イノマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

イノマー1966年11月27日2019年12月19日)は、日本ロックバンドオナニーマシーンヴォーカルベース担当。元音楽情報雑誌編集者。特殊分泌家。東京都北区出身。本名猪股昌也(いのまた まさや)。

来歴[編集]

編集者時代[編集]

駒澤大学法学部卒業後、オリコンに入社。『オリコン・ウィーク The Ichiban』(後の『オリ★スタ』)の編集長に29歳の若さで就任。その後、紙面ではサブカルチャー、あるいはマニアックでエロかつ下品な文体・内容に満ちたコーナー等を担当。長らく読者ページも担当し、投稿者とのキャッチボールも人気となる[1]。紙面において裸体を晒したなどで副編集長に降格。その後も昇進・降格を経験し、最終的には副編集長。音楽雑誌らしくない、その毒に満ちた個性的な記事はオリコンの顔でもあった。オリコン在籍時からラジオ番組などに出演し、他社の出版物である『インディーズ・マガジン』(当時リットー・ミュージック発行)にも寄稿。ザ・ブルーハーツのベスト盤『EAST WEST SIDE STORY』やGOING STEADYのシングル『童貞ソー・ヤング』のライナーノーツなども担当した[2]。長らく猪股をかばい、可愛がっていた小池聰行が死去した2001年に独立。しばらくオリコンに寄稿するも、誌面リニューアルにともない疎遠になる。その後は編集・執筆活動と共に、バンド活動をメインとする。

AV鑑賞とオナニーが趣味。結婚を2度経験するが、いずれも妻に浮気されて離婚。その後は独身であった。音楽・お笑い関係の飲み友達が多く、その交友関係は広かった。編集者時代に見出したミュージシャンに峯田和伸、氣志團、ガガガSP、サンボマスターなどがいる[3]。またブレイク前から江頭2:50を評価し、連載コラムを任せるなど後述の闘病以降も関係性が続いた。

バンド活動[編集]

社員時代から活動していたバンド「オナニーマシーン」が2002年にインディーズでCDデビュー。2003年にサンボマスターとのスプリットアルバム『放課後の性春』でメジャーデビュー。この時期には「青春パンクロックの立役者」「童貞のカリスマ」などと呼ばれた。バンド活動の詳細はオナニーマシーン#略歴も参照。

2005年にはソフト・オン・デマンドSODクリエイト)よりAV監督デビュー(タイトルは『素人お嬢さんに色々わがまま言ってオナニーさせてもらいました 〈下北沢編〉 オナニーマシーン、イノマー狂い咲きオナニー・ロード』)。常日頃から原稿のネタにしていたAVの中でもソフト・オン・デマンドの大ファンを公言しており、同社よりAV監督デビューのオファーがあったという。その後監督を務めたことはないが、2004年クリスマス・イブに行われたライブの来場者プレゼントDVD(イノマーと銀杏BOYZ峯田和伸の対談、演奏)をSODで作成したり、オナニーマシーン初のDVD『裸の大将〜野に咲くバカのように〜』のパッケージデザインをSODの関連会社のSODアートワークスが手がけるなど、交流は続いていた。

闘病[編集]

2018年7月21日に口腔底癌で、余命3年と宣告されたことを公表した[4]。同年8月25日に急遽『=手術直前SPお医者さんには内緒でね=「緊急真昼無料!ティッシュタイム~“イノマー現形態”ラスト・ライブ」』を東京・渋谷ラママで開催。 手術前受けた担当医の説明では、舌の3分の2を切除[5]と言われていたが術後、目が覚めたら全部切除されていた。

2019年7月に口腔底癌が転移し、再発したことを公表した[6]

癌の進行がステージ4と宣告されて以降、初となるオナニーマシーンの定期ライブ『ティッシュタイム』を拡大版『ティッシュタイム・フェスティバル~大感謝祭~』して2019年10月22日豊洲PITで開催[7]。オナニーマシーンとして大トリを務め、言葉にならない声でアンコールまで歌い上げた。

