イワン・フェジュニンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イワン・フェジュニンスキー
Иван Федюнинский
生誕 (1900-07-30) 1900年7月30日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
Coat of Arms of Tobolsk gubernia (Russian empire).png トボリスク県英語版 ギレヴォ
死没 1977年10月17日(1977-10-17)(77歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 モスクワ
所属組織 ソ連地上軍
軍歴 1919年 - 1965年
最終階級 上級大将
テンプレートを表示

イワン・イワノヴィッチ・フェジュニンスキーロシア語: Иван Иванович Федюнинский, ラテン文字表記の例: Ivan Ivanovich Fedyuninsky, 1900年7月17日 - 1977年10月17日)は、ソ連軍人。上級大将。ソ連邦英雄

経歴[編集]

ギレヴォ村(現スヴェルドロフスク州トゥグルィムスキー地区)出身。

1919年から赤軍ロシア内戦時、兵卒として西部戦線で戦う。1924年、ウラジオストク歩兵学校を卒業し、小隊長となる。1929年の東清鉄道紛争時、中隊を指揮。1930年から共産党員。1931年、「射撃」課程を修了し、大隊長となる。1936年、連隊長補佐。1939年、自動車化狙撃連隊長となり、ノモンハン事件で功績を挙げ、ソ連邦英雄の称号を授与された。1940年2月、師団長、同年11月、狙撃軍団長。1941年、参謀本部軍事アカデミー附属高等指揮要員完全化課程を修了。

独ソ戦時、狙撃軍団、第32軍(1941年8月~9月)、第42軍(1941年9月~10月)、レニングラード戦線(1941年10月)、第54軍(1941年10月~1942年4月)、第5軍(1942年4月~10月)を指揮。1942年10月からヴォルホフ戦線副司令官、1943年5月からブリャンスク戦線副司令官。1943年7月から第11軍司令官、1943年12月から終戦まで第2打撃軍司令官。フェジュニンスキー指揮下の部隊は、レニングラードの防衛・封鎖解除、チフヴィン、ルジェフ・シチョフ作戦、クルスクの戦い、ブリャンスク、ゴメリ・レチツク、クラスノセリスコ・ロプシン、ナルヴァ、タリン、東プロシア、東ポメラニア、ベルリン作戦に参加した。戦時中、最高司令官令で25回指摘された。

戦後、1946年~1947年までアルハンゲリスク軍管区司令官。1948年、参謀本部軍事アカデミー附属高等学術課程を修了し、各職を歴任する。1951年、駐独ソビエト軍集団副司令官、第一副司令官。1954年、ザカフカーズ軍管区司令官。1957年、トルケスタン軍管区司令官。1965年12月、ソ連国防省監察総監部軍事監察顧問。第5期、第6期ソ連最高会議代議員。

パーソナル[編集]

諸外国[編集]

モンゴル

ポーランド

東ドイツ

トゥヴァ人民共和国

  • 赤旗勲章

チェコスロバキア