イバン・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガルシア第二姓(母方の)はサンチェスです。
イバン・ガルシア Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム イバン・ガルシア・サンチェス
ラテン文字 Iván García Sánchez
国籍  キューバ
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
生年月日 (1972-02-29) 1972年2月29日(46歳)
生誕地 キューバの旗 サンティアーゴ・デ・クーバ
身長 182cm
体重 75kg
成績
オリンピック 200m 6位 (1996年)
4x100mR 3位 (2000年)
世界選手権 200m 4位 (1997年)
4x100mR 4位 (1993年, 1997年, 1999年)
4x400mR 予選2組2着 (1995年)
地域大会決勝 パンアメリカン競技大会
200m 優勝 (1995年)
4x100mR 優勝 (1995年)
4x400mR 優勝 (1995年)
自己ベスト
100m 10秒09 (1993年)
200m 20秒17 (1995年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

イバン・ガルシア・サンチェスIván García Sánchez1972年2月29日 ‐ )は、キューバサンティアーゴ・デ・クーバ出身の元陸上競技選手。専門は短距離走。自己ベストは100mがキューバ歴代5位の10秒09[1]200mがキューバ歴代3位の20秒17[2]、室内200mがキューバ記録の20秒46。2000年シドニーオリンピック男子4×100mリレーの銅メダリスト、1997年パリ世界室内選手権男子200mの銀メダリストである。

200mがメインのスプリンター。1997年パリ世界室内選手権200mで銀メダルを獲得し、この種目ではオリンピック世界選手権も含め、男女通じてキューバ勢初のメダリストとなった。オリンピックと世界選手権の200mではメダルこそ獲得できなかったが、1995年ヨーテボリ世界選手権で8位、1996年アトランタオリンピックで6位、1997年アテネ世界選手権で4位という成績を残した。

経歴[編集]

1993年[編集]

3月のトロント世界室内選手権男子200m準決勝をキューバ記録(当時)の20秒78で突破し、200mでは男女通じてキューバ勢初のファイナリストとなった。決勝では準決勝のタイムに迫る20秒82をマークするも、3位とは0秒10差の4位でメダルを逃した[3]

1995年[編集]

8月のヨーテボリ世界選手権男子200m準決勝を20秒45(-0.9)の組4着で突破し、200mでは男女通じてキューバ勢初のファイナリストとなったが、決勝は20秒77(+0.5)の8位に終わった[4]。男子4×400mリレーは予選で1走を務め、3分01秒82をマークしての決勝進出に貢献したが、決勝の出番はなかった[5]

1996年[編集]

8月のアトランタオリンピック男子200mで決勝に進出し、この種目では1980年モスクワ大会シルビオ・レオナルド(4位)とOsvaldo Lara(8位)以来となるキューバ勢ファイナリストとなった。決勝では自己ベスト(20秒17)に迫る20秒21をマークするも6位に終わった。

1997年[編集]

3月のパリ世界室内選手権男子200m準決勝をキューバ記録(当時)の20秒48で突破し、前回大会に続いてファイナリストとなると、決勝では準決勝のタイムを縮める20秒46のキューバ記録を樹立。ケビン・リトル(20秒40)に次いで銀メダルを獲得し[6]、200mでは男女通じてキューバ勢初のメダリストとなった。

8月のアテネ世界選手権男子200m準決勝を20秒39(-0.5)の組2着で突破し、前回大会に続いてファイナリストとなると、決勝では追い風参考記録ながら今大会で一番良いタイムの20秒31(+2.3)をマークしたが、3位とは0秒05差の4位で惜しくもメダルは逃した[7]。これは現在も、200mにおけるキューバ勢最高成績となっている(女子も含め)。男子4×100mリレーでは3走(Alfredo García-BaróMisael Ortiz、ガルシア、Luis Alberto Pérez-Rionda)を務め、38秒15をマークしての4位に貢献したが、3位のイギリスとは0秒01差で惜しくもメダルを逃した[8]

1999年[編集]

