イワナシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
イワナシ
Epigaea asiatica 1.JPG
福島県帝釈山 2010年6月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: イワナシ属 Epigaea
: イワナシ E. asiatica
学名
Epigaea asiatica Maxim.
シノニム

Parapyrola asiatica (Maxim.) Kitam.

和名
イワナシ(岩梨)

イワナシ(岩梨、学名:Epigaea asiatica )はツツジ科イワナシ属常緑小低木。別名、イバナシ。

特徴[編集]

は赤褐色の粗い毛を持ち、地上を這って広がり、長さは10-25cmになる。は短い柄をもって茎に互生し、やや革質になる。葉の形は卵形で先端は尖り、長さ4-10cm、幅2-4cmになり、縁には褐色の粗い毛が生じる。

花期は5-6月。枝の先端に総状花序につき、3-8個の淡紅色のをつける。は深く5裂し、長さ1cmの鐘形の花冠をつける。花冠は先端が5裂し広がる。雄蕊は10本ある。果実は緑色から赤褐色の果皮に包まれ、径1cmの扁球形の蒴果となり、ナシのような甘味があり、食用になる。

和名は果実がナシ(梨)に似ていることによる。

分布と生育環境[編集]

日本固有種。北海道西南部、本州の日本海側に分布し、山地から亜高山帯の林縁に生育する。

ギャラリー[編集]

花 
果実 
果実 
果実 

参考文献[編集]