インスタントジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
インスタントジョンソン
INSTANT JONSON
メンバー じゃい
スギ。
ゆうぞう
別名 インジョン
結成年 1997年
事務所 太田プロダクション
活動時期 1997年 -
出身 太田プロセミナー3期生
出会い 事務所
旧コンビ名 ジャンキー(じゃい)
ホーネッツ(スギ。)
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント
ネタ作成者 じゃい
過去の代表番組 続!ボキャブラ天国
爆笑レッドカーペット
メンBドドドドTVなど
同期 いとうあさこ
ニブンノゴ!
シャカ
エルシャラカーニ
あべこうじ
ガリットチュウなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2003年 お笑いホープ大賞
テンプレートを表示

インスタントジョンソンは、太田プロダクションに所属する日本のお笑いトリオ1997年結成。略称は「インジョン

メンバー[編集]

じゃい(1972年3月20日 - )(49歳)
  • 神奈川県横浜市出身。
  • 身長170cm、体重70kg、血液型A型。
  • 本名:渡辺 隆浩(わたなべ たかひろ)
  • 大ボケ・ネタ作成担当、立ち位置は向かって左。
  • 趣味は競馬、麻雀、パチンコ、スロット、ゴルフ、映画鑑賞。
  • 芸名の由来は、高校生時代につけられたあだ名である。
  • 小学校4年生の頃に、野球部の先輩に「わたなべんき」と呼ばれて以来、蔓延して中学生の頃まで「便器」と呼ばれるようになり、回避するために同級生がいない高校に入学した際につけられた「じゃい」を気に入り、使用するようになった。
  • 太田プロセミナーを1期と3期の2回受講している[1]
  • トリオ結成前はコンビ『ジャンキー』として活動。『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ)での紅白若手お笑いリアクション大合戦に出演したことがある。
  • 『稼ぐギャンブル』(太田出版、ISBN 978-4778312671・ISBN 978-4778313319)という著書があるほどのギャンブル好きである。高額配当を当てることも多く、2012年12月にはWIN5で3700万円超の高額配当を的中させたほか[2]、2014年1月には再びWIN5で4332万円の配当を的中させ自身の記録を更新した[3]
  • 私生活では19歳から交際を開始し、15年間交際した一般女性と結婚したが、2017年5月15日の自身のブログにてその妻と離婚をしていることを公表した。本人曰く、その内容は「今(2017年時点)2歳の息子が小学校へ入る4年後に離婚をする」というものであるとの事[4][5]。しかしブログ投稿後、その不可解な内容に一部の芸能人からは非難の声も挙がっていた。また、このブログはじゃいの独断で投稿されており、妻には投稿する事を一切告げていなかったという[6]。その後、2017年8月29日には著書『離婚約』を発表している(双葉社、ISBN 4575312967・ISBN 978-4575312966)。
  • 2018年春のオールスター後夜祭2018春で16問正解・88秒75で総合優勝するも、総合160位(解答者が160人、最下位)を決める番組だったため、賞品を受領できなかった。
スギ。(すぎ、1972年7月13日 - )(49歳)
  • 東京都北区出身。
  • 身長179cm、体重77kg、血液型O型。
  • 本名:杉山 貢一(すぎやま こういち)
  • ツッコミ・リーダー担当、立ち位置は中央。
  • 趣味、特技はサッカー。
  • サッカー好きで、芸能人など著名人で編成されたサッカーチーム『SWERVES』のメンバーとして、Jリーグ試合前のエキシビジョンマッチに出場している[7]
  • 栃木SCの試合を芸人と観戦する「Jリーグ芸人バスツアー第1弾」を企画。ゆってぃ山根良顕アンガールズ)、小林知之(火災報知器)が参加し2013年9月15日J2第33節コンサドーレ札幌戦を観戦した[8]
  • 東京出身でありながら広島東洋カープの大ファン[9]
  • 2012年8月27日に、芸名を平仮名の「すぎ。」から片仮名の「スギ。」に改名したことを公表した[10]
  • オーストラリアに語学留学[11]したことがあり、英語に堪能である。“オーストラリア人の元彼女がストーカー”といったエピソードを持つ。
  • 出演していたラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFNC)では、リスナーに嫌われるがそれでもリスナーとラジオを愛していると発言した。しかし有吉弘行に「ラジオストーカー」と認定され、半年間出入り禁止を言い渡された。現在は出入り禁止も解除され、番組のアシスタントにも就いたが、サンミュージック所属のスギちゃんと間違えやすく、ややこしいということで有吉が 「体元気」 と命名した。
ゆうぞう(1971年9月12日 - )(49歳)
  • 神奈川県平塚市出身。
  • 身長167cm、体重78kg、血液型A型。
  • 本名:佐藤 祐造(さとう ゆうぞう)
  • 小ボケ担当、立ち位置は向かって右。
  • 趣味はボディボード、ゴルフ、ハンチング帽子収集、飲酒。
  • 特技はバスケットボール。
  • 代表的なギャグは両手を水平に広げながら「おつかれちゃ〜ん」。「よろしくちゃ〜ん」「ありがとちゃ〜ん」など派生形もある。
  • 「おつかれちゃ〜ん」はゆうぞうが大学時代から普通に挨拶として使っていたが、スギ。の薦めでギャグになった。
  • 他のギャグに「イー!?」、「○○してみたいじゃなーい」、「それ言うー!?」などがある。ギャグには顔芸を伴うことが多い。
  • 妻はヴァイオリニストの楢村 海香。2008年の『お笑いDynamite!』(TBS)で結婚を発表した。
  • メンバーの中では真面目で、伊集院光と飲みに行った際に伊集院は「おつかれちゃ〜ん」と言ってくれるのを期待したが、最後はきちんと「お疲れさまでした」と言ったという[12]
  • 同じく太田プロ所属の芸人である滝沢 秀一(マシンガンズ)・鈴木奈都本日は晴天なりらと共に『ゆうぞうものまねサークル』を立ち上げ、定期的にメンバー同士でものまねを披露し合っている[13]。また、サークル内でゆうぞうが他のメンバーたちから「ムロツヨシに似ている」と言われたのをきっかけに2017年からモノマネを披露するようになった[14]。さらに、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の人気企画「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」(第23回・2017年12月21日放送分)に出演[15]し、サークル内での活動がテレビ番組への出演に繋がる形となった。