8月のセビリア世界選手権男子200m準決勝で20秒38(+1.7)の組6着に終わり、3大会連続の決勝進出を逃した[9]。男子4×100mリレーでは2走(Alfredo García-Baró、ガルシア、Luis Alberto Pérez-Rionda、Yoel Hernández)を務め、38秒63をマークしての5位(当時)に貢献した。その後、3位のナイジェリアがドーピング処分でメダルを剥奪され、順位が4位に繰り上がった[10]

2000年[編集]

9月のシドニーオリンピック男子4×100mリレーで3走(José Ángel César、Luis Alberto Pérez-Rionda、ガルシア、フレディ・マヨラ)を務めると、決勝ではキューバ記録(38秒00)に迫る38秒04をマークし、アメリカ(37秒61)、ブラジル(37秒90)に次ぐ銅メダル獲得に貢献した[11]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒09 (+1.9) 1993年5月8日 メキシコの旗 メキシコシティ キューバ歴代5位
200m 20秒17 (+1.0) 1995年3月21日 アルゼンチンの旗 マル・デル・プラタ キューバ歴代3位
300m 32秒56 2000年2月16日 キューバの旗 ハバナ
室内
200m 20秒46 1997年3月8日 フランスの旗 パリ キューバ記録

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1990 中央アメリカ・カリブ
ジュニア選手権 (en
キューバの旗 ハバナ 4x100mR 優勝 40秒62 (4走)
1991 パンアメリカン
ジュニア選手権 (en
ジャマイカの旗 キングストン 100m 7位 10秒84 (+2.4)
200m 6位 21秒49 (+1.6)
4x100mR 3位 41秒58
1993 世界室内選手権 カナダの旗 トロント 200m 4位 20秒82 男女通じキューバ勢初のファイナリスト
準決勝20秒78:キューバ記録
ユニバーシアード (en アメリカ合衆国の旗 バッファロー 200m 3位 20秒55 (+2.4)
世界選手権 ドイツの旗 シュトゥットガルト 4x100mR 4位 38秒39 (2走)
中央アメリカ・カリブ海
競技大会
 (en
アメリカ合衆国の旗 ポンセ 200m 2位 20秒71
4x100mR 優勝 39秒24
1994 グッドウィルゲームズ (en ロシアの旗 サンクトペテルブルク 4x100mR 2位 38秒76 (3走)
4x400mR 2位 3分01秒87 (2走)
1995 パンアメリカン競技大会 (en アルゼンチンの旗 マル・デル・プラタ 200m 優勝 20秒29
4x100mR 優勝 38秒67 (4走)
4x400mR 優勝 3分01秒53 (4走)
世界選手権 スウェーデンの旗 ヨーテボリ 200m 8位 20秒77 (+0.5) 男女通じキューバ勢初のファイナリスト
4x400mR 予選2組2着 3分01秒82 (1走) 決勝進出[注 1]
1996 オリンピック アメリカ合衆国の旗 アトランタ 200m 6位 20秒21 (+0.4)
4x100mR 準決勝2組2着 38秒55 決勝進出[注 2]
1997 世界室内選手権 フランスの旗 パリ 200m 2位 20秒46 男女通じキューバ勢初 (唯一) のメダリスト
キューバ記録
世界選手権 ギリシャの旗 アテネ 200m 4位 20秒31 (+2.3) 男女通じキューバ勢最高成績
4x100mR 4位 38秒15 (3走) 3位と0秒01差
1998 中央アメリカ・カリブ海
競技大会
 (en
ベネズエラの旗 マラカイボ 200m 3位 20秒81
4x100mR 優勝 38秒79
1999 世界室内選手権 日本の旗 前橋 200m 準決勝3組4着 21秒24
世界選手権 スペインの旗 セビリア 200m 準決勝2組6着 20秒38 (+1.7)
4x100mR 4位 38秒63 (2走) 大会後に順位が5位から繰り上がり
2000 イベロアメリカ選手権 (en ブラジルの旗 リオデジャネイロ 4x100mR 2位 38秒97 (3走)
オリンピック オーストラリアの旗 シドニー 4x100mR 3位 38秒04 (3走)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 予選のみ出場。決勝のキューバは3分07秒65の6位。
  2. ^ 予選のみ出場。決勝のキューバは39秒39の6位。

出典[編集]