イラガ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
イラガ科
Euclea2.JPG
Euclea delphinii
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目 Lepidoptera
上科 : Zygaenoidea
: イラガ科 Limacodidae
亜科

イラガ科 (Limacodidae) は、昆虫綱チョウ目のひとつ。400属1,000種がいる。

幼虫はカキノキバラ科に多く発生し、多くのを持ち、その毒棘に触れるとハチに刺されたような痛みを生じるため、別名「蜂熊」などと言われる。

冬にはウズラの卵のような殻(大きさは半分以下)の中でになり、春を待つ。殻の中の蛹は魚釣りの餌として用いられることもある。

日本産の主な種類[編集]

日本では約20種が生息している。

関連項目[編集]