2019年12月19日2時50分、自宅で身内に看取られ死去[8]。53歳没。戒名は「性春昌幸信士」(せいしゅんしょうこうしんじ)である[9]。通夜と葬儀は近親者のみで執り行った。

没後[編集]

イノマーの没後、テレビ東京系のテレビ番組「家、ついて行ってイイですか?」(2020年3月18日放送)でイノマーの事実婚関係にあった夫人が番組の取材に応じ、夫との出会いや闘病生活の様子などについて語った[10]。2021年1月6日には1周忌法要の模様などが放送され、この回がギャラクシー賞のテレビ部門1月度月間賞を受賞するなど大きな反響を呼んだ[11]。闘病中から死の瞬間までカメラが回っていたのは、バンドマンとして親交があったテレビ東京・上出遼平が放送される見込みのないままも密着していたため。この詳細は上野の著書『ハイパーハードボイルドグルメリポート』(朝日新聞出版)にも綴られている[12]

著書[編集]

  • ドーテー島 たかだ書房 2002
  • イノマー&ミネタの「真夜中のふたりごと」 ミネタとの共著 宝島社 2002
  • 恋のチンチンマンマン たかだ書房 2004
  • ふたりごと ミネタとの共著 たかだ書房 2005

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 元オリコン編集長☆イノマーの『叫訓』” (日本語). gihyo.jp (2012年10月25日). 2021年3月14日閲覧。
  2. ^ 性春パンクバンド「オナマシ」イノマーさん、53歳で死去 口腔底がんで闘病1年5ヶ月” (日本語). ORICON MUSIC (2019年12月19日). 2019年12月19日閲覧。
  3. ^ “家つい”でも話題のイノマーさんがラジオ特番に 盟友・江頭2:50がナレーション初挑戦” (日本語). ORICON NEWS (2021年2月22日). 2021年2月22日閲覧。
  4. ^ “口腔底がん公表のオナマシ・イノマー、手術前に緊急フリーライブ決定” (日本語). ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2117367/full/ 2018年12月3日閲覧。 
  5. ^ “余命3年公表イノマー、口腔底がん手術前にライブ強行 集大成の裸締め” (日本語). ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2118342/full/ 2018年12月3日閲覧。 
  6. ^ オナマシ・イノマー、口腔底がん再発 - オリコン 2019年7月6日
  7. ^ ひとりの男の生き様が生み出した、一夜限りの祭典” (日本語). 音楽文 (2019年11月14日). 2021年3月14日閲覧。
  8. ^ 性春パンクバンド「オナマシ」イノマーさん、53歳で死去 口腔底がんで闘病1年5ヶ月 - オリコン 2019年12月19日
  9. ^ イノマーさんありがとうございました!【癌発覚から息を引き取るまでの濃密な時間を共に過ごしたレーベル担当が綴るガン奮闘記】 - レポート” (日本語). Rooftop (2020年2月1日). 2020年8月25日閲覧。
  10. ^ “オナマシ・イノマーさんの最期を内縁の妻が明かす「オレは死ねない…」『家ついて』”. テレビドガッチ (株式会社Tver). (2020年4月7日). https://dogatch.jp/news/tx/77835/detail/ 2021年3月1日閲覧。 
  11. ^ “イノマーさん密着『家ついて行って―』ギャラクシー賞月間賞「英断が光る」”. マイナビニュース (株式会社マイナビ). (2021年2月19日). https://news.mynavi.jp/article/20210219-1741456/ 2021年3月1日閲覧。 
  12. ^ オナニーマシーン・イノマー「命を使い切って死んだ」最期の生き様を映したドキュメント(てれびのスキマ)” (日本語). qjweb (2021年1月7日). 2021年3月14日閲覧。

関連項目[編集]