イル・ド・フランス (客船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SS Ile de France.jpg
1920年代のイル・ド・フランス
基本情報
船籍 フランスの旗 フランス
建造所 サン・ナゼールベノエ造船所
経歴
起工 1925年
進水 1926年3月14日
竣工 1926年5月29日
就航 1927年6月22日
その後 1960年解体
要目
総トン数 1949年44,356トン(1927年竣工時43,153トン)
全長 241.1 m
全幅 35.9m
喫水 27.7m
機関方式 竣工時 プルドン・カプス式ボイラー20基+パーソンズ直結タービン4基4軸
出力 定格:52,000馬力
最大:60,000馬力
航海速力 23.5ノット
旅客定員 1,786名(一等537名、二等[1]603名、三等646名)
乗組員 800名
テンプレートを表示

イル・ド・フランス(S.S.Ile de France)(フランス語: S.S.Île de France)は、1926年に竣工したフランス客船である。

概要[編集]

イル・ド・フランスのサロン

フランスのCGT(現CMA CGM[2]が北大西洋航路で第二次世界大戦を挟み1927年から1958年まで運行し、異彩を放ったキャビンサービスや船内インテリアデザインから、エスプリ客船と称され旅行者達に親しまれた。

建造[編集]

ニューヨーク航路急行便の大型客船フランス(1910 en)、パリ(1916 en)に続き、1925年起工し[3]イギリスのオリンピック、ベレンガリア(もとドイツ船インペラトール(en)[4])、アキタニア(en)に次ぐ規模の大型船だが新造船「T5計画」の仕様は巡航速度22ノット確保に機関は旧式化した直結タービン[5][6]、CGTの野暮ったい外観[7]船形デザインと相まって船体船型設計基本は保守的なものだった。
船名はフランス首都圏のイル=ド=フランス地域圏に因み、1926年5月29日竣工したが就航は同時代の最大級豪華客船のなか異例に遅い翌年6月となった。
建築家ル・コルビュジエの著書「建築をめざして」(1922年)にある一節「住宅は住むための機械である(machines à habiter)。」の影響はアール・デコ・デザインのインテリアより機関室や壁の中など目立たない部分にあった。機関室にフォウマイト社製消火設備(Foamite extinguisher)を備え消火剤散布は通常主機ボイラーに依存、主機発電650kwと補助ボイラー55kwで200Vの安定した電力供給から、エンジン換気は電動のハウデン式押込通風装置で客室の空調とともにかつてはカウル・タイプのベンチレーターが独立し複数設置されていた[8]が船内機器設備用ユーティリティスペースを大幅に見直してベンチレーターダクトのエンド形状工夫やトップハウスとファンネルハウスを拡張してその中に纏め船体上部デッキに広い空間をもたらした。[9]この設備配置を応用した1935年のノルマンディーでは計画中「客船の美観」を追求しアイデアからスケッチを起こし検討する一方、イギリスで1936年5月就航クイーン・メリー は強力なエンジンと新しい換気機器や空調装置を備えたが設備配置の設計概念は1925年以前で、姉妹船のクイーン・エリザベスでは改善を図っている。
1920年代は大型客船にとっては過渡期にあり、燃料は重油に移行していたが船型は石炭焚のボイラーから煤煙に細長く高い煙突が並ぶ豪華客船のデザインを引きずり、イル・ド・フランスの第三煙突は実質ダミー・ファンネル(擬似煙突)でこの再現に設置し推進主機の機関室換気ベンチレーター排出口と補助ボイラー排気に当てられた。補助ボイラーは接岸中デリックやキャビン空調など動力源で推進主機のプルドン・カプス式ボイラーと同じく蒸気々圧は低く煤煙の多さから写真に見られるようダミー・ファンネルには見えなかった。

就航[編集]

船体完成後、船内インテリアで個客室などに自国の代表的木工家具作家エミール=ジャック・リュールマン(英語版)等特注品にこだわり、パリ万国博覧会 (1925年)の成功から調度レイアウト、食器や備品でコンペティションを採りその調整に長い期間を設け[10]、現場の船ではキャビンサービス訓練など、本社ではCGT贔屓上流階級の乗客に向けこの新造船を紹介する冊子を製作し送付した。新造船就航で前もってダイレクトメールとカタログ発行の営業活動は船会社では新しい試みだった。[11]

