イングラムM6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イングラムM6
Ingram Model 6 019.jpg
イングラムM6 ポリス・モデル
イングラムM6
種類 短機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ゴードン・B・イングラム
ポリス・オードナンス社
年代 現代、第二次世界大戦
仕様
種別 短機関銃
口径 9mm
38口径
45口径
銃身長 228mm
使用弾薬 9x19mm パラベラム
.45ACP
.38 Super英語版
装弾数 30発
作動方式 シンプルブローバック方式
オープンボルト撃発
全長 762mm
重量 3.3kg
発射速度 600発/m
銃口初速 366 m/s
有効射程 100mまで
歴史
設計年 1940年代
製造期間 1949年
配備期間 1949 - 1952年
配備先 アメリカ警察
キューバ海軍
ペルー陸軍
バリエーション イングラムM7
イングラムM8
イングラムM9
テンプレートを表示

イングラムM6(Ingram Model 6)は、アメリカ合衆国で設計された短機関銃である。ゴードン・イングラム技師が設計し、1949年から1952年にかけて、ポリス・オードナンス社(Police Ordnance Company)によって15,000~20,000挺が生産された。キューバ海軍ペルー陸軍などに売却されたほか、アメリカ国内の警察機関や刑務所でも採用されている。ペルーではライセンス生産も行われた[1]

歴史[編集]

短機関銃は、第二次世界大戦を通じて世界的に普及した銃器の1つであり、先進的かつ将来性のある分野として、戦時中から銃器設計者らの注目を集めていた。しかし、終戦後に放出された軍余剰品が市場に溢れたため、短機関銃の設計競争は苛烈を極め、性能やコスト面などで優れた一部を除き、無数の設計案が淘汰されていった。復員兵として帰国したイングラムが警察向け短機関銃の設計に着手したのはこの時期だった[2]

1946年、イングラムはM5と称する短機関銃を設計した。これは当時、軍部がM3短機関銃の後継装備、すなわちM4短機関銃の模索を行っていたことを踏まえ、それに次ぐ製品という意味合いでなされた命名であった。M5短機関銃はチューブ型のレシーバーに3点の可動パーツ(トリガー、シアー、ボルト)を組み合わせたシンプルかつ軽量な設計だった[2]。M5はイングラムが勤務していたライトニング・アームズ社(Lightning Arms Co.)のカタログにライトニングM5という製品名で掲載されたものの[3]、市場の関心を集めることはなかった。

1949年、イングラムは3人の友人と共にポリス・オードナンス社を設立、新たに設計したM6短機関銃を発表した。当時設計された他のアメリカ製短機関銃と同様、M6には木製フォアグリップや放熱フィン付き銃身など、トンプソン・サブマシンガンの影響が色濃く反映されていた。一方、基本設計はM5から引き継がれており、トンプソンより非常にシンプルだった。同年、カリフォルニア州警察幹部会議にてデモンストレーションが行われ、その後に一定数が購入されている[2]

アメリカ国内で数千丁が販売されたほか、ペルーによる輸入および国産化も行われた。1951年にペルー向けの輸出が初めて行われ、1952年にはイングラム自らがペルーへ赴き、ミリタリー・モデルのライセンス生産を開始させた。最終的に8,000丁ほどのM6がペルー国内で製造された[3]

アメリカ国内では警察や刑務所で採用されたほか、国外ではペルー陸軍やキューバ海軍によって採用された。アメリカ海兵隊でも試験が行われたが、採用には至らなかった[3]

1952年、イングラムがポリス・オードナンス社を離れ、間もなくして同社は倒産した。この直後、イングラムはM6を発展させたM7を発表している。M7はクローズドボルト機構と独立した射撃モードセレクターを備え、法執行機関向け短機関銃として宣伝が図られたものの、売上は芳しいものではなかった。国内の短機関銃市場に見切りをつけたイングラムは、外国政府向けの売り込みを始めた。1954年、イングラムはタイに赴き、同国政府向けの短機関銃としてM8を発表した。これはM6を元に、開口部のカバーや安全装置の改良を加えたモデルだった。イングラムは数年間タイで過ごし、M8の設計と売り込みを図っていたにも関わらず、最終的にはポリス・モデルとミリタリー・モデルを1丁ずつ試作したのみで、採用には至らなかった。アメリカへの帰国後、M8に伸縮式銃床を取り付けたM9を設計したものの、これもわずか1丁の試作品が製造されたのみだった[3]

設計[編集]

イングラムM6の外見はトンプソン・サブマシンガンに類似しているが、これはアメリカ合衆国の法執行機関向けにトンプソンの安価な代用品として販売する事を意図していた為である。トンプソンと同様の.45ACP弾仕様のほか、9x19mmパラベラム弾.38スーパー弾英語版を使用するモデルもあり、いずれも装弾は30発の箱型弾倉によって行われた。

元々はフルオート射撃のみ可能だった。後に引き金を二段式にして、軽く引けばセミオート、さらに深く引けばフルオートでの射撃が行える機能が追加された。この部分の設計については、M6シリーズにおいて唯一特許申請が行われていた。しかし、申請手続き中の1952年にポリス・オードナンス社が倒産したため、M6シリーズについては一切の特許取得が叶わなかった[3]

M6には軍用を想定した「ミリタリー」および警察用を想定した「ポリス」という2種類の基本モデルがあった。ミリタリー・モデルは木製のハンドガードおよびガード付照門を備え、また着剣装置によって専用のスパイク型銃剣を取り付けることができる。ポリス・モデルではM1以前のトンプソンに酷似した木製フォアグリップと放熱フィン付の銃身を備えていた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Ingram M6”. Modern Firearms. 2018年10月12日閲覧。
  2. ^ a b c GUN, SUBMACHINE - PERUVIAN SUBMACHINE GUN P.O.C. M6 .45 SN# 0441”. Springfield Armory Museum. 2018年10月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e Thomas, Donald G. (1982-06-15). “Pedigree of a Powerhouse”. Gung-Ho The Magazine for International Military man (Charlton Publications): 20-21. 

関連項目[編集]