イワン・コズロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イワン・セミョーノヴィチ・コズロフスキー
Ivan Semyonovich Kozlovsky 1942.jpg
基本情報
生誕 (1900-03-24) 1900年3月24日
出身地 ウクライナキエフ
死没 (1993-12-21) 1993年12月21日(93歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 テノール

イワン・コズロフスキー(イワン・セミョーノヴィチ・コズロフスキー、Иван Семёнович Козловский、Ivan Kozlovsky、1900年3月24日 - 1993年12月21日)は、ウクライナ生まれで、ソビエト連邦で活躍したオペラ歌手(テノール)。

経歴[編集]

1900年、ウクライナキエフ州ワシリコフ地区近郊のマリヤノフカ生まれ。7歳からキエフの聖ミハイール黄金ドーム修道院で歌う。そこには宗教音楽作曲家として有名なアレクサンドル・コシツ( Alexander Koshetz)が所属していた。間もなくしてキエフのトロイツキー人民会堂(後のニコライ・サドフ劇場)で歌い始める。 1917~1920年、高等音楽-演劇大学(キエフ国立演劇・映画・テレビ大学, Kyiv National I. K. Karpenko-Kary Theatre, Cinema and Television University)の声楽クラスでエレーナ・ムラヴィヨヴァの下で学ぶ。

1920~1923年、赤軍軍務でポルタヴァに行き、1922年からポルタヴァ音楽-演劇移動劇場に参加する。この劇場で初めて主要な役がつき、グノーのファウストを歌う。1924年には、ハリコフのロシア国立オペラ(現ハリコフオペラ・バレエ劇場)に所属。1925~1926年、スヴェルドロフスク国立オペラ劇場(現エカテリンブルクオペラ・バレエ劇場)のソリスト。

1926年にボリショイ劇場に呼ばれ、ジュゼッペ・ヴェルディ椿姫』のアルフレード役でデビュー。その後も様々な役を歌い、1930年代末にはヨシフ・スターリンが好んだ歌手の一人となった。同じくテノール歌手のセルゲイ・レメシェフと共に、2人は1930~1950年代のボリショイ劇場の人気歌手であった。1954年、人気絶頂期にボリショイ劇場を永久に去る。この理由は現在まで不明である。[1]

1993年、モスクワで死去。墓はモスクワのノヴォデヴィチ墓地にある。

ウクライナ音楽[編集]

コズロフスキーは早くからウクライナ音楽の支持者で、ミコラ・アルカス(Аркас Микола Миколайович)、ミコラ・リセンコなどの音楽を歌っている。彼は1940年にはタラス・シェフチェンコの作品に基づいたアルカスのオペラ『カテリーナ』(1980年)の初演、1954年にはイヴァン・コトリャレーウシキー戯曲に基づいたリセンコのオペラ『ポルターヴァのナタールカ』(Наталка Полтавка)の初演を指揮している。また、ウクライナの民謡ロマンスアリアも録音して、20のレコードにしている。

音楽[編集]

録音だけでなく映画の中でも歌っている(モスフィルムボリス・ゴドゥノフなど)。

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 歌手イワン・コズロフスキー生まれる (Russia Beyond、2013年3月24日)