イリハム・トフティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
イリハム・トフティ
Ilham Tohti
Profesor Ilham Tohti.jpg
2014年1月19日に撮影
生誕 1969年10月25日
中華人民共和国の旗 中国,新疆ウイグル自治区,クズルス・キルギス自治州,アルトゥシュ市
職業 経済学者

イリハム・トフティウイグル語: ئىلھام توختى中国語: 伊力哈木·土赫提ラテン文字表記:Ilham Tohti、1969年10月25日 - )は、中華人民共和国(中国)の経済学者である。ウイグル族出身[1]で、中央民族大学教授を務めている。

経歴[編集]

新疆ウイグル自治区(新疆)クズルス・キルギス自治州アルトゥシュ市生まれ、東北師範大学卒業。

勾留[編集]

2009年ウイグル騒乱前から、漢族とウイグル族の相互理解を目的とする[2]自身のウェブサイト「維吾爾在線(ウイグル・オンライン)」上で新疆当局への批判を行っており、これがウルムチ市での暴動を煽動したとみなされて2009年7月8日当局に拘束された[3]。 釈放要請運動がおこり、同年8月23日自宅に戻ったことが確認されたという。

イリハムはウイグル独立を主張していない穏健派であるが、彼の民族政策をめぐる言論は中国当局から危険視されている。たびたび旅行を禁じられ、軟禁状態に置かれ、あるいは身柄を拘束されたことがある[2]

2014年1月、北京市で公安当局に拘束された。ウルムチ市公安局は、イリハムに対する捜査について「インターネットを使って新疆の独立を呼びかけていた。国家の分裂活動をしていた証拠が見つかった」と発表した。同年2月25日彼の弁護士は、国家分裂活動に関わった容疑でイリハムが2月20日中国公安当局に逮捕されたことを明らかにした[1]

2014年6月26日、イリハムは初めて弁護士との面会が許される。イリハムは無罪を主張している[4]、また、この弁護士との接見の時、イリハムは拘置所で数々の虐待を受けたと語っており、弁護士はインターネット上にその内容を公開した[5]。公開された内容は、10日間にわたり食事が提供されず、20日間以上にわたり足かせをかけられたり、イスラム教徒口にできない食材を出され、事実上の絶食を強いられたというものである[6]。イリハムの逮捕について、アメリカ合衆国は「深い懸念」を表明、中国政府に釈放を求めている[7]

2014年7月30日、ウルムチ市の人民検察院は、イリハムを国家分裂罪中国語版で起訴したと発表した[8][9]。国家分裂罪は死刑になることもある重罪であり、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、起訴の根拠となっているイリハムのウェブサイトやインタビュー内容に、暴力や違法行為を扇動したと言える言動は一切ないとして、訴追を「根拠が無い」と批判、深い懸念を表明している[10]

9月23日、判決公判が同自治区ウルムチ市中級人民法院(地裁)であり、イリハムに無期懲役の判決が言い渡された。弁護士によると、イリハムは判決に対する不服を表明し、上訴する見通しという[11]。しかし、上訴した後の2014年11月21日に開かれた高級人民法院の判決公判では、無期懲役とした一審判決を支持した。中国は二審制であるため、これでトフティの刑は確定した。弁護士によると、二審の審理は開かれず、判決は裁判所ではなく、拘置施設で言い渡されたという[12]

2016年10月11日アムネスティ・インターナショナルやヒューマン・ライツ・ウォッチなどが国際的な人権賞「マーティン・エナルズ賞」の受賞者に、服役中のイリハムが選出されたことを発表した[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b “ウイグル族学者を逮捕 中国、国家分裂容疑”. 産経新聞. (2014年2月26日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140226/chn14022601280001-n1.htm 2014年2月26日閲覧。 
  2. ^ a b 中国のウイグル族学者、北京空港で出国差し止めに―英メディア”. レコードチャイナ (2013年2月4日). 2014年2月26日閲覧。
  3. ^ Outspoken Economist Presumed Detained”. Radio Free Asia. 2014年2月26日閲覧。
  4. ^ “ウイグル族学者、「無罪」強調=弁護士と初接見-中国新疆”. 時事通信. (2014年6月26日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014062600934 2014年7月3日閲覧。 
  5. ^ “ウイグル族学者、当局の虐待告発 食事なく、足かせも”. 朝日新聞. (2014年6月28日). http://www.asahi.com/articles/ASG6W76TZG6WUHBI037.html 2014年7月3日閲覧。 
  6. ^ 竹内誠一郎 (2014年7月2日). “ウイグル族の学者、拘置所で絶食強制…中国”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20140702-OYT1T50103.html 2014年7月3日閲覧。 
  7. ^ “中国、ウイグル族学者を起訴-国家分裂罪、反発は必至”. 北國新聞. (2014年7月30日). http://www.hokkoku.co.jp/newspack/kokusai2014073001001848.html 2014年8月11日閲覧。 
  8. ^ 隅俊之 (2014年7月30日). “中国:ウイグル族学者イリハム氏を国家分裂罪で起訴”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20140731k0000m030107000c.html 2014年8月4日閲覧。 
  9. ^ “ウイグル族学者を起訴=言論活動、国家分裂罪-中国”. 時事通信社. (2014年7月30日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201407/2014073000965 2014年8月4日閲覧。 
  10. ^ 中国:ウイグル系研究者 根拠無く訴追される イルハム・トフティ氏の起訴に ウイグル反発必至”. ヒューマン・ライツ・ウォッチ (2014年7月31日). 2014年8月11日閲覧。
  11. ^ ウイグル族の学者に国家分裂罪で無期懲役…中国”. 読売新聞 (2014年9月23日). 2014年9月23日閲覧。
  12. ^ 金順姫 (2014年11月22日). “ウイグル族学者、無期懲役が確定 中国”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASGCP5GGBGCPUHBI01X.html 2014年11月29日閲覧。 
  13. ^ 獄中のウイグル族学者に人権賞、中国政府は非難”. CNN (2016年10月12日). 2016年10月16日閲覧。