イリハム・マハムティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いりはむ まはむてぃ
ئىلھام ماھمۇت
Ilham Mahmut
イリハム・マハムティ
生誕 1969年(48–49歳)
Kokbayraq flag.svg 東トルキスタン
中華人民共和国の旗 中国新疆ウイグル自治区クムル市
出身校 西北師範大学中退
職業 人権活動家
団体 日本ウイグル協会代表
アジア自由民主連帯協議会副会長

イリハム・マハムティウイグル語: ئىلھام ماھمۇت Ilham Mahmut、1969年 - )は、東トルキスタン出身の人権活動家日本ウイグル協会代表[1]。アジア自由民主連帯協議会副会長[2]

経歴[編集]

1969年、中国新疆ウイグル自治区コムル(ハミ)生まれ[1]1991年、西北師範大学中国語文学部中退[3]。新疆大学予備学部入学。91年西北師範大学を中退[4]

2001年に来日。日本語学校、コンピュータ専門学校を経て、2005年に日本のIT企業に就職[1]2008年世界ウイグル会議傘下の日本ウイグル協会が設立され、その会長に任命される[5]

ウイグルやトルコ民族と日本の連携強化や啓蒙活動のため、メディアへのインタビュー対応[6][7][8][9]や出演、各種執筆活動[10]YouTubeなどへの動画配信などの活動を行っている。また、中国共産党への抗議デモなどにも参加している[11]

著作[編集]

  • テンジン、イリハム・マハムティ・ダシ・ドノロブ・林建良 『中国の狙いは民族絶滅 チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い』 まどか出版、2009年3月。ISBN 978-4-944235-45-2。
  • イリハム・マハムティ 『7.5ウイグル虐殺の真実 ウルムチで起こったことは、日本でも起こる』 宝島社〈宝島社新書 304〉、2010年1月。ISBN 978-4-7966-7455-3。
  • 潮匡人西村幸祐河添恵子いしゐのぞむ、イリハム・マハムティ 『日本の国益―野蛮・中国に勝つための10の論点』 幸福の科学出版、2012年12月1日。ISBN 978-4863952898。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 代表 イリハム・マハムティ | 日本ウイグル協会
  2. ^ 役員紹介 | 一般社団法人 アジア自由民主連帯協議会
  3. ^ イリハム・マハムティ日本ウイグル協会 | 花田編集長の右向け右! |言論テレビ - 2015年2月27日
  4. ^ “「隣国による侵略の野望を打ち砕け!」 イリハム・マハムティ氏 × 綾織次郎氏 パネルディスカッション【動画】”. Liberty. (2012年5月8日). https://the-liberty.com/article.php?item_id=4265 2018年3月15日閲覧。 
  5. ^ 日本ウイグル協会の活動の紹介・活動履歴 - 日本ウイグル協会とは - Japan Uyghur Association
  6. ^ “天安門自爆テロ事件 当局のウイグル人犯行断定に数々の疑惑”. NEWS ポストセブン. (2013年11月8日). https://www.news-postseven.com/archives/20131108_225916.html 2018年3月15日閲覧。 
  7. ^ “インサイドレポート 天安門爆発!習近平体制はもうボロボロです”. 週刊現代. (2013年11月13日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140802/frn1408021528003-n1.htm 2018年3月15日閲覧。 
  8. ^ “中国、ウイグル族弾圧強化の思惑 「沖縄も侵略対象に…」警告も”. 夕刊フジ. (2014年8月2日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140802/frn1408021528003-n1.htm 2018年3月15日閲覧。 
  9. ^ “ウイグル会議議長の査証発給要求 「台湾団結連盟」”. 産経新聞. (2017年1月24日). http://www.sankei.com/world/news/170124/wor1701240032-n1.html 2018年3月15日閲覧。 
  10. ^ “圧政下の声なき声を聞け オピニオン誌「夢・大アジア」創刊 福岡”. 産経新聞. (2014年11月14日). http://www.sankei.com/region/news/141114/rgn1411140027-n1.html 2018年3月15日閲覧。 
  11. ^ チベット・中国問題研究所 中国政府によるウイグル人虐殺抗議デモ その1 - 2009年7月12日

関連項目[編集]

公職
先代:
(新設)
Kokbayraq flag.svg 日本ウイグル協会代表
2008~2015年(東トルキスタン駐日代表として)
2015年~(一NPO法人の代表として)
次代:
トゥール・ムハメット日本ウイグル連盟代表)