藍色のショートヘアと、短めのスカート丈が特徴。天馬とは小学校からの幼馴染であり、彼の良き理解者。明るく元気且つ物事をはっきり言う性格で、同級生の天馬や信助に対しては、ややませた態度をとっており、狩屋をからかうなど砕けた一面もある。
天馬が黒の騎士団と対決するのを見た後に、天馬を支える為にサッカー部に入る事を決め、天馬・信助と共に雷門サッカー部にマネージャーとして入部する。マネージャーの仕事をする際はピンク色のジャージを着用している。
小学生の頃は比較的大人しめで温厚だった。その頃天馬とは隣のクラスだったが面識はなく、天馬が練習をしているところに通りかかり、彼が蹴り損ねて転がしたボールを拾ったことで初めて面識を持つこととなる。周りの人間が天馬のプレイを酷評していたのに対し、彼女だけは失敗しながらも一生懸命な彼の姿に感心していた。一旦はわずかに言葉を交わして彼を少し応援する程度で別れたが、稲妻KFCの入部テストを見に行った際に、野犬に襲われそうになっていた所を彼によって助けられ親しくなり、サッカーに興味を持ち始める。その後天馬と共にサッカー部新設に動いたが、失敗した。
ゲーム版では条件を満たすと選手として使うことが可能。ポジションはGK。
瀬戸水鳥(せと みどり)
声 - 美名
2年マネージャー。紅緋色のロングヘアに、頭上のリボンがチャームポイント。リボンを外した半袖の制服を腕まくりして着用しており、スカート丈はくるぶしまで伸ばしている。いわゆるスケバンであり、勝気且つ男勝りな性格で乱暴な口調で話すが、その一方、気さくで姉御肌な一面を持っている。錦とは1年生の時のクラスメイトであり、彼を名前で呼ぶ唯一の人物で、その為浜野に錦との仲を疑われて茶化されたことがある。
天馬が剣城率いる黒の騎士団に立ち向かう姿を見て、見かけに寄らず強い意志を持っている彼を気に入りファンとなり、天馬と信助が入部テストで合格した後にマネージャーとなった。だが、本人はあくまでマネージャーではなく天馬の私設応援団のようなもので、マネージャーの仕事をするつもりはないと主張しており、ジャージも着用していない。しかし、実際はドリンクの準備をするなどマネージャーの仕事を手伝っている。万能坂中戦では、相手チームのシュートを受け続けボロボロになった三国を助けずにいた車田たちを一喝した。
ゲーム版では条件を満たすと選手として使うことが可能。ポジションはFW。
山菜茜(やまな あかね)
声 - ゆりん
2年マネージャー。少しタレ目で、ボリュームの多い藤色の三つ編みヘアが特徴。制服の靴下ではなく、紫色のタイツを履いている。葵、水鳥と同じく黒の騎士団との試合後に、マネージャーとなる。マネージャーの仕事をする際は水色のジャージを着用している。おっとりした言動の目立つ不思議ちゃんで、口数も少なく切れぎれの言葉を紡ぐことが多い。
神童の大ファンであり、彼のことを「シン様」と呼ぶミーハーな性格。反面、口より先に手が出てしまう水鳥のストッパー的存在でもあり、狩屋の事をちょっと怖いと評す等、時々鋭い発言をするしっかりとした一面を持っているのだが、神童がボロボロになっている姿を見ても彼の写真を取れたことを喜ぶなどズレている一面もある。また、写真を撮るのが趣味で、ピンク色のカメラを常に持ち歩いており、特に神童の写真を高速で撮っているが、彼以外の選手が試合で活躍している場面も撮っており、試合後は現像して本人にプレゼントしている。
ゲーム版では条件を満たすと選手として使うことが可能。ポジションはMF。

生徒・教師関係

金山郷造(きんざん しゅうぞう)
声 - 小室正幸
雷門中の理事長。色黒で目の周りの隈に、白髪のオールバックヘアが特徴。「フィフスセクター」の方針に従い、久遠にサッカー部の改革を求めていた。
栄都学園戦で雷門イレブンが「フィフスセクター」からの得点指示を守らなかったため、保身と厄介払いのために久遠に責任を取らせて監督の座から解任するも、新しく雷門の監督に就任した円堂に振り回されている。その後の試合でも、雷門イレブンが得点指示を破ったため、久遠と同様の理由で円堂も解任しようとするが、「フィフスセクター」側から続投の指示が出たために動けずにいる。
冬海卓(ふゆかい すぐる)
声 - 四宮豪
雷門中の校長。理事長である金山に、媚を売ってばかりいる。前作では帝国学園のスパイであり、雷門中の教師兼、雷門サッカー部の監督として潜入し、バスのブレーキに細工をするなどの悪行を働いたが、後に正体がバレ、警察に逮捕されていた。どのような経歴で釈放され、校長に就任したのかは不明。
古株(ふるかぶ)
声 - 麻生智久
雷門中の用務員であり、雷門サッカー部の審判もしている。前作では「イナズマキャラバン」の運転手や、「イナズマジェット」での飛行士などの数々をこなしていた。頭の帽子は今作では赤色になっている。
角馬歩(かくま あゆむ)
声 - 古島清孝
雷門サッカー部の練習試合・ホーリーロード地区予選の実況を担当している。リンゴほっぺで、丸眼鏡に特徴的な角刈り頭をしている。前作に登場する、雷門サッカー部の試合の実況係をしていた角馬圭太の弟であり、角馬王将の息子である。[11]
古手川咲夫(こてがわ さきお)
声 - 江口拓也
1年MF。やや小柄な体格で、藍色の髪が特徴。内申書が良くなるという理由で入部テストを受け、不合格になったが、自分よりも下手(だと思っている)な天馬と信助が合格したことにはかなり不満げだった。ゲーム版では選手として再度スカウトすることが可能。
金成敦則(かなり あつのり)
声 - 峯暢也
1年GK。長身で褐色肌に、抹茶色の髪が特徴。当時部員が9人しかいなかったサッカー部なら簡単に受かり、レギュラーも取れると思い、入部テストを受けたが不合格になった。ゲーム版では選手として再度スカウトすることが可能。
押井剛(おしい つよし)
1年DF。生細目で緑色の髪に、肥満体系が特徴。当時部員が9人しかいなかったサッカー部に入れば、崩壊寸前の部を救った、ということで内申書の内容がより良くなると思い、入部テストを受けたが不合格になった。ゲーム版では選手として再度スカウトすることが可能。

サッカー部関係者の家族

木野秋(きの あき)
声 - 折笠富美子
元雷門中サッカー部兼日本代表「イナズマジャパン」のマネージャー(前作当時中学2年生)。前作と比べ、前髪を後ろに流しており、ヘアピンはしていない。10年前(前作)同様に温和で家庭的な性格。松風家とは親戚の間柄であり、天馬からは「アキ姉」と呼ばれている[12]。現在は天馬の住むアパート「木枯らし荘」の管理人をしており、その住民で結成したサッカーチーム「秋空チャレンジャーズ」の監督も務めている。長期不在の天馬の両親に代わって彼の生活の面倒を見たり、悩む彼に助言をして支えたりと、実際に保護者らしい振る舞いを見せる。
円堂と同級生だという事を天馬には明かしていなかったが、円堂が雷門サッカー部の監督になった事を天馬が話した際に、初めて彼に打ち明けた。天馬のサッカーに対する情熱を、かつての円堂と重ね合わせている様子が見受けられる。なお、円堂とは雷門サッカー部が弱小だった頃からの旧知の仲で、その頃は彼に想いを寄せていたのだが円堂は夏未(または冬花)と結婚した為に結果的に想いは実らず、今はアメリカに連絡を取り合っている人物がおり、その人物から電話がかかってくる事を天馬に茶化されたことがある。[13]
ホーリーロード決勝戦では、かつてのマネージャー仲間だった夏未と観客席で再会し、彼女と共に雷門イレブンを応援する。
ゲーム版では、条件を満たすと中学時代の彼女を選手として使う事が可能である。ポジションはGK。
サスケ
声 - 佐藤健輔、佐々木日菜子(子犬時代)
天馬の飼い犬で、「木枯らし荘」で飼われている。天馬が沖縄で暮らしていた時、木材の間に挟まっていたところを助けられ、後に彼の飼い犬になった。『イナズマイレブン3 ジ・オーガ』の特典のプロローグにも登場している。
ゲーム版では条件を満たすと選手として使うことが可能。ポジションはMF。
剣城優一(つるぎ ゆういち)
声 - 前野智昭
剣城京介の兄。後ろに流れた藍色の髪に、口元のほくろが特徴。18歳[14]。6年前に木から転落した京介を助けた際に怪我を負い、足が不自由となってしまい車椅子生活を余儀なくされ、現在入院している。
ケガに悲観しているも関わらず、事故の要因である弟を恨んでおらず、むしろ罪悪感を抱いている弟を心配し、彼がサッカーを続けてくれる事を願う穏やかで優しく弟想いな性格である。故に京介が「フィフスセクター」にいる時から心を開き優しさを見せる相手であった。また豪炎寺に憧れていたようで、幼少の回想では彼の必殺技を真似ていた。
アニメ版・ホーリーロード編
弟が「フィフスセクター」に就いている事を知らずにいたが、帝国学園戦に彼が出ずに見舞いに来たのを不審に思い、後を追った際、偶然彼と黒木の会話を聞いてしまい、その事実を知る。そして、「フィフスセクター」に従う弟に自分たちの大好きなサッカーを裏切ったと涙ながらに強く叱責し、その叱責を受けた彼が試合に途中出場し、本気のプレーをする姿を見て安堵し、その後も応援しており、自身もリハビリに励んでいる。
決勝戦前夜に、何者かからの義援金によって手術を受けられるようになった事を京介に告げ、彼に自分の為のサッカーをするように促す。
三国の母
声 - 田野めぐみ
三国太一の母親。名前は不明。夫は居らず(離婚か死別かは不明)、女の手一つで太一を育てている。今のサッカーの現状を知らずにおり、彼が自分の試合に呼ばなくなったのは反抗期だからだと思っていた。幼少時代の太一のサッカーチームの試合は彼女が見に来ると必ず勝利していた為、チームメイトからは、「太一の勝利の女神」と呼ばれていた。天河原中戦を観戦した時、雷門が試合に勝利した為、再び彼の勝利の女神となった。
吉良瞳子(きら ひとみこ)
声 - 北西純子
元打倒エイリア学園チーム「イナズマキャラバン」兼日本代表候補チーム「ネオジャパン」の監督。前作ではワンレングスヘアだったが現在は前髪を垂らし、また眼鏡をかけている。性格も以前より温厚になっている。
吉良ヒロト(以前は基山ヒロト)の義姉に当たり、彼を含め、孤児達である元エイリア学園の選手達が暮らしていた児童養護施設「お日さま園」設立の提案者でもあり、現在も「お日さま園」を運営している。その園児の1人であった狩屋が、人間不信に陥って心を閉ざしながらもサッカーが大好きなことを知り、何とかしてあげたいという思いから元教え子である円堂がサッカー部監督をしている雷門中に転入させた。
ホーリーロード決勝戦では観客席で観戦している。(ゲームでは「お日さま園」の子供達と共にテレビで観戦している)
円堂大介(えんどう だいすけ)
声 - 藤本譲
円堂守の祖父。影山輝の伯父・影山零治やレジスタンスの響木正剛が部員として在籍していた50年前[15]の雷門中サッカー部監督であり、FFIではコトアール代表「リトルギガント」の監督を務めていた。守がサッカーを始めたきっかけでもある。
『劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆グリフォン』において、守の回想にて登場。既に故人となっていることが明らかとなった。病室にて雷門中サッカー部監督に就任する守に対し監督としての役目を説いている。
円堂夏未(えんどう なつみ)(アニメ・ゲーム版『シャイン』)
声 - 小林沙苗
元雷門中サッカー部(前作当時中学2年生)兼日本代表「イナズマジャパン」のマネージャー(決勝戦のみ。それまではコトアール代表「リトルギガント」のオペレーター)。雷門財閥の会長兼元雷門中学校理事長・雷門総一郎の娘であり、自身も雷門中の生徒会長を務めていたお嬢様。前作と比べ、若干肌が黒くなり、栗色のウェーブのかかった腰近くまであったロングヘアがセミロングへと短くなり、ストレートヘアになっている。
アニメ・ゲーム版『シャイン』に置ける円堂守の妻。中学時代の勝気だった性格は現在は丸くなり、比較的温厚になっており、悩む夫を支えたりしているなど、態度も素直になっている。夫の事は昔と変わらず「円堂くん」と呼んでいる。また、料理を積極的に行っているが、味が悪いのは今も相変わらずである[16]
ホーリーロード決勝戦では、かつてのマネージャー仲間だった秋と観客席で再会し、彼女と共に雷門イレブンを応援する。
また、ゲーム版『シャイン』限定で条件を満たすと、中学時代の彼女を選手として使う事が可能である。ポジションはFW。
  • 雷門夏未(らいもん なつみ)(ゲーム版『ダーク』)
「フィフスセクター」に対応する組織「レジスタンス」の一員として、響木らと共に帝国学園の地下を拠点に活動している。
久遠冬花(くどう ふゆか)(アニメ・ゲーム版『シャイン』)
声 - 戸松遥
元雷門中サッカー部(FFI世界大会優勝後に雷門中に転校)兼日本代表「イナズマジャパン」のマネージャー(前作当時中学2年生)。前作と比べ、髪を後ろでお団子にまとめており、大人しい印象の前作とは異なり、きびきびとした性格になっている。
円堂守とは小1の時によく遊んでいた幼馴染であり、中学時代は彼に幼馴染以上の感情を抱いていた。円堂のことは昔と変わらず「マモルくん」と呼んでいる。また、春奈同様、元は両親を亡くした孤児であり、元雷門中サッカー部監督である久遠道也の養女であり、久遠に引き取られる前の旧姓は「小野(おの)」である。
現在は優一や太陽が入院している病院の看護師を勤めており、日々病室を抜け出す太陽に手を焼いている。天馬に太陽の病態を教えたのも彼女である。入院していた神童の説得により、ホーリーロード決勝戦が行われているアマノミカドスタジアムへ連れて行き、試合を観戦していた。
  • 円堂冬花(えんどう ふゆか)(ゲーム版『ダーク』)
ゲーム版『ダーク』に置ける円堂守の妻。アニメ・ゲーム版『シャイン』と同じく看護師も勤めている。また、『ダーク』限定で条件を満たすと、中学時代の彼女を選手として使う事が可能である。ポジションはDF。

歴代雷門イレブンOB・OGおよび関係者

雷門関係者に加え、前作で日本代表「イナズマジャパン」のメンバーとして優勝した人物、又はその関係者も記載。ここでは記載されていない関係者は各それぞれの詳しい項を参照。劇場版小説ではかつての「イナズマジャパン」メンバーたちはそれぞれの道へ別れた後も定期的に連絡を取り合い、時に酒を酌み交わす間柄であることが明かされており、円堂の雷門中サッカー部監督就任を機にそれぞれの「フィフスセクター」に関する情報を持ち寄り、彼の元に集まっていた。

