インディカ種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
インディカ
Brun ris.jpg
長粒種の玄米(バスマティ品種)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
亜科 : タケ亜科 Bambusoideae
: イネ属 Oryza
: イネ O. sativa
亜種 : インディカ O. s. subsp. indica
学名
Oryza sativa subsp. indica

インディカは、イネの品種群の1つ。長粒種である。

目次

他品種群との対比

イネは、長粒種のインディカ種、大粒種のジャバニカ種、短粒種のジャポニカ種の3つの亜種に分類される。ただし、近年遺伝子の解析によって生物学的には長江流域で栽培化された単系統の品種群をジャポニカと定義し、長江流域に発する稲作文化の影響下に西方で新たに野生種から栽培化された複数の品種群をインディカと定義する見解が生じている。こうした生物学的インディカ種には長粒品種と短粒品種が混在しており、従来のインディカ種と生物学的インディカ種は必ずしも一致しない。ジャポニカとインディカの分岐は数千年におよび、両系統の遺伝情報に多くの変異が蓄積された結果、二代雑種においては生殖的隔離が見られる。

利用

米粒が細長く、アミロース含量が高くて粘り気が少ないものが多い。一方、アミロペクチン含有量の高いもち米のインディカ種も存在する。

一般的にインディカ種は、パスタの調理法と同じく大量の水で煮沸し、米が柔らかくなった頃合いで茹でこぼす(煮汁を捨てる)方法で調理する。パラパラした食感が特徴で、ピラフ炒飯などに向いている。またインドカレータイカレーのような汁気の多い調理との相性もよい。しかし、茹でこぼしで廃棄される煮汁に含まれる栄養分の損失が大きく、河川の富栄養化への懸念もあり、一部の地域ではジャポニカ種のように炊飯器で炊くことが推奨されている。

生産地

インド型イネと呼ばれるインディカは、インドを中心に広まり、タイをはじめとするインドシナ半島中国の中南部、インドネシアカスピ海沿岸、アメリカ合衆国ラテンアメリカなどで作られている。東南アジアを中心に気温の高い所で主に栽培されている。

「タイ米」

日本ではほとんど栽培されておらず、泡盛や食品の原材料としての輸入が盛んに行なわれていた沖縄県をのぞき、ごく一部の東南アジア系料理(エスニック料理)で使われている程度であったが、1993年の冷夏による米不足の際、タイから輸入されて「タイ米」として一般に知れ渡った。短粒種のジャポニカ種を前提とした日本の炊飯器ではうまく炊飯できない場合もあり、日本人には馴染みのない種類のため調理方法に苦心し、料理番組や外食産業などでは調理法の研究や解説が盛んに行われた。

一例としては

  • 水加減を多めにする
  • 炊飯セット時に大さじ1杯のサラダ油を入れる
  • 少量の寒天と一緒に炊く
  • 中国などから輸入したジャポニカ種とブレンドして使用(一部小売店や外食産業ではこの方法が取られ、牛丼などのご飯にインディカ米が混ざっているのが見られた)

などがあった。

2006年現在、エスニック食材として一部の専門店でインディカ種の米が売られている。1993年と異なり高めの価格で販売されているが、米不足当時に出回ったタイ米が加工用の古米であったことに加え政治的に値段が抑えられていたこと、そして後に輸入されているのは特に高級とされている品種であることから、単純に比較するものでもない。

生産量

世界で最も多く作られている栽培品種群で、世界のコメ生産量の80%以上を占める。日本は例外的に、インディカ種の栽培がほとんどない国である。

関連項目

今日は何の日(5月21日

もっと見る

「インディカ種」のQ&A