インターカラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インターカラー
International Commission for Color
設立 1963年[1]
設立地 フランス・パリ[1]
事務局長 Olivier Guillemin[2]
ウェブサイト http://www.intercolor.nu/
テンプレートを表示

インターカラー(Intercolor)こと国際流行色委員会(こくさいりゅうこうしょくいいんかい 英語:International Commission for Color)[3][1]は、国際的な民間の色彩情報団体。また、俗に、同団体が決定した流行色の呼び名[4]

概要[編集]

沿革

インターカラーは、1963年にフランススイス日本の主導で発足した[1]。設立時の日本代表は、色彩学者の稲村耕雄だった[1]。最初の国際会議は1963年9月9日にパリで開催され、発起国に加え、西ドイツベルギースペインイギリスイタリアオランダスウェーデンアメリカ合衆国の11ヶ国が参加した[1]

インターカラーは加盟各国代表の非営利の色彩情報団体(各国1団体ずつ)で構成されており、年に2回開催される会議(Intercolor Congress)により、加盟国のファッション化粧品・工業製品などの各産業で24ヶ月後に用いる色を選んでいる[5](6月に春夏カラー、12月に秋冬カラーを選定[3])。選定色を選ぶ作業は、加盟各国の代表の色彩情報団体があらかじめ選んだ色を持ち寄り、提案・議論することで決定される。

加盟国は常に変動しており、2020年時点での加盟国は 中国デンマークフィンランド、フランス、ドイツ、イギリス、ハンガリーインドネシア、イタリア、日本、ポルトガル韓国、スペイン、スイス、タイトルコ、アメリカ合衆国[5]。かつてはオーストリアコロンビアチェコルーマニアの代表団体も参加していた。

日本の代表団体は日本流行色協会内の「インターカラー日本委員会」[3]

会議で選ばれた色の利用

インターカラーで選ばれた色(以降、選定色)は、各業界では比較的早い時期に出される流行色情報とされる。ファッション業界を例に取ると、選定色決定後から目標時期までの2年の間に、まず選定色決定直後には素材や形状が決められ、約1年前には試作された素材の展示会が開催され、約半年前には展示会や発表会などが開催され、その後に大量生産が行われて小売店に並び、一般消費者に「最新の」ファッションとして身につけられるに至る。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Intercolor Activity and History 国際流行色委員会
  2. ^ Contact Intercolor 国際流行色委員会
  3. ^ a b c インターカラーとは 日本流行色協会
  4. ^ インターカラー コトバンク - 典拠は朝日新聞出版知恵蔵』、三省堂大辞林第三版』
  5. ^ a b Intercolorトップページ

関連項目[編集]