風丸一郎太(かぜまる いちろうた)
声 - 西墻由香
元雷門中サッカー部員兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学2年生)。当時のポジションはDF/MF。水色の髪で左目を覆っているのは前作と変わらないが、ポニーテールを解いて後ろ髪の一部を束ねている。現在は日本でプロサッカー選手として活躍している。決勝戦後半のドラゴンリンク戦のときに不動と壁山とともに試合会場に現れ、ヒロトたちと試合を見守っている。
『劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン』にも登場。ゲーム『ダーク』版ではオリジナルストーリーとして彼の物語が描かれている。また、劇場版との連動で中学時代の彼を選手として使う事が可能である。
必殺技は「疾風ダッシュ」、「皇帝ペンギン2号」(鬼道、不動)。
壁山塀吾郎(かべやま へいごろう)
声 - 田野めぐみ
元雷門中サッカー部員兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学1年生)。当時のポジションはDF。前作と比べ、当時よりも体型が更に一回り大きくなっており、緑色のパンチヘアのボリュームも増え、普段は作業着のような服装をしている。
現在は日本でプロサッカー選手として活躍しており、風丸と共にこの道へ進んだことや、海外からの勧誘を数多く受けながらも、日本の子供たちにサッカーの楽しさを教えるためにその誘いを断り続けている。決勝戦後半のドラゴンリンク戦のときに風丸と不動と共に試合会場に現れ、ヒロトたちと試合を見守っている。
『劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン』にも登場。ゲーム『ダーク』版ではオリジナルストーリーである風丸の物語に登場する。また、劇場版との連動で中学時代の彼を選手として使う事が可能である。
必殺技は「ザ・ウォール」。
染岡竜吾(そめおか りゅうご)
声 - 加瀬康之
元雷門中サッカー部員兼日本代表「イナズマジャパン」の選手 (FFI本戦から)(前作当時中学2年生)。当時のポジションはFW。前作と比べ、ピンク色の坊主頭だった髪がソフトモヒカンヘアになっており、普段はサングラスと白いスーツ、帽子を着用している。
現在はイタリアリーグでプロサッカー選手として活躍している。強面ながらも以前の面倒見のよさは健在で、性格面も落ち着いている。留学先でストライカーとしての自信を失っていた錦を励ましたことから彼に慕われており、「師匠」と呼ばれている。木戸川清修戦の試合途中、雷門イレブンの前に現れ、錦の「化身」を生み出す切っ掛けを作った。
目金欠流(めがね かける)
声 - 加藤奈々絵
元雷門中サッカー部員兼日本代表「イナズマジャパン」の記録係(自称・戦術アドバイザー&必殺技ネーミング係)(前作当時中学2年生)。当時のポジションはFW。前作では縁なし眼鏡をかけていたが、現在は水色の縁がついた眼鏡をかけている。職業は不明だが、アパートの自室でネットゲームに熱中している。
久遠から「フィフスセクター」から栄都学園との練習試合の指令内容や監督を辞任させられた事を聞かされており、水面下でレジスタンスの活動にも協力している。海王学園の選手が全員シードであることを突き止めたのも彼である。
ゲーム版では中学時代の彼を選手として使う事が可能である。
立向居勇気(たちむかい ゆうき)
声 - 立花慎之介
元陽戸中サッカー部(円堂らが卒業した後はキャプテン)兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学1年生)。当時のポジションはGK/MF。前作に比べ若干黄土色の髪が伸び、前髪を右に分けている。
現在はプロサッカー選手兼日本代表選手として活躍しており、円堂にプロサッカー選手へ復帰する事を願うなど彼に対する憧れは健在である。円堂に憧れてGKに転向し、「ゴッドハンド」などを自力で習得した経験を活かし、信助にキーパーの楽しさを教えるなど、アドバイスをする。
ゲーム版では中学時代の彼を選手として使う事が可能である。
不動明王(ふどう あきお)
声 - 梶裕貴
元帝国学園(FFI世界大会優勝後。転校前は真帝国学園)サッカー部員兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学2年生)。当時のポジションはMF。前作と比べ、特徴的だった白いメッシュの入ったモヒカンヘアから、セミロングヘアになっている。
劇場版小説では現在は高校卒業後、海外へサッカー修行に出かけ、以降はヨーロッパのチームに参入して活躍している。決勝戦後半のドラゴンリンク戦のときに風丸と壁山とともに試合会場に現れ、ヒロトたちと試合を見守っている。
『劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン』にも登場。ゲーム版『ダーク』ではオリジナルストーリーである風丸の物語に登場する。また、劇場版との連動で中学時代の彼を選手として使う事が可能である。
必殺技は「皇帝ペンギン2号」(鬼道、風丸)。
飛鷹征矢(とびたか せいや)
声 - 峯暢也
元日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学2年生)。当時のポジションはDF/MF。前作と比べ、肩近くまであった赤紫色の髪が短くなり、頭にタオルを巻いているが、鳥の羽を連想させる独特のリーゼントへアと、体育会系の礼儀正しさも健在。
現在は、彼の恩師である響木が前作で経営していた稲妻町商店街にあるラーメン屋「雷雷軒」を継いでいる。鬼道の指示した練習に付いていけない天城らにサービスをして元気づけたほか、新監督として遅くまで仕事をしていた鬼道に差し入れを出前したりした。
ゲーム版では中学時代の彼を選手として使う事が可能である。
基山ヒロト(きやま ヒロト)
声 - 水島大宙
元エイリア学園ジェネシスのキャプテン(チームでは「グラン」と名乗っていた)兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学2年生)。当時のポジションはFW/MF。前作と比べ、赤色の髪型が若干変わり、眼鏡をかけている。
現在吉良瞳子が運営している児童養護施設「お日さま園」の出身者であり、一応彼女の義弟に当たる。以前の姓は基山(きやま)だが、現在は吉良家の正式な養子となり戸籍も変更している。[17]
現在はかつての「お日さま園」の園児と共に仕事を行う吉良財閥の社長となり、傍ら「フィフスセクター」が裏で粉飾決算をしているかどうかを調査している。また、「ドラゴンリンク」についても調べており、実体をつかんだが、「ドラゴンリンク」に交代された決勝戦後半には間に合わなかったため、円堂たちに伝えることができなかった。その後は緑川とともに風丸たちと試合を見守っている。
ゲーム版『シャイン』ではオリジナルストーリーとして彼の物語が描かれている。また、『シャイン』のみ中学時代の彼を選手として使う事も可能である。
緑川リュウジ(みどりかわ リュウジ)
声 - 小平有希
元エイリア学園ジェミニストームキャプテン(チームでは「レーゼ」と名乗っていた)兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(アジア予選まで。[18]前作当時中学2年生)。当時のポジションはMF。前作と比べ、黄緑色の髪をお団子にしているが、を多用する癖は相変わらずである。ヒロトと同じく「お日さま園」の出身者である。
現在はヒロトが務める吉良財閥の秘書として彼を支え、仕事の傍ら「フィフスセクター」が裏で粉飾決算をしているかどうかを調査している。また、「ドラゴンリンク」についても調べており、実体をつかんだが、「ドラゴンリンク」に交代された決勝戦後半には間に合わなかったため、円堂たちに伝えることができなかった。その後はヒロトとともに風丸たちと試合を見守っている。
ゲーム『シャイン』版ではオリジナルストーリーであるヒロトの物語に登場する。また、中学時代の彼を選手として使う事が可能である。

秋空チャレンジャーズ

木野秋が監督兼管理するアパート「木枯らし荘」の住民で結成したサッカーチーム。久しぶりの試合を控えていたが、相手チームにドタキャンされ、木暮の頼みによりその代理として雷門中と練習試合を行った。ホーリーロード決勝戦では雷門イレブンの応援にかけつけている。

木暮夕弥(こぐれ ゆうや)
声 - 宮原永海
元漫遊寺中サッカー(蹴球道場)部員(円堂らが卒業した後はキャプテン)兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学1年生)。前作と比べ、大幅に身長が伸び、目が若干凛々しくなっている。「秋空チャレンジャーズ」ではキャプテンを務めており、ポジションはDF。背番号2番。
現在は一流企業に就職しており、色々節約が出来るとのことで「木枯らし荘」に在住している。中学時代とは違い、年上の者に敬語を使っており、いたずら癖が無くなっている[19]等、精神的に成長しているが、「ウッシッシ」という独特の笑い方は健在。
ゲーム版では中学時代の彼も選手として使う事が可能である。
必殺技は「旋風陣」。
豊田穣(とよた みのる)
ポジションはGK。背番号1番。水色の長いもみ上げが特徴で、チームで一番の巨漢の男性。
辺九津渋柿(へんくつ しぶがき)
ポジションはDF。背番号3番。薄茶色の髪で、長い鼻に紺色の髭が特徴の中年老翁。
九里山博士(くりやま ひろし)
ポジションはDF。背番号4番。肌が黒く、博士のような白い髪型が特徴的な老翁。
楓野小道(かえでの こみち)
ポジションはDF。背番号5番。外跳ねしたボリュームの多いピンク色の髪が特徴。
必殺技は「皇帝ペンギン2号」(風秋、秋山)。
赤井トンボ(あかい とんぼ)
ポジションはMF。背番号6番。オレンジ色のドレッドヘアをオールバックにしており、出っ歯で、緑色のサングラスをかけている細身の男性。
月見秀穂(つきみ ひでほ)
ポジションはMF。背番号7番。紫色の髪で、長いまつ毛が特徴。外見は男性だが、心は誰よりも乙女で、オネエ口調で話す。
有働開(うどう かい)
ポジションはMF。背番号8番。褐色肌で、小さい目に紫色のドレッドヘアが特徴。筋肉質で、ちょっと喧嘩っ早く怖い人柄。
ジョニー・オータム
ポジションはMF。背番号9番。金髪と眼鏡に、青い瞳が特徴の男性。オーストラリアからの留学生であり、明るくハイテンションな性格。
必殺技は「風神の舞」。
風秋ヨネ(かぜあき よね)
声 - 美名
ポジションはFW。背番号10番。パーマのかかった、ピンクと薄い黄色の分かれた髪に、ハートの髪飾りが特徴の小柄な老婆。
必殺技は「皇帝ペンギン2号」(楓野、秋山)。
秋山ヒミコ(あきやま ひみこ)
ポジションはFW。背番号11番。青い髪を盛っているのが特徴の女子高生。一人称は「わらわ」で、語尾に「~ぞよ」と付けて喋る。霊が見える、と主張しお札を振り回しながらドリブルしている姿に、一乃らはドン引きした。
必殺技は「皇帝ペンギン2号」(風秋、楓野)。
木野秋(きの あき)
秋空チャレンジャーズの女性監督。詳しくはサッカー部関係者の家族の項を参照。

フィフスセクター

少年サッカーを管理する、正体不明の組織。 「ホーリーロード」の選挙で決められる「聖帝」を頂点とし、「シード」と呼ばれる監視・実行者を日本全国の少年サッカー組織に送り込んでいる。現「聖帝」イシドシュウジは特に中学サッカーの管理に異常なこだわりをもっており、現在ほとんどの各中学サッカー部は彼らが制定した少年サッカー法を根拠として試合の勝敗や得点までも指示し、全国サッカー部の強さを人為的にコントロールしている。また、彼らに逆らった部には「シード」を送り込んだ強力な部を試合でぶつけて完膚なきまでに敗北・屈服させている。

イシドシュウジ
謎の組織「フィフスセクター」の現「聖帝」で、正体不明の若い男性。青色のメッシュの入った肩近くまである髪に、左耳のイヤーカフス[20]が特徴。
冒頭に記載した異常な勝敗管理システムは第三者から見ると彼が「聖帝」として君臨し続ける為に行なっているとしか思えない歪んだものであるが、本人の真意は未だ底知れない。
指示通りの試合を無視する雷門サッカー部に目を付けており、始めは部を潰そうとはせず、むしろ生かした上で利用するつもりでいたが、聖帝の座を奪還しようとしている彼らを本格的に潰そうと、次々と強力な部との試合を組んでいる。
その正体は天馬の恩人であり、円堂のかつてのチームメイトにして親友である豪炎寺修也。詳しくは豪炎寺修也の項を参照。
千宮路大悟(せんぐうじ だいご)
声 - 川島得愛
「フィフスセクター」の創設者であり、千宮路財閥の会長。事実上ホーリーロード編の黒幕である。色黒で、ピンク色のオールバックヘアが特徴の男性。天馬と一度面識がある。
過去にドイツの貧しい家庭で育ち、サッカーがやりたいあまりに1つのサッカーボールを盗んでしまい、そのせいでサッカー選手としての道を閉ざされてしまったという過去を持つ。そのため、「サッカーは誰もが平等にプレイ出来るべきである」という考えを持つようになり、雷門中を叩きつぶすため、決勝戦の最中に、「フィフスセクター」の意向に反する動きを見せたイシドにかわってドラゴンリンクを引き連れ、聖堂山中の監督に就任する。当初は雷門に負けない絶対の自信を持っていたが後半でドラゴンリンクが雷門に圧倒された際には衝撃を隠せずにいたがその後苦戦しても諦めないで立ち向かう雷門の姿を見て、本当のサッカーを思い出す。
宇都宮虎丸(うつのみや とらまる)
声 - 釘宮理恵
元雷門中サッカー部員(イナズマジャパン優勝後)兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時小学6年生)。当時のポジションはFW。前作と比べ、紺色の髪は若干伸び、前髪を左わけにし、黒い手袋をしている。現在は「フィフスセクター」にてイシドシュウジ(豪炎寺修也)の部下となっており、彼の正体と本当の目的を知る数少ない人物の一人でもある。

黒の騎士団

「フィフスセクター」から送り込まれた「監視者」シードで結成されたサッカーチーム。雷門サッカー部のファーストチームと試合をして、雷門イレブンの座を奪おうとするが、神童が化身を出したため、試合途中に監督に止められ引き上げた。

剣城京介(つるぎ きょうすけ)
声 - 大原崇、小林ゆう(幼少時代)
1年FW。背番号10番(黒の騎士団、雷門中共に)。藍色の髪で後ろ髪を少し縛り、揉み上げの両サイドがカールしており、鋭い目つきをしている。色白で、制服をマントのように掛け、ボンタンにチェーンを巻いている。「シード」として雷門中に送られる。黒の騎士団での試合の時はユニフォームを着ず、このスタイルでプレーしている[21]が、雷門のユニフォームを着る際は前作の豪炎寺のように襟を立たせている。幼い頃の回想と兄との会話で豪炎寺に憧れを持つというような旨の発言をしている[22])。卓越するサッカーの才能の持ち主であり、「化身」の使い手であるが、あることを機にサッカーを恨むようになってしまい、「サッカーが大好き」と主張する天馬のことを気に入らず、同様に円堂に対しても憎しみを露にしており、敵意を剥き出しにしていた。
6年前、兄の優一とサッカーをしていた際、ボールが木に引っかかりそれを取ろうとした時、誤って転落したのだが、優一に助けられるも変わりに彼が怪我をしてしまい、足に障害を負ったことでサッカーが出来なくなってしまった。その事に責任を感じ、兄にもう一度サッカーをさせたいという思いから「ホーリーロードを成功させる代わりに兄の手術料を貰う」と言う契約を聖帝と交え、「フィフスセクター」に就いていた。それ故、現在も兄のことを慕っており、「フィフスセクター」に入る時から柔らかい表情と優しさを見せていた。
必殺技は「デスソード」、「デスドロップG3」、「デビルバースト」、「ジョーカーレインズ」(神童)、「エボリューション」(天馬、神童)、「ファイアトルネードDD」(天馬)。
アニメ版・ホーリーロード編
入学式前に雷門中サッカー部を破壊しようとセカンドチームを襲撃し、旧サッカー部室のネームプレートにボールをぶつけ、真っ二つにするなど非情な行動を繰り返した。入学式後に「フィフスセクター」からの指示で現存メンバーでの存続が決まったサッカー部に監視役として入部する。
万能坂中戦前、円堂に自分を先発出場させるよう頼み、雷門イレブンの勝利を阻止しようと試合開始直後に自らオウンゴールを決めるが、万能坂中の選手生命を潰すことも躊躇わない悪意のあるスライディングや磯崎の「一生サッカーができない体になればいい」という発言に兄の事を思い浮かべ激昂、同点ゴールを決める。試合後、逆らった事によって黒木に呼び出され、雷門を敗北にしなければ、優一の手術費を撤回すると忠告される。その後、帝国学園戦に顔を出していなかったところを、「フィフスセクター」との関わりを知った兄に叱責され、サッカーに本気で向き合う決意をし、「フィフスセクター」から完全に離反した。
帝国学園戦後は、雷門での練習に参加しており、監督の円堂や、先輩達に対しても態度や言葉使いをあらためるが、素直ではない一面も見せる。その最中、天馬に隠れている力を感じ、自分の力で目覚めさせようと彼との特訓を提案した。
イシドがひったくりを倒した際にその技のスタイルから彼が自らと兄が憧れていた豪炎寺であることに感づく。その数日後兄の見舞いに行った後、夕香に呼び出され、豪炎寺から「ファイアトルネードDD」の特訓を受ける。
ホーリーロード決勝戦前夜に、兄から何者かからの支援金によって手術を受けられ、足が治ることを告げられて心から安堵し、優勝を誓う。
前述の通り最初は天馬の事を気に入らず反抗的な態度を取っていたが、「フィフスセクター」から離反した後に和解を果たす。その後しばらくは彼を苗字で呼んでいたが、後に名前で呼ぶようになった。
  • 剣城の化身
  • 剣聖ランスロット
全身甲冑に赤いマントを羽織った騎士のような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「ロストエンジェル」。
  • 魔帝グリフォン
天馬の「魔神ペガサスアーク」、剣城の「剣聖ランスロット」、神童の「奏者マエストロ」が1つになり生まれた化身。
魔神ペガサスアークの魔神を基に青いたてがみや黄金の翼を生やし、黒いマントをまとったグリフォンのような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「ソード・オブ・ファイア」。
鉄雄田政志(てつおだ まさし)
3年GK。背番号1番。色黒で、白髪の坊主頭が特徴。どんな球も顔色一つ変えずに止める。
森川源太(もりかわ げんた)
2年DF。背番号2番。色黒で,緑色のカールしたショートヘアが特徴。
牛島誠次(うしじま せいじ)
3年DF。背番号3番。黒髪のオールバックヘアで、左右のこめかみに黒星の印が二つあるのが特徴。長身で、三角型の目をしており筋肉質な体格。
大門満(だいもん みつる)
2年DF。背番号4番。バッファローを連想させる容姿をしており、茶髪のアフロヘアで、揉み上げが牛の角のようになっている。筋肉質な体格で、右腕に♂マークの刺青が入っている。
柳光男(やなぎ みつお)
2年DF。背番号5番。エイのような形をした水色のモヒカンヘアに、骸骨で顔の骨が浮き出た顔が特徴。
三定大(さんじょう だい)
1年MF。背番号6番。小柄で紺色の逆三角形の髪型に、太い眉毛や色のついた眼鏡が特徴。
伊勢屋実(いせや みのる)
1年MF。背番号7番。褐色の肌で、金髪に額のホクロが特徴。「黒の騎士団」のゲームメイカーで、組織の指令を確実に実行する。
天野快司(あまの かいじ)
1年MF。背番号8番。
稲葉夏樹(いなば なつき)
1年FW。背番号9番。「黒の騎士団」のスリートップの一人。色黒で、エメラルドグリーン色のセミロングの髪が特徴。瞳は右目が赤色で、左目が緑色のオッドアイになっている。
貴崎勇二(きざき ゆうじ)
2年FW。背番号11番。目元が隠れ、パーマのかかったオレンジ色の長髪が特徴。「黒の騎士団」のスリートップの一人で、不敵な笑みをいつも浮かべている。
黒木善三(くろき ぜんぞう)
声 - 加瀬康之
「フィフスセクター」の一員で、黒の騎士団の監督も務めている。黒いハットとスーツが特徴で、精悍な顔立ちをしている。「シード」となる選手の勧誘や、指示通りの試合の報告、監督の追放等のために組織の手足として各地へ赴いている。黒の騎士団を率いて雷門サッカー部のデータを取るために雷門イレブンと試合し、途中で引き上げた。

