イワン・シラーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イワン・シラーエフ
Иван Степанович Силаев
生年月日 (1930-10-21) 1930年10月21日(88歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国ニジニ・ノヴゴロド州
前職 航空工業大臣、ソ連副首相、機械製作本部議長

在任期間 1990年 - 1991年
最高会議議長 ボリス・エリツィン

在任期間 1991年8月24日 - 1991年12月25日
ソビエト連邦大統領 ミハイル・ゴルバチョフ
テンプレートを表示

イワン・ステパノヴィチ・シラーエフ (ロシア語: Иван Степа́нович Сила́ев, tr. イヴァン・スチパーナヴィチ・スィラーイェフロシア語ラテン翻字: Ivan Stepanovich Silaev, 1930年10月21日 - )は、ソビエト連邦政治家ボリス・エリツィンの下で、1990年6月からロシア共和国首相を務め、ソ連8月クーデター後、ソ連国民経済管理委員会委員長として実質的にソ連最後の首相を務めた。

来歴・人物[編集]

ソ連ロシア連邦共和国ニジニ・ノヴゴロド州に生まれる。1954年、カザン航空大学を卒業後、航空機製造工場、ソ連航空工業省に勤務し、航空工業大臣。1985年からミハイル・ゴルバチョフ書記長のもと、ソ連副首相、機械製作本部議長を兼務する。1990年6月からロシア連邦共和国の首相に就任する。急進改革派のエリツィン最高会議議長(のち大統領)と、ソ連共産党保守派のイワン・ポロスコフロシア共産党第一書記の間にあって、シラーエフはゴルバチョフ系の中間派に位置する経済実務の責任者であった。1991年8月のクーデターではエリツィンとともにあって、ロシア最高会議ビル(ホワイトハウス)に籠城し、クーデター失敗後、アレクサンドル・ルツコイ副大統領らとクリミア半島に飛び、ゴルバチョフを無事に救出した。1991年9月26日、新設されたソ連国民経済管理委員会委員長に就任。「経済首相」とも呼べる地位に就き、ゴルバチョフとともにソ連経済再建に着手する寸前にソ連は崩壊した。その後、シラーエフは新生ロシアのEU代表となった。

先代:
ウラジーミル・シチェルバコフロシア語版
(首相代行・第一副首相)
ソビエト連邦の首相
1991年9月 - 12月
次代:
ソ連崩壊により廃止)