イマド・アル・ホサニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イマド・アル・ホサニ Football pictogram.svg
Imad Ali Suleiman Al-Hosni.jpg
名前
本名 イマード・アリー・アル=ホースニー
ラテン文字 Imad Ali Al Hosni
アラビア語 عماد علي الحوسني
基本情報
国籍  オマーンヨルダンの旗 ヨルダン
生年月日 (1984-07-18) 1984年7月18日(34歳)
出身地 ヨルダンアンマン
身長 180cm
選手情報
在籍チーム オマーンの旗 ファンジャSC
ポジション FW
背番号 20
代表歴
2003- オマーンの旗 オマーン 123(37)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

イマド・アル=ホスニアラビア語: عماد علي الحوسنيImad Al Hosni1984年7月18日 - )は、ヨルダンアンマン生まれのサッカーオマーン代表のサッカー選手。ImadはAmadとも書く

来歴[編集]

2003年にオマーンリーグのアル・ハーブーラでキャリアをスタート。2004年にサウジアラビアのアル・リヤドに移籍。そこで30試合16ゴールの高い得点能力を見せる。2005年にカタールのカタールSCに移籍し、2008年には同じカタールのアル・ラーヤンSCに移籍している。2006-2007シーズン、2008-2009シーズンにはそれぞれ11ゴールを挙げカタールリーグの得点ランキング入りをしている。 2009年9月にその高い得点能力が認められ、ジュピラーリーグシャルルロワSCに移籍した。オマーン人プレイヤーのヨーロッパ進出はボルトン・ワンダラーズFCアリ・アル・ハブシに続いて史上2人目の快挙となったが、2010年1月古巣のアル・ラーヤンSCローンで復帰した。2010年夏、サウジアラビアのアル・アハリ・ジッダに移籍。

代表でも高い得点能力は健在で、2004年のアジアカップのグループステージでは強豪イランから2得点を奪い試合をドローに持ち込んでいる。同じグループステージでは日本とも対戦している。2004年のガルフカップではイラクとバーレーンからそれぞれ2得点して4ゴールで大会得点王となる。 近年のオマーン代表のガルフカップでの好成績(2004年と2007年の準優勝、2009年の優勝)の原動力となっている選手である。

オマーンヨルダン二重国籍であったが、オマーン国籍を選択した。

所属歴[編集]

代表歴[編集]