イボンヌ・ブレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イボンヌ・ブレイク
Yvonne Blake
Yvonne Blake
生年月日 1940年
没年月日 2018年7月17日
出生地 イギリスの旗 イギリスマンチェスター
死没地 スペインの旗 スペインマドリード
国籍 イギリスの旗 イギリススペインの旗 スペイン
テンプレートを表示

イボンヌ・ブレイク英語: Yvonne Blake1940年 - 2018年7月17日)は、イギリスマンチェスター出身の衣裳デザイナー。イギリスとスペインの二重国籍である。

経歴[編集]

1940年にイギリスマンチェスターに生まれ、マンチェスター芸術学校英語版で学んだ[1][2]。後年にはハフポストに対して、「24歳の時にアメリカ合衆国の映画で衣裳デザインを担当した際、著名な映画プロデューサーに強姦されたことがある」と語っている[2]

1971年にはフランクリン・J・シャフナー監督作『ニコライとアレクサンドラ』の衣裳デザインをアントニオ・カスティージョ英語版と共同で担当し、アカデミー賞では共同で衣裳デザインを受賞した[3]。1975年にはリチャード・レスター監督作『四銃士』でもアカデミー賞衣裳デザイン賞にノミネートされたが、受賞は逃した。

スペインのゴヤ賞では衣裳デザインを4度受賞している[4][5]。1988年にゴンサロ・スアレス英語版監督作『幻の城 バイロンとシェリー英語版』で初受賞し、1994年にはホセ・ルイス・ガルシ英語版監督作『Cradle Song』で、2003年にはビセンテ・アランダ監督作『carmen.カルメン英語版』で、2004年にはメアリー・マクガキアン英語版監督作『サン・ルイ・レイの橋』で受賞した[4]

2012年にはスペイン映画国民賞を受賞したが、女優以外の女性では初めての受賞者だった[6]。2014年にはヒホン国際映画祭で生涯功労賞を受賞した[7]。2016年7月14日にスペイン映画芸術科学アカデミー(AACCE)のアントニオ・レシネス英語版会長が辞任したことで、ブレイクが会長代理を務めた[1][4]。9月15日には会長選挙が行われ、賛成193票、反対50票でブレイクが正式に会長に就任した[1][4]。2018年1月3日には脳卒中で倒れてマドリードのラモン・カハル病院に緊急入院した[1][2]。2月3日のゴヤ賞授賞式の主催を1か月後に控えての出来事であり、1月10日には集中治療室を出たことを発表したものの、会長の座を辞任することも発表した[1]。同年7月17日、マドリードで78歳で死去[8]

フィルモグラフィー[編集]

いずれも衣裳デザインを担当した。

受賞・ノミネート[編集]

アカデミー賞
作品 部門 結果
1971 ニコライとアレクサンドラ 衣裳デザイン賞 受賞
1975 四銃士 衣裳デザイン賞 ノミネート
英国アカデミー賞
作品 部門 結果
1971 ニコライとアレクサンドラ 衣裳デザイン賞 ノミネート
1973 ジーザス・クライスト・スーパースター 衣裳デザイン賞 ノミネート
1974 三銃士 衣裳デザイン賞 ノミネート
1975 四銃士 衣裳デザイン賞 ノミネート
ゴヤ賞
作品 部門 結果
1988 幻の城 バイロンとシェリー英語版 衣裳デザイン賞 受賞
1991 『Don Juan in Hell』 衣裳デザイン賞 ノミネート
1992 『La reina anónima』 衣裳デザイン賞 ノミネート
1994 『Cradle Song』 衣裳デザイン賞 受賞
2003 carmen.カルメン英語版 衣裳デザイン賞 受賞
2004 サン・ルイ・レイの橋 衣裳デザイン賞 受賞
2006 宮廷画家ゴヤは見た 衣裳デザイン賞 ノミネート

脚注[編集]