インガ・ババコワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
女子 陸上競技
オリンピック
 ウクライナ
1996 アトランタ 走高跳
世界陸上競技選手権大会
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1991 東京 走高跳
 ウクライナ
1999 セビリア 走高跳
1997 アテネ 走高跳
2001 エドモントン 走高跳
1995 イェーテボリ 走高跳

インガ・ババコワ(Inga Babakova、ウクライナ語: Інга Бабакова1967年6月26日 - )は、ウクライナの陸上競技選手。1996年アトランタオリンピックの銅メダリストである。

経歴[編集]

ババコワは、リトアニア人の両親のもと、ソビエト連邦トルクメン共和国アシガバードにおいて誕生。旧姓はブトクス (Butkus) [注釈 1]走高跳の選手として活躍した。彼女の1988年当時のベスト記録は1m92であったが、結婚し最初の出産を終えた後、1991年には2m02まで記録は向上した。1991年の東京の世界選手権では、1m96でドイツハイケ・ヘンケル、同じソ連のエレーナ・エレシナに次いで3位となる。

ババコワは、ソ連解体後、ウクライナ代表として競技に参加。ウクライナ代表として最初のメダルは1993年の世界室内選手権の銅メダルであった。同年夏の世界選手権は欠場、翌1994年のヨーロッパ選手権では1m93で4位となったが、1995年は、イェーテボリの世界選手権では、1m99で、ブルガリアステフカ・コスタディノヴァ、ドイツのアリーナ・アスタフェイに次いで3位となる。この1週間後、ババコワは、生涯自己最高の2m05を記録している。

ババコワは、1996年アトランタオリンピックに出場。決勝では、コスタディノヴァとともに2m01の高さまですべて1回目に成功。続く2m03をコスタディノヴァは1回目に成功したが、ババコワは3回続けて失敗。この後、ギリシャニキ・バコイヤーニが2m03を成功させたことから、この大会の銅メダルが確定した。

ババコワは、1997年のアテネで開催された世界選手権では、1m96で、優勝したノルウェーのハンネ・ハウグランに次ぎ、ロシアのオルガ・カルトゥリナと並んで銀メダルを獲得。翌年は2人目の子を出産。出産後、1999年のセビリアの世界選手権では、1m99で、ロシアのエレシナとスヴェトラーナ・ラピナと同記録ながらも、ババコワが勝利。世界選手権で初めての優勝を果たした。

ババコワは、2000年シドニーオリンピックに出場するも、1m99の高さを3回失敗し、1m96で5位に終わってしまう。しかし、翌年のエドモントンの世界選手権では、2m00で、南アフリカヘストリー・クルーテと同記録であったが、2位となり銀メダルを獲得。世界選手権で5回目の表彰台となった。

その後も、ババコワは、大会に出場し続けるが、2003年のパリの世界選手権では8位。2004年アテネオリンピックでは9位に終わっている。

自己ベスト[編集]

  • 走高跳 - 2m05 (1995年9月15日、世界歴代9位)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1991 世界陸上選手権 東京(日本) 走高跳 3位 1m96
1993 世界室内陸上選手権 トロント(カナダ) 走高跳 3位 2m00
1994 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 走高跳 4位 1m93
1995 世界陸上選手権 イェーテボリ(スウェーデン) 走高跳 3位 1m99
1995 IAAFグランプリファイナル モンテカルロ(モナコ) 走高跳 1位 2m03
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 走高跳 3位 2m01
1997 世界室内陸上選手権 パリ(フランス) 走高跳 2位 2m00
1997 世界陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 走高跳 2位 1m96
1997 IAAFグランプリファイナル 福岡(日本) 走高跳 1位 2m02
1999 世界陸上選手権 セビリア(スペイン) 走高跳 1位 1m99
1999 IAAFグランプリファイナル ミュンヘン(ドイツ) 走高跳 2位 1m96
2000 オリンピック シドニー(オーストラリア) 走高跳 5位 1m96
2001 世界室内陸上選手権 リスボン(ポルトガル) 走高跳 2位 2m00
2001 世界陸上選手権 エドモントン(カナダ) 走高跳 2位 2m00
2001 IAAFグランプリファイナル メルボルン(オーストラリア) 走高跳 2位 1m96
2003 世界室内陸上選手権 バーミンガム(イギリス) 走高跳 8位 1m92
2003 世界陸上選手権 パリ(フランス) 走高跳 7位(h) 1m88
2003 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロ(モナコ) 走高跳 5位 1m96
2004 オリンピック アテネ(ギリシャ) 走高跳 9位 1m93
2004 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロ(モナコ) 走高跳 4位 1m95
  • hは予選

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、リトアニア語においてブトクス (Butkus) は男性のみが用いる姓であり、未婚女性の場合はブトクテ (Butkutė) となる。しかしリトアニア国外にいるリトアニア人の場合は父の姓をそのまま用いることも多い

出典[編集]