インタビューマン山下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
インタビューマン山下
INTERVIEWMAN YAMASHITA
本名 山下 栄緑(やました しげのり)
ニックネーム ヤッシー
別名義 山下しげのり、オモロー山下(旧芸名)
生年月日 (1968-10-29) 1968年10月29日(52歳)
出身地 日本の旗 日本香川県高松市
血液型 O型
身長 170cm
言語 日本語
方言 関西弁
最終学歴 摂南大学法学部
出身 NSC大阪校10期
コンビ名 ジャリズム(1991年 - 1998年、2004年 - 2011年)
ガリッパナ(2001年 - 2003年)
相方 渡辺鐘(ジャリズム)
友野英俊(ガリッパナ)
芸風 漫才(ツッコミ)(ジャリズム時代)など
立ち位置 左(ジャリズム時代)
事務所 吉本興業(1991年 - 2017年)
活動時期 1992年 -
同期 ココリコ
シェイクダウン
メッセンジャー など
過去の代表番組 5時の魔法使い
他の活動 格闘家、うどん屋
配偶者 未婚
公式サイト インタビューマン山下の「山下本気うどんブログ」
テンプレートを表示

インタビューマン山下(インタビューマンやました、1968年10月29日 - )は日本の元お笑いタレント、フリー芸能記者、実業家。本名:山下 栄緑(やました しげのり)。旧芸名:山下栄緑山下しげのりオモロー山下。お笑いコンビジャリズムのツッコミとして活動。当時の相方は、世界のナベアツ(現:桂三度)としても知られる渡辺鐘。

香川県高松市出身。お笑い芸人当時は吉本興業東京本社所属。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校10期生。

略歴[編集]

  • 1981年3月、高松市立太田南小学校を卒業。
  • 1984年3月、高松市立太田中学校を卒業。
  • 1987年3月、香川県大手前高松高等学校を卒業。
  • 1991年3月、摂南大学法学部を卒業。
  • 1991年4月、NSCに入学。
  • 1991年11月、渡辺鐘(現・桂三度)と「山下・渡辺」を結成。
  • 1992年5月、「山下・渡辺」から「ジャリズム」に改名。
  • 1998年12月、ジャリズム解散。解散後、芸名を「山下栄緑」から「山下しげのり」に改めた上でピン芸人となり、ルミネtheよしもとの新喜劇などで活動する。
  • 2001年、元「桧・友野」の友野英俊と「ガリッパナ」という漫才コンビ結成。2003年解散。
  • 2003年、芸名を「山下しげのり」から「鼻油千右衛門時定 〜後の〜」に一時期だけ改名。日本タレント名鑑で唯一、芸名にサブタイトルの付く人物となった。その後も吉本新喜劇では鼻油名義で舞台に立っている。[要出典]
  • 2004年2月、渡辺鐘と「ジャリズム」再結成。舞台公演のほか、『笑いの金メダル』などの番組に出演。
  • 2004年11月、CBCテレビのバラエティ番組『ノブナガ』内で自身のコーナー「写真マラソン」がスタート。2006年3月19日放送分にてコーナー終了。
  • 2008年7月5日、東京・新宿FACEのグラップリング大会DEEP X 03に参戦。女子プロレスラー闘牛・空に判定で勝利した。
  • 2011年3月2日、相方の渡辺が桂三枝(現・六代目桂文枝)に弟子入りしたことに伴い、ジャリズムが再び解散。芸名をオモロー山下に改名[1]。この時期、ファンタスタープロモーションでのタレントマネージメントを副業としていた。
  • 2012年6月5日東京都目黒にうどん屋「山下本気うどん」を開店。その際、今田耕司と宮迫博之よりそれぞれ500万円の出資を受けている[2]。店名は堺正章が命名した[3]
  • 2017年6月13日、芸人引退を宣言し、同時に吉本興業を退社。「山下本気うどん」の経営は続けながら、『女性自身』の記者となる[4]。同年12月、女性自身専属を離れフリーランスの記者となる。これを機にインタビューマン山下に改名する[5][6]

人物[編集]

キャラ[編集]

