イバン・クルーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イバン・クルーズ
Ivan Cruz
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区ファハルド
生年月日 (1968-05-03) 1968年5月3日(49歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
227 lb =約103 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1989年 MLBドラフト28巡目
初出場 MLB / 1997年7月18日
NPB / 2001年3月30日
最終出場 MLB / 2002年9月27日
NPB / 2003年8月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

イバン・クルーズLuis Iván Cruz , 1968年5月3日 - )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

コレージオ・サンティアゴ高校、ジャクソンビル大学を経て、1989年MLBドラフト28巡目でデトロイト・タイガースに指名され契約。1997年ニューヨーク・ヤンキースメジャー初昇格。1999年ピッツバーグ・パイレーツに移籍。マイナーリーグでは1996年と1997年にヤンキース傘下(当時)のAAA級コロンバスで主軸として活躍するなどしたが、メジャーでは好成績を残すことはできなかった。

2001年阪神タイガースエドゥアルド・ペレスと共に入団。当時打撃力が不足していた阪神のチーム事情から、「大砲」として期待されての入団であった。オープン戦では19試合で打率.385、7本塁打、14打点と好成績を残し、それまで度々外国人選手に裏切られてきた事情から、ファンやマスコミから「バースの再来」と騒がれた。

巨人との東京ドームでの開幕2戦目で、ダレル・メイからバックスクリーンに特大アーチを放つなど「今回こそは本物」と言われたものの、その後は低打率に喘ぐ。また、シーズン途中に左肩を負傷し、その後も試合に出場したものの状態は悪化。左肩関節唇損傷と診断され治療のため帰国してしまった。不調だったが怪我の回復次第では残留の可能性もあったが、結局同年オフに解雇された。

この年に放った14本の本塁打のうち7本は対巨人戦でのものだった。6月9日の対巨人戦(東京ドーム)でこの年一番の活躍とも言える1試合に3本の本塁打を放ったが、同じ試合で清原和博も3本の本塁打を放ち、なおかつチームは敗れたためあまり目立たなかった。

2002年セントルイス・カージナルス傘下のAAA級メンフィスに所属し、メジャー昇格を果たす。

2003年中日ドラゴンズに入団。2001年に所属した阪神と同様に打撃力不足に悩む中日でも「大砲」として期待された。2001年同様オープン戦では活躍するも開幕後は成績を残せず、オフに退団。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 NYY 11 22 20 0 5 1 0 0 6 3 0 0 0 0 2 0 0 4 0 .250 .318 .300 .618
1999 PIT 5 10 10 3 4 0 0 1 7 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .400 .400 .700 1.100
2000 8 11 11 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 8 1 .091 .091 .091 .182
2001 阪神 70 267 239 19 56 5 0 14 103 34 0 0 0 0 25 4 3 62 5 .234 .315 .431 .746
2002 STL 17 15 14 2 5 0 0 1 8 3 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .357 .400 .571 .971
2003 中日 71 248 225 21 50 8 1 11 93 34 1 0 0 1 20 1 2 60 2 .222 .290 .413 .704
MLB:4年 41 58 55 5 15 1 0 2 22 8 0 0 0 0 3 0 0 17 1 .273 .310 .400 .710
NPB:2年 141 515 464 40 106 13 1 25 196 68 1 0 0 1 45 5 5 122 7 .228 .303 .422 .725

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 47 (1997年)
  • 25 (1999年 - 2000年)
  • 42 (2001年)
  • 16 (2002年)
  • 49 (2003年)

関連項目[編集]