ドラゴンリンク

千宮路の私設サッカーチーム。スタメン11人全員が化身使い[23]で構成されている究極を自称するチーム。ホーリーロード決勝において、ハーフタイム後に聖堂山の選手と全員交代という形で出場するという前代未聞の暴挙をやってのけた末、雷門の前に真打登場する。

千宮路大和(せんぐうじ やまと)
声 - 早志勇紀
ドラゴンリンクのキャプテン。2年GK。背番号1番。千宮路大悟の息子であり、容姿も父と瓜二つ。優れた才能と強大なカリスマ性を持ち、父の想いを理解しており、彼の為に戦う。管理サッカーこそが正しいと信じており、11体の化身を前に苦戦する雷門を虫けらと嘲笑う。
  • 千宮路の化身
  • 賢王キングバーン
エスカッシャンの様な仮面をつけた四本の腕を持つ王の姿をしており、普段は下の二本の腕で頬杖をついている。ゲームでの表記は「賢王キングバーンW」であり、白色の容姿である。
化身を用いた必殺技は「キングファイア」。
護巻徹郎(ごまき てつろう)
2年DF。背番号2番。
  • 護巻の化身
  • 魔女クィーンレディア
仮面をつけた女王のような姿をしている。ゲームでの表記は「魔女クィーンレディアW」であり、白色の容姿である。
郷石閃真(ごういし せんま)
1年DF。背番号3番。
  • 郷石の化身
  • 番人の塔ルーク
白い城壁の様な身体を持つ巨人のような姿をしている。ゲームでの表記は「番人の塔ルークW」であり、白色の容姿である。
五味清栄(ごみ せいえい)
2年MF。背番号4番。
  • 五味の化身
  • 魔宰相ビショップ
白色でミトラを被った司教のような容姿をしている。ゲームでの表記は「魔宰相ビジョップW」であり、白色の容姿をしている。
神山豪之伸(かみやま ごうのしん)
1年MF。背番号5番。
  • 神山の化身
  • 魔宰相ビショップ
白色でミトラを被った司教のような容姿をしている。ゲームでの表記は「魔宰相ビジョップW」であり、白色の容姿をしている。
猪狩強利貴(いかり ごうりき)
3年MF。背番号6番。
  • 猪狩の化身
  • 鉄騎兵ナイト
鉄の鎧を身につけ、馬のような容姿をしており、先が蹄のような形をした矛で攻撃をする。ゲームでの表記は「鉄騎兵ナイトW」であり、白色の容姿である。
聖城将護(せいじょう しょうご)
声 - 小平有希
1年FW。背番号7番。
  • 聖城の化身
  • 精鋭兵ポーン
甲冑を身に纏ったロボットのような容姿をしている。ゲームでの表記は「精鋭兵ポーンW」であり、白色の容姿をしている。
御戸翔(みと しょう)
2年FW。背番号8番。
  • 御戸の化身
  • 精鋭兵ポーン
甲冑を身に纏ったロボットのような容姿をしている。ゲームでの表記は「精鋭兵ポーンW」であり、白色の容姿をしている。
合川賢(あいかわ まさる)
1年MF。背番号9番。
  • 合川の化身
  • 鉄騎兵ナイト
鉄の鎧を身につけ、馬のような容姿をしており、先が蹄のような形をした矛で攻撃をする。ゲームでの表記は「鉄騎兵ナイトW」であり、白色の容姿である。
伍代慎吾(ごだい しんご)
1年FW。背番号10番。
  • 伍代の化身
  • 精鋭兵ポーン
甲冑を身に纏ったロボットのような容姿をしている。ゲームでの表記は「精鋭兵ポーンW」であり、白色の容姿をしている。
後藤結界(ごとう ゆかい)
2年FW。背番号11番。
  • 後藤の化身
  • 精鋭兵ポーン
甲冑を身に纏ったロボットのような容姿をしている。ゲームでの表記は「精鋭兵ポーンW」であり、白色の容姿をしている。

アンリミテッドシャイニング

『劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン』に登場する、シードを生み出す島「ゴッドエデン」で訓練されたシードで結成されたチーム。ゲームでは『シャイン』に登場。「アンリミテッドシャイニング」に勝利した「シャイン」と「エンシャントダーク」に勝利した「ダーク」を通信することで「チーム・ゼロ」と対戦が可能になる。

白竜(はくりゅう)
声 - 福山潤
アンリミテッドシャイニングのキャプテンでもあり、チーム「ゼロ」のキャプテン。1年FW。背番号11番(チーム「ゼロ」の時は10番)。銀色の髪で鼻が高く、アイビー色の後ろ髪を束ねている。「ゴッドエデン」で英才教育を受けたシードの中のトップクラスで、プロジェクトの中核。「化身」の使い手でもある。
ライバルとして認めていた剣城が「ゴッドエデン」を去った後、「見返してやりたい」という感情をずっと抱いており、故に彼のことを島から逃げた「三流シード」と呼んでいる。プライドが高く、小説版では強い者に嫉妬する一面も見せシュウに対してライバルと認めると同時に憎しみも抱いていた様子。
必殺技は「ホワイトハリケーン」 、「ゼロマグナム」(シュウ)。
  • 白竜の化身
  • 聖獣シャイニングドラゴン
黄色い翼を生やした白い竜のような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「ホワイトブレス」。
  • 聖騎士アーサー
白竜の「聖獣シャイニングドラゴン」、シュウの「暗黒神ダークエクソダス」が一つになって生まれた化身。
化身を用いた必殺技は「ソードエクスカリバー」。
蛇野巻人(へびの まきと)
声 - 岩崎了
3年GK。チーム「ゼロ」の一員で、背番号1番。長身で色白の肌に、緑と紫色の冠のような長髪が特徴。
必殺技は「サーベントファング」。
佐喜幸夫(さき ゆきお)
声 - 吉野裕行
2年DF。チーム「ゼロ」の一員で、背番号2番。釣り上がった眉毛に、薄茶色の短髪が特徴。
江島一八(えじま かずや)
声 - 奈良徹
3年DF。チーム「ゼロ」の一員で、背番号3番。繋がった眉毛で、逆立ったオレンジ色の長髪に、黄色のメッシュが特徴の巨漢。
鬼塚平太(おにづか へいた)
声 - 小林ゆう
1年DF。チーム「ゼロ」の一員で、背番号4番。小柄な体型で、三角型の目に、四箇所に結んだ紅色の髪が特徴。
青銅弾(せいどう だん)
声 - ゆりん
2年MF。チーム「ゼロ」の一員で、背番号7番。紅色のロングヘアが特徴で、中性的な外見。「化身」の使い手でもある。
  • 青銅の化身
  • 精鋭兵ポーン
甲冑を身に纏ったロボットのような容姿をしている。ゲームでの表記は「精鋭兵ポーンB」であり、黒色の容姿をしている。
藤木立彦(ふじき たつひこ)
2年DF。背番号5番。かなりの細身で、灰色の外ハネした七三ヘアが特徴。
新田ミル(にった みる)
声 - 藤村歩
1年MF。背番号6番。小柄な体格で色黒の肌で、揉み上げの長いパンチヘアが特徴。 
銀座宮章(ぎんざみや あきら)
声 - 折笠富美子
1年MF。背番号8番。淡黄色の肌で、茶髪のおかっぱ頭が特徴。
笹山滝(ささやま たき)
声 - 西墻由香
1年MF。背番号9番。丸い眉毛に、水色のセミロングヘアが特徴で、中性的な外見。
帆田光洋(ほだ みつひろ)
声 - 金野潤
2年FW。背番号10番。色黒で金髪の髪に、紫色のヘアバンドが特徴。

エンシャントダーク

『劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン』に登場する、シードを生み出す島「ゴッドエデン」で訓練されたシードで結成されたチーム。ゲームでは『ダーク』に登場。「アンリミテッドシャイニング」に勝利した「シャイン」と「エンシャントダーク」に勝利した「ダーク」を通信することで「チーム・ゼロ」と対戦が可能になる。

シュウ
声 - 沢城みゆき
エンシャントダークのキャプテンで、チーム「ゼロ」の一員でもある。1年FW。背番号11番。褐色肌に紺色の髪のボブカットで、赤と白の混ざった結い上げた前髪が特徴。「ゴッドエデン」で英才教育を受けたシードの中のトップクラスで、島の事を知り尽くしており、何故か天馬たちに力を貸す謎の少年。「サッカーは人の価値をはかる道具でしかない」という考えの持ち主で、冷静に状況を見るつかみ所の無い性格。「化身」の使い手でもある。
実は既にこの世の人間ではなく、かつてゴッドエデンとなる前の島の村に住んでいた少年の亡霊である。その村の風習で、サッカーによく似た競技で決定される生贄の候補となった妹を救おうとし、試合相手に取引を持ちかけるも、結局その取引は村人に露見してしまい、掟を破ったことで妹を救う事が出来ず、彼自身もまた村を追放され孤独の中で死んでいくこととなった。
その無念の想いと、勝てると確信できるほど持ち合わせることができなかった強さへの固執が、この世に留まる要因となっており、初めは強さが全てである事を天馬に分からせようとしていたが、彼との勝負を通じて徐々にサッカーの楽しさを知るようになる。
必殺技は「ブラックアッシュ」、「ゼロマグナム」(白竜)。
  • シュウの化身
  • 暗黒神ダークエクソダス
黒い長髪に赤と白の混じった眉毛が特徴的な黒い男のような容姿をしており、紫色に光る巨大な斧を持っている。
化身を用いた必殺技は「魔王の斧」。
  • 聖騎士アーサー
シュウの「暗黒神ダークエクソダス」、白竜の「聖獣シャイニングドラゴン」が一つになって生まれた化身。
化身を用いた必殺技は「ソードエクスカリバー」。
木屋功治(きや こうじ)
声 - 西墻由香
チーム「ゼロ」の一員。2年DF。背番号5番。金髪のポニーテールに、前髪の一部を白く染めた髪形が特徴の中性的な外見。
林音真琴(りんね まこと)
声 - 古島清孝
チーム「ゼロ」の一員。1年MF。背番号6番。色黒で、藤色のパンチヘアにエメラルドグリーン色の鋭い目が特徴。「化身」の使い手でもある。
  • 林音の化身
  • 鉄騎兵ナイト
鉄の鎧を身につけ、馬のような容姿をしており、先が蹄のような形をした矛で攻撃をする。ゲームでの表記は「鉄騎兵ナイトB」であり、黒色の容姿である。
悠木譲(ゆうき じょう)
声 - 四宮豪
チーム「ゼロ」の一員。2年MF。背番号9番。色黒の長身で、紫色の角刈り頭で、前髪を垂らしているのが特徴。「化身」の使い手でもある。
  • 悠木の化身
  • 魔宰相ビショップ
黒色でミトラを被った司教のような容姿をしている。ゲームでの表記は「魔宰相ビジョップB」であり、黒色の容姿をしている。
カイ
声 - 金野潤
チーム「ゼロ」の一員。1年FW。背番号10番(チーム「ゼロ」の時はMFで、背番号8番)。水色で動物の耳のような髪が特徴。「化身」の使い手でもある。
  • カイの化身
  • 番人の塔ルーク
黒い城壁の様な身体を持つ巨人のような姿をしている。ゲームでの表記は「番人の塔ルークB」であり、黒色の容姿である。
芦矢昇(あしや のぼる)
声 - 佐々木日菜子
1年GK。背番号1番。褐色肌で小柄な体型に、赤紫色の仮面が特徴。
必殺技は「キルブリッジ」。
元乃剛(もとの つよし)
ポジションはDF。背番号2番。赤い肌で、牛のような顔と抹茶色のオールバックヘアが特徴の巨漢。
路野進(みちの すすむ)
ポジションはDF。背番号3番。淡黄色の肌で、黒いサングラスに紫色のヘアバンドをしているのが特徴の巨漢。
枝木早樹(えだき さき)
声 - 泰勇気
ポジションはDF。背番号4番。切れ長の目に、炎のように逆立った赤髪が特徴。
久雲仁太(ひさくも じんた)
声 - 美名
ポジションはMF。背番号7番。色白で赤い瞳の切れ長の目に、黒髪のザンバラ髪が特徴。
野谷計一郎(のや けいいちろう)
ポジションはMF。背番号8番。色白でスキンヘッドの頭に、マラカスのような黄緑色のお団子頭が特徴の巨漢。

ゴッドエデン

『劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン』に登場する、シードを生み出す島「ゴッドエデン」の教官。フィフスセクターの一員でもある。選手として登場することもある。

牙山道三(きばやま どうざん)
声 - 大友龍三郎
ゴッドエデンの施設長を務める男。背格好の良い体型の中年男性で、口髭と祭りのような派手な服装が特徴。選手としてのポジションはMF。イシドや千宮路の与り知らぬところで何者かの支援を受け、化身についての研究を推し進めていた。
必殺技は「風林火山デストロイヤー」。
五条勝(ごじょう まさる)
声 - 奈良徹
元帝国学園サッカー部員(前作当時中学2年生)。当時のポジションはDF。前作と比べて若干髪は伸びているが、眼鏡や前髪がカールしている特徴は健在。現在はゴッドエデンの教官を務めている。
火北幸四郎(ひきた こうしろう)
声 - 古島清孝
ゴッドエデンの教官。釣り目で、左わけの前髪のロングヘアーが特徴。選手としてのポジションはMF。
大風谷義一(おおかぜや ぎいち)
ゴッドエデンの教官。巨漢な体型で、紫色の髪が特徴。選手としてのポジションはFW。
林野不二子(りんの ふじこ)
ゴッドエデンの女性教官。山吹色のショートヘアと紫のスカーフを巻いているのが特徴。選手としてのポジションはDF。
六塔源蔵(むとう げんぞう)
ゴッドエデンの教官。福耳が特徴。選手としてのポジションはGK。
必殺技は「グラビティポイント」。

