イノセンテの描く未来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
イノセンテの描く未来
Inocente
監督 ショーン・ファイン英語版
アンドレア・ニックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ショーツHD英語版[1][2]
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年6月15日
日本の旗 2013年10月10日LBFF
上映時間 40分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

イノセンテの描く未来』(Inocente)は、ショーン・ファイン英語版とアンドレア・ニックス監督による2012年の短編ドキュメンタリー映画である。NHKのBS1で放送された時の邦題は『イノセンテ ~ホームレスの少女が描く未来~』。 アーティストを志すカリフォルニア州の15歳のホームレス少女に焦点が当てられる。第85回アカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞を受賞した[3]

製作費はクラウドファンディングウェブサイトのKickstarterを通じて調達された[4]

本作はアカデミー賞にノミネートされた後、ショーツHD英語版によって他のノミネート作品と同時に劇場公開された[1][2]。日本では2013年に第10回ラテンビート映画祭で初上映された[5]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Oscar Nominated Short Films 2013”. The New York Times (2013年). 2014年2月26日閲覧。
  2. ^ a b Inocente”. The New York Times (2013年). 2014年2月26日閲覧。
  3. ^ Inocente wins Academy Award for Best Documentary (Short Subject)
  4. ^ The Independent: Inocente makes history as first crowd-funded Oscar-winner
  5. ^ イノセンテの描く未来 Inocente”. 第10回ラテンビート映画祭. 2013年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月26日閲覧。