インガム (巡視船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USCGC インガム
USCGCインガム (1965年撮影)
USCGCインガム
1965年撮影)
基本情報
建造所 フィラデルフィア海軍造船所
運用者 アメリカ沿岸警備隊
艦種 カッター
級名 トレジャリー級英語版
モットー Never too old to serve
(仕えるに老い過ぎたることなし)
艦歴
発注 1934年1月30日
起工 1935年5月1日
進水 1936年6月1日
就役 1936年9月12日
退役 1988年5月27日
その後 博物館船として保存
要目
排水量 2,700 トン
全長 327 ft(100 m)
最大幅 41 ft(12 m)
主缶 バブコック・アンド・ウィルコックスボイラー×2基
主機 ウェスティングハウス2段減速ギアード蒸気タービン×2基
出力 6,200shp(4,600 kW)
推進器 2軸推進
最大速力 21 ノット(39 km/h;24 mph)
燃料 147,000 ガロン(556,456 L
航続距離 8,270海里(15,320km)
乗員 120 - 300名(時期により差異あり)
兵装 竣工時:
Mk 7 5インチ単装砲×2基
6ポンド礼砲×2基
1ポンド礼砲×1基
第二次世界大戦時:
Mk 12 5インチ単装砲×2基
40mm連装機銃×3基
20mm単装機銃×8基
爆雷投下軌条
爆雷投射機(K砲)
最終時:
Mk 12 5インチ単装砲×1基
12.7mm単装機銃×2基[1]
搭載機 グラマンJF ダック水上機(のち撤去)
レーダー SC-2、SGA(1945年
ソナー QC(1945年)
その他 アメリカ合衆国国家歴史登録財1992年4月27日指定)[2]
アメリカ合衆国国定歴史建造物(1992年4月27日指定)[3]

艦番号:WPG-351941年7月1日
WAGC-351944年7月24日
WHEC-351965年5月1日
テンプレートを表示

インガム(USCGC Ingham, WPG/WAGC/WHEC-35) は、アメリカ沿岸警備隊カッタートレジャリー級英語版。艦名は第9代アメリカ合衆国財務長官サミュエル・インガムに因む。「インガム」の名を持つカッターとしては四代目。

インガムはアメリカ沿岸警備隊史上最多の勲章を授与され、また殊勲部隊章(Presidential Unit Citation)を唯一二度受章した武勲めでたい船として知られている。

インガムは現在フロリダ州キーウェスト博物館船として保存されており、アメリカ合衆国国定歴史建造物およびアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定されている。

船歴[編集]

1934年1月30日にアメリカ合衆国財務省によって結ばれた建造契約に基づき、インガムは1935年5月1日にフィラデルフィア海軍造船所で起工、1936年6月3日に姉妹船ウィリアム・J・デュアン(USCGC William J. Duane)とロジャー・B・トーニー(USCGC Taney)と共に進水した。インガムは同日キャサリン・インガム・ブラッシュ(Katherine Ingham Brush)によって当初の船名である「サミュエル・D・インガム」(USCGC Samual D. Ingham)と命名され、1936年9月12日に就役した。その後インガムは1937年5月に「インガム」(USCGC Ingham)に改名されている。

第二次世界大戦[編集]

サウスカロライナ州の海軍造船所におけるインガム。 1944年10月11日。

第二次世界大戦が勃発すると、インガムは他の沿岸警備隊カッターと同様に船団護衛任務に就いた。インガムは多数の船団を護衛する中で、悪天候、ドイツ海軍Uボート、そして敵機と戦いながら、イギリスを支える各種物資を運ぶ輸送船を守った。

1942年12月15日、船団護衛中だったインガムはドイツの潜水艦U-626を撃沈した[4] 。さらに1944年以降、インガムは上陸作戦における指揮艦として活動し太平洋戦域で3つの戦いに参加した。インガムはUボートを撃沈したアメリカ艦艇で最後まで現役であった艦だった。

戦後[編集]

朝鮮戦争勃発後は、1950年から1953年にかけて朝鮮半島沿岸へ展開し、海上封鎖のための哨戒活動に従事した[5]

