イナボレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イナボレス
品種 サラブレッド系種
性別
毛色 栗毛
生誕 1969年5月30日
ヘリオス
ボーレスクイン
母の父 カバーラップ二世
生国 日本の旗 日本
北海道静内郡静内町
生産 長尾力吉
馬主 稲富稜人
(有)イナトミ
調教師 大久保末吉東京
競走成績
生涯成績 76戦8勝
獲得賞金 1億5764万4000円
勝ち鞍 オールカマー(1972年)
金杯(東)(1974年)
目黒記念(秋)(1974年)
愛知杯(1975年)
テンプレートを表示

イナボレス1969年5月30日 - ?)は、日本中央競馬会に所属していた競走馬誘導馬。「花の47年組」の一頭で、中央競馬重賞最多出走記録保持馬[1]

別名「走る労働者」。

経歴[編集]

純粋なサラブレッドではなく、サラブレッド系種である。父のヘリオスは重賞4勝(1960年1961年京都記念(秋)、1960年京都盃、1961年阪神大賞典)を挙げ、1960年と1961年には2年連続で最良スプリンターに選出されたハイペリオン系のサラブレッドであったが、母のボーレスクインの母系を辿っていくと、曾祖母の父に初代ハクシヨウがおり、最後には江戸幕府第13代将軍徳川家茂フランス皇帝ナポレオン3世が贈ったアングロアラブ高砂に辿り着く。この一族のイナボレス以外の代表馬には、1956年から1958年にかけて鳴尾記念を3連覇したセカイオーがいる。

抽選馬であったが、当時民社党所属の衆議院議員であった稲富稜人がオーナーとなり、東京大久保末吉[2]厩舎に入厩。

戦績[編集]

1971年8月中山芝1000mの新馬戦でデビューし、2着に終わったが、2週間後の未勝利戦では1番人気に推されて初勝利を挙げる。その後は勝星を挙げることこそ出来なかったが、2着2回を含めて掲示板を一度も外さなかった。最終戦の寒菊賞(100万下)では5着に敗れているが、勝ったのは同期で後に年度代表馬にも輝くイシノヒカルだった。この頃から堅実さと頑丈さを見せていた。

1972年5月に始動して条件戦を使いまくり、クローバー賞(200万下)[3]と鹿島灘特別(400万下)を制し、10月に東京で行われたオールカマーに出走。700万条件の身であったため11頭中9番人気の低評価であったが、ハクホオショウオンワードガイら有力馬を抑えて勝利し、デビュー17戦目で重賞初挑戦・初制覇となった。オールカマーで手にした賞金1000万円は稲富の選挙資金に大いに活用され、稲富は12月に行われた衆院選で当選を果たした。その後はカブトヤマ記念7着、愛知杯CBC賞4着だった。

1973年は始動戦の金杯(東)6着を皮切りに10連敗を喫し、掲示板に載ったのも金鯱賞京王杯AH5着の2戦だけと散々なものだった。10月の府中特別(700万下)で1番人気に応え、2着に4馬身差をつける快勝で連敗を脱出。1年ぶりの勝利でシーズン全敗を阻止。

1974年は前年同様で金杯から始動し、前年の不振もあって17頭中12番人気であったが、クビ差で勝利して2年ぶりの重賞2勝目を飾った。続く東京新聞杯は11着に大敗したが、その後は安定して掲示板に載り続け、6月には大井で行われた第1回中央招待に出走。当日は7万6000人のファンがスタンドに詰めかけ、締め切りを過ぎても馬券の発売を求める人々が列をなし、発走が35分も遅れた。レースではゴールドイーグル愛知)の2着に入り、中央馬最先着となった。11月目黒記念(秋)ではカミノテシオスガノホマレイチフジイサミら強力馬を抑え、重賞3勝目を挙げた。イナボレスが2重賞を制した同年に大久保厩舎は年間43勝を挙げ、最多勝利調教師となった。

1975年はダートのオープン戦2着と上々の滑り出しを見せ、アルゼンチン共和国杯3着の後、宝塚記念では4番人気でナオキの4着と健闘。夏は北海道シリーズに初めて参戦し、大雪ハンデ8着・巴賞7着の後、函館記念ツキサムホマレウラカワチェリーの3着に入る。連覇を狙った目黒記念では13頭中11番人気だったが、トウコウエルザ・イチフジイサミ・カミノテシオに先んじる3着に入った。続く天皇賞(秋)は12着と大敗。さすがに「もう限界か」と思われたが、シーズン最終戦の愛知杯で6番人気ながら1馬身半離して重賞4勝目を挙げた。13戦目での勝利で結局これが最後の勝利となった。

1976年衆議院が任期満了で総選挙が決まっていたため、選挙資金が必要なため現役を続行。金杯から始動し、2・3週間に1走という例年以上の超ハイペースで出走を続け、春秋天皇賞や安田記念高松宮杯にも出走。稲富はこの選挙も当選し、10期目を務めることになった。選挙終了後の愛知杯5着がラストランとなり、同年をもって現役を引退。

引退後[編集]

本来なら種牡馬になってもおかしくない成績だが、サラ系という血統面で大きなハンデを背負っていたために断念。美しい馬体を活かして東京競馬場の誘導馬として1980年代後半まで活動。その後は不明。

競走成績[編集]

参考文献[編集]

  • 荒井和生『競馬陽炎座 - 時代の真ん中を走れなかった馬たち』(日本短波放送1996年)ISBN 978-4931367067

脚注[編集]

  1. ^ 優駿」2000年12月号、p48
  2. ^ 調教師の大久保洋吉は実子。
  3. ^ 現在札幌競馬場で行われている同名のレースとは別。