1927年6月22日にル・アーヴル出港、処女航海に就き、サウサンプトンを経由して ニューヨークに到着する。在来船で高評価を得ていたキャビンサービスやフランス料理に加え、従来とは刷新され開放感に富むアール・デコデザインのキャビンレイアウト、特に四階ぶち抜きの一等船客ロビーは前代未聞で[12][13]、陸上と遜色ない充実した娯楽室、バーには全長9Mに及ぶカウンターテーブルを備え、一等室はホテル以上マンションに近い間取りを再現しその439室それぞれでインテリアデザインは異なり、配置された家具調度、最新設備の快適さが大評判となった[14]。 アメリカ出発の旅行者にとって、CGTの定期船にはブルーリボン賞船の速度は無く利便性は薄かったが、異国フランスの建物に入った錯覚にとらわれる刺激、故郷への訪問者には安堵感や郷愁、贅沢感をもたらした。さらなるエスプリ客船のイメージ創りに、CGTは「ギャングウェイ(乗船用の移動式渡り廊下)を渡って乗船したら、もうそこはフランスです」というキャッチコピーでアピールした[15]。 乗客定員1786人は手厚いサービス提供の上限から定員以下の1400人止まりだったが、CGTはニューヨーク急行便の好調でこの年過去最高益を上げ、またイル・ド・フランスの一等客室は1935年まで[16]この航路の人気首位を維持し、1938年までの十年間では平均船客数は一航海当り795人の消席率を誇った[17]

1928年7月から1930年10月の間、カタパルトを船尾に設置し、飛行艇リオレ・エ・オリビエ、H-198または、CAMS 37を搭載し、到着1日前(または100マイル手前[18])に発信させる郵便先達サービスを行った[19][20][21]が、 天候や技術面で実績は振るわず[22]、コストを理由に廃止された[23]。撤去した空間には幅12m長24mで9ホールのゴルフ施設を設けた。
船名をネオンサインイルミネーションでトップデッキに設置した客船ではイル・ド・フランスが嚆矢とされ後続ノルマンディは言うまでも無くドイツNDLのブレーメン級も模倣し、接岸停泊中満艦飾からライトアップ設備がさらに増設されPR用電飾装置は副次で後述項目「救助船」の作業で役立った 。

軍事輸送船時代のイル・ド・フランス。背後の船は「アキタニア(Aquitania)」。

1939年9月3日の朝、フランスはドイツに宣戦布告した。その数時間前「イル・ド・フランス」はル・アーヴルを解纜、日増しに避難者や帰国者が増加する中、この便では定員を400人超える状態で、豪華なサービスも行き届かない難民船状態だった。臨戦警戒で灯火制限が敷かれ、相次ぐフランス国籍船への攻撃と亡失の情報を受け取る緊張のなか、9月9日ニューヨークに到着した。会社指示で復航は取りやめ、100名ほどの保安要員を残しニューヨークのスタテン島[24]に停泊した。船を降りた乗組員達はCGT社内辞令異動、徴兵、軍属志願や義勇ボランティアなど[25]でそれぞれの路に着いた。

1940年3月連合国側に接収され同年5月1日イギリス軍事輸送船としてヨーロッパ、シンガポールオーストラリアを運行、1942年10月南アフリカポート・エリザベスに寄港、ここで調度装飾を破壊撤去して兵員輸送船へ改装した。

1949年時のイル・ド・フランス。煙突の本数と形状が変更されていた。

戦争終結の1945年秋、イギリスからCGTに返還されたが1947年までアメリカ、カナダへの復員専用に提供され[26]、解傭後の同年4月サン・ナゼールにて復旧修理と改装が行われる。物資不足や戦時の破壊と酷使で2年に及ぶ長期工事の末、ダミー・ファンネル[27] を撤去し二本煙突の新装で1949年7月、北大西洋航路に復帰する。戦前同様の厚いサービス[28]で好評を博した。

救助船[編集]