戦後のインガム。1953年撮影。

1966年8月、インガムはアメリカ東海岸で冒険家のウィリアム・ウィリス(William Willis)を救助し、アルジェンシャ沿岸警備隊管区へ彼を送り届けた[6]

インガムはその後1968年8月3日から1969年2月28日にかけてベトナム戦争へ派遣されたが、その間シーローズ作戦(Operation SEA LORDS)とスウィフト・レイダー作戦(Operation SWIFT RAIDER)での活動から殊勲部隊章(Presidential Unit Citation)2個を授かった。

ベトナムでの活動を終えた後にインガムは通常の沿岸警備隊における任務へ戻り、退役する1988年まで活動した。当時インガムの50年以上にわたる現役期間は、航行可能なアメリカの艦艇ではマサチューセッツ州ボストンで保存されているフリゲートコンスティチューションに次ぐ2番目に古い記録であった[2]

保存[編集]

パトリオッツ・ポイントで展示されるインガム。1990年撮影。

インガムは1989年サウスカロライナ州マウントプレザントのパトリオッツ・ポイント(Patriots Point)が所有権を獲得した。2009年8月20日まで、インガムの傍らには空母ヨークタウン駆逐艦ラフィー潜水艦クラマゴアも同様に保存されていた。

2009年8月20日にインガムはサウスカロライナ州ノースチャールストンの沿岸警備隊埠頭へ曳航され、小規模な修理のために乾ドック入りを待つことになった。ノースカロライナ州デチェンス造船所の乾ドックで短い修理期間を過ごした後、インガムはフロリダ州キーウェストへ曳航され2009年11月24日に到着した。インガムは現在キーウェスト海事記念博物館(Key West Maritime Memorial Museum)の一部である[7][8]

沿岸警備隊長官(Commandant of the Coast Guard)は、インガムを第二次世界大戦とベトナム戦争で命を落とした沿岸警備隊員たちの国立記念館であると宣言している。インガムの後甲板には、戦死した912名の沿岸警備隊員の名前が刻まれた記念碑が設置されている[9]

インガムは1992年4月27日にアメリカ合衆国国定歴史建造物アメリカ合衆国国家歴史登録財にそれぞれ指定された[2][10]

栄典[編集]

インガムの船橋に描かれている略綬。2010年1月撮影。

インガムは現役期間で以下の勲章を受章した。

出典[編集]

  1. ^ https://jamesdelgado.com/wp-content/uploads/2017/07/USCGC-Ingham-NHL.pdf 2018年7月30日閲覧。
  2. ^ a b c USCGC Ingham”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service. 2008年3月27日閲覧。
  3. ^ National Park Service (2007-01-23). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service.
  4. ^ Cressman, Robert (2000). “Chapter IV: 1942”. The official chronology of the U.S. Navy in World War II. Annapolis: en:Naval Institute Press. ISBN 978-1-55750-149-3. OCLC 41977179. http://www.ibiblio.org/hyperwar/USN/USN-Chron/USN-Chron-1942.html 2007年12月15日閲覧。. 
  5. ^ http://www.maritimerestoration.com/naval/uscg_ingham.php 2018年7月30日閲覧。
  6. ^ Willis, William The Hundred Lives of an Ancient Mariner London 1967 pp174,188
  7. ^ “Historic cutter en route to Miami”. The State (Columbia, South Carolina: The McClatchy Company). (2009年8月22日). オリジナルの2009年8月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090824090900/http://www.thestate.com/local/story/911974.html 2009年8月23日閲覧。 
  8. ^ USCGC Ingraham WHEC-35”. Patriots Point Naval & Maritime Museum. 2009年8月23日閲覧。[出典無効]
  9. ^ HNSA Web Page: USS Ingham”. 2008年3月28日閲覧。
  10. ^ Delgado, James P. (1991年11月1日). “Maritime Heritage of the United States NHL Theme Study—Large Vessels Registration: Ingham / U.S. Coast Guard Cutter Ingham (WPG-35) (pdf)”. en:National Park Service. 2009年6月27日閲覧。 and
    Accompanying three photos, exterior, from 1944, 1953, and 1990”. 2012年9月2日閲覧。
  11. ^ http://www.uscg.mil/history/WEBCUTTERS/Ingham_WPG_35.asp