インシュアテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インシュアテックInsurTech: insurance technology)とは、保険(Insurance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語[1]であり、インシュアランス・テクノロジーの略。InsTech(インステック)と呼ばれることもある。

経済産業省が2017年5月に公開した「FinTech ビジョン」では「保険分野における FinTech」と定義されている。[2]

概要[編集]

人工知能AI)、IoTビッグデータブロックチェーンなど、先端情報技術を活用することで、保険契約者・保険金受取人や保険事業者を取り巻く様々手続きや管理を効率化・合理化し便利にするアプローチである。

具体的には、保険会社が担当する保険の引受け、保険料の運用、保険金の支払い、保険商品の販売といった業務にテクノロジーを活用して、仕事の効率や収益性を高めたり、今までにないサービスを生み出したりすることが期待できる。

矢野経済研究所によると、2016年度のインシュアテック市場規模は490億円で、2018年度は690億円、2019年度は870億円と急成長の推移が予測されており、2021年度には1,790億円にも到達すると予測している。[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 用語解説 野村総合研究所(NRI)
  2. ^ FinTech ビジョン 経済産業省
  3. ^ 生命保険領域における国内InsurTech市場に関する調査を実施 矢野経済研究所(2018年08月27日). 2019年6月8日閲覧。

関連項目[編集]