「イル・ド・フランス」には「大西洋のセント・バーナード」という異名もあった。これは同船が数多くの海上救難を行ったことに由来するもので、1932年に船客を見送りに来た民間機が同船付近で墜落したのを救助したのを皮切りに、1951年には機関室浸水で漂流していた英貨物船「チェズウィック」をエスコート、1953年には荒天で沈没した英貨物船「グリーンヴィル」の乗員26名中24名を救助、1958年にはスウェーデン客船「クングスホルム」で病気の船客に吸入させる酸素が不足したのに対して補給を行い、その2週間後にはオランダ貨物船「ソェスダイク」の乗員が虫垂炎になったのを引き取って、船客の外科医の執刀によって手術を行った。開腹したところ、既に虫垂穿孔から腹膜炎を来しており、本船で手術が行えなければ致命的になりうる状況であった。さらにその10日後には、リベリア船籍の貨物船から喘息の乗員を引き取り、船医が治療を行っている。

様々な救助実績のなかで最も有名なのが、1956年7月25日「アンドレア・ドーリア」遭難事件への対応である。
この航海で専任船長休暇から代理の任にあったラウル・ド・ボーディアン男爵は復航ニューヨーク出帆からしばらくのち遭難信号の一報を受け無線室に追加情報の収集を命じたが「アンドレア・ドーリア」の応答は無く、追ってもう一方の事故当事者「m.v.ストックホルム」とのコンタクトで半信半疑のまま[29]ただちに復路を中断し反転、救助活動に向かった。この事件では衝突の直接犠牲者を除き1660名の生存者が救助されたが、このうち、本船は754名(船客576名、乗員178名)を収容している。事故発生時「アンドレア・ドーリア」の船長以下乗組員は被害状況をすみやかに把握し整然と避難誘導を進め、また事故発生時の濃霧から救難作業中好転した気象条件と「アンドレア・ドーリア」の救難信号に応答した船舶6隻の密接な連携から、この事件は海難救助の好例の一つとされる。また巨大な「イル・ド・フランス」の存在は遭難者に安心感をもたらし、疲労や衰弱に対して熟練した救難介護経験が発揮された。この救助活動は世界中から賞賛を受け、その功績によって勇敢な船への授賞を受けている。非アメリカ船籍の船としては異例なことであった。

豪華客船中の豪華客船[編集]

イル・ド・フランスへの評「豪華客船中の豪華客船」に異議を唱える意見は多く、船体規模、絢爛なインテリアに速度記録など、様々な面でこれを凌駕する豪華客船はそれ以前から、またその引退以降も刷新を繰り返している。それでも長い運行期間中、乗客にまつわるエピソードや伝説、時にはユニークな料理そして多くの洋上救難活動など、広範な活動と逸話に彩られた、20世紀前半~中期における屈指の客船であったことは異論の余地がない。

他社では欧米社交界と上流階級のマナーを踏襲し、様式に則ったサービスに終始したが、CGTはフランス伝統の中にあっても堅苦しさは薄く、多民族の文化に応える柔軟な姿勢で臨んだ。その評判を聞いて藤田嗣治なども乗船している。

キャッチコピーを早くから導入するなど、イル・ド・フランスの運航会社であるCGTは広報活動にも巧みであったが、それゆえか真偽定かでない伝説も多く伝えられている。当時の報道や文献、乗船名簿の記録などから、全くの捏造ではないが脚色が入っていると思われる事例も多い。