  • 2丁目劇場時代には「名ツッコミ」「2丁目のプリンス」と呼ばれていたが、渡辺のボケとしてまた芸人としての力量が上がっていくのとは対象的に、山下のツッコミの力量は衰えていき、次第に芸人としても全くウケない「スベリキャラ」「デリカシーゼロ」「金に汚い」といった醜態ぶりが定着している。しましまんずの池山心は、「ツッコむときに息を吸うからワンテンポ遅れる」ことが山下のツッコミの力量が下がった要因だとしている。
  • 2008年当時は竹馬に乗れなかったため、渡辺が企画した紫SHIKIBUのオーディションに1度は落選。しかし、その後猛特訓で乗れるようになり、2ndシングル『イヲピにかえて』の発表会見時に、ようやく新メンバーとして加入することになった。
  • ジャリズム解散後、宮迫博之の元相方が出資し矢部美幸が代表を務めていた「ファンタスタープロモーション」(現・ヴィズミック)にてアルバイトで山崎真実らのマネージャーを行っていた。その後吉本の上層部にこの事が発覚した際、芸人を続けるか吉本を辞めて同社のマネージャーになるかを選ぶように迫られ一旦芸人廃業を決意するが、元相方のナベアツにジャリズム再結成をもちかけられ思いとどまった。

ギャグ[編集]

  • 顔の前で両手を広げる「やましたパッカ〜」、その兄弟ギャグで開いた手を閉じる「パカしたやま」、ビートたけしのギャグであるコマネチよりも低い位置に手を添える「ヒクネチ」、「いないいないバァ」をアレンジした「いないいないパァ~」、「ぶっかぁけぇ」というギャグを持つ。
  • 2008年からは「OMORO(オモロー)!」と言うギャグを使用していた。これは『今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説』内で偶発的に生まれたギャグで、「アメリカで売れている福笑いの名前は?」という大喜利のお題に対しての答えであった。ただし、言い方はまったく違っており、現在のようなテンションをあげるギャグとしてアレンジしたのは次長課長河本準一だった。桂三度が『世界のナベアツ』名義で活動していた時に使用した際もその言い方を踏襲しており、「OMORO!」を多用していた上にテレビ出演が多く知名度が高かったため、三度の代表的な持ちギャグとして認識され世間から発案者と思われた事から山下が「OMORO!」と言うと、「パクるな!」と周囲から言われたこともあった。三度はこのことについて世間に誤った認識が広まった事から山下が発案者である事を改めて説明した上で「ギャグの生みの親なのに、一番『OMORO!』の使い方が下手」と語っていた、後にこのギャグは三度が落語家転身するにあたり山下本人に返還された。

格闘技[編集]

  • 格闘技が強く、道場にも通っている。その強さは本物で、前述された格闘技イベントで女子プロレスラーに判定勝ちし、やりすぎコージーの「やりすぎ格闘王決定戦」では負けた悔しさから、道場へ月1から週1のペースで通う様になるほど。第1回は準決勝進出、第2回は1回戦敗退したが、その際対戦相手のバッドボーイズ佐田が足を負傷したため復活し決勝進出、第3回は準決勝進出と好成績を残した。

主な出演番組[編集]

バラエティ
アニメ
CM

脚注[編集]

  1. ^ ジャリズムが“再”解散 ナベアツ「落語家転身」 相方は「オモロー山下」に改名” (2011年3月2日). 2011年3月2日閲覧。
  2. ^ 日刊ゲンダイ”. 日刊ゲンダイ (2014年10月27日). 2015年10月12日閲覧。
  3. ^ 「山下本気うどん」は喉越しが楽しい本気のうどんでした”. Retty. 2015年10月22日閲覧。
  4. ^ オモロー山下 芸人引退で女性自身記者に!異例の転身を告白”. 女性自身 (2017年6月13日). 2017年6月13日閲覧。
  5. ^ インタビューマン山下のうどん通イッター@yamashitaudontu”. twitter (2017年12月20日). 2018年2月13日閲覧。
  6. ^ 岡村「どうでもいい。語呂も悪い」 インタビュアーマン山下の改名報告に苦笑”. SANSPO.COM (2017年12月22日). 2018年2月13日閲覧。

関連項目[編集]