栄都学園

成績が優秀な学校で、最近サッカー部が強くなってきたと噂だが、実際は「フィフスセクター」の指示で勝利しているだけであり、サッカー部自体はあまり強くない。雷門中サッカー部も練習試合をする際、「フィフスセクター」の指示で試合に負けるよう忠告されていたため、思うようにプレーをすることが出来ずにいた。誰が何の技で得点した、誰がアシストしたかを記録しており、試合での成績が学業の方の成績に影響している模様。

冴渡優一郎(さえわたり ゆういちろう)
声 - 峯暢也
栄都学園サッカー部のキャプテン。2年MF。背番号10番。藤色の髪のセミロングヘアに、眼鏡が特徴。サッカーの実力は良いとは言えないが、戦術を立てる力は一流で、頭脳で指示する指令塔。
必殺技は「フューチャー・アイ」。
影浦透司(かげうら とうじ)
声 - 四宮豪
2年GK。背番号1番。褐色肌に、メロン色の髪で目が隠れており、頭のグリグリ眼鏡が特徴。
必殺技は「ムーンサルトスタンプ」。
三重内光太(みえない こうた)
2年DF。背番号2番。色白で、エメラルドグリーン色のマッシュルームカットに、アイガードが特徴。物事が見えないようで見えている不気味な奴。
本多大蔵(ほんだ たいぞう)
3年DF。背番号3番。
阿久田川房之佑(あくたがわ ふさのすけ)
1年DF。背番号4番。
書崎育(かきざき はぐみ)
2年DF。背番号5番。緑色の瞳に、眼鏡が特徴。
必殺技は「シーフ・アイ」。
一筆早徒(ひとふで はやと)
1年MF。背番号6番。青色のパンチパーマに、四角い橙縁の眼鏡が特徴。試合前に、母親と共に神童に点を入れさせてもらうよう頼んだが、結局1点も取れなかった。
服呂哲也(ふくろ てつや)
2年MF。背番号7番。スキンヘッドに眼鏡が特徴。
読矢聡(よみや さとし)
1年MF。背番号8番。藍色の髪で、緑色の瞳に眼鏡が特徴。
雪地蛍壱(ゆきじ けいいち)
声 - 加藤奈々絵
1年生FW。背番号9番。メロン色の七三分けヘアに、眼鏡が特徴。
必殺技は「パーフェクトコース」。
近代知学(きんだいち がく)
声 - 奈良徹
3年FW。背番号11番。
栄西教一(えいさい きょういち)
栄都学園サッカー部の監督。灰色の長髪に、四角型の眼鏡が特徴。選手の活躍回数を細めに記録している。

天河原中学校

雷門とはホーリーロード地区予選の一回戦で戦った。かつては正々堂々としたプレーで雷門中とも幾度となくぶつかり合ってきた実力校だったが、現在は勝つためにラフプレーや汚い手を使うことで有名。

喜多一番(きた いちばん)
声 - 金野潤
天河原中サッカー部のキャプテン。2年FW。背番号9番。切れ長の目で下まつ毛が長く、オレンジ色の髪を結び、ヘアバンドで後ろに流しているのが特徴。他のチームメイトとは違い礼儀正しい性格でそれなりの良識はあるのだが、「フィフスセクター」に逆らえずにいるため、勝つためなら手段を選ばない(しかし、自身は雷門との試合中に一度もラフプレーを使うことは無かった)。試合敗北後、神童たちの気持ちは本物だと認めた。
三波十次(みなみ じゅうじ)
2年GK。背番号1番。後ろ髪が外ハネした白髪にバンダナが特徴。長身で精悍な顔立ちをしている。
河崎銀太(かわさき ぎんた)
3年DF。背番号2番。褐色肌の大柄な体格で、頭頂部を残して角刈りにした黒色のドレッドヘアーが特徴。
糸川吉信(いとかわ よしのぶ)
2年DF。背番号3番。頭頂部のみを長く伸ばして首に巻きつけた、白いメッシュ入りの藍色の髪が特徴。
樫尾星五(かしお せいご)
1年DF。背番号4番。茶色のアフロヘアーと、首にかけた青緑色のヘッドフォンが特徴。
比嘉志欣也(ひがし きんや)
1年MF。背番号5番。赤紫色のソフトモヒカンが特徴。
隼総英聖(はやぶさ ひでき)
声 - 室元気
1年MF。背番号6番。紫色のおかっぱ頭で、口紅を塗っている中性的な外見。天河原中に「フィフスセクター」から送り込まれたシードであり、「化身」の使い手でもある。シードらしく、狡猾かつ好戦的な性格をしているが、他の選手と比べラフプレーは少なく、試合終了後に仲間との絆が存在しているような描写があり、ほかのシードとは違う面がみられる。
  • 隼総の化身
  • 鳥人ファルコ
白い翼で手が生えた、青い鳥人のような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「ファルコウィング」。
晴井水成(はれい みずなり)
1年MF。背番号7番。小柄な体格で、ピッグテールに、ゴーグルとヘルメットが特徴。
西野空宵一(にしのそら よいち)
声 - 田野めぐみ
2年MF。背番号8番。金髪のセミロングヘアで、黒縁の眼鏡が特徴。嫌味な性格で、雷門イレブンを終始からかっていた。
安藤恒之(あんどう つねゆき)
声 - 早志勇紀
3年FW。背番号10番。藍色の髪の短髪で、細い黒目が特徴。勝つためなら手段を選ばない荒々しい性格で、天馬に突っ掛かった。
星降香宮夜(ほしふる かぐや)
2年FW。背番号11番。白い肌で、腰近くまである紅色の長髪に、右耳のカフスが特徴の中性的な外見。
観月路子(みづき みちこ)
天河原中サッカー部の女性監督。温厚な雰囲気の外見とは裏腹に、過激な采配を好む。

万能坂中学校

雷門とはホーリーロード地区予選の二回戦で戦った。選手層が厚く、万能な選手が集まったチーム。「フィフスセクター」から送り込まれたシードが多く属しており、目的の為ならば、反則ギリギリの攻撃も躊躇わず、相手選手が一生サッカーの出来ない体になったとしても構わない。

磯崎研磨(いそざき けんま)
声 - 江口拓也
万能坂中サッカー部のキャプテン。1年FW。背番号11番。鋭い目で、白髪の入った紺色の髪を右に結んでいるのが特徴。万能坂中に「フィフスセクター」から送り込まれたシードであり、剣城とは周知の間柄。冷酷な性格で、いくら痛めつけても立ち上がってくる天馬を潰すつもりで、故意に足首を狙うスライディングをし、さらにサッカーが出来なくなればいいと発言した為、剣城が「フィフスセクター」に反抗するきっかけを与えてしまう。
篠山ミツル(しのやま みつる)
声 - 金野潤
1年GK。背番号1番。色黒で厚い唇に、頭部に流れたエメラルドグリーン色の髪が特徴。万能坂中に「フィフスセクター」から送り込まれたシードであり、「化身」の使い手でもある。
  • 篠山の化身
  • 機械兵ガレウス
鉄のロボットのような容姿をしており、両肩に半分ずつある盾を使って、相手のシュートを止める。重機兵バロンに似ている。
化身を用いた必殺技は「ガーディアンシールド」。
浦石常興(がまいし つねおき)
3年DF。背番号2番。肩近くまである鼠色のオールバックヘアで、ピンク色の肌の巨漢。
必殺技は「エレファントブレス」(大沢田)。
大沢田虎鉄(おおさわだ こてつ)
2年DF。背番号3番。パーマのかかった紫色の髪をヘアバンドで逆立て、白い肌をした巨漢。
必殺技は「エレファントブレス」(浦石)。
倉ノ院佐之助(くらのいん さのすけ)
1年DF。背番号5番。小柄な体格で、暗青色のマッシュルームヘアに赤色の瞳が特徴。
潮賢次郎(うしお けんじろう)
2年MF。背番号6番。褐色肌で、顎鬚に緑色の髪の坊主頭を刈っている。
毒島兼真(ぶすじま かねざね)
2年MF。背番号7番。色黒で、白髪のおかっぱ頭に切れ長の目が特徴。
逆崎無限(さかざき むげん)
声 - 前野智昭
1年MF。背番号8番。淡黄色の肌で、浮いた緑色のオールバックヘアが特徴。
必殺技は「ブーメランフェイント」。
白都聖志郎(しらと きよしろう)
2年FW。背番号9番。揉み上げを角刈りにした、薄水色の長髪にアイガードが特徴。彼のスライディングが原因で、霧野は右足首をひねり、負傷退場した。
必殺技は「バウンドフレイム」。
光良夜桜(みつよし よざくら)
声 - 小平有希
2年FW。背番号10番。色白で目元に隈があり、赤紫色の髪をシニヨンにしている中性的な外見。万能坂中に「フィフスセクター」から送り込まれたシードであり、「化身」の使い手でもある。化身を出す際は高笑いする癖がある。
  • 光良の化身
  • 奇術魔ピュ-リム
四本の腕で、緑色のシルクハットやカード、ステッキを持った、体中に紫色の矢印の模様がある魔術師のような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「マジシャンズボックス」。
萬屋能力(よろずや よしちか)
万能坂中サッカー部の監督。

帝国学園

本来、雷門が準決勝で戦う筈だった「青葉学園」に代わり、ホーリーロード地区予選の準決勝で戦った。10年前は雷門に敗れるまで40年間無敗を誇っていた強豪校。現在は「フィフスセクター」の手中に落ちたと噂されていたが、実際は組織の目を欺くために従っているふりをしていただけで、地下には「フィフスセクター」への「レジスタンス」活動のための拠点が設けられている。

御門春馬(みかど はるま)
声 - 早志勇紀
帝国学園サッカー部のキャプテン。3年FW。背番号11番。鼠色の短髪で、右手右頬に傷があり、筋肉質な体系をしたワイルドな容姿が特徴。帝国学園に「フィフスセクター」から送り込まれたシードであり、「化身」の使い手でもある。強い相手と戦い、勝利を掴むことを目的としている硬派な性格。
試合の最中で、帝国学園の一員として長年のライバルである雷門中との試合を楽しむ為ではなく、「シード」として雷門中の勝利を阻止するために動いた為、「シード」を炙り出すことを目的としていた鬼道に正体が露見してしまう。
必殺技は「皇帝ペンギン7」。
  • 御門の化身
  • 黒き翼レイブン
紺色の鳥人のような容姿をしている。
雅野麗一(みやびの れいいち)
声 - 美名
1年GK。背番号1番。後ろ髪が外ハネした銀色の髪が特徴の中性的な外見。自身が総帥である鬼道のサッカーに対する一番の理解者であると自負しており、同時に自由なサッカーをすることを望んでいたため、「シード」である御門がキャプテンを務めていることをあまり快く思っていなかった。
試合の最中にはやや相手を見下すかのような言動が見受けられたが、試合終了後は一変して雷門中との戦いで本気の熱いサッカーができたことを喜び、感謝していた。「レジスタンス」のことも知っており、拠点である地下にも出入りしている。
必殺技は「パワースパイク」。
大瀧殿男(おおたき とのお)
声 - 佐藤健輔
2年DF。背番号2番。こげ茶色の髪とマスクが特徴。
蒲田太留彦(かばた たるひこ)
声 - 大原崇
3年DF。背番号3番。牛の角のような髪形をしている。
必殺技は「サルガッソー」(飛鳥寺)。
成田賢也(なりた けんや)
声 - 折笠富美子
1年DF。背番号4番。黄緑色の髪が特徴。
龍崎皇児(りゅうざき おうじ)
声 - 前野智昭
2年DF。背番号5番。淡黄色の肌で、左目が髪で隠れており、若葉色の長髪が特徴。 帝国学園に「フィフスセクター」から送り込まれたシードであり、「化身」の使い手でもある。
  • 龍崎の化身
  • 竜騎士テディス
竜を模した青緑色の甲冑を身に纏った、騎士のような容姿をしている。
飛鳥寺朔也(あすかじ さくや)
声 - 野島裕史
2年MF。背番号6番。浅黒い肌で、角のようにたった紫色の髪が特徴。帝国学園に「フィフスセクター」から送り込まれたシードである。
必殺技は「サルガッソー」(蒲田)。
洞沢秀二(ほらさわ しゅうじ)
声 - ゆりん
1年MF。背番号7番。常に木の枝をくわえている。
五木勝正(いつき かつまさ)
声 -金野潤
3年MF。背番号8番。茶色の肌と、厚い唇が特徴。
佐々鬼厳(ささき いわお)
声 - 奈良徹
2年MF。背番号9番。外見はかなり痩せている。
必殺技は「ブリタニアクロス」(逸見) 。
逸見久仁彦(いつみ くにひこ)
声 - 古島清孝
1年FW。背番号10番。切れ長の目で、右頬に傷があり、赤紫色の頭部の立った髪が特徴。帝国学園に「フィフスセクター」から送り込まれたシードである。
必殺技は「ブリタニアクロス」(佐々鬼)。
鬼道有人(きどう ゆうと)
声 - 吉野裕行
元雷門中サッカー部員(元々は帝国学園サッカー部のキャプテンだったが、中学2年時に雷門中に転校)兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学2年生)。当時のポジションはMF。前作と比べ、肩近くまで伸びたドレッドヘアの髪をハーフアップにしており、襟足部分はドレッドを解いている。また、トレードマークだったゴーグルもサングラスに変更されている[24]。雷門中教師兼サッカー部の顧問である音無春奈とは実の兄弟で、彼女の実兄に当たる。
『劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン』にも登場。また、ゲーム版では劇場版との連動で中学時代の彼を選手として使う事が可能である。
必殺技は「皇帝ペンギン2号」(風丸、不動)。
アニメ版・ホーリーロード編
イタリアリーグでプロサッカー選手として活躍していたが、突如として帝国学園の総帥となる。「フィフスセクター」の掲げる管理サッカーに賛同しており、組織への反旗を翻した元チームメイトにして親友である円堂率いる雷門サッカー部と試合をすることになる。しかし、実際は敵の懐に潜り込むことを目的としていただけで、雷門との試合の中で帝国に入り込んだ「シード」を炙り出した後に円堂に真相を告げ、雷門イレブンを「レジスタンス」の拠点へと招待した。
その後、響木の命により、雷門イレブンのコーチとなったが円堂がフィフスセクターの調査のため監督を辞任した際、彼の代理としてで新たな雷門中の監督に就任した。円堂の復帰後は再びコーチに戻っており、「これが雷門にとって最高のフォーメーション」と言っている。
佐久間次郎(さくま じろう)
声 - 田野めぐみ
元帝国学園サッカー部員兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学2年生)。当時のポジションはFW/MF。前作に比べ、髪が背中の辺りまで伸びているが、右目の眼帯は健在。帝国学園サッカー部のコーチを務めており、試合中は鬼道の指示を選手たちに伝える役割を担っていると同時に、「レジスタンス」との一員としても活動している。また鬼道がコーチとして雷門へ赴いた後は、帝国学園総帥を代行していることが明かされている。

レジスタンス

「フィフスセクター」に反発するメンバーで、帝国学園の地下を拠点に活動している。ここで記載されている人物以外にも、彼らに協力しているメンバーも存在している。

久遠道也(くどう みちや)
元雷門中サッカー部監督。詳しくは監督・顧問・マネージャーの項を参照。
響木正剛(ひびき せいごう)
声 - 有本欽隆
元雷門中サッカー部監督。50年前の伝説のイナズマイレブンの一人で、当時のポジションはGK。前作と比べ口髭が伸び、頭のバンダナが赤色になり、銀色のスーツを着ている。現在は「フィフスセクター」に対応する組織「レジスタンス」の中心人物として、帝国学園の地下を拠点に活動しており、次期「聖帝」の座を狙って革命を起こそうとしていた。
雷門がホーリーロードで優勝したことにより、「聖帝」の座に立つ事が出来たと同時にフィフスセクターの解散を宣言した。
雷門総一郎(らいもん そういちろう)
声 - 坂口候一
雷門財閥の会長で元雷門中学校理事長であり、円堂(または雷門)夏未の父親。前作と比べ髪と髭の量が増し、眼鏡がサングラスに変わっている。現在は「フィフスセクター」に対応する組織「レジスタンス」の一員として、響木と共に帝国学園の地下を拠点に活動している。
火来伸蔵(ひらい しんぞう)
声 - 稲田徹
元雷門中学校長。前作と比べ、髪が白くなっている。「フィフスセクター」に対応する組織「レジスタンス」の一員として、響木と共に帝国学園の地下を拠点に活動している。