  • イサドラ・ダンカンが乗船した際、船員基金チャリティ(ハリウッド・ガラ・ナイト)[30]の話を聞き、募金への協力に乗客向けの舞踏を上演する際、バランスをとって船の揺れを鎮めるために燃料の重油を放出したとされる出来事。
  • ラ・アルヘンティーナが航海中に公演を行い、その間は天気予報から針路や速度の指示がいつもより多く、結果到着予定日が遅れてしまった。
  • ある実業家夫人が部屋つきのボーイにのたもうた。「私、お風呂に入りながらすてきな音楽を聴いてみたいのよね」。翌朝、彼女がバスタブに身を沈めると、その外廊下から音楽が聞こえてくる。ダンスホールの楽団から数人が出張し音楽を奏で、心地よい長い入浴が約一時間のあいだ続いた。等々[31]
  • 乗客のペット犬などへ提供する食事メニューを発行した客船は、イル・ド・フランスが最初である。
  • 既にトップスターの地位にあった俳優モーリス・シュヴァリエは、ある航海で乗船した際、頭を下げ、自分が厨房に入って料理を一つ作りたいと願い出た。料理のリクエストではなく、乗客が、それも欧米を股に掛けて活躍していたフランスを代表するスターが「厨房に立って調理したい」という希望に、司厨担当達は驚いたが希望を聞き入れた。シュヴァリエは無礼を詫びて、母親が得意とした羊煮込み料理を作り、同行のパーティに振舞った。シュヴァリエは、再乗船ではコースメニューを提案して調理に加わり、一等クラスの晩餐がシュヴァリエの献立でもてなされた。
  • ナンシー・キュナード(en)は、CGTと競合するイギリスの名門キュナード汽船創業者の孫だが、大西洋渡航は必ずイル・ド・フランスを指定し乗船した。
  • 世界的指揮者アルトゥーロ・トスカニーニは、アメリカで公演する際はイル・ド・フランスのスケジュールに合わせてニューヨーク入り、停泊中の水曜から土曜日にかけてフィラデルフィアなどで演奏公演を行い、とんぼ返りを繰り返した。
  • CGT社長ジャン・ドール・ピアズが客船イル・ド・フランスの理念について語ったとされる言葉がある。
    • 「生きると言うことは模倣することではない。創造することだ。」[32]

終焉[編集]

フランス(en)の建造に伴い1958年引退、 スクラップとして1959年日本に売却、アメリカ映画「最後の航海」(en)のロケ、セット使用からふらんす丸に改名[33]、撮影後大阪で解体された。その際にいくつかの装飾品が徳島県立博物館に引き取られた[34]ほか、戦争等による休業から再開を図っていた摩耶観光ホテルの内装品としても使用された[35]

脚注[編集]