概要[編集]

  • 主にコント(「野球応援」「ポーキーさんシリーズ」など)。
  • 『ジャンキー』解散後のじゃいがスギ。とコンビ『ジョンソン』を結成。スギ。が太田プロセミナーへ通ってゆうぞうと期間限定コンビ『インスタント』を組み、事務所からトリオで活動することを勧められ現在に至る。トリオ名はその両コンビ名を合わせて命名された[16]。なお、ジョンソンはJ(じゃい)O(面白い)N(な)S(スギ)O(面白い)N(な)の略である[17]
  • ギャグ「おつかれちゃ〜ん」が特徴的。オチの後、3人並んで体を大きく右(本人らは左)に傾けながら「だぁー」と言って締めるが、最近の放送ではよくカットされる。

逸話[編集]

  • 同じ事務所の先輩でトリオのダチョウ倶楽部と仲がよく、非常にかわいがられている。
  • 爆笑問題のバク天!』(TBS)において、疲れた人に「おつかれちゃ〜ん」と労う企画に出演。競馬を観戦後、隣の席にいる人が負けたため言おうとしたが「お前がうるさいから負けたんだよ!!」と八つ当たりされ、帰り際に小さい声で「おつかれちゃ〜ん」と言っていた。なお、ゆうぞうは隣の人に声をかけるまで何も喋っていなかった。
  • ホリに「もしゆうぞうが『ドラえもん』のキャラクターの声優だったら」という内容でものまねをされた経験がある。配役はドラえもん野比のび太源静香
  • 土田晃之はネタについて「営業ではスベリ知らず」と評価している。
  • 内村光良ウッチャンナンチャン)は「何回見ても笑える普遍性を持っている。自分もそういうネタが作りたい」と彼らを絶賛するコメントをしている。

主な出演番組[編集]

  • インスタントジョンソンの”Shall We Conte?”(2016年 - 、WALLOP
  • トピックマガジン(2021年 - 、テレビ埼玉

スギ。のみ[編集]

テレビ番組

ラジオ番組

じゃいのみ[編集]

過去のレギュラー[編集]

単発出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

DVD[編集]

  • お笑いタイフーン!DVD「インスタントジョンソンの著作権侵害!?」(2006年4月26日発売 発売元:ソニー・ミュージックディストリビューション
  • 「人の不幸はパフェの味」(2006年8月23日発売 発売元:ソニー・ミュージックダイレクト
  • インスタントジョンソン 初単独ライブ「おつかれちゃ~ん!!」(2006年12月23日発売 発売元:デックスエンタテインメント)
  • インスタントジョンソン 単独ライブ「阿修羅」(2010年10月27日発売 発売元:コンテンツリーグ
  • インスタントジョンソン 単独ライブ「文殊の知恵」(2012年2月22日発売 発売元:バップ

CD[編集]

  • 負け犬酒(2009年10月28日。“ポーキー野田とホカニメイ”名義。カップリングは「泉高校校歌」と「負け犬酒(ツッコミver)」)

著書[編集]