海王学園

雷門とは本来準決勝で戦う筈だった「青葉学園」に勝利し、雷門とはホーリーロード地区予選決勝で戦った。校舎は港付近に建てられている。今年の優勝候補に挙げられるほどの実力を持つチームであり、選手全員がシードで化身使いも多く所属すると噂されていたが、目金の調査でそのことが事実であることが判明している。フレッツイナズマキャンペーンオリジナルアニメでは再戦の挑戦状を雷門中に送り付け、再び雷門イレブンと対戦する。そこで、ホーリーロードの時とはまた違った熱い試合を繰り広げたのち、全国へ挑む雷門をわだかまり無く送り出した。

浪川蓮助(なみかわ れんすけ)
声 - 峯暢也
海王学園サッカー部のキャプテン。2年FW。背番号10番。左目に傷があり、サメのような形をしたネイビー色の髪に、ヘアバンドをしているのが特徴。「化身」の使い手でもあり、チームメイトたちを「野郎共」と呼んでいる。サッカープレイヤーとして挫折していた際、「フィフスセクター」に声をかけられたことによって才能が開花した為、シードであることを誇りに思っている。
  • 浪川の化身
  • 海王ポセイドン
ギリシャ神話の海を司る神であるポセイドンを連想させる容姿をしている。海帝ネプチューンに似ている。
深淵断道(ふかみ だんどう)
2年GK。背番号1番。筋肉質な体型で、ボリュームの多い茶髪の長髪に、口元のマスクが特徴。歌舞伎俳優のような口調で話す。
必殺技は「ハイドロアンカー」。
井出乗数(いで のりかず)
声 - 佐藤健輔
3年DF。背番号2番。色黒で、青色と水色の混ざったドレッドへアが特徴の巨漢。「化身」の使い手でもある。「化身」を召喚するときはゴリラのように胸を叩きながら召喚する。
  • 井出の化身
  • 精鋭兵ポーン
甲冑を身に纏ったロボットのような容姿をしている。ゲームでの表記は「精鋭兵ポーンW」であり、白色の容姿をしている。
猿賀操馬(さるが そうま)
2年DF。背番号3番。色黒で、四つの束状に逆立った灰色の髪と、四角形の黒縁眼鏡が特徴。
船旗勇斗(ふなき ゆうと)
1年DF。背番号4番。無造作に逆立った深緑色の髪で、三白眼が特徴。
凪沢渚(なぎさわ なぎさ)
1年DF。背番号5番。抹茶色の髪が特徴。
党賀徹(とうが とおる)
2年MF。背番号6番。肥満体系で、右目に黒い眼帯を着けている。
海図航一郎(かいず こういちろう)
1年MF。背番号7番。小柄な体格で青緑色を束ね、刈り上げがピンク色の中性的な外見。
村上軍紀(むらかみ ぐんき)
1年MF。背番号8番。
湾田七雄人(わんだ なおと)
声 - 金野潤
2年MF。背番号9番。肩近くの水色のドレッドヘアを束ね、ハーフアップにしているのが特徴。「化身」の使い手でもある。
  • 湾田の化身
  • 音速のバリウス
翼が生え、水色の甲冑を身に纏った容姿をしている。
喜峰岬(よしみね みさき)
声 - 西墻由香
1年FW。背番号11番。前髪が一部赤くなっており、外に跳ねた深緑色の髪の中性的な外見。
必殺技は「フライングフィッシュ」。
九鬼真次(くき まさつぐ)
海王学園サッカー部の監督。

月山国光中学校

雷門とはホーリーロード全国大会の一回戦で戦った。昨年のホーリーロードではベスト8に残った強豪校。まるで軍隊のように一糸乱れぬ動きのプレーが特徴。試合中、一人で勝利のために必死にプレーする南沢を見て目を覚まし、最後にはフィフスセクターを脱退した。

  • 月山国光中サッカー部の戦術(必殺タクティクス)
タクティクスサイクル
最初は菱形状の体形をし、一番後ろの選手にバックパスした後、一列に形を変え一気に加速し相手DF陣を吹き飛ばす。しかし、菱形から一列になる際に一瞬の隙があり、それを霧野に見破られた。
南沢篤志(みなみさわ あつし)
3年FW。背番号10番。元雷門中サッカー部員。詳しくは雷門中学校サッカー部の項を参照。
兵頭司(ひょうどう つかさ)
 声 - 三戸耕三
月山国光中学校サッカー部のキャプテン。2年GK。背番号1番。藍色の髪の太い揉み上げに、細身ながらも筋肉質な体型(ゲームでは仕様により大柄な体格となっている)が特徴。あらゆる戦況においてチームに的確な指示を送る、月山国光の司令塔であり、「化身」の使い手でもある。実力のある者は敵でも褒める真面目な性格で、兵隊のような古風口調で話す。年下であるが、南沢のことを呼び捨てにしている。
雷門との試合中、一人で勝利のために必死にプレーする南沢を見て本気のサッカーを思い出し、敗北した後には、南沢に感謝した。新雲学園戦直前では南沢と共に雷門を訪れ、信助のキーパーの特訓に付き合った。ホーリーロード決勝戦では南沢と共に試合を観戦している。
  • 兵頭の化身
  • 巨神ギガンテス
コロッセオを連想させる、土色の鎧を身につけた灰色の巨人のような容姿をしている。鉄壁のギガドーンに似ている。
化身を用いた必殺技は「ギガンティックボム」。
金平鉄斎(かねひら てっさい)
声 - 志村知幸
3年DF。背番号2番。丸顔の大柄な体格で、色白い肌に尖った鼻が特徴。
必殺技は「ツインミキサー」(長船)、「ロケットヘッド」(甲斐)。
長船典膳(おさふね てんぜん)
2年DF。背番号3番。大柄な体格で、赤茶色の髪をしている。
必殺技は「ツインミキサー」(金平)。
蜂須賀忠虎(はちすか ただとら)
1年DF。背番号4番。浅黒い肌色をした長身痩躯で、左右で白と黒に分かれた髪色をしている。
小早川槍吉(こばやかわ そうきち)
2年DF。背番号5番。黒と紫のとがった髪をしており、眼鏡をかけている。
月島景秀(つきしま かげひで)
1年MF。背番号6番。三日月のような形に一部が白くなっている前髪をした、灰色のショートヘアーが特徴。
正宗五郎(まさむね ごろう)
声 - 吉野裕行
1年MF。背番号7番。鼻の上に赤い仮面を付けている。
甲斐信武(かい のぶたけ)
声 - ゆりん
1年MF。背番号8番。深緑色のソフトモヒカンヘアに、サングラスが特徴。左の額に傷があり、色黒で小柄な体格。
必殺技は「クレイモア」、「ロケットヘッド」(金平)。
柴田勝時(しばた かちどき)
2年FW。背番号9番。双葉のようにに分かれた紫色の髪型が特徴。
一文字斬斗(いちもんじ きりと)
1年FW。背番号11番。赤茶色の髪に黒のハチマキが特徴で、目が半分隠れている。
近藤啓士(こんどう けいじ)
声 - 志村知幸
月山国光中学校サッカー部の監督。黒縁の丸い眼鏡が特徴。策士として知られており、選手にフォーメーションの指示を兵頭に伝えている。試合中に本気のサッカーを思い出し、敗北した後には、選手達に本気のサッカーをやって悔いる事はないと発言するなど、監督しての心意気は本物であり、彼の発言によって南沢は改心する。

白恋中学校

雷門とはホーリーロード全国大会の二回戦で戦った。弱小校であった前作から10年経った現在は、北海道随一の強豪校に成長しており、攻守共に高レベルでフェアプレーをすることで有名。吹雪が監督を強制辞任させられた後、「フィフスセクター」に取り込まれてしまった。さらに吹雪の解任については、ほとんどの部員に伝えられておらず、それによって一部の選手が誤解を生む結果になった。

  • 白恋中サッカー部の戦術(必殺タクティクス)
絶対障壁
選手6人をハーフライン中央に集結させることで、極限までディフェンス力を上げ、相手を寄せ付けない。熊崎曰く、「絶対無敵のタクティクス」。しかしその分、両サイドががら空きになってしまう弱点もある。
雪村豹牙(ゆきむら ひょうが)
声 - 寺島惇太
2年FW。背番号10番。濃い藍色の跳ね上がったショートヘアが特徴。白恋中サッカー部のエースストライカー。「どんな時でも全力でやらなければ先には進めない」という考えを持つ熱心すぎる性格で、それが仇となり、温度差からチームメイトとの隔絶が生じていた。
自身の熱意に答え、特訓に付き合ってくれた吹雪のことを師として慕っていた。しかし、彼が白恋中を追放されてからは、彼が白恋中を捨てたと誤解し、彼のことを恨むようになってしまう。また、予てより「化身」を発現させることのできる素養を秘めていたため、その素質に目を付けた「フィフスセクター」が吹雪を追放し、白恋に乗っ取りをかける一因となっていた。
必殺技は「エターナルブリザード」(ゲーム版では自力習得しない)、「パンサーブリザード」。
アニメ版・ホーリーロード編
雷門中との試合の中でわざと相手選手を潰す「フィフスセクター」のやり口を知り、雷門中の仲間と共に本気で試合に挑む姿を目の当たりにしたことで、吹雪が自分を捨てたわけではない事を悟り、同時に彼が自身に伝えようとしていた本当のサッカーに気付き、彼と和解を果たす。その後、ホーリーロード決勝戦を吹雪と共に観戦していた。
ゲームでは吹雪解任後に「フィフスセクター」のシードになっている。雷門中戦後、その後ろめたさから和解を切り出せずにいたのだが吹雪に許され号泣している。
  • 雪村の化身
  • 豪雪のサイア
白い槍を持ち、長髪で軽鎧を着た氷の女王のような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「アイシクルロード」。
白咲克也(しろさき かつや)
白恋中サッカー部のキャプテン。2年GK。背番号1番。白恋中に「フィフスセクター」から送り込まれたシードである。吹雪が白恋中を追い出された後に、白恋中サッカー部のキャプテンを務める。
必殺技は「クリスタルバリア」。
北厳猛雪(ほくげん たけゆき)
3年DF。背番号2番。大柄な体格で、水色の逆毛に焦茶色をした肌色と四角顔が特徴。
伊富寅太(いとう とらた)
2年DF。背番号3番。右側にねじり寄せている白髪と、オレンジ色のゴーグルが特徴。
小樽港太郎(おたる こうたろう)
2年DF。背番号4番。鋭く逆立った灰色の髪と、緑色のゴーグルが特徴。
真狩銀次郎(まかり ぎんじろう)
1年DF。背番号5番。右目を覆った青緑色のおかっぱ頭に、口元まで覆った白いマフラーが特徴。必殺タクティクス「絶対障壁」発動のトリガーとなるのは彼である。
木瀧常緒(きたき つねお)
1年MF。背番号6番。右目を覆っている白く膨れ上がった長髪が特徴。
洞爺国広(とうや くにひろ)
2年MF。背番号7番。両側をつまみ上げた赤茶色のオールバックヘアーに、半目が特徴。
氷里樹(こおり いつき)
2年MF。背番号8番。灰色の前髪と、後ろで束ねた黒の長髪が特徴。
留萌頃彦(るもい ころひこ)
1年MF。背番号9番。小柄な体格で、両目を覆った水色の前髪と出っ歯が特徴。
射月冬馬(いてつき とうま)
1年FW。背番号11番。ギザギザに跳ね上がった水色髪が特徴。
最崎至(もさき いたる)
1年GK。背番号12番。前髪を切りそろえた白髪に、ゴーグルが特徴。
王鹿角(おうじか かく)
2年DF。背番号13番。焦茶色の肌色に、両サイドを伸ばした黒髪が特徴。
山音実里(やまね みのり)
1年MF。背番号14番。茶色い前髪をしたピンク色の髪に、出っ歯が特徴。
日高岳(ひだか たけし)
3年MF。背番号15番。後ろで結った金髪に、四角顔が特徴。
石岩次郎(せき がんじろう)
声 - 加瀬康之
3年FW。背番号16番。大柄な体格で、白と鈍色の逆立った髪が特徴。白咲と共に、白恋中に「フィフスセクター」から送り込まれたシードである。グリズリーの異名を持つ。
ベンチで待機していたが、試合の終盤に熊崎の指示でピッチへ上がり、事故を装い三国を負傷させた。しかし、そうした相手選手を傷つけることを厭わない行動が、白恋中サッカー部が「フィフスセクター」のやり方に反旗を翻す要因となった。
熊崎伝治(くまざき でんじ)
白恋中学校サッカー部の現監督。山男を連想させる大柄な体格で、ダウンジャケットが特徴。吹雪が白恋中を追放された後、白恋中サッカー部の監督に就任する。
吹雪士郎(ふぶき しろう)
声 - 宮野真守
元白恋中サッカー部キャプテン兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学2年生)。当時のポジションはFW/DF。前作と比べ顔が凛々しくなり、薄紫色の髪は逆立ち、カジュアルな服装をしている。前作では円堂を「キャプテン」と呼んでいたが、現在は「円堂くん」と呼んでいる。
現在は白恋中でコーチをしていたが(劇場版小説では日本のプロリーグで活躍していたが、地元の子供たちのために母校のサッカー部に一時的にコーチとして就任したということが明かされている)、「フィフスセクター」のサッカーは間違っていることを証明しようとし、その動きに気付いた「フィクスセクター」によって強制解任され追放。ホーリーロード全国大会2回戦前に雷門中に協力を志願し、一時は雷門中サッカー部の臨時コーチに着任した。その後、ホーリーロード決勝戦雪村と共に観戦していた。
『劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン』にも登場。また、ゲーム版では劇場版との連動で、中学時代の彼を選手として使う事が可能である。
必殺技は「エターナルブリザード」。

木戸川清修中学校

雷門とはホーリーロード全国大会の三回戦で戦った。前作から引き続き、国内有数の強豪校であり、昨年のホーリーロード決勝戦では雷門中を破り、優勝を果たした[25]。三回戦前には「フィクスセクター」の指示に従うか、雷門中のクーデターに乗るかを巡り、チーム内で分裂が起きていた。