  1. ^ 又は「ツーリスト・クラス」。
  2. ^ Compagnie Générale Transatlantique, カンパニー・ジェネラール・トランザトランティーク(fr)または「フランス・ライン」
  3. ^ この航路では他社より年間輸送人員実績で劣るCGTは、数年を置いて一隻ずつ更新していた。
  4. ^ ハパグ(ハンブルグ=アメリカン汽船)1913年竣工、1919年賠償船としてイギリスキュナード汽船に引き渡された。同型船にファーターラントenマジェスティックがある。
  5. ^ 第一次世界大戦で工事中断、戦後完成したパリ(1916 fr)と同世代の燃費の悪い旧式な機関を採用した理由は不明。推測で、1. 造船所とエンジンメーカーでライセンス上の確執、2. 造船所の経験不足。3. 余剰物資の採用。4. フランス政府の郵便運送協定による助成金へ提出を急いだ建造計画(3.と関連する)。5. 船主CGT側が大型舶用ギヤードタービンの信頼性に疑問を呈した、など。イギリス、ドイツで先行した4万トン超大型商船の造船技術では試行錯誤が付きまとい、イル・ド・フランスの建造も旧式機関採用で万全を期したにもかかわらず推進器、船体構造に由来する船体振動が発生した。その後実地運航のなかで原因究明が行われ対策は5年後のオーバーホール時に実施された。(『豪華客船スピード競争の物語』著 Denis Griffiths p149)
  6. ^ 『豪華客船スピード競争の物語』 成山堂書店 1998年2月 著 Denis Griffiths
  7. ^ CGTの運航する船のほとんどは貨物船貨客船で、南米、アフリカ定期航路を展開していた。
  8. ^ 『豪華客船スピード競争の物語』著 Denis Griffiths p149
  9. ^ 現代のビルや建築物では常識。電動式強制ベンチレーターは新しいものではなくこの配置設計は1910年代から試みは行われていたがブロック・局所で、大型客船々体全体で計画は画期的な設計でイル・ド・フランスのレイアウトはその初期にあたる。
  10. ^ 船舶客室のインテリア・デザインにコンペティション方式は初でのち、また船内アメニティのあり方を追求したCGT社長ジャン・ドール・ピアズ / John Dal Piaz(fr)に負う部分が大きい。
  11. ^ 貨物輸送では企業へ案内と新規大口顧客開拓などで発行されていた。
  12. ^ 後年の大型客船がこれにならい、模倣する。
  13. ^ NTT出版『豪華客船の文化史』野間恒著、第六章「活気溢れる一九二〇代」(一)フランスのエスプリ客船 p.167
  14. ^ 前二隻で試行したキャビン・レイアウト(船室間取)は、本船で完成し、ノルマンディーフランスに引き継がれる
  15. ^ NTT出版『豪華客船の文化史』野間恒著、第六章「活気溢れる一九二〇代」(一)フランスのエスプリ客船 p.167
  16. ^ 同社のノルマンディー就航
  17. ^ 移民法改正以降、旅客輸送でフランス(1910 en)以降の船質改善とCGTの努力からニューヨーク急行便と普通便、ボストン線などの北米定期便も人気になった。
  18. ^ 200マイル手前とする資料もある。
  19. ^ 正式に1928年8月13日開始。
  20. ^ http://aama.museeairespace.fr/amismuseeair/pages
  21. ^ [1]
  22. ^ 1928年4回、1929年8回、1930年12回
  23. ^ その後1929年7月就航のドイツ客船ブレーメンと姉妹船オイローパが新造から装備して1935年まで行っていた。またイル・ド・フランス以前ではカタパルト実用化前の時代に仮設滑走板を設置し実地実験が何例か試行されている。 [2]
  24. ^ 魚雷攻撃の懸念から潜水艦が侵入できない浅海域に当時の価格で約30,000ドルを掛けて浚渫し停泊地を設けた。
  25. ^ 乗組員にはフランス国籍者以外も居た。
  26. ^ 錆が浮き上がり荒廃した様子でスエズ運河を航行する写真が残されている。
  27. ^ 第三煙突。機関室換気と発電補助ボイラー排気用。
  28. ^ CGTのキャッチフレーズ「『イル・ド・フランス』ではいつも二人以上のスタッフが一人のお客様に仕えています。」これは乗客定員数に航海に携わる船員を含めた乗組員との比率。ファースト・クラス(一等室船客)では既にマンツーマン以上のサービスがお馴染みで、この広告はツーリストやエコノミークラス集客へ向けたもの。
  29. ^ 1951年竣工の最新鋭客船が沈没に瀕し追って無電連絡に「搭載した救命ボート半分が使用不能」という状況は1949年に避難設備を刷新したイル・ド・フランスと比べても不可解だったという。ボーディアン船長は代理の立場で定期便航海を打ち切ったことに自責の念にかられたが批難する者は無く、ニューヨークに引き返し遭難者達を送り届けるとその英断には称賛と敬意をもって迎えられた。
  30. ^ 船内のアトラクション(余興)のひとつ。
  31. ^ 『豪華客船物語』六興出版 松井邦雄著p.112
  32. ^ 『豪華客船物語』六興出版 松井邦雄著p.108
  33. ^ 映画では「沈没」したが実際は沈んでいない。
  34. ^ 第3章 1館長回顧文 - 徳島県立博物館[3](4)フランス客船の美術品「昭和34年5月29日(中略)イル・ド・フランス号(44.356トン)に乗船し(略)博物館装飾品として寄贈する旨申し出があった。一等船客用食堂サロンの壁面の裸婦石膏像・シャンデリアの一部・油絵2点・レターデスクの譲渡方を依頼した。」
  35. ^ 金子直樹 2005, pp. 78-79.

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 竹野宏之「客船史つれづれ草(5)大西洋のセント・バーナード」、『世界の艦船』第674号、海人社、2007年5月、 112-115頁、 NAID 40015404751
  • 『豪華客船物語』六興出版 松井邦雄著 1990年8月 ISBN 4-8453-6048-9
  • 『豪華客船スピード競争の物語』 成山堂書店 1998年2月 著 Denis Griffiths・翻訳 粟田 亨 ISBN 978-4425712915
  • NTT出版『豪華客船の文化史』野間恒著 1993年4月 ISBN 4-87188-210-1
  • パシフィカ「海難 SAVED! -10時間59分の生と死のドラマ 」ウィリアム・ホッファー William_Hoffer訳 羽林泰 1980年6月
  • 金子直樹「「廃墟」の歴史地理 : 摩耶観光ホテルを事例に」、『人文論究』第55巻第1号、関西学院大学、2005年5月25日、 63-88頁、 NAID 110004500468