イルビエント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イルビエント
様式的起源 アンビエント[1]
イースト・コースト・ヒップホップ
トリップ・ホップ
インダストリアル・ヒップホップ (英語版)
ダブ[1]
文化的起源 1990年代初期 ニューヨーク
関連項目
ニュージャズ

イルビエント(Illbient) は電子音楽のジャンルの一つ。 この言葉はDJ Olive(英語版)によって[2]、1994年にニューヨークブルックリン区ウィリアムスバーグを拠点としたアーティストコミュニティが作っていた音楽を説明するために使われだしたといわれる。

「イルビエント」という言葉はヒップホップのスラングである「イル<ill>」と「アンビエント」を組み合わせた言葉である。ニューヨークを中心とするイルビエントは、文化の多様性と周囲の汚れた衰退の両方を表現することを目的とした、明確かつ意識的に都会的な形式の電子音楽である。

特徴[編集]

イルビエントには様々なバリエーションがあるが、この音楽はダブのような何層にも重ねた音響[3]ヒップホップのようなサンプリングの使用と、世界中のグルーヴや電子音楽ジャンルのビートプログラミングへの革新的なアプローチによって特徴づけられる。

主なアーティスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Electronic » Downtempo » Illbient”. 2021年2月9日閲覧。 “Centered in New York City (Brooklyn in particular), illbient is a distinctly and consciously urban form of electronic music, aiming to express both the cultural variety and grimy decay of its surroundings.”
  2. ^ a b Laurent Fintoni (2014年). “Illbient, tension and the Brooklyn Immersionist movement: DJ Olive in conversation”. 2021年2月9日閲覧。
  3. ^ Reynolds, Simon (2013). Energy Flash: A Journey Through Rave Music and Dance Culture. Soft Skull Press. "Unlike the UK's marijuana-infused ambient culture, New York's 'illbient' scene is less about wombing soundbaths and vegetative bliss, more about creating audio-sculptures and environmental soundscapes."