  • 木戸川清修中サッカー部の戦術(必殺タクティクス)
ゴッドトライアングル
常に三角形ができる形のフォーメーションを組んでドリブルで上がっていき、状況に応じて三角形を構成する配置人員を組み替えたりして、バックパス等で臨機応変にボールを回していく。瞬時の判断力と、それに対応することのできる技術力を持っている人材の集う木戸川清修だからこそ可能なタクティクス。
貴志部大河(きしべ たいが)
声 - 小野友樹
木戸川清修中サッカー部のキャプテン。2年MF。背番号9番。浅黒い肌に、外ハネした紫色のセミロングヘアーが特徴。それぞれの思いを抱えて対立する部員たちを前にしてサッカー部の在り方に思い悩むが、新たに監督として赴任したアフロディが新たに道を示したことで、自分たちのために本気で雷門中との戦いに挑むことを決意する。
必殺技は「トライアングルZZ」(和泉、跳沢)。
硬山強(かたやま つよし)
3年GK。背番号1番。淡黄色の肌に、抹茶色のオールバックヘアで、鋭い目をした巨漢。チームメイト内の「フィフスセクター」に従おうとしている派閥であり、「化身」の使い手でもある。
  • 硬山の化身
  • 重機兵バロン
金色のロボットのような容姿をしており、両肩に半分ずつある盾を使って、相手のシュートを止める。機械兵ガレウスに似ている。
化身を用いた必殺技は「ガーディアンシールド」。
大磯川太郎(おおいそかわ たろう)
2年DF。背番号2番。外ハネした茶髪に、面長な顔が特徴。「フィフスセクター」に従おうとしている派閥の一員。
必殺技は「ビッグシザース」(山裂)。
石川神兵(いしかわ かんぺい)
2年DF。背番号3番。大柄な体格で、前髪のみを伸ばして逆立てた抹茶色の坊主頭が特徴。「フィフスセクター」に反旗を翻そうとしている派閥の一員。
山裂虎太郎(やまざき こたろう)
1年DF。背番号4番。小柄な体格で、藤色のモヒカンヘアーが特徴。「フィフスセクター」に反旗を翻そうとしている派閥の一員。
必殺技は「ビッグシザース」(大磯川)。
湖沼枠(こぬま わく)
1年DF。背番号5番。小柄な体格で、黄土色の短髪に細目が特徴。「フィフスセクター」に従おうとしている派閥の一員。
清水柳人(しみず りゅうと)
声 - 四宮豪
2年MF。背番号6番。ボリュームのある逆毛の金髪が特徴で、額に紺色のバンダナをしている。どちらの派閥にも就く素振りは見せておらず、対立する部員たちを前に貴志部と共に困惑していた。
必殺技は「イリュージョンボール」。
和泉奏秋(いずみ かなあき)
2年MF。背番号7番。外ハネした灰色の短髪が特徴。「フィフスセクター」に反旗を翻そうとしている派閥の一員。
必殺技は「トライアングルZZ」(貴志部、跳沢)。
跳沢真波(とびさわ まな)
2年MF。背番号8番。前髪を右側に流した白髪が特徴。「フィフスセクター」に従おうとしている派閥の一員。
必殺技は「トライアングルZZ」(貴志部、和泉)。
滝総介(たき そうすけ)
声 - 峯暢也
2年FW。背番号10番。茶色の髪を右に結んでいるのが特徴。滝快彦の兄であり、「フィフスセクター」に従おうとしている派閥の筆頭であり、「化身」の使い手でもある。中学サッカーは、あくまで将来のための過程に過ぎないと見なしており、プロユースへ進むためにも「フィフスセクター」に従うという方針を取ろうとしている。しかし、本当はサッカーへの強い情熱を抱えている。
自分の実力に大きな自信を持っている節が見受けられ、それ故に雷門との試合では一人先走ったプレーをしていたが、快彦の度重なる叱咤によって全力で試合に臨もうと懸命になっているチームメイトたちの姿に気付き、協力プレーをする姿勢を見せた。その後、兄弟仲も回復している。
  • 総介の化身
  • 鉄騎兵ナイト
鉄の鎧を身につけ、馬のような容姿をしており、先が蹄のような形をした矛で攻撃をする。ゲームでの表記は「鉄騎兵ナイトW」であり、白色の容姿である。
化身を用いた必殺技は「ギャロップバスター」。
河宮幸多(かみや こうた)
1年FW。背番号11番。逆立った黒髪が特徴。「フィフスセクター」に反旗を翻そうとしている派閥の一員。
鬼怒川我貫(きぬがわ わがぬき)
3年GK。背番号12番。長身で、左目を覆った紫色の長髪が特徴。
滝快彦(たき よしひこ)
声 - 折笠富美子
1年FW。背番号13番。小柄な体型で、茶色の髪が特徴。滝総介の弟であり、「フィフスセクター」に反旗を翻そうとしている派閥の一人。本気のサッカーをする雷門中に触発されて、雷門が起こしている革命に乗ろうとする意思を示すも、総介からはスタメンに選ばれない現状への僻みだと一蹴されてしまう。
雷門中との試合では試合終盤で出場し、独りよがりなプレーを繰り返す総介に対して幾度もサッカーへの情熱や仲間たちの試合にかける思いを訴えかけ、彼にその思いを気付かせた。その後、兄弟仲も回復している。
遊海端(ゆかい みずほ)
2年FW。背番号14番。後ろ毛を伸ばした黒髪が特徴。
五色潤(ごしき じゅん)
1年DF。背番号15番。左肩に寄せ掛けた灰色のセミロングヘアーが特徴。
川内広明(せんだい ひろあき)
1年MF。背番号16番。抹茶色のオールバックヘアーが特徴。
亜風炉照美(あふろ てるみ)
声 - 三瓶由布子
元世宇子中サッカー部キャプテン兼韓国代表「ファイアードラゴン」の選手(前作当時中学2年生)。当時のポジションはMF/FW。鬼道達からは前作同様、通称の「アフロディ」と呼ばれている。前作と比べ、腰近くまであったロングヘアが背中辺りまで短くなり、右肩に束ねている。
現在はイシドシュウジとつながりを持っており、彼の指示により雷門中との試合前日から木戸川清修中学校の監督に就任する。しかし、彼自身は「フィフスセクター」に肩入れはしておらず、あくまで自分の思惑に沿って行動しており、雷門中と同じ条件で戦うため、あえてイシドから「ウォーターワールドスタジアム」の仕掛けについての情報を受け取ることを拒否していた。
監督就任後、内部分裂により崩壊寸前だった木戸川清修サッカー部を目の当たりにし、彼らを救うために「フィフスセクター」も革命も関係なくあくまで自分たちのために戦い、ただ目の前にいる雷門を倒すという新たな道を提示し、バラバラだった部員たちを結束させた。
ゲーム版『ダーク』では中学時代の彼を選手として使う事が可能である。

幻影学園

雷門とはホーリーロード全国大会の準々決勝で戦った。そのあまりのトリッキーな動きから「摩訶不思議、奇術師集団」と呼ばれている。

真帆路正(まほろ ただし)
声 - 堀江一眞、高垣彩陽(幼少時代)
幻影学園サッカー部のキャプテン。3年MF。背番号9番。臙脂色の日本妖怪のような髪型が特徴。奇策や相手の裏をかくプレイが得意で、どんな状況でも感情を表に出さない事から「笑わないストライカー」と呼ばれており、「化身」の使い手でもある。
天城や香坂とは小学校の頃からの幼馴染であり、昔は曲がった事が大嫌いで、表情豊かな性格であった。いじめられていた天城を守り、彼や幼馴染の香坂といつも3人で遊んでいたが、天城のいじめを庇ったことで、いじめの矛先は自分へと向き、天城を巻き込まない為に天城との関わりを断っていた。そして、いじめが続く内に歯向かう事の難しさを痛感し、「強い力には従うべきだ」という諦観思考を持つ様になり、「フィフスセクター」に従うようになってしまっていた。
必殺技は「マボロシショット」。
アニメ版・ホーリーロード編
天城と再会した当初は彼を臆病者と冷たい態度をとっていたが、雷門中との試合で「フィフスセクター」に立ち向かっていこうとし続ける天城の姿を見て、自分が天城に真実を話さなかったのはいじめに屈したという事実を受け入れたくなかったからであるということ、そして自分が現実から逃げ続けていたということを悟り、香坂から真相を聞かされていた彼との和解に応じた。
  • 真帆路の化身
  • 幻影のダラマンガラス
杖を持っており、紺色の帽子と羽でできた外套を纏った女性のような容姿をしている。セクシーな笑い声を発し、口をキスする動作をした後、舌なめずりをしながら登場する。
化身を用いた必殺技は「ダンシングゴースト」。
箱野随一(はこの ずいいち)
3年GK。背番号1番。「化身」の使い手でもある。大柄な体格で、目元に施したペイントと白いヘアバンドが特徴。
  • 箱野の化身
  • 勝負師ダイスマン
肩や背中にルーレットの様な装飾を持ち、六つのサイコロを手に持ったディーラーの様な風貌をした黄緑色の男性のような容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「ラッキーダイス」。
小津野役(おづの やく)
1年DF。背番号2番。紫色の刈り上げヘアーが特徴。
道家冠十郎(みちいえ かんじゅうろう)
3年DF。背番号3番。大柄な体格で、灰色の団子鼻が特徴。
暮内逢馬(くれない おうま)
2年DF。背番号4番。後ろで一つ結びにした、オールバックの黒髪が特徴。
新木朗(あらき あきら)
2年DF。背番号5番。頭頂部で三つ編みにした、淡黄色の髪が特徴。
札野霧正(ふだの きりまさ)
2年MF。背番号6番。四角錐型に刈り上げた灰色の髪が特徴。
銅原帝人(どうはら ていと)
1年MF。背番号7番。前髪が内側に巻いた、灰色の髪が特徴。
小鳩宏夫(こばと ひろお)
声 - 加藤奈々絵
1年MF。背番号8番。かなり小柄な体型で、白い髪に左目の眼帯が特徴。
必殺技は「ディメンションカット」。
不知火幻一(しらぬい げんいち)
2年FW。背番号10番。不知火影二の兄。赤紫色のワンレングスヘアが特徴で、左方向を見るのが癖。
必殺技は「トリックボール」。
不知火影二(しらぬい えいじ)
1年FW。背番号11番。不知火幻一の弟。水色の毛先が逆立った髪が特徴で、右方向を見るのが癖。
虚木実美(うつろぎ さねみ)
1年GK。背番号12番。バイオレット色のセミロングヘアに、目尻のペイントが特徴。
必殺技は「かげつかみ」。
井柳丈次(いりゅう じょうじ)
2年DF。背番号13番。左右二束に逆立った、亜麻色の髪が特徴。
真地椎矢(まち しいや)
2年MF。背番号14番。右側に流した金髪が特徴。
取行麻也(とりゆき あさや)
1年FW。背番号15番。右目を覆った、藤色の髪が特徴。
大木玉則(おおき たまのり)
3年FW。背番号16番。大柄な体格で、角のように逆立った黒髪が特徴。
宝水院忠則(ほうすいいん ただのり)
幻影学園サッカー部の監督。黒髪の七三分けヘアで、色白の肌に顎鬚が特徴の不気味な男性。捉えどころのない采配で瞬く間に勝利をさらう。
香坂幸恵(こうさか ゆきえ)
声 - ゆりん
幻影学園の女子生徒。ややつり上がった目で、藤色の髪をシュシュで左サイドに束ねているのが特徴。ゲームでは実家が「秘宝堂」を経営している。天城、真帆路とは小学校の頃の幼馴染であり、当時は3人でよく遊んでいたが、突然仲違いした二人を心配しており、真帆路が周囲から孤立した理由を知って二人を仲直りさせようとしている。
影山と接触して天城に本当の事を伝えようとしたが、影山に自分から伝えた方がいいと言われハーフタイムに天城に真実を伝え、その後祈る様に客席から二人の様子を見守った。二人が和解した際には涙を浮かべて共に喜んだ。

新雲学園

雷門とはホーリーロード全国大会の準決勝で戦った。全てを兼ね備えたパーフェクトプレイヤーと称される、今大会優勝候補の学校。「フィフスセクター」の手中にあると言われているが、そのこととは裏腹に、雷門イレブンとの試合には全員が一致団結して全力で臨み、また、監督もそうした選手たちの様子を見守っていた。

雨宮太陽(あめみや たいよう)
声 - 江口拓也
新雲学園サッカー部のキャプテン。1年FW。背番号11番。オレンジ色の外側にハネた髪型が特徴。「10年に一度の天才ストライカー」と言われており、「化身」の使い手でもある。
冬花が勤めている病院で検査入院しており、激しい運動ができないほど体を患っている為、入院中でサッカーを止められている。しかし、たまに病室を抜け出してはサッカーをしており、天馬とはその際に出会い、仲良くなった。病弱ながらも、それを気にしない明るく、陽気で活発な性格。
その後、天馬と戦いたいという強い思いから、一時退院し、彼の身を案じるイシドの制止を振り切って試合に出る。試合中、病気のことで彼を気遣う天馬を払い、病体が悪いながらも、仲間に化身の力送り込む「化身ドローイング」で化身の力を高めた。結果雷門に敗れるも、悔いの無い試合をし、これからもサッカーをすると天馬に誓い、握手を交わした。ホーリーロード決勝戦の際はおとなしく病院で観戦していた。
  • 雨宮の化身
  • 太陽神アポロ
四本の腕と太陽の光輪のような装飾を持ち、ギリシャ神話の神であるアポローンを連想させる容姿をしている。
化身を用いた必殺技は「サンシャインフォース」。
佐田土佐丸(さた とさまる)
2年GK。背番号1番。無造作な茶色のショートヘアーに、襟巻のように正面まで回り込んだ後ろ髪が特徴。太陽の身を気遣ったり、彼の言葉への賛同を呼びかけたりと、チームを回していく役割の一端を担っている。「化身」の使い手でもある。
  • 佐田の化身
  • 鉄壁のギガドーン
コロッセオを連想させる、白色の鎧を身につけた青色の巨人のような容姿をしている。巨神ギガンテスに似ている。
化身を用いた必殺技は「ギガンティックボム」。
浦野天正(うらの てんしょう)
1年DF。背番号2番。大柄な体格で、上部両サイドが羽のような形をして突き出た青緑色の髪が特徴。
武雲月弥(むくも つきや)
3年DF。背番号3番。大柄な体格で、前髪一束のみを残したスキンヘッドが特徴。
安守地春(やすもり ちはる)
1年DF。背番号4番。後頭部を十字型に剃った、水色の坊主頭が特徴。
牧里水樹(まきさと みずき)
2年DF。背番号5番。前方両サイドが角のように逆立った灰色の長髪が特徴で、灰色のリボンで後ろで一つ結びにしている。
古戸冥次(ふると めいじ)
1年MF。背番号6番。小柄な体格で、環状にラインの入った黒髪が特徴。
雛乃金輔(ひなの きんすけ)
2年MF。背番号7番。ウェーブがかった金色の長髪で、左目を覆っている。
樹田木蓮(きだ もくれん)
2年MF。背番号8番。もみあげに黒の稲妻模様が入った金髪が特徴。
真住火朗志(まずみ ひろし)
1年MF。背番号9番。逆立ったオレンジ色の髪が特徴。
根淵海友(ねぶち うみとも)
2年FW。背番号10番。のような形をした顔を多い歌舞す物が特徴。「化身」の使い手でもある。
  • 根淵の化身
  • 海帝ネプチューン
ローマ神話の海を司る神であるネプトゥーヌスを連想させる容姿をしている。海王ポセイドンに似ている。
化身を用いた必殺技は「ヘヴィアクアランス」。
狩部蘭子(かりべ らんこ)
新雲学園サッカー部の女性監督。理想的な采配でチームを勝利に導く女傑。

聖堂山中学校

雷門とはホーリーロード全国大会の決勝戦で戦う(はずだった)。ホーリーロード全国大会の優勝候補と呼ばれており、監督はイシドシュウジこと豪炎寺修也。「選手全員がエースストライカー」と呼ばれるほどの高い攻撃力を有しており、準決勝では前作でも登場した千羽山中を16-0のワンサイドゲームで破っている。チームワークと統制を真髄とした「フィフスセクター」最高峰のチームであったが、同時に豪炎寺によって自分たちの意思で自由に戦い抜けるチームとしても育て上げられており、雷門中との試合では思い思いのプレーをし始めていた。しかし、そのことが「フィフスセクター」の方針に反していたとして、千宮路によって試合後半からドラゴンリンクと全選手交代されてしまう。

