インゴ・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
インゴ・ホフマン
Ingo Hoffmann 2007 Curitiba.jpg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 同・サンパウロ
生年月日 (1953-02-28) 1953年2月28日(64歳)
F1での経歴
活動時期 1976-1977
所属チーム '76,'77 フィッティパルディ
出走回数 6 (3スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
最終戦 1977年ブラジルGP
テンプレートを表示

インゴ・オット・ホフマンIngo Ott Hoffmann, 1953年2月28日 - )は、ブラジルサンパウロ出身のカーレースドライバーである。国際レースの分野では大きな結果を残していないが、ブラジル国内レースにおいて大きな名声を持つドライバーである。

姓については言語圏を問わずしばしば「Hoffman」と記されるが、正確には「Hoffmann」である。

概略[編集]

1975年にイギリス・フォーミュラ3選手権選手権に参戦し、翌1976年にブラジル国籍のF1チームであるフィッティパルディからブラジルGPでF1デビューを飾り、次年度までに6戦に参戦した(内3回は予選落ち)。当時のフィッティパルディチームは財政上の問題のため全レースで2台を走らせる力はなく、ホフマンは2台目のステアリングを握ったため出場レースは限られたものであった。そうした事情もあり、ファーストドライバーであるエマーソン・フィッティパルディには予選・決勝とも全敗した。

F1から去って後はヨーロッパや南米でF2選手権や耐久レースにも参戦し、南米F2選手権ではチャンピオンタイトルを獲得。

ホフマンのストックカー(1988年、シボレー・オパラ

1979年以降はその年4月に開幕したストックカー・ブラジル選手権の第1回レースから参戦を開始し、以後、2007年現在も現役選手として活躍している。

ストックカー・ブラジル選手権ではチャンピオンタイトル獲得回数12回という圧倒的な記録を持ち、優秀回数でも最多勝記録を持つ。近年はタイトル獲得からはやや遠ざかっているものの2006年最終戦で同選手権における76勝目となる優勝を挙げている。これは自身が持つ同選手権における最多勝記録を更新するものであると同時に、自身のレースキャリアの中で国内のサーキットおける通算100勝目となるものであった[1]

この他、2000年代には同国の国内ラリー選手権にも参戦している。

戦績[編集]

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1976年 コパスカー (フィッティパルディ) FD03 BRA
11
RSA NC
(33位)
0
FD04 USW
DNQ
ESP
DNQ
BEL MON SWE FRA
DNQ
GBR GER AUT NED ITA CAN USA JPN
1977年 ARG
Ret
BRA
7
RSA USW ESP MON BEL SWE FRA GBR GER AUT NED ITA USA CAN JPN NC
(25位)
0

(key)

ストックカー・ブラジル[編集]

  • タイトル獲得回数:12回
    • 1980年、1985年、1989年、1990年、1991年、1992年、1993年、1994年、1996年、1997年、1998年、2002年