  • 『竜兵会 - 僕たちいわばサラリーマンです。出世術のすべてがここに。- 』竜兵会著 - ※スギ。のみ参加(2009年4月7日刊行 発行 : 双葉社 ISBN 4575301213 ISBN 978-4575301212)
  • 『稼ぐギャンブル - 5000万円稼いだ芸人が教える50の法則 - 』じゃい著(2011年7月21日刊行 発行:太田出版
  • 『竜兵会 - サラリーマン芸人。- 』竜兵会著 - ※スギ。のみ参加(2012年5月10日刊行 : 双葉社 ISBN 4575713872・ISBN 978-4575713879)
  • 『稼ぐギャンブル [実践編] - 5000万円稼いだ芸人が答える33の質問 - 』じゃい著(2012年6月30日刊行 発行 : 太田出版 ISBN 4778313313・ISBN 978-4778313319)
  • 『図解 博打が必ず身に付くギャンブルのセオリー - 最強ギャンブラー芸人じゃいばかりがなぜ儲かるのか? - 』じゃい著(2015年4月17日刊行 発行 : ガイドワークス ISBN 4865352074・ISBN 978-4865352078)
  • 『離婚約』じゃい著(2017年8月29日刊行 発行 : 双葉社)

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 太田プロお笑いセミナー 卒業生かく語りき
  2. ^ “3775万円男”インスタントジョンソン・じゃいの桜花賞「大爆勝」予想 - 週プレNEWS・2013年4月6日
  3. ^ 【競馬超大穴列伝】なんと4000万円超えも! 高額配当をゲットしたあの芸能人 - 週プレNEWS・2014年11月9日
  4. ^ インスタントジョンソン じゃい オフィシャルブログ「マルいアタマをぐちゃぐちゃにする」- 『離婚約』(2017年5月15日の記事)
  5. ^ 日刊スポーツ - インスタントジョンソン、じゃい“離婚約”明かす(2017年5月15日の記事)
  6. ^ ライブドアニュース - インスタントジョンソン・じゃい 「離婚約」ブログに非難殺到(2017年5月22日の記事)
  7. ^ 【出場メンバー第3弾発表】9月14日(金)草津戦にて「ベルマーレレジェンド vs SWERVES」スペシャルマッチ開催!”. 湘南ベルマーレ公式サイト (2012年8月31日). 2012年12月12日閲覧。
  8. ^ 【『Jリーグ芸人バスツアー第1弾』参加者募集のお知らせ】”. 栃木SC公式サイト (2013年8月12日). 2013年10月21日閲覧。
  9. ^ インスタントジョンソン すぎ のブログ「百万円あれば、何だってできるのさっ!」 旧ブログ、2006年10月12日
  10. ^ 占い師の勧め、インジョンすぎ。→スギ。”. Nikkansports.com (2012年8月27日). 2012年9月26日閲覧。
  11. ^ テレ朝チャンネル ダチョ・リブレ #49
  12. ^ 雑学王』2011年2月7日放送分より
  13. ^ 第一回ゆうぞうものまねサークル(仮)”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ『本日は晴天なりっ!!』Powered by Ameba (2017年6月12日). 2018年3月4日閲覧。
  14. ^ ゆうぞうものまねサークルから!ついに!!!”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ『本日は晴天なりっ!!』Powered by Ameba (2017年12月22日). 2018年3月4日閲覧。
  15. ^ 披露したネタは「フジテレビ『ボクらの時代』より、ムロツヨシ(ゆうぞう)の答えに対して独特のリアクションをする佐藤二朗古賀シュウ)」。
  16. ^ 「笑ナビ 2005」(アンドリュース・プレス、2005年)
  17. ^ 笑喫茶☆つっち〜(10話 2016年1月21日)
  18. ^ 第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリのすぎ。単独映像と子供が出来たというナレーションからの報告もあった。
  19. ^ 2018年04月07日のラジオ番組表(栃木・ラジオ1)”. テレビ番組表の記録. 2018年4月7日閲覧。
  20. ^ 熱闘!Mリーグ | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2018年10月6日閲覧。
  21. ^ ALL STAR League スペシャルマッチ | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2019年5月29日閲覧。
  22. ^ 唯一のオーバー500KBと1位オンエアを記録した回(2001年9月1日放送回)は番組初となるトリオが3組オンエアを獲得した(他のオンエアされたトリオはニブンノゴ!イヌがニャーと泣いた日)。また、彼らがオンエアを獲得した2002年3月16日でもトリオが3組オンエアを獲得している(この回他のオンエアされたトリオはニブンノゴ!とせんたくばさみ)。
  23. ^ この1勝が唯一のオーバー500KBと1位オンエアを記録した2001年9月1日放送回。
  24. ^ この回は登場順の1番から5番の芸人がオンエアを獲得するという珍しい回であった。
  25. ^ 4勝のうち2勝が300KBでのオンエア、しかもオフエアの1回(2003年8月29日放送回)は425KBの高得点でオフエア(5位のラフ・コントロールが437KBでボール3個差)という運の無さもあった。
  26. ^ TBS. “オールスター後夜祭” (日本語). TBSテレビ. 2018年10月7日閲覧。
  27. ^ 24時間の大激戦が終了 新年初役満、大逆転テンパイに笑顔…涙…/新春オールスター麻雀大会2019” (日本語). Abema 麻雀 TIMES (2019年1月3日). 2019年1月7日閲覧。
じゃい
スギ。
ゆうぞう