黒裂真命(くろさき まこと)
声 - 加藤奈々絵
聖堂山中学校サッカー部のキャプテン。2年MF。背番号9番。切れ長の目に、茶髪のセミロングヘアを右サイドに束ね、ヘアバンドをしているのが特徴。「化身」の使い手でもあり、「サッカーの神の申し子」と呼ばれている。雷門の実力は認めており、正々堂々と試合に挑む。
イシドシュウジのサッカーが正しいものであると証明するために戦っていたため、試合の最中において当のイシド本人から指示のない自由な試合に臨むよう言い渡された際は一瞬の困惑を見せたものの、聖堂山のサッカーを信じているという旨の言葉を受けたことと、チームの力に太鼓判を押されたことにより、最終的に他のチームメイト共々喜びを露にしていた。試合後半にドラゴンリンクと強請交代させられたことにより、観客席で試合を観戦していた。
必殺技は「バリスタショット」。
  • 黒裂の化身
  • 炎魔ガザード
大きな手の赤い魔神の姿をしている。前作で登場した、豪炎寺の必殺技を繰り出す際に出現する「化身」と同じものである。
化身を用いた必殺技は「爆熱ストーム」。
征木帝矢(まさき ていや)
1年GK。背番号1番。
必殺技は「シュートブレイク」。
宗森秀年(むねもり ひでとし)
3年DF。背番号2番。
呉井雄大(くれい ゆうだい)
3年DF。背番号3番。
伊矢部敏志(いやべ さとし)
2年DF。背番号4番。
穂積信平(ほずみ しんぺい)
2年DF。背番号5番。
天瀬玲亜(あませ れいあ)
1年MF。背番号6番。
必殺技は「エアーバレット」。
桶川之守(おけがわ ゆきもり)
1年MF。背番号7番。
日向理恩(ひゅうが りおん)
声 - 斎賀みつき
1年MF。背番号8番。
必殺技は「ラウンドスパーク」。
恋崎伊雄(こいさき いお)
2年FW。背番号10番。
堤美智(つつみ とも)
2年FW。背番号11番。
砂木沼治(さぎぬま おさむ)
声 - 疋田高志
元エイリア学園のキャプテン(チームでは「デザーム」と名乗っていた)兼日本代表候補チーム「ネオジャパン」の選手(前作当時中学3年生)。当時のポジションはFW/MF/GK。前作と比べ、髪が肩近くまで伸び、前髪を左サイドに靡かせている。
現在は聖堂山中サッカー部のコーチを務めている。サッカーに対する情熱は現在も変わらず、前作以上に熱い性格になっている。試合後半にドラゴンリンクと強請交代させられたことにより、観客席で瞳子らと共に試合を観戦していた。
豪炎寺修也(ごうえんじ しゅうや)
声 - 野島裕史
元雷門中サッカー部員兼日本代表「イナズマジャパン」の選手(前作当時中学2年生)。当時のポジションはFW。前作に比べ肌が黒くなり、ツンツンに逆立った髪も下ろし、後ろに束ねている。「フィフスセクター」の「聖帝」業の傍ら、聖堂山中学校の監督も務めている。
教会のような場所にて、フードを被った姿で「サッカーを支配する」という発言をしていたが、本来は本当のサッカーを取り戻すべく、動いていた。10年前に沖縄でサスケを助けようとして、木の板の下敷きになりそうになった天馬を助けたのは彼であるが、その事実を天馬本人には長らく知られていなかった。
ゲーム版では期間限定配信で、中学時代の豪炎寺を選手として使用することが可能。
必殺技は「ファイアトルネード」、「ファイアトルネードDD」(プロサッカー選手時代に一度だけ使用したと言われている)。
アニメ版・ホーリーロード編
プロサッカー選手として活躍していた際に、「フィフスセクター」の存在に逸早く気づき、虎丸や夕香の支えもあり、内部を探るために代表の座を降り、表向きは千宮路に従い「フィフスセクター」の頂点に君臨し、現在のサッカー界を支配する「聖帝」となる。実際に組織を動かしているのは千宮路であり、組織に逆らった学校を廃校に追い込むという暴挙に対しては憤りを露わにしていた(その後廃校になった学校に援助をしていた)。また、廃校の件で気を落としていた天馬に対しても、あえて敵として煽り立てるという形で発破をかけている。
普段は「聖帝イシドシュウジ」としての性格を演じており、変装のために髪の先を水色に染めていた。雷門中対月山国光中戦後、面会をした円堂から「豪炎寺」と呼ばれるが、彼自身はあくまで自分は「イシドシュウジ」だと答えた。しかし、本当の目的を知る親しい者の前ではこれまで通りの豪炎寺修也として振舞っていた。
剣城は聖帝の正体と目的に真っ先に気付いて事実上目的に協力し、彼が教えた必殺技「ファイアトルネードDD」を天馬と共に特訓した。雷門中との試合においては、最終的に聖堂山選手たちに思い思いのプレーをさせようとするが、試合の最中にそのことが千宮路に露見し、彼によって監督を解任されるが、自身は変わらずベンチ入りしていた。試合後、久々に円堂と会話し、握手を交わした。天馬が河川敷に訪れた際に彼と再会した。

その他

角馬王将(かくま おうしょう)
声 - 稲田徹
雷門中の生徒兼雷門サッカー部の実況を務めている角馬歩の父親。前作ではFF全国大会やFFIアジア予選等の実況を担当していた。今作でも実況者であり、ホーリーロード全国大会の実況を担当している。
豪炎寺夕香(ごうえんじ ゆうか)
声 - 城雅子
イシドシュウジこと豪炎寺修也の妹。前作に比べ、髪がピンク色になっている[26]が、三つ編みヘアは健在で、性格面は幾分砕けている。兄の本当の目的を知る数少ない人物の一人であり、一人河川敷に来ていた天馬を彼と引き合わせたり、病院にいた剣城を特訓させるために呼び出したりしている。
虹橋レイン(にじはし れいん)
声 - 佐々木日菜子
天馬と葵が河川敷に来た時、ガッツらと共にサッカーをしていた少女。雲のような髪型と虹色の帽子が特徴。女の子ながらも、男の子と互角にプレーをしていた。アニメでは小学生であるが、ゲームでは雷門中の生徒として登場し、選手としてスカウトすることが可能。ポジションはMF。
必殺技は「レインボーバブルショット」。
アイアン・ガッツ(あいあん がっつ)
声 - 奈良徹
天馬と葵が河川敷に来た時、サッカーをしていた少年。黒色のマスクをしているのが特徴。GKを守っていたが、自分もシュートも決めたい、と飛び出しシュートするが、ボールは見当違いの方向に飛んでいき、木に引っかける結果となった。アニメでは小学生であるが、ゲームでは雷門中の生徒として登場し、選手としてスカウトすることが可能。ポジションはGK。
必殺技は「ダイナソーブレイク」。

用語

イナズマイレブン
雷門中を卒業した伝説のサッカー選手たちのことを指す。元々は50年前における雷門中サッカー部にのみ対する呼称だったが、前作の主人公である円堂守らも、現在はイナズマイレブンとして知られている。
化身(けしん)
サッカープレイヤーのの力が極まると人型として具現化する力の権化。強い力を引き出すことが可能だが、反面かなり体力が消耗する。現在雷門イレブンで化身の使い手として確認されているのは天馬・神童・剣城・錦・西園の5人で、他の中学での使い手は「フィフスセクター」から送られたシードであることが多い。また、前作で円堂や豪炎寺などが必殺技中に出していた「マジン」も化身の一種である[27]
シード
「フィクスセクター」からの指示にちゃんと従っているか監視するため、「フィクスセクター」から各サッカー部に送られた選手で、「フィクスセクター」の訓練によってその技術は他の選手と一線を画す。剣城のように他の部員を力でねじ伏せ、従わせる者もいれば、こっそりと他の部員に圧力をかけていく者もいる。
ホーリーロード
10年後の「フットボールフロンティア」にあたる少年サッカーの全国大会。「フィフスセクター」の「聖帝」を決める選挙が行われている行事でもある。
本戦ではそれぞれピッチ内にプレーの障害となる仕掛けが施されている5つのスタジアム、ロシアンルーレットスタジアムでプレーする。最終的に決勝戦では、アマノミカドスタジアムで行うことになる。ちなみに5つのスタジアムの間には「ホーリーライナー」と呼ばれる電車が通っている。
  • サイクロンスタジアム
雷門中対月山国光中で使用。天井に取り付けられた合計9個のジェットエンジンによってピッチ状に竜巻を発生させる。
  • スノーランドスタジアム
雷門中対白恋中で使用。グラウンドが芝ではなく、氷で出来ているため、足場がかなり悪い。
  • ウォーターワールドスタジアム
雷門中対木戸川清修中で使用。グラウンドは水の上に浮かべられた複数の筏が並べられて形成されており、一定時間ごとにランダムで縦横一列のどこかが(ゲームではランダムに数枚の筏が)水没する。
  • ピンボールスタジアム
雷門中対幻影学園で使用。スタジアムにピンボールの台のような模様が描かれており、ボールや選手が近付くと模様がせり上がって実際にバンパーやフリッパーや加速帯などの作用を引き起こす。
  • デザートスタジアム
雷門中対新雲学園で使用。グラウンドが砂で出来ているため、途中で流砂が起こる。
  • アマノミカドスタジアム
雷門中対聖堂山中(ドラゴンリンク)で使用。フィールド自体に特に変わった仕掛けはないが、高い塔のような姿にもなる。

主題歌

シャイン

オープニングテーマ「おはよう!シャイニング・デイ
歌 - T-Pistonz+KMC(ティーピストンズ+ケムシ)
エンディングテーマ「HAJIKE-YO!!
歌 - 空野葵(北原沙弥香

ダーク

オープニングテーマ「打ち砕ーくっ!
歌 - T-Pistonz+KMC(ティーピストンズ+ケムシ)
エンディングテーマ「愛情・情熱・熱風
歌 - 空野葵(北原沙弥香)

『シャイン』と『ダーク』の違い

各バージョンにより、スカウト可能なキャラや登場する化身が異なる。また、前作からの登場人物のエピソードが別々に収録される。

シャイン

  • クリア後にアンリミテッドシャイニングサウザンクロウと対戦可能。
  • 円堂守の妻は円堂夏未
  • 吉良ヒロト緑川リュウジのオリジナルエピソードが収録される。
  • 中学時代の基山ヒロトを仲間にできる。

ダーク

  • クリア後にエンシャントダークノーザンファングと対戦可能。
  • 円堂守の妻は円堂冬花
  • 風丸一郎太不動明王壁山塀吾郎のオリジナルエピソードが収録される。
  • 中学時代のアフロディを仲間にできる。

テレビアニメ

2011年5月4日よりテレビ東京系列(TXN)にて放送中。

なお2011年11月9日放送分より、開始前には本作の松風天馬と、直後番組『ダンボール戦機』の山野バンが登場し、(天馬)「イナズマイレブン GO」(バン)「ダンボール戦機」(2人)「始まるよ!!」と言ってから本作を放送、そして『ダンボール戦機』開始時には、天馬が「バンくん、後は任せたぞ!」と通信してから開始、番組終了時は(バン)「次回も僕たちの活躍」(2人)「見てくれよな!」と言って締める[28]クロストーク形式)。

2012年1月18日からは『ダンボール戦機W』にタイトル変更されたため、バンから大空ヒロに変わり、天馬がヒロに「ヒロくん、後は任せたぞ!」と言いながら、サッカーボールを手渡して「このあとはダンボール戦機W」とヒロが言って開始する方式に変わった。また、画面中央にはアニメを見る際の断り書きが添えられた。
尚、どちらも地上波本放送のみで見られる演出で、BSジャパンでは2作品とも1つ前の単独の視聴注意画面に差し替えられている。

なお、円堂の妻は夏未となっている。

スタッフ

  • 原作 - レベルファイブ
  • 連載 - 月刊コロコロコミック
  • 企画・総監修・ストーリー原案 - 日野晃博
  • 企画設定協力 - 佐々木千恵、佐々木秀信
  • 必殺技原案 - 寺岡尚史
  • キャラクターデザイン原案 - 長野拓造 
  • キャラクターデザイン - 池田裕治、井ノ上ユウ子、本田隆、武内啓
  • メインアニメーター - さわだまさひと
  • シリーズ構成 - 冨岡淳広
  • 美術監督 - 西倉力
  • 撮影監督 - 柚木脇達己
  • 撮影監修 - 吉田光伸
  • 音響監督 - 中嶋聡彦三間雅文
  • 色彩設計 - 後藤めぐみ
  • CGIディレクター - 三上康博
  • CGIプロデューサー - 小林雅士
  • 編集 - 渡辺直樹
  • 編集助手 - 高橋歩、ジェイ・フィルム
  • 音楽 - 寺田志保
  • 音楽協力 - テレビ東京ミュージック
  • 音響プロデューサー - 南沢道義、西名武
  • 美術設定 - 佐々木豪
  • コンセプトデザイン - 松枝聖、宮崎真一、宮尾佳和
  • 番組宣伝 - 野口かず美
  • アドバイザー - 佐上靖之
  • スーパーバイザー - 奥野敏聡久保雅一
  • プログラムマネージャー - 穴見礼
  • プロダクションサポート - 古市直彦
  • 制作担当 - 和崎伸之
  • アニメーション制作 - OLM TEAM WASAKI
  • アニメーションプロデューサー - 神田修吉
  • アシスタントプロデューサー - 橋本友宏
  • プロデューサー - 和田慎之介、梶原清文
  • 副監督 - かまくらゆみ
  • 監督 - 秋山勝仁
  • 製作 - テレビ東京電通、オー・エル・エム

主題歌(アニメ)

オープニングテーマ(アニメ)

  1. 天までとどけっ!」(第1話 - 第18話)
    歌 - T-Pistonz+KMC(ティーピストンズ+ケムシ)
    作詞 - 山崎徹と弘&KMC / 作曲 - 山崎弘&KMC / 編曲 - 菊谷知樹 / ブラスアレンジ - 竹上良成(FRAME/アップフロントワークス)
    円堂登場に合わせて、第8話からオープニング映像が差し替えられた。
  2. 成せば成るのさ 七色卵」(第19話 - 第33話)
    歌 - T-Pistonz+KMC(ティーピストンズ+ケムシ)
    作詞・作曲 - TPK / 編曲 - 菊谷知樹 / ブラスアレンジ - 竹上良成(FRAME/アップフロントワークス)
    第20話からタイトルロゴの登場時にSEが付くようになった。
    第24話からオープニング映像に狩屋、影山、錦が追加され、左の選手も、速水から浜野になった。
  3. おはよう!シャイニング・デイ」(第34話 - )
    歌 - T-Pistonz+KMC(ティーピストンズ+ケムシ)
    作詞 - KMC / 作曲 - TPK / 編曲 - 菊谷知樹 / ブラスアレンジ - 竹上良成(FRAME/アップフロントワークス)

エンディングテーマ(アニメ)

  1. やっぱ青春」(第1話 - 第18話)
    歌 - 空野葵(北原沙弥香
    作詞 - mildsalt / 作曲 - 福本公四郎 / 編曲 - 菊谷知樹(FRAME/アップフロントワークス)
  2. かなり純情」(第19話 - 第33話)
    歌 - 空野葵(北原沙弥香)
    作詞 - mildsalt / 作曲 - 河原嶺旭 / 編曲 - 菊谷知樹(FRAME/アップフロントワークス)
  3. HAJIKE-YO!!」(第34話 - )
    歌 - 空野葵(北原沙弥香)
    作詞 - mildsalt / 作曲・編曲 - 菊谷知樹(FRAME/アップフロントワークス)

各話リスト

話数 通算話 サブタイトル 放送日 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
1 128 雷門に吹く新しい風! 2011年
5月4日
日野晃博 秋山勝仁 冨安大貴 武内美月 池田裕治
2 129 これが化身だ! 5月11日 宮尾佳和 平向智子 横山隆 井ノ上ユウ子
3 130 崩壊!雷門サッカー部!! 5月18日 冨岡淳広 岩崎知子 吉原幸之助 池田裕治
4 131 天馬の入部テスト! 5月25日 山田健一 博多正寿 吉本毅 湯川純
石井舞
井ノ上ユウ子
5 132 仕組まれた試合 6月1日 福嶋幸典 小山賢 松坂定俊 池田裕治
6 133 ラストパスにこめた思い 6月8日 山口健太郎 武内美月 井ノ上ユウ子
7 134 円堂監督登場!! 6月15日 稲荷明比古 濁川敦 町谷俊輔 森知鶴
中野繭子
8 135 キャプテンの資格 6月22日 冨岡淳広 岩瀧智 真野玲 武内美月
菊池功一
池田裕治
9 136 ついに開幕!ホーリーロード!! 6月29日 神山修一 廣川集一
秋山勝仁
かまくらゆみ
守田芸成 石原恵
横山隆
井ノ上ユウ子
10 137 勝利への反乱! 7月6日 樋口達人 冨安大貴 松坂定俊 池田裕治
11 138 剣城の秘密 7月13日 山田健一 岩崎知子 吉原幸之助 井ノ上ユウ子
12 139 化身の驚異! 万能坂中!! 7月20日 福嶋幸典 博多正寿 吉本毅 湯川純
石井舞
池田裕治
13 140 雷門の覚醒!? 7月27日 山口健太郎 武内美月 -
14 141 信助の必殺技! 8月3日 稲荷明比古 鈴木健一 藪本陽輔 井ノ上ユウ子
15 142 鬼道有人との再会 8月10日 神山修一 吉野真一 廣川集一 菊地功一
武内美月
池田裕治
16 143 戦慄! 帝国学園!! 8月17日 樋口達人 田中雄一 平向智子 横山隆 井ノ上ユウ子
17 144 炸裂! アルティメットサンダー!! 8月24日 山田健一 矢野博之 吉本毅 武内美月 -
18 145 革命(カゼ)を起こせ! 8月31日 冨岡淳広 岩崎知子 吉原幸之助
19 146 荒れ狂う海王の牙! 9月7日 福嶋幸典 小島正幸 浅見松雄 朴昊烈 池田裕治
井ノ上ユウ子
20 147 羽ばたけ! 天馬の化身!! 9月14日 冨安大貴 武内美月 池田裕治
21 148 秋空の挑戦者! 9月21日 稲荷明比古 濁川敦 中野繭子
森知鶴
井ノ上ユウ子
22 149 集え!革命の旗に!! 9月28日 神山修一 博多正寿 吉本毅 松坂定俊
湯川純
池田裕治
23 150 恐怖のサイクロンスタジアム! 10月12日 冨岡淳広 矢野博之 廣川集一 菊地功一
青野厚司
井ノ上ユウ子
24 151 甦れ!俺たちのサッカー!! 10月19日 福嶋幸典 山口健太郎 武内美月 -
25 152 あいつが帰ってくる! 10月26日 樋口達人 岩崎知子 吉原幸之助 井ノ上ユウ子
26 153 立ちはだかる白い悪魔 11月2日 稲荷明比古 鈴木健一 藪本陽輔 池田裕治
27 154 氷上の決戦!VS白恋中!! 11月9日 矢野博之 吉本毅 武内美月 井ノ上ユウ子
28 155 監督・鬼道の不安 11月16日 山田健一 小谷信友 浅見松雄 朴旲烈 池田裕治
29 156 宿命の対決!木戸川清修!! 11月23日 福嶋幸典 町谷俊輔 中野繭子
森知鶴
30 157 華麗なる戦術!鬼道VSアフロディ!! 11月30日 冨安大貴 武内美月 -
31 158 化身!戦国武神ムサシ見参!! 12月7日 神山修一 博多正寿 平向智子 横山隆 池田裕治
32 159 革命(カゼ)の軌跡 12月14日 冨岡淳広 秋山勝仁
かまくらゆみ
吉本毅 湯川純
33 160 謎の敵!幻影学園!! 12月21日 山田健一 岩崎知子 吉原幸之助
34 161 防御不可能!マボロシショット!! 2012年
1月4日
稲荷明比古 矢野博之 廣川集一 菊池功一
青野厚司
35 162 衝撃の采配!キーパー交代!! 1月11日 山口健太郎 武内美月
36 163 運命の再会 1月18日 冨岡淳広 博多正寿 浅見松雄 朴昊烈
37 164 硝子細工の天才 1月25日 神山修一 濁川敦 薮本陽輔 井ノ上ユウ子
38 165 解き放たれる太陽の化身! 2月1日 冨岡淳広 矢野博之 吉本毅 武内美月 -
39 166 天馬VS太陽 2月8日 樋口達人 冨安大貴 横山隆 池田裕治
40 167 新キャプテン!松風天馬!! 2月15日 福嶋幸典 岩崎知子 吉原幸之助 -
41 168 決戦!アマノミカドスタジアム!! 2月22日 稲荷明比古 町谷俊輔 中野繭子
森知鶴
池田裕治
42 169 出現、最強の敵!ドラゴンリンク!! 2月29日 神山修一 博多正寿 武内美月 -
43 170 壮絶!最後の聖戦!! 3月7日 樋口達人 矢野博之 吉本毅 松坂定俊
湯川純
井ノ上ユウ子
44 171 天まで届け!みんなのサッカー!! 3月14日 稲荷明比古 山口健太郎 横山隆 池田裕治
45 172 未来(あした)へのパス 3月21日 廣川集一 菊地功一
青野厚司
井ノ上ユウ子

放送局

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 放送の遅れ・備考
関東広域圏 テレビ東京(制作局) 2011年5月4日 - 水曜 19:00 - 19:27 テレビ東京系列 同時ネット(字幕放送
大阪府 テレビ大阪
愛知県 テレビ愛知
北海道 テレビ北海道
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
日本全域 BSジャパン 2011年5月7日 - 土曜 18:00 - 18:30 テレビ東京系列
BSデジタル放送
3日遅れ(第4話までは字幕対応、第5話以降はなし)
AT-X 2011年5月15日 - 日曜 9:30 - 10:00
(リピート放送あり)
CS放送 11日遅れ
ニコニコチャンネル 2011年5月4日 - ネット配信 テレビ東京あにてれちゃんねるにて配信
1話のみ無料、2話以降は有料配信
鹿児島県 鹿児島テレビ 2011年5月30日 - 月曜 15:30 - 16:00 フジテレビ系列 12日遅れ
青森県 青森放送 2011年7月18日 - 月曜 16:20 - 16:50 日本テレビ系列 61日遅れ
日本全域 キッズステーション 2011年8月6日 - 土曜 17:00 - 17:30
(リピート放送あり)
CS放送 87日遅れ
大分県 大分放送 2011年7月30日 - 土曜 5:15 - 5:45 TBS系列 80日遅れ
山形県 テレビユー山形 2011年10月23日 - 日曜 5:45 - 6:15 約5ヶ月半遅れ
日本全域 ディズニーXD 2012年2月6日 - 月曜 6:30 - 7:25
(リピート放送あり)
CS放送 8ヶ月遅れ
テレビ東京系列 水曜19:00枠(2011年5月4日 - )
前番組 番組名 次番組
イナズマイレブン GO
-
テレビ東京 木曜7時台後半枠(2011年10月6日 - 2011年12月22日)
たまごっち!(再放送)
(2010年10月7日 - 2011年9月29日)
イナズマイレブン GO プレイバック
ウルトラマン列伝(再放送)
(2012年1月5日 - )
BSジャパン 土曜18:00枠(2011年5月7日 - )
イナズマイレブン GO
-

劇場版

劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン
監督 宮尾佳和
脚本 日野晃博
出演者 寺崎裕香、他
音楽 寺田志保
製作会社 OLM
配給 東宝
公開 2011年12月23日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
テンプレートを表示

劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン』(げきじょうばんイナズマイレブンゴー きゅうきょくのきずな グリフォン)。2011年12月23日、2D映画と3D映画の同時公開。予告編のナレーションは山寺宏一

キャッチコピーは「化身大戦、はじまる!」。

前売券特典として亀崎河童のパスワードが書かれたTCGカードをプレゼント。入場者特典として『イナズマイレブンGO シャイン/ダーク』で使用できる中学時代の鬼道、風丸、不動、壁山、吹雪のパスワードが書かれた絵馬と、『イナズマイレブンGOバトルスタジアム』イナップをプレゼント。

全国274スクリーンで公開され、2011年12月24、25日の初日2日間で興収1億3,826万9,800円、動員11万2,646人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[29]

スタッフ

  • 企画・脚本・総監修 - 日野晃博
  • 監督 - 宮尾佳和
  • キャラクターデザイン原案 - 長野拓造
  • キャラクターデザイン - 池田裕治、井ノ上ユウ子
  • 音響監督 - 中嶋聡彦、三間雅文
  • 音楽 - 寺田志保
  • アニメーション制作 - OLM
  • 製作 - LEVEL5/FCイナズマイレブンGO MOVIE 2011
  • 配給 - 東宝

主題歌

OP

  1. 虹を超えて天までとどけっ!
    歌 - T-Pistonz+KMC(ティーピストンズ+ケムシ)

挿入歌

  1. 「夢のかたまり」
    歌 - 空野葵(CV:北原沙弥香

ED

  1. 「僕らの楽園」
    歌 - T-Pistonz+KMC(ティーピストンズ+ケムシ)

小説版

2011年12月に小学館ジュニアシネマ文庫から発行。執筆者は『劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来』の映画脚本とノベライズを務めた冨岡淳広。前作同様に映画本編を補完する形で心情等の描写がなされている他、サッカー界を取り巻く社会の現状やイナズマジャパンが優勝してからフィフスセクターがサッカー界に浸透するまでに至った詳細な過程、さらには円堂を始めとした一部のイナズマジャパン関係者が前作終了後どのような道を歩んだか等が描かれている。

キャンペーンアニメ

フレッツイナズマキャンペーンオリジナルアニメ』は、フレッツ光とのコラボレーションアニメ。前後編をキャンペーンサイトで配信され、前編は2011年11月に無料配信、後編は2011年12月に配信で、後編視聴のみフレッツ光メンバーズクラブに会員登録する必要がある。

オリジナルキャラクターとして風烈隼光が登場。風烈隼光が雷門サッカー部に入部し、再び海王学園と対決する。

Webアニメ登場人物

風烈 隼光(ふうれつ はやみ)
『フレッツイナズマキャンペーンオリジナルアニメ』にのみ登場。ポジションはFW。背番号202番。雷門サッカー部の新規メンバー。天馬の事を知っており、彼と簡単な勝負をして親しくなる。天馬よりも早い光のようなドリブルをする。
必殺技は「疾風ダッシュ」。

漫画

コロコロ版

漫画版「イナズマイレブンGO」が、『月刊コロコロコミック』誌上において、2011年11月号より連載中。前作同様に、原作および監修はレベルファイブ、漫画はやぶのてんやが担当している。

アニメ・ゲームとの相違点

  • ホーリーロードは開催されず、サッカー界を抑圧しようと目論む「フィフスセクター」と、それに立ち向かう雷門中という必要最少限の構図のみに物語が集約されている。そのため、ほとんどのチームが登場していない。
  • 水鳥、茜、南沢などが登場しない。
  • 豪炎寺が「フィフスセクター」の内部調査をしてはいたものの、聖帝・イシドシュウジにはなっておらず、雷門のコーチとして登場する。
  • 優一が直接スタジアムに赴いて京介を叱咤する。

ちゃお版

映画公開を記念し、2012年1月号より『ちゃお』に読み切りが2号連続で掲載。初の少女漫画掲載となる。漫画は八神千歳、原作・監修はレベルファイブ。女性視点の漫画ということでマネージャーがメインになっている。今後の単行本収録予定は未定[30]
あらすじ
  • 2ショット大作戦(1月号掲載) - 神童のファンである山菜茜は彼との2ショットを撮ろうと奮闘するが・・・。
  • バレンタイン大作戦(2月号掲載) - 天馬と信助は部員達のバレンタインの様子を見る。

アーケードゲーム

『イナズマイレブンGO バトルスタジアム』

2011年12月21日より稼動の『イナズマイレブン 爆熱サッカーバトル』からリニューアルされたアトラスから発売のトレーディングカードアーケードゲーム。爆熱サッカーバトル第5弾よりGOのキャラクターが登場していたが、今作よりGOがメインとなる。

遊び方

「ひとりであそぶ」「ふたりであそぶ」「イナップをかう」を選んでゲームスタート。イナップが排出された後、「雷門中学とたたかう」「選抜チームとたたかう」「はじめてあそぶ」のテーマを選択する。対戦チームにはそれぞれミッションが設定されている。イナップを1チーム4人分(アバターがいる場合は3人)をスキャンして試合開始。GKと他のポジションをスキャンし組合せによってフォーメーションが決定される。
試合は、オフェンス時は、青ボタン(ダッシュorドリブル)、緑ボタン(パス)、赤ボタン(シュート)、ディフェンス時は青ボタン(ブレス)の指示を出し、ボールをキープした選手が相手と接触するとタイミングバトルが発生する。シュートの際はキーパーと連打バトルが発生、シュート技がキーパー技を上回ればゴールとなる。
画面左上の応援マークは必殺技やパスで溜まっていき、1つで連携技、2つで化身必殺技、3つで全ての技がパワーアップする。
イナップ
排出カードに付属する6角形のチップでQRコードを読み込ませる。爆熱サッカーバトルのイナップよりデザインがリニューアルされた。特徴として切り離さなくともQRコードの読み込みが可能となっている。
爆熱サッカーバトルの旧イナップは、サポートイナップとして5枚目にスキャンすることでサポート効果として能力アップさせることが出来る。
イナップメモリーカード
バトルスタジアム用の記録カード。バトルスタジアムより新機能の自分専用のアバターの製作が可能。ゲームの結果やミッションを記録したり、チームメイトの登録、友情の証コレクション、技ポイントの獲得し必殺技の習得などが可能。
爆熱サッカーバトルのメモリーカードも継続して使用可能で、今までのデータがある場合はレベルに応じて技ポイントが獲得できる。

リリース

  • 2011年12月21日 第1弾稼動開始

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 全国10万人以上のカレシが「NEWラブプラス」を手に取った「ゲームソフト週間販売ランキング+」”. 4Gamer.net (2012年2月23日). 2012年2月23日閲覧。
  2. ^ あにてれモバイルでは、MF/GKとなっており、実際、海王学園戦(円堂の指示)や白恋中戦(三国の負傷)では一時的ではあるもののGKについた。
  3. ^ アニメ本編では特に明言も指摘もされていないが、雑誌などでは女性のように可愛らしい容姿で女性疑惑を持たれ、その事を嫌がっていると書かれている。
  4. ^ ニンテンドードリーム2012年3月号より
  5. ^ 秋空チャレンジャーズ戦では、ミスを装って体当たりし、転倒させたあげく足を踏みつける、月山国光中戦では天城に嘘をつき、ディフェンスの連携を崩壊させるなど、非道な行動を取っている。また、霧野を混乱させるため彼に「自分はシードである」と嘘を吐いており、霧野が疑いを晴らした現在も自称し続けている。
  6. ^ サッカーの名門校である雷門中でレギュラーを守っていた、という実績があれば推薦でそれなりの高校にも進める、という思惑もあった。
  7. ^ その際、一乃と青山はセカンドチームに入った。
  8. ^ 本来は1期の段階で触れる予定であり、日野晃博のツイッターでも早い段階からそのことを示唆する発言が見受けられていたが、前作に登場した人物の血縁者として影山の存在があったために先送りとなった(ニンテンドードリーム2012年3月号より)
  9. ^ その事を天馬に明かした際はかなり驚かれていた。
  10. ^ ニンテンドードリーム2012年3月号の日野晃博と長野拓造の対談では、怪我で代表を外れた際に「フィフスセクター」の話を聞き監督になったと語られている。また、劇場版小説では監督として雷門中へ戻って来る以前は海外のプロリーグで活躍していたことや、故障のために一時的に戦線離脱をして帰国した先で久遠から監督業後任の打診を受け、それを快諾していたことになっている。
  11. ^ 日野晃博のTwitterより
  12. ^ 信助に始めて会った時には天馬の母と勘違いされた
  13. ^ 前作のつながりから一之瀬か土門だと思われるが現在のところ詳細は不明
  14. ^ ゲームEDのキャストクレジットで6年前である幼少期が12歳と表示されていたことから
  15. ^ 前作が40年前であることから
  16. ^ 円堂が無理して笑顔で彼女の料理を食べている為、夏未自身は料理の味の悪さを自覚していない様子
  17. ^ ヒロトという名前もお日さま園のかつての経営者であると同時にエイリア学園を率いていた瞳子の父親(彼ら元エイリア学園の選手達にとっては養父的存在)である吉良星二朗が亡き息子である本物の吉良ヒロトの面影を感じて付けた名である。
  18. ^ そのため、アニメ1話の導入部分や円堂夫妻の家にある優勝時の写真には写っていない。
  19. ^ ゲームでは春菜の背中に蛙をくっつけるなど全然直ってない
  20. ^ 24時間イナズマTVより
  21. ^ イナズマイレブンストライカーズではこのスタイルと、雷門のユニフォーム以外のユニフォームを選ぶことができない。
  22. ^ ただし、襟立て自体は豪炎寺とは特に関係の無い事だと公式で語られている(ニンテンドードリーム2011年11月号より)
  23. ^ 特別な訓練を受けているらしく、体力を消費せず、予備作動無しかつ連続で出現させる事が出来る
  24. ^ ニンテンドードリーム2012年3月号の対談より
  25. ^ この時は既に聖帝選挙は終わっており、勝敗指示ではなく、実力で雷門中に勝利している。
  26. ^ あくまで表現上の一環であり、染めているわけではない(ニンテンドードリーム2012年5月号より)
  27. ^ 「今夜放送!イナズマイレブンGO 爆熱スペシャル!!」より
  28. ^ このとき、天馬はバンのCCM(携帯電話)、バンは天馬のサッカーボールを持っており2人の後ろではサスケが飛行形態のオーディーンを追いかけている。
  29. ^ 『ミッション:インポッシブル』がクリスマスのランキングを制しV2!『けいおん!』は興収10億円突破!シネマトゥデイ 2011年12月27日
  30. ^ 作者ブログより

関連項目

今日は何の日(7月21日

もっと見る

「イナズマイレブン